野菜の王様 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:野菜の王様



「大豆」以上!必須アミノ酸の宝庫です



こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
四つ葉のくまさんことよつくまです🐎
本日もよろしくお願いいたします。


皆さんは「スプラウト」を取り入れていますか?

「スプラウト」は植物の新芽の事。

発芽野菜ともいわれ、成熟した野菜より栄養価が高いものもあります。


本日は、

別名「野菜の王様」と呼ばれ、
「大豆」以上のアミノ酸を含む高栄養価の発芽野菜。


「アルファルファ」のお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(見た目からは想像出来ない栄養価)



別名「紫馬肥(ムラサキウマゴヤシ)」


その見た目は「極細のもやし」です。

それほど栄養価があるように見えません。
しかし見た目のイメージとは裏腹に栄養価は非常に豊富です。


arufarufa1

画像はイメージ フリー画像です
(その細い姿からは想像できない栄養価)




【アルファルファとは?】



中央アジア原産。

「ムラサキウマゴヤシ」

という「牧草」のことです。


arufarufa

画像はイメージ フリー画像です
(「牧草」としても用いられる)



漢字で書くと「紫馬肥」

「馬」を「肥やす」

と書きます。


uma

画像はイメージ フリー画像です
(馬の飼育にも用いられる)



ストレートに栄養価が高いことがうかがえる名前です。




「アルファルファ」の栄養素


【主な栄養素】


・たんぱく質
・ミネラル類(カリウム、カルシウム、リン、鉄など)
・アミラーゼ
・モリブデン
・ビタミン類(A、B群、C、E、Kなど)


tanpakusitu

画像はイメージ フリー画像です
(「たんぱく質」摂取のイメージ…身体を作ります)



「たんぱく質」も大変良質で優れています。
牧草として育てられているだけのことはあります。

とにかく栄養のバランスが最高クラスです。


kennkou

画像はイメージ フリー画像です
(身体づくりに欠かせない「たんぱく質」)



「大豆」を上回る「たんぱく質」


【注目すべき栄養素】


◆たんぱく質


必須アミノ酸の含有量は「大豆」を上回ります。

「大豆」は「畑のお肉」と形容されるほど「たんぱく質」が豊富です。
それを上回る含有量を誇ります。


daizu2


画像はイメージ フリー画像です
(「大豆ミート」の原材料も大豆です)



◆アミラーゼ


消化酵素の一つです。

大根や山芋などに多く含まれています。
消化を助け、胃薬などにも用いられている成分です。


yamaimo1

画像はイメージ フリー画像です
(「やまのいも」などにも多い成分です)



◆ビタミンA


皮膚や粘膜を健全に保つビタミンです。
免疫力を上げる効果があります。

「うなぎ」や「レバー」が代表とされていますが、
それを上回る含有量を誇るのはすごいところです。


uma

画像はイメージ フリー画像です
(「ウマゴヤシ」の名前の通り牧草としても)



栄養素を全体的にバランス良く含むのでトータルバランスに優れます。

ダイエット時などはバランスが乱れがちです。
そんな時に強い味方になります。


unndoujosei

画像はイメージ フリー画像です
(ダイエット中は栄養バランスが乱れがちです)



その他にも成人病の予防や疲労回復。
コレステロール値を下げて高血圧や冷え性を改善する。

といった万能野菜の一つです。

別名「野菜の王様」と呼ばれるのも頷ける所です。



「大豆ミート」についてはこちらを⇩





生食が基本…何にでも使える


【効率的な摂取方法】


「アルファルファ」は生食が基本です。

サラダなどに混ぜてそのまま頂きましょう。


癖がないので何にでも使うことが出来ます。
火を通す場合もさっと通せば充分です。


arufarufamiso

画像はイメージ フリー画像です
(煮込まずトッピングとして使いましょう)



・お味噌汁の具に浮かべて
・オムレツなどに入れて
・梅などと和え物にして 

etc…


arufarufaomuretu

画像はイメージ フリー画像です
(アメリカでは「アルファルファ」のオムレツはメジャーです)



・便秘の改善
・コレステロール値を下げる
・高血圧の改善
・むくみや冷え性対策に
 
etc…


と素晴らしい効能があります。


大根同様に消化酵素も含みます。
胃もたれの防止にも役立ちます。


imotare


画像はイメージ フリー画像です
(「天然の胃腸薬」になります)



サラダに、和え物に付け合せに…
便利に使える万能野菜です。



摂取の際の注意事項


「アルファルファ」は栄養価の高い発芽野菜です。


場合により注意が必要な場合があります。
arufarufa2
画像はイメージ フリー画像です
(スーパーのサラダコーナーにもあります)



※リウマチの方などにとって薬効が高すぎる場合があります
(主にカナバニン)

※妊娠、授乳中の方は控えましょう
(植物性エストロゲン)


arufarufa

画像はイメージ フリー画像です
(効能も非常に高い発芽野菜です)



持病をお持ちの方は、
主治医と相談の上摂取するようにして下さい。



スプラウトを取り入れて健康な食生活をしましょう。
次回もお楽しみに…。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.3 加筆修正)



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



「ケール」の栄養素を含み「苦くない」



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


スーパーなどに行くと、
地産地消コーナーなどで見慣れぬ野菜を見ることもあります。


本日ご紹介する、

「アレッタ」

はまだまだ知らない方も多い野菜です。


どのような野菜なのでしょうか?


aretta

画像はイメージ フリー画像です
(「アレッタ」のベースは「ケール」です)



「アレッタ」とは?


【アレッタ】


・アブラナ科
・葉菜類
・別名 野菜の王様


aretta2

画像はイメージ フリー画像です
(葉も茎も蕾も食べられる)



緑黄色野菜に分類される野菜です。

「茎ブロッコリー」の一種とされています。

同じく「茎ブロッコリー」とも呼ばれる「スティックセニョール」
に大変良く似ています。


スティックセニョール

画像はいつかの「スティックセニョール」
(主に茎と蕾を頂く)



aretta3

画像はイメージ フリー画像です
(こちらは「アレッタ」の茎と蕾)



パッと見で区別するのは至難の技です。




【ケールとのかけ合わせ】


「アレッタ」は、

ブロッコリー + ケール

をかけ合わせて誕生した野菜です。



【ケールとは?】


「ケール」は青汁の原材料として知られる栄養豊富な野菜です。
豊富な栄養素と独特の苦味が特徴です。


aoziru

画像はイメージ フリー画像です
(最近の青汁は苦味が抑えられている)



「ケール」と「ブロッコリー」をかけあわせたら…
栄養素はありそうですが…苦味が気にかかります。



葉から蕾まで全てが食べられる


「アレッタ」の特徴は全てが食べられる事です。

・葉もケールのように苦くない
・茎は甘く美味しい
・もちろん蕾も食べられる


aretta1

画像はイメージ フリー画像です
(葉から蕾まで食べられる「アレッタ」)



「スティックセニョール」は主に茎と蕾をメインに頂きます。

「アレッタ」は葉も食べられる上に、
「ブロッコリー」とかけ合わせる事で特有の苦味を抑えています。


nigai

画像はイメージ フリー画像です
(苦いが身体に良いとされる青汁)



全て食用とすることが出来るので、
非常に無駄のない野菜です。




簡単な調理方法


火を通して頂きます。

特徴としては茹でから炒めても、
食感が残ることです。


aonaitame

画像はイメージ フリー画像です
(青菜炒めのイメージ)



【様々な調理法に対応】


「アレッタ」はアク抜きも不要で、
様々な調理方法が楽しめる野菜です。

・炒めもの
・和え物
・蒸し物
・天ぷら
・パスタ


gomaae

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「ほうれん草」の胡麻和え)



感覚は「ほうれん草」や「小松菜」と同様で、
アク抜きも不要です。



arettankumaki

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「アスパラ」の肉巻き)



茎を肉巻きして焼くと、
甘く美味しく頂けるおすすめの調理法です。



豊富な栄養素「野菜の王様」


かけあわせた野菜である「ケール」が栄養豊富なため、
その良さを受け継いで食べやすくなった新野菜です。


ke-ru

画像はイメージ フリー画像です
(「ケール」も「野菜の王様」の一つ)



・ビタミンK
・カロテン
・ルテイン
・カルシウム

etc…



中でもビタミンKやカロテンは、
ブロッコリーのおよそ3倍含まれています。


honegennki

画像はイメージ フリー画像です
(骨を元気に保つ効果が高いビタミンK)



ビタミンKはカルシウムの骨への沈着を促し、流出を防ぐ働きがあります。

コラーゲンの生成を促進し、骨の質を改善する効果があり、

「骨粗しょう症」

の予防に効果が高いです。




「ケール」から受け継いだ栄養素は「野菜の王様」と呼ばれるほど…だと言われます。



「アレッタ」と「スティックセニョール」の違い


両方ともブロッコリーとの掛け合わせです。

その違いは、

中国野菜「芥蘭」 ⇒ 「スティックセニョール」
「ケール」    ⇒ 「アレッタ」


kairan

画像は「芥藍」
(「趣味の園芸」様のものです クリックで遷移します)



「アレッタ」は大きな葉もすべて食用にできる点に違いがあります。




「アレッタ」は日本生まれ


海外の野菜のような名前ですが、

意外にも発祥は日本です。


2015年頃に三重県で栽培が始まったとされています。


aretta4

画像はイメージ フリー画像です
(生産量は少ないながら栽培されている)



・癖がなく使いやすい
・下処理がいらない
・全て食べられる
・栄養豊富


と隙のない「アレッタ」ですが、

残念ながら出荷量は少なめです。

「道の駅」
「JA直売所」

などで探すか、通販で購入することが出来ます。


tyokubaijo

画像はイメージ フリー画像です
(「直売所」や「地産地消コーナー」などに並ぶ事も)



自家栽培も出来るようです。
通販では「種」も販売されています。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ