食文化 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:食文化



笹の葉さらさら…一年に一度の出会い



こんにちは(,,•◡•,,)
四つ葉のくまさんことよつくまです💫
本日もよろしくお願いいたします。


一年に数回「行事食」と言われる
伝統的な食事をする日があります。


7月7日(七夕)もその一つです。


「彦星」と「織姫」は遙か空の上で出会う事でしょう。


tanabata4

画像はイメージ フリー画像
(どんなに天気が悪くとも雲の上は晴れている)



「行事食」は季節を体現している


「七夕」の頃、
日本は大変暑くなります。


その中で迎える節句の一つが「七夕」てす。


tanabata5

画像はイメージ フリー画像です
(優しい願い事が届きますよう…)



「七夕」にはどんな「行事食」があるのでしょうか?


有名なものから、
知っておくと便利なものをご紹介します。


「行事食」は季節を感じたり、
その季節に必要なものであったりと、


日本の「食文化の根底」であるものと言えます。


itamae

画像はイメージ フリー画像です
(和食文化を支える板前のイメージ)



外国人観光客が求めるものの一つが、

こうした「伝統文化」の「体験」だそうです。


sendaitabanabata

画像はイメージ フリー画像です
(「仙台七夕祭り」のイメージ)



「郷土料理」や「伝統食」にも注目が集まっています。



「素麺」は流れる「天の川」のごとく


流石にこれは説明がいらないと思います。
食べる方も多いでしょう。


「素麺(そうめん)」


です。


七夕そうめん1

画像はイメージ いつかの「七夕そうめん」
(「オクラ」の星と「黄色ズッキーニ」で輝きを)



「素麺(そうめん)」についてはルーツが昔の中国にさかのぼります。


「索餅(さくべい)」


という「素麺」の原型があり、
熱病で亡くなった帝を鎮めるために供えたと言われています。


小麦にそのような力があると信じられていたようです。


sakubei

画像はイメージ フリー画像です
(現在でも「索餅」を食べる地方もある)



他のルーツとして、

・織姫のように織物(芸事)が上達するように
・「素麺」の流れを「天の川」に見立てて

などがあります。



orihime

画像はイメージ フリー画像です
(「織姫」のシルエットイメージ)



おそらくどれも正解なのでしょう。



実際にこの時期に頂く「素麺」は大変美味しいものです。


トッピングのおすすめは、


オクラ
・ミニトマト
・茹でた人参(型抜き)
・パプリカ(型抜き)


などがあげられます。


特に「オクラ」は断面が星の形をしているので、ぴったりと言えます。
夏野菜であり「旬」でもあります。


okura

画像はイメージ フリー画像です
(断面がきれいな「オクラ」のイメージ)



お子様が喜ぶように、星型の型抜きなどをしても良いでしょう。



身体が喜ぶ「飲む点滴」


最近ではメジャーになってきました。


「冷やし甘酒」


です。


tanabata2

画像はイメージ フリー画像です
(本来は夏の飲み物だった)



「甘酒」はずっと冬の飲み物とされてきました。
その効能から本来は夏の飲み物なのです。


冬に身体を温めるという固定観念が長らく「冷やし」を否定してきました。


この時期に「冷やし甘酒」を飲むことは、

「夏バテ防止」

として大変有益です。


kennkou

画像はイメージ フリー画像です
(「夏バテ防止」が必須な昨今)



江戸時代では庶民が「甘酒」を飲めるように、
値段がある程度定められていたという事です。

(「価格管理」がされていた)



それだけ普通に飲まれていたのです。

・疲労回復
・美肌
・便秘解消

など優れた効能も見逃せません。


hiyasiamazakke

画像はイメージ フリー画像です
(「神社仏閣」の茶店などでも頂けます)



「笹の葉」に想いを込めて


「七夕」といえば「笹の葉」です。
歌にも登場します。


sasa


画像はイメージ フリー画像です
(「笹の葉さらさら」…「たなばたさま」で有名)



笹は上にまっすぐに伸びることから「生命力の象徴」とされてきました。


その葉で団子をくるんだ「笹団子」は、

「縁起物」として食べられています。


tanabata3

画像はイメージ フリー画像です
(「笹の葉」のよい芳香です)



それだけでなく「笹の葉」には殺菌力があり。
「厄払い」として用いられてきました。


季節の節目に「笹団子」を頂くことで、

「厄を落とす」つまり「厄払い」の意味があります。


sasadanngo

画像はイメージ フリー画像です
(アンテナショップの「笹団子」イメージ)



新潟のアンテナショップなどでは、
比較的いつでも購入する事ができます。


この季節になるとターミナル駅などにも出店しているようです。



「行事食」は意味のあるもの


時代が変わっても、
こういった「行事食」は大切にしていきたいものです。


多くは、

・その時期に旬を迎えるもの
・その時期に摂取すべきもの

であると言えます。


gyouzishoku

画像はイメージ フリー画像です
(家庭でも出来る「行事食」のイメージ)



私達は形を変えながらその「行事食」を楽しむことが出来ます。

それはそれで良いことであると言えます。


「食文化」はその国の民族を体現する大切なものとして、
これからも守っていきたいものです。


amanogawa

画像はイメージ フリー画像です
(天の川のイメージ)



最後に変わり種を一つご紹介します。

「糀甘酒アイスクリーム」

家庭でも作れるようです。


amazakeaisu

画像は「マルコメ」様のものです
(画像クリックでレシピへ遷移します)



お子様と一緒に作ってみるのもよい思い出です。



「七夕」のお天気はどうあれ、
空の上では晴天が拡がっています。

願わくば穏やかな「七夕」ををお過ごし下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



「こどもの日」…健やかな成長を願って



こんにちは(* ̄0 ̄)/ オ~
四つ葉のくまさんことよつくまです🎏
本日もよろしくお願いいたします。


一年に数回「行事食」と言われる
伝統的な食事を摂る日があります。


5月5日(端午の節句)もその一つです。


一般的には「男児」の健やかな成長を願ったお祝いの日です。


本日は「端午の節句」に食べたい食事のお話です。


tangonosekku


画像はイメージ フリー画像
(「丈夫」に育って欲しいと願いを込めて)



「行事食」には様々「思い」が込められる


「こどもの日」は、

別名「端午の節句」とも言われます。
(菖蒲の節句とも)


5月に入って初めの「午」の日を祝っていたものが、
5と5が重なる5月5日にとして「端午の節句」に転じたとされています。


koinobori

画像はイメージ フリー画像です
(「鯉のぼり」を飾る日でもあります)



「ひな祭り」に比べると、
はっきりした決まりが少ないのが「こどもの日」です。


有名なものから、
知っておくと便利な言われをご紹介します。


「行事食」は季節を感じたり、
その季節に必要なものであったりと、


日本の「食文化」に大切なものであります。


itamae



画像はイメージ フリー画像です
(和食文化を支える板前のイメージ)



ぜひ頂きたい食べ物3選をご紹介します。



「子孫繁栄」の願いを込めた「柏餅」


まず外せないのは、
定番中の定番である、


「柏餅」


です。


kasiwamoti

画像はイメージ フリー画像です
(「柏の葉」の良い香りがします)



主に関東圏が多いですが、
最近では関西圏にも広まっています。


「柏餅」が「縁起物」とされるのは、
「柏の木」が持つとある特性からです。


kasiwanoki

画像はイメージ フリー画像です
(葉の美しい「柏の木」)



「柏の木」は春に新芽が出るまで、
古い葉が落ちないという特徴を持っています。

葉が落ちない ⇒ 新芽が出てくる

から転じて「家系が絶えない」象徴となったのです。


昔の日本では「家を絶やさない」事は最も大切とされました。

時代は変わりましたが江戸の頃から大切にされている風習です。


danziseityou


画像はイメージ フリー画像です
(無事に成長することを願って)



関西圏では「ちまき」を食する風習があります。

こちらは中国の故事にまつわるお話で、
とある忠臣の死を悼んだ風習から転じたものとされています。


timaki

画像はイメージ フリー画像です
(「ちまき」を食べる地域も多い)



いずれも「端午の節句」には欠かせない「縁起物」です。



まっすぐにすくすく育つよう「たけのこ」


「5月」が「旬」でもある。

「たけのこ」

です。


タケノコ

画像はいつかの「たけのこ」
(「たけのこ」狩りも良いかもしれません)



「たけのこ」は、

・上に向かって伸びる
・成長が早い
・まっすぐ成長する

ことから縁起が良いとされます。


筍の土佐煮

画像はいつかの「たけのこ」の煮物
(基本どのような料理にも使えます)



「まっすぐに元気に成長して欲しい」


という願いが込められています。




【たけのこ料理一例】


・お吸い物
・煮物
・炊き込みご飯
・天ぷら


などがおすすめです。


takenokotenpura

画像はイメージ フリー画像です
(「天ぷら」はスナック感覚で頂ける)



「たけのこ」は成長も早いので、
「丈夫に大きくなるように」との願いも込めています。


takenoko

画像はイメージ フリー画像です
(「たけのこ」はすごい速度で成長します)



強い子に育つように「かつお」


初夏に「旬」を迎える


「かつお」


です。


katuo

画像はイメージ フリー画像です
(初夏は「初がつお」の時期でもある)



鰹(かつお)は漢字で「勝男」と書くことが出来ます。


そのために「験担ぎ」として、

「強く元気に育つように」

との願いを込めています。


bushou

画像はイメージ フリー画像です
(「勝」がつく言葉は昔から「縁起物」)




【かつお料理一例】


・たたき
・焼き物
・竜田揚げ


katuotataki

画像はイメージ フリー画像です
(定番の「たたき」も美味しい季節)



「初がつお」はあっさりとした味わいです。

少し暑くなり始めた季節にも、
さっぱりと頂く事ができます。

「生魚」が苦手なお子様には「竜田揚げ」がおすすめです。



あまり決まりがない「端午の節句」


「ひな祭り」の「ちらし寿司」のように、
はっきりした決まりがないのが「端午の節句」です。

「こどもの日」でもありますので、
お子様が好きなものを頂いても良いのです。


kodomonohi

画像はイメージ フリー画像です
(こどもが喜ぶ一工夫を)



・兜
・鯉のぼり

といったモチーフを工夫したプレートなども良いでしょう。



出世魚である「ぶり」なども「縁起物」とされています。


burinoteriyaki

画像はイメージ フリー画像です
(「ぶり」の照り焼きのイメージ)



「柏餅」や「ちまき」を準備すれば、
あとは自由で構わないと思います。

「ハレの日」

に食べる「ちらし寿司」でも何ら問題ないのです。



「行事食」に込められた願い


時代が変わっても、
こういった「行事食」は大切にしていきたいものです。

多くは、

・その時期に旬を迎えるもの
・様々な願いを込めたもの

であると言えます。


takenokogari



画像はイメージ フリー画像です
(自分で掘った「たけのこ」なら思い出に)



「たけのこ狩り」に行って自分で掘った「たけのこ」を食べる。

などは、非常によい思い出になります。



いつの時代もこどもの成長を願う親の気持ちは同じです。




願わくば健やかな「端午の節句」ををお過ごし下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



「楽しいひな祭り」…健やかな成長を願って



こんにちは(〃'▽'〃)
四つ葉のくまさんことよつくまです🎎
本日もよろしくお願いいたします。


一年に数回「行事食」と言われる
伝統的な食事を摂る日があります。


3月3日(ひな祭り)もその一つです。


一般的には「女児」の健やかな成長を願ったお祝いの日です。


本日は「ひな祭り」に食べたい食事のお話です。


hinamaturi

画像はイメージ フリー画像
(「健康」に育って欲しいと願いを込めて)



「行事食」は大切な食文化


「ひな祭り」は、

別名「桃の節句」とも言われます。


「桃の花」が咲き始める頃であるのがその理由です。


momonohana1

画像はイメージ フリー画像です
(ピンク色が濃く愛らしいお花です)



「ひな祭り」にはどんな「行事食」があるのでしょうか?


有名なものから、
知っておくと便利な言われをご紹介します。


「行事食」は季節を感じたり、
その季節に必要なものであったりと、


日本の食文化の根底であるものと言えます。


washokuryourinin2

画像はイメージ フリー画像です
(和食文化を支える板前のイメージ)



ぜひ頂きたい食べ物3選をご紹介します。



「縁起物」を詰め込んだ「ちらし寿司」


まず外せないのは、
祝い事である「ハレの日」に食べることが多い「縁起物」


「ちらし寿司」


です。


tirasizusi


画像はイメージ フリー画像です
(子供が喜ぶ具材にしても良いでしょう)



「ちらし寿司」具材の中でも特に重要なものをご紹介します。


海老   ⇒ 長寿の象徴
れんこん ⇒ 見通しが良くなる
錦糸卵  ⇒ 金銀の象徴


「ちらし寿司」には、

・子供が成長し長生きするように
・将来や様々な事柄が見通せるように
・経済的に困らないように

といった気持ちが込められています。


kodoonoseityou

画像はイメージ フリー画像です
(無事に一生を全うできるように)



見た目も非常に華やかで、

「ひな祭り」

メインとして最適です。


ただし子供により嫌いな具材もあるでしょう。
(酸っぱいものなど)

その場合は具材を甘い「かんぴょう」
桜色がかわいい「桜でんぶ」

などに変更しても問題ありません。


kannpyou

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「かんぴょう巻」のイメージ)



子供が喜ぶように、

「ひし形」の「ケーキ状」に固めた「ちらし寿司」もおすすめです。


tirasike-ki

画像はイメージ フリー画像です
(サーモンなどでお花を作りましょう)



「ちらしケーキ」


でしたら子供も喜ぶことでしょう。



良い夫婦の象徴「はまぐりのお吸い物」


「春」が「旬」でもある。

「はまぐりのお吸い物」

です。


hamaguri


画像はイメージ フリー画像です
(「旬」でもある「はまぐり」を使って)



「はまぐり」

はいささか高級品でありますが、
「春」を「旬」とする「縁起物」です。


「はまぐり」は二枚貝であり、

「対となる貝がピッタリと合う」

事から「夫婦円満」仲の良い夫婦の象徴とされます。


「貝合わせ(かいあわせ)」という、
平安時代から伝わる日本伝統の遊びもあります。


kaiawase

画像はイメージ フリー画像です
(「貝合わせ」のイメージ)



同じ貝は2つと無い。

つまりは、
成長した子供が「良縁」に恵まれますようにとの願いを込めています。


huhuenman

画像はイメージ フリー画像です
(「夫婦仲」が良いことは大切です)



相性がピッタリと合った相手が見つかるように、
と願いを込めているのです。


※現在は様々な形があることを付け加えておきます



邪気払いや厄除け「白酒」


古くは「ひな祭り」の起源とされる、

「邪気払い」の行事で飲まれていたのが、


「白酒」


です。


sirozake



画像はイメージ フリー画像です
(本来の「白酒」はアルコールです)



「甘酒」と混同されがちですが、
本来の「白酒」はアルコールです(約5%)

祝い事の「日本酒」で「厄払い」をするという伝統行事の名残りです。


もちろん子供は飲むことが出来ません。

「甘酒」を手作りで用意するか、
市販品を使用します。


amazake


画像はイメージ フリー画像です
(ノンアルコールの「甘酒」)



「酒粕」などで作った場合、
数%かはアルコールが残る場合がありますので、注意しましょう。



もちろん「雛あられ」などのお菓子も


食事の他に、

・雛あられ
・菱餅
・桜餅

といった「お菓子」も良いでしょう。


hinaarare

画像はイメージ フリー画像です
(「雛あられ」も「菱餅」も3色)



この色合いにも意味があります。


◆桃色
 クチナシを使う
 厄払いの桃色


◆白色
 菱の実を使う
 純白で汚れのない雪のイメージ
 子孫繁栄


◆緑色
 よもぎを使う
 新芽の萌えるイメージ


hisimoti

画像はイメージ フリー画像です
(「菱餅」のイメージ)



季節感のある「桜餅」を準備するのも良いでしょう。


sakuramoti

画像はイメージ フリー画像です
(「桜餅」も2種類ある…画像は「道明寺」タイプ)



お菓子ばかりを食べないように、
出すタイミングを工夫したいものです。

おやつに「お菓子」を出し、

夕食には「ちらし寿司」と「お吸い物」を出すのがよいかもしれません。



「行事食」は願いを込めて


時代が変わっても、
こういった「行事食」は大切にしていきたいものです。

多くは、

・その時期に旬を迎えるもの
・様々な願いを込めたもの

であると言えます。


sobotoryouri


画像はイメージ フリー画像です
(「おばあちゃん」とお菓子作り)



例えば「一緒に作る」などはいかがでしょうか?


「記憶に残る楽しい思い出」ならば、


メニューは何でも良いのかもしれません。




願わくば穏やかな「ひな祭り」ををお過ごし下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  

このページのトップヘ