ヤツガシラって何の芋?


こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本の食文化の一つ。
お正月に関する疑問を解決しましょう。


本日のトリビア…
そもそも「ヤツガシラ」とは何の芋?をお届けします。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(少し大変ですが美味しいお芋です)



お正月の時期だけ店頭に並ぶ大きな芋


普段「ヤツガシラ」を販売しているお店はほぼありません。
お正月の時期が近づくと店頭に並びます。

yatugasira1

画像はイメージ フリー画像です
(見た目はいまいちです)


とても巨大で重く…お値段もそれなりに張ります。

そしてゴツゴツとした形のせいで、
皮を剥くのが大変な芋です。

お正月の野菜の煮物には欠かせない食材でもあります。



「ヤツガシラ」について


「ヤツガシラ」も普段私達が頂いている里芋も…
同じ仲間なのです。


里芋はもう少し一つ一つが小さいです。
そして素直な形をしていて突起はありません。

これは里芋のできかたに関係しています。

satoimokoimo

画像はイメージ フリー画像です
(里芋は種芋の周りに小芋ができます)


里芋は種芋(親芋)を植え、その周りに出来た小芋を収穫します。

なので突起もなく大きさも小さいのです。


「ヤツガシラ」という品種は親子兼用種と言われ小芋をなさないのです。

つまり親芋そのものを収穫するわけです。
だから巨大な芋になります。

小芋になる芋が親芋に結着して大きな芋になります。
その部分がゴツゴツとした部分なのです。



末広がりの「八」いつしか縁起物に…


「ヤツガシラ」は漢字で「八ツ頭」
つまり八つの頭と書きます。

日本人は「八」という数字を大切にします。
どちらかというと形かもしれません。

huzisan

画像はイメージ フリー画像です
(縁起物の定番です)


裾に向かって拡がっていくさまは富士山を連想させます。

「ヤツガシラ」の姿かたちから「八つの頭」⇒「八ツ頭」として、
おせちの定番となっていったのです。



最近では品種改良が進み丸系が登場


「ヤツガシラ」は縁起物。
味もホクホクとして美味しく、煮崩れしにくい里芋です。

ところがその形が災いして剥きにくいのは事実です。

そこで最近では「ヤツガシラ」の丸系品種が登場しています。

yatugasira2

画像はイメージ フリー画像です
(ラグビーボールのようです)


こちらも「ヤツガシラ」なので親芋で大型です。
ただゴツゴツがありません。

品種改良で生まれた丸系と言うそうです。

すでに形は「八ツ頭」

ではありませんが…
調理をする方にとってはありがたいです。



里芋は子だくさん 子孫繁栄のシンボル


上述の通り里芋は多くの小芋を作ります。

その事から「子孫繁栄」のシンボルとして扱われてきました。

おせちに欠かせないものでもう一つ「子孫繁栄」をつかさどるものがあります。

sisonhanei

画像はイメージ フリー画像です
(数の子はたくさんの卵の集まりです)


それが「数の子」です。
こちらも多くの卵が集まって大きな形を形成しています。

「ヤツガシラ」と同じ考え方です。


家が絶えないように子孫繁栄の願いを込めた「ヤツガシラ」


ありがたく頂きましょう。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です