食材の雑学 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:食材の雑学



「牛乳」の「膜」の正体は?



こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです🥛
本日もよろしくお願いいたします。


栄養豊富な飲み物として有名な「牛乳」

寒い季節は温めて「ホットミルク」を飲む方も多いでしょう。


ここで素朴な疑問です…

薄っすらと張った「膜」
気になりませんか?

本日は「牛乳の膜」に関するお話です。


hotmiruku

画像はイメージ フリー画像です
(寒い季節は出番の多い「ホットミルク」)



あなたは「食べる派」or「食べない派」


「牛乳」を温めると、
最初は何もなかったはずなのに…薄っすら「膜」が張ります。


gyuunyunomaku

画像はイメージ フリー画像です
(やや誇張したイラストです)



この「膜」はそもそも何なのでしょう?


またこの「膜」を

・食べる
・食べない

で意見が分かれるようです。


wakareru


画像はイメージ フリー画像です
(あなたはどちら派でしょうか)



この「現象」にはきちんと名前があり、

「膜」の「正体」もわかっています。


気になっていた方がいれば、
参考になさって下さい。



「ラムスデン現象」とは?


温めた「牛乳」に「膜」が張ることを、

「ラムスデン現象」

と言います。


usi

画像はイメージ フリー画像です
(「牛乳」は栄養豊富な飲み物です)



具体的には、

「牛乳」を「40℃以上」に温めると発生する現象です。

そして「膜」の正体は、

「たんぱく質」

です。


tannpakusitu

画像はイメージ フリー画像です
(様々な食材に含まれる「たんぱく質」)



「牛乳」を加熱すると、
空気に触れている「牛乳」の表面部分から、

「水分」が「蒸発」します。

つまり表面部分が部分的に「濃縮」される状態になるのです。


jouhatu


画像はイメージ フリー画像です
(「蒸発」のイメージ 表面部分が濃くなる)



結果元々「牛乳」に含まれる「たんぱく質」などが固まりとなり、
表面に「膜」を作ります。


これが「牛乳」に「膜」を作る、

「ラムスデン現象」

です。



「膜」は食べても大丈夫?


答えは「大丈夫」です。

全く問題ありません。


hottomiruku

画像はイメージ フリー画像です
(「膜」は食べても大丈夫です)



「膜」の成分は、

・たんぱく質
・脂質
・乳糖

となっています。


むしろ栄養は豊富であり、
「牛乳」の栄養素を摂取する目的であれば、

「食べたほうがよい」

ものになります。


rakunou

画像はイメージ フリー画像です
(「酪農」のイメージ)



しかしながら、

・何となく苦手
・もそっとして食感が悪い

という意見もあります。


どうしたら良いでしょうか?



「膜」が出来にくい温め方


【鍋で温める場合】


手鍋で温める場合。

・火加減を中火以下に保つ
・鍋底からかき混ぜ続ける
・沸騰させない


meiji

画像は「明治おいしい牛乳」様のものです
(画像クリックで遷移します)



じっくりと温めるのがポイントです。

小さめのホイッパーなどで混ぜるのが良いでしょう。




【電子レンジの場合】


電子レンジを使用する場合。

・ラップを掛ける
・半分温めて取り出ししっかり混ぜる
・もう一度温めて完成


renzi1

画像はイメージ フリー画像です
(吹きこぼさないように気をつけましょう)



どちらの方法も、

表面から水分が「蒸発」することを防ぐ為に、
しっかりと混ぜる事がポイントです。



結論「牛乳」の「膜」は問題の無い物


「牛乳」を温めて出来る「膜」は、

「牛乳」に含まれる栄養成分が、
水分の蒸発などにより固まったもの。

これを「ラムスデン現象」という。


miruku

画像はイメージ フリー画像です
(栄養素を摂るなら食べましょう)



「膜」は栄養豊富なので食べたほうが栄養は摂取出来る。


ただし気になる場合は、
「膜」が張りにくくなる方法があるのでそちらを試す。


honegennki

画像はイメージ フリー画像です
(骨を元気に保つカルシウムを含む「牛乳」)



ということがわかりました。


何となく避けていた方は、
気にせずに混ぜて頂いてしまいましょう。


食感がどうも苦手な方は、
上記を参考に温め方を工夫してみてはいかがでしょう。


いずれにしても栄養豊富な「牛乳」
美味しく頂きたいものです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



「ケール」の栄養素を含み「苦くない」



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


スーパーなどに行くと、
地産地消コーナーなどで見慣れぬ野菜を見ることもあります。


本日ご紹介する、

「アレッタ」

はまだまだ知らない方も多い野菜です。


どのような野菜なのでしょうか?


aretta

画像はイメージ フリー画像です
(「アレッタ」のベースは「ケール」です)



「アレッタ」とは?


【アレッタ】


・アブラナ科
・葉菜類
・別名 野菜の王様


aretta2

画像はイメージ フリー画像です
(葉も茎も蕾も食べられる)



緑黄色野菜に分類される野菜です。

「茎ブロッコリー」の一種とされています。

同じく「茎ブロッコリー」とも呼ばれる「スティックセニョール」
に大変良く似ています。


スティックセニョール

画像はいつかの「スティックセニョール」
(主に茎と蕾を頂く)



aretta3

画像はイメージ フリー画像です
(こちらは「アレッタ」の茎と蕾)



パッと見で区別するのは至難の技です。




【ケールとのかけ合わせ】


「アレッタ」は、

ブロッコリー + ケール

をかけ合わせて誕生した野菜です。



【ケールとは?】


「ケール」は青汁の原材料として知られる栄養豊富な野菜です。
豊富な栄養素と独特の苦味が特徴です。


aoziru

画像はイメージ フリー画像です
(最近の青汁は苦味が抑えられている)



「ケール」と「ブロッコリー」をかけあわせたら…
栄養素はありそうですが…苦味が気にかかります。



葉から蕾まで全てが食べられる


「アレッタ」の特徴は全てが食べられる事です。

・葉もケールのように苦くない
・茎は甘く美味しい
・もちろん蕾も食べられる


aretta1

画像はイメージ フリー画像です
(葉から蕾まで食べられる「アレッタ」)



「スティックセニョール」は主に茎と蕾をメインに頂きます。

「アレッタ」は葉も食べられる上に、
「ブロッコリー」とかけ合わせる事で特有の苦味を抑えています。


nigai

画像はイメージ フリー画像です
(苦いが身体に良いとされる青汁)



全て食用とすることが出来るので、
非常に無駄のない野菜です。




簡単な調理方法


火を通して頂きます。

特徴としては茹でから炒めても、
食感が残ることです。


aonaitame

画像はイメージ フリー画像です
(青菜炒めのイメージ)



【様々な調理法に対応】


「アレッタ」はアク抜きも不要で、
様々な調理方法が楽しめる野菜です。

・炒めもの
・和え物
・蒸し物
・天ぷら
・パスタ


gomaae

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「ほうれん草」の胡麻和え)



感覚は「ほうれん草」や「小松菜」と同様で、
アク抜きも不要です。



arettankumaki

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「アスパラ」の肉巻き)



茎を肉巻きして焼くと、
甘く美味しく頂けるおすすめの調理法です。



豊富な栄養素「野菜の王様」


かけあわせた野菜である「ケール」が栄養豊富なため、
その良さを受け継いで食べやすくなった新野菜です。


ke-ru

画像はイメージ フリー画像です
(「ケール」も「野菜の王様」の一つ)



・ビタミンK
・カロテン
・ルテイン
・カルシウム

etc…



中でもビタミンKやカロテンは、
ブロッコリーのおよそ3倍含まれています。


honegennki

画像はイメージ フリー画像です
(骨を元気に保つ効果が高いビタミンK)



ビタミンKはカルシウムの骨への沈着を促し、流出を防ぐ働きがあります。

コラーゲンの生成を促進し、骨の質を改善する効果があり、

「骨粗しょう症」

の予防に効果が高いです。




「ケール」から受け継いだ栄養素は「野菜の王様」と呼ばれるほど…だと言われます。



「アレッタ」と「スティックセニョール」の違い


両方ともブロッコリーとの掛け合わせです。

その違いは、

中国野菜「芥蘭」 ⇒ 「スティックセニョール」
「ケール」    ⇒ 「アレッタ」


kairan

画像は「芥藍」
(「趣味の園芸」様のものです クリックで遷移します)



「アレッタ」は大きな葉もすべて食用にできる点に違いがあります。




「アレッタ」は日本生まれ


海外の野菜のような名前ですが、

意外にも発祥は日本です。


2015年頃に三重県で栽培が始まったとされています。


aretta4

画像はイメージ フリー画像です
(生産量は少ないながら栽培されている)



・癖がなく使いやすい
・下処理がいらない
・全て食べられる
・栄養豊富


と隙のない「アレッタ」ですが、

残念ながら出荷量は少なめです。

「道の駅」
「JA直売所」

などで探すか、通販で購入することが出来ます。


tyokubaijo

画像はイメージ フリー画像です
(「直売所」や「地産地消コーナー」などに並ぶ事も)



自家栽培も出来るようです。
通販では「種」も販売されています。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



見た目は「痩せたブロッコリー」のよう…



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです🥦
本日もよろしくお願いいたします。


スーパーなどに行くと、
地産地消コーナーなどで見慣れぬ野菜を見ることもあります。


本日ご紹介する、

「スティックセニョール」

はだいぶ知名度が上がってきた野菜です。


どのような野菜なのでしょうか?


スティックセニョール

画像はいつかの「スティックセニョール」です
(「痩せたブロッコリー」ではありません)



「スティックセニョール」とは?


【スティックセニョール】


・アブラナ科
・アブラナ属
・別名 茎ブロッコリー


suthikkusenyo-ru

画像はイメージ フリー画像です
(最近では種も市販されている)



緑黄色野菜に分類される野菜です。

和名は「茎ブロッコリー」です。
同じアブラナ科に属する野菜です。

春先に出回る「菜の花」にもよく似ています。


shokuyounanohana

画像はイメージ フリー画像です
(春先に出回る「食用菜の花」)



【中国野菜とのかけ合わせ】


「スティックセニョール」は、

ブロッコリー + 芥藍(かいらん)

をかけ合わせて誕生した野菜です。



【芥藍とは?】


「芥藍」については私達には馴染みがありません。
中国では高級野菜の代名詞的なポジションとされています。


kairan

画像は「芥藍」
(「趣味の園芸」様のものです クリックで遷移します)



その味を形容すると、

「茎に甘みがあり、葉には爽やかな苦味がある」


中華料理では炒めものにすると美味しく頂けるそうです。




oisutasosu


画像はイメージ フリー画像です
(オイスター炒めが美味しいそうです)



ブロッコリーより柔らかく全部食べられる


実食しましたので感想を記載します。

・ブロッコリーよりも柔らかい
・茎の甘みが強い
・葉も全部食べられる


shutikkusenyo-ru1

画像はイメージ フリー画像です
(すべて食べられる「スティックセニョール」)



物により葉に苦味があるとの事でしたが、
癖がなく甘みも結構強い野菜です。

茎部分についてはアスパラガスの食感に近いです。


asupara

画像はイメージ フリー画像です
(おなじみのグリーンアスパラガス)



アスパラガスのように根元が固くなく、
袴がついているわけでもないの調理が簡単です。

特徴は「甘み」と「食感」です。



簡単な調理方法


ブロッコリーやアスパラガス、
菜の花と調理方法はほぼ一緒です。

基本的に塩ゆでなど火を通して頂きます。


yuderu

画像はイメージ フリー画像です
(さっと茹でて頂きます)



【茹ですぎ注意】


花雷の部分がブロッコリーよりも柔らかく、
茹ですぎるとクタクタになってしまいます。

できれば茎の部分と花蕾の部分を分けて、
沸騰したお湯に塩を入れて塩茹でします。

先に茎部分を1~2分
花雷を入れて1分も茹でれば充分です。

さっと冷水に当てて「色止め」をしてから頂きます。


青さがぐっと増して美味しそうな色合いになります。


aonanoirodome

画像はイメージ フリー画像です
(青菜などに見る「色止め」の一例)


※「スティックセニョール」は栄養素が流れやすく、流水に当てないほうがいいという意見もあります



色々使える便利な野菜です


【具体的な使い方】


・キャベツやベーコンと一緒に炒めてパスタに
・茹でて和え物に(マヨネーズや鰹節など)
・茎部分にベーコンを巻いて
・バター炒めで


huraipan

画像はイメージ フリー画像です
(シンプルにバター炒めも美味しい)


基本的にブロッコリーとアスパラの使い方と一緒でOKです。

茎の食感が良いので、上手に利用しましょう。




実は逆輸入で有名になった


最初は「ブロッコリー二」という名前でデビューをしましたが、
余り売れなかったそうです。


suthikkusenyo-ru1

画像はイメージ フリー画像です
(「ブロッコリーニ」では人気はいまいちだった)


ところが輸入先のアメリカで、

「スティックセニョール」として人気の野菜となりました。

その後、日本でも「スティックセニョール」名義で販売した所、
流通量が増えたとされています。


つまりアメリカからの逆輸入で有名になったわけです。


amerikayunyu

画像はイメージ フリー画像です
(輸出入のイメージ)



食べやすく美味しい野菜です。

もしスーパーなどで見かけたら一度試してはいかがでしょうか?





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ