造花 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:造花



正しく管理して長く愛でるアーティフィシャルフラワー


こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。

アーティフィシャルフラワーをご存知でしょうか。
造花?
作り物?

その管理方法について説明していきたいと思います。

1067

画像はアーティフィシャルフラワー 本物と見紛う完成度です



アーティフィシャルフラワーを長持ちさせるポイント3点


アーティフィシャルフラワーを説明するときに…

「お手入れ不要」

という言葉をよく使います。

ではお手入れはいらないのでは?
と思いますが…流石に長持ちさせるにはいくつかのポイントがあります。

それを説明していきたいと思います。


高いお金を払って購入したお花です。
日頃のお手入れでしばらくの間楽しむことが出来ます。



埃を払う


アーティフィシャルフラワーを飾っているとどうしてもついてくるのが…埃です。

こればかりはどうしようもありません。

観葉植物にも埃がつくように…
アーティフィシャルフラワーにも埃はたまります。

これを取るのは仕方ない所です。
普段の水やりと思って手入れしてあげて下さい。

頻度はまちまちですが
目安は一ヶ月に一度位でしょうか。

おすすめは100均などでも手に入る
パソコンの隙間などの埃を取るはたきです。

何点か試しましたがこれが一番効率がよく感じます。

激しくはたくと破損の原因になるので柔らかくです。

これも面倒という場合は…
アーティフィシャルフラワーそのものをコレクションケースのような透明なケースに入れてしまう事。
この方法なら掃除も簡単です


直射日光を避ける


アーティフィシャルフラワーは紫外線を受けると、どうしても退色してしまいます。
できれば置き場を直射日光避ける場所に飾ってあげて下さい。

最低限レース越しにしてあげると長持ちします

4710

せっかくの花色を長持ちさせましょう


充分気をつけて頂いたとしても、何年も飾っているうちに退色はしていきます。
これは家電製品なども同じこと…

・鮮やかなうちはリビングに
・少し退色してきたら置き場を変えて洗面などに
・色味が落ち着いてきたら寝室に

etc…

置き場を考えてあげると良いかもしれません。



暖房器具や極端な湿気に注意する


アーティフィシャルフラワーはナイロン繊維を編み込んだりしているものが多いです。
そのために熱源に当たると形が変わったり、最悪溶けてしまいます。

危険ですので暖房器具の側や熱源の側には置かないようにしましょう。


またいくら造花とは言え極端な湿気にあたるとカビが発生したりします。

部屋内でも加湿器の吹き出し口の上や側など…
水滴がつくような環境では長持ちしません。



正しく管理すればとっても長持ちします


管理をしっかりしてあげることで、大変長く楽しめるのもアーティフィシャルフラワーの魅力。

スワッグなどは少し色があせても、かえってリアルになるかもしれません。

基本は室内です。
屋外の使用目的に作られたお花ではありません。

お花のグレードにもよりますが数年は楽しめるものが殆どです。

お気に入りを長持ちさせるためにはこういった3つのポイントに気をつける事が大切です


本日はアーティフィシャルフラワーの管理方法について学びました。

次回は「アーティフィシャルフラワーについてのまとめ」
についての予定です


クリック頂くとギャラリーにリンクしています📷
ご覧いただければ嬉しいです(๑´▿`)♡



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です








  

こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

もう4月になるのですね
今年は来月に新元号へ変更され10連休など大きな動きがあります。
今年の4月ははじまりの月であると同時に
平成最後の月でもあるのですΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


話がそれました…
ごくまれに更新しておりますアーティフィシャルフラワーの進化について
今日はとても地味なポイントである枝部分についてです。
BlogPaint
写真はギャラリーより

一概にすべてとは言えませんが、アーティフィシャルフラワーのランクを見る際に、
少し気にするといいものを手にすることが出来ます

地味と言えば地味ですが枝の部分を見てください

写真の枝部分は木が膨らんでいたり、木目の筋が入っていたり…
お分かりになるかと思います。

こういったアーティフィシャルフラワーは大概高級品になります

お花を見せればいいわけですから、こういった部分にリアリティを求める必要はないわけです。
それをあえて再現している

海外製のお花にはこういったものが多く見受けられます。

ここで気をつけるポイントもう一つ…

枝が再現されていないからと言って安物でもないのです
アーティフィシャルフラワーにも色々なジャンルのような区分があって。

・ピック→お花部分だけを再現している短いもの
・スプレー→小枝を意味する小型のものが多い
・ブッシュ→一束のようにまとめて再現しているもの(グリーンに多い)

etc…

その中でも「枝もの」は一番お値段が張ります。
バラにしても棘から産毛まで、枝分かれした様子まで再現されているもの。
こういったものはいいものを使っている証拠ですね

よつくまは作品の種類によってこういったものを使い分けております''`ィ(´∀`∩

作品選びの参考にして頂ければ幸いです


新生活に華を添えるアーティフィシャルフラワー💐

いつでもお待ちいたしております🍀
  

こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

近年ではアーティフィシャルフラワーの進化も著しいですね
たまにご紹介してきましたように…
技術の進歩は確実にアーティフィシャルフラワーの世界でも起きております

100円均一の商品をヨーロッパなどで使ってもらい、
お値段を当ててもらうテレビ番組を見ると…大体の方が700円~1300くらいを予想しています
そのくらい今の便利なグッズなどは進化しているのです。

話がそれました…
よつくまの体感で一番進化しているアーティフィシャルフラワーはおそらく…
皆さんが大好きなバラです🌹
BlogPaint
どちらが本物かわかりますか~

正解は左が生花
右がアーティフィシャルフラワー

この写真を見て頂いてもクオリティが伝わると思いおます

もちろん100円均一の造花はこんなレベルではございませんが…そもそも使用ません

バラは造形がしやすいというのもあるでしょう。
自然のかたちですでに美しく完成しているものと思っています
とはいえ、花びらの重なり方、グラーデーションした色合いなど、かなり高いレベルに来ているといっていいのではないでしょうか?

反対にどんなものが成形しにくいのか
代表的なのが南国系のお花達🌺
ハイビスカスやアンスリウム、蘭系はなかなかに…(-ω-;)ウーン💦
なぜかプラスティック感がものすごくあるのです

ひまわりなどの大輪系はお値段を出せばそれなりの物が手に入ります
安物が顕著に表れる怖いお花でもあります。

日本固有のお花達は海外で作られるためでしょうか…
時々間違った作られ方をしているものがあります
いやいやこうじゃないだろうというものも存在しますよ

いずれにしましてもこうして進化したお花達。
造花からアーティフィシャルフラワーへ


出来るだけよいものをお届けしていきたいなと思うよつくまでした🍀
  

このページのトップヘ