間違いやすい日本語 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:間違いやすい日本語



およそ4割の方が間違って使用している



こんにちはΣ('◇'*)エェッ!?
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本語は難しいと言われています。
私達日本人でも使いこなせていないのが現状です。


日常会話の中でも誤用が非常に多い言葉です。
まるで反対の意味にとらえている言葉なのです。


本日は「おもむろに」についてお届けします。


tobidasi

画像はイメージ フリー画像です
(この状態は「おもむろに」でしょうか?)




日常会話で誤用の多い言葉


「突然に」
「急に(思いもせず)」

といった意味合いで誤用される事が多い言葉です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(動物は急に動くことも…)




【間違った使い方】


「運転中に路地からおもむろに自転車が飛び出してきて…」


日常会話で聞いたことがないでしょうか?
実はこれは間違った使い方なのです。


kyuuni

画像はイメージ フリー画像です
(子供も急に飛び出してくる事も)



この例では、

「思いもよらぬタイミングで」
「急に・突然に」

という気持ちで「おもむろに」を用いています。



「おもむろに」には、

・急に
・思いもせず
・突然の状況

といったような「急に・思いがけず」という意味はありません。



「おもむろに」の正しい使い方と例文


【「おもむろに」の正しい意味】


「おもむろに」


落ち着いてことを始める様。
静かにゆっくりとした様。


という意味になります。


arukidasu

画像はイメージ フリー画像です
(ゆっくりと歩き出す様)



「おもむろに歩き出す」


この言葉が理解できている方には「ゆっくりと」
間違った理解をしている方には 「突然、急に」


とまるで反対の意味になる言葉です。


hayaiosoi

画像はイメージ フリー画像です
(「早い」と「ゆっくり」真逆です)



この言葉を理解するには漢字にするのが一番です。


「おもむろに」を漢字で書くと「徐に」となります。

「徐(じょ)」

この漢字には「ゆっくりしている」という意味があるのです。



jokou


画像はイメージ フリー画像です
(「徐行運転」はすぐに止まれる速度)



「徐行」という言葉があります。

運転免許をお持ちの方はご存知だと思いますが、
すぐに止まれる速度で走るのが「徐行運転」です。






【正しい使い方の例】


「声をかけるとおもむろに彼は歩き出した」
「しばらくするとおもむろに立ち上がった」


tatiagaru

画像はイメージ フリー画像です
(ゆっくりと立ち上がる様子)



急な飛び出しなどを表現したいならば、
無理に「おもむろに」を使わずに、

「運転中、急に(突然)路地から自転車が飛び出してきた」
「飼い猫が急に飛び上がって驚いた」

でいいわけです。



「情緒」を含んだ言い方も出来る


「おもむろに」


を使うと「情緒」「感情」を表す事ができます。


「ようやく」
「もったいぶって」

といった感情を含んで使用する事があります。


settoku


画像はイメージ フリー画像です
(説得を繰り返しようやく…)



「説得を繰り返すと…おもむろに口を開いた」


この場合何度も何度も話をした結果、
ようやく話をしてくれたという意味です。



「おもむろに動き出す…夜の電車」


yogisha

画像はイメージ フリー画像です
(動き出しはゆっくりとしています)



この場合は夜の電車がどのような様子で動き出すのか、

さらにはその裏にあるドラマが想像出来ます。


日常の風景でも、
なにかの背景を想像させる文章になります。



「誤用」を指摘するよりも…


この言葉はおよそ40%の方が誤用している言葉です。


話の前後関係から、
おおよそ言いたいことは理解出来ます。


naruhodo

画像はイメージ フリー画像です
(話をする相手にもよります)



「それじゃ逆だよ」


と指摘する事も必要ですが、
いらぬトラブルになることもあります。


自分で用いるならば「情緒」を含んで、
大人らしく使いたい言葉の一つです。


sunadokei

画像はイメージ フリー画像で
(「徐に」流れる時間)



また機会があれば日本語について学んでいきたいと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



年賀状の「元旦」の意味とは?



こんにちはφ(.. )
四つ葉のくまさんことよつくまです🌄
本日もよろしくお願いいたします。


本日は日本語のお話です。

しっかり覚えておきたいものです。


よく「年賀状」に使う言葉で、

「元旦」と「元日」

があります。


この明確な差を説明出来るでしょうか?


130101_070721

画像はイメージ いつかの初日の出
(初日の出を見る方は暖かくしてお出かけを)



どちらも一年の始まりを表す言葉


「元旦」
「元日」

ともに共通な意味があります。


それはどちらも一年の始まりを表す言葉ということです。


asahi

画像はイメージ フリー画像です
(海岸に見る初日の出)



ということはどちらを使っても問題ないのではないか?
という事になります。

果たしてそうなのでしょうか?
使い分けているからには意味があるはずです。


dotti1

画像はイメージ フリー画像です
(どちらでも良いのでしょうか?)



両者は似ているようで少しだけ違う意味を持っているのです。


それぞれの意味を見ていきましょう。



「元旦」の意味


【「元旦」とは?】


「元旦」とは「元日の朝」という意味です。

正確に言えば「1月1日の朝」という意味になります。


hinode

画像はイメージ フリー画像です
(「旦」の文字はこの瞬間を指す)



これは「旦」という漢字に表現されています。

横棒 _ が水平線を指します。
そこにお日様(日)が昇る様子を表した文字なのです。


ganntan

画像はイメージ フリー画像です
(「元旦」のイメージ画像)



それが転じて日が昇る間の時間。

つまり1月1日の午前中を指す言葉ということになります。


「年賀状」等は午前中に配送される事が多いです。
(所定期日までに出した場合)

通常「元旦」を用います。


yuubinhaitatu


画像はイメージ フリー画像です
(「年賀状」配達お疲れ様です)




【間違った使い方の例】


「集合時間は元旦の夕方」


「元旦」が午前中を指しているので、
「元旦の夕方」という表現自体が間違いです。


1niti

画像はイメージ フリー画像です
(無難に「1日の集合時間」としたほうが確実です)



「元日」の意味


【「元日」とは?】


こちらは「1月1日」を表す言葉です。
一日中が「元日」となります。


hatuoude

画像はイメージ フリー画像です
(「初詣」で賑わう境内)



「1月1日」一日中を表す言葉なので、
朝から夜まで使うことが可能です。



先述の例文、

「集合時間は元日の夕方」

これならば正しいというわけです。


細かいようですが正しく使ったほうがスマートです。



「元旦の朝」という表現


たまにテレビなどで見受けられる、

「元旦の朝」という表現。

こちらは間違っているのでしょうか?


terebi

画像はイメージ フリー画像です
(テレビでも普通に使われている)



「元旦」に午前中朝日が登る時間という意味があるので、
「元旦の朝」は重複表現になる可能性があります。

改まった場所では使わないほうが良いでしょう。


terebimatigai


画像はイメージ フリー画像です
(テレビが全て正しいとは限りません)



最近ではテレビなどでも当たり前に使用されることがあり、
より混乱を招く事があります。



この重複表現は間違いやすい言葉の代表です。




【代表的な「重複表現」の例】



「炎天下の中」 


炎天下には「強い日差しの空の下」という意味があり「中」が重複する



「お身体ご自愛下さい」


「ご自愛」に身体を慈しんでという意味があるので「お身体」が重複する


goziai

画像はイメージ フリー画像です
(お手紙でも気をつけましょう)



辞書によっては曖昧に記載されているのもあるようですが、

あえて使うことは無いでしょう。



年賀状に「元旦」を使うのはOK


前述の通り「年賀状」は決められてた期間に投函された分は、
1月1日の午前中に到着するように配送してくれます。

ですので「元旦」を使って問題ないことになります。


posto

画像はイメージ フリー画像です
(期限を守って投函しましょう)



何らかの理由で投函が遅れ、期間を過ぎてしまった場合などは、

「令和◯年正月」
「令和◯年初春」

などと書くのがベターです。


kadomatu


画像はイメージ フリー画像です
(「松の内」は門松を飾る期間の事)



これは地方により変わってきます。

「松の内」に届く郵便なら「元旦」や「元日」と記載するという地域もあります。

※一般的には1日~7日
 地方により15日までが多い



意外と明確に区別するのは難しいものです。


雑学として身につけておいて損は無いと思います。

日本語を正しく使うことは日本人でも難しいことです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くとブログが更新された際にLINE通知が届きます。
見逃したくないブログなどご登録しておくと便利ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



実に70%以上の方が間違っている言葉



こんにちは(; ̄Д ̄)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本語は難しいと言われています。
私達日本人でも使いこなせていないのが現状です。


日常生活でも誤用が非常に多い言葉です。
間違っていることも認識していない言葉なのです。


本日は「姑息」についてお届けします。


sodenosita

画像はイメージ フリー画像です
(これは「姑息」ではなく「袖の下」)



日常会話でほぼ誤用されている言葉


「卑怯な手段」
「やむを得ない状況を作って」

といった意味合いで誤用される事が多い言葉です。

むしろこちらの意味で使う方が多いのが現状かと…


waruihanasi

画像はイメージ フリー画像です
(「悪い噂」を流す人物のイメージ)




【間違った使い方】


「◯◯さん…だいぶ姑息な手段で出世したらしい」


日常会話で聞いたことがないでしょうか?
実はこれは間違った使い方なのです。


shusse

画像はイメージ フリー画像です
(出世には努力が必要です)



この例では、

「卑怯な手段を用いる」
「なにか弱みを握って」

という気持ちで「姑息」を用いています。



「姑息」には、

・卑怯な手段
・人の弱みにつけ込む
・やむを得ぬ状況を作って何かを進める

といったような「卑怯・卑劣」という意味はありません。



「姑息」の正しい使い方と例文


【「姑息」の正しい意味】


「姑息」


間に合わせ。一時しのぎの事。


という意味になります。


maniawase

画像はイメージ フリー画像です
(崩れないように「一時しのぎ」に)



言葉の意味をはっきり理解した人から見れば、


その場しのぎの仕事では出世できないけどなぁ」


と思われるかもしれません。



この言葉を理解するには、
それぞれの漢字を分解して考える必要があります。

「姑」 ⇒ ひとまず、しばらく
「息」 ⇒ 呼吸を表す、一息つく


hitoikituiitekanngaeru

画像はイメージ フリー画像です
(しばらくの間考えを巡らせましょう)



「姑息」を直訳すると「ひとまず休息する」となります。

とはいえ事態は急を要する場合、
何らかの手段を講じないとなりません。

そこから「一時しのぐ」という意味の「姑息」が産まれました。





【正しい使い方の例】


「今週は繁忙期です…多少姑息でも乗り切りましょう」
「所詮は姑息…しっかり対策を考えましょう」


gannbarou

画像はイメージ フリー画像です
(まずは「その場をしのいで」から…です)



あくまで「一時しのぎ」であるので、
それを続けることは良くありません。

その後何らかの対策をなさねばならないわけです。


・所詮は一時しのぎ
・一時しのぎとは言え乗り切った


ネガティブとポジティブな意味で使い分ける事も可能です。


negapozi

画像はイメージ フリー画像です
(前後関係から双方の使い方もできる)



「無理につかう」必要はない…かも


少なくとも「姑息な人」と言えば、
結構な悪口になります。

正しい意味を知っていても「一時しのぎが得意な人」
やはり悪口になります。


uwasa

画像はイメージ フリー画像です
(噂話には「尾ヒレ」がつくものです)



トラブルの元となり得る言葉です。

あえて選択する必要もないと思います。



文化庁の調査でも70%が間違っている


データは古いですが、
文化庁の平成22年度の調査によると、

70%の方が「卑怯な」という意味で認知している言葉だそうです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(餌でつるとは…つい「姑息な」と言いたくなります)

※ペットに専用フード以外を与えないように



つまりは、

「一時しのぎばかりで問題と向き合わない」
  ⇩
「卑怯な奴だ」


という流れはごく自然であり、抵抗が無いからです。


詳しく知りたい方はこちら

(文部科学省 「言葉、この意味な~に?」)



近年では、

「結局その場しのぎ」であることから、

・卑怯な様
・正々堂々と取り組まない様

という意味も追加されつつある言葉です。



seisansei

画像はイメージ フリー画像です
(出来れば高め合いたい人間関係)



人のことを「姑息」と言ったり、
そのように思ったりすることよりも、

認めて高め合いたい…と思うのは理想論かも知れません。




また機会があれば日本語について学んでいきたいと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ