「葉酸」は最高クラス…「ビタミンU」を含む



こんにちは(* ̄∇ ̄*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


皆さんは「スプラウト」を取り入れていますか?

「スプラウト」は植物の新芽の事。

発芽野菜ともいわれ、成熟した野菜より栄養価が高いものもあります。


本日は、

胃腸薬の成分にもなる「ビタミンU」を含み、
「造血」には欠かせない「葉酸」を多く含む発芽野菜。


「レッドキャベツスプラウト」のお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「スプラウト」も紫色です)



鮮やかな「紫色」がサラダに彩りを添える


色合いの美しいスプラウトの一つです。

サラダなどに加えることで色合いも美しい「紫色」をしています。
見映えだけでなく独自の栄養素も含んでいます。


redkyabetu1

画像はイメージ フリー画像です
(美しい色彩のスプラウトです)




【レッドキャベツスプラウトとは?】


「紫キャベツ」(レッドキャベツ)

の新芽です。


育てた場合「紫色」のキャベツになります。


野菜において「紫色」は、
「抗酸化物質」である「アントシアニン」を含む証です。


redkyabetu2

画像はイメージ フリー画像です
(キャベツよりやや小ぶりの「レッドキャベツ」)



彩りを良くすることは、
お料理にとって大変重要です。

栄養価だけでなく、目でも頂くものです。



「アントシアニン」には、

・活性酸素の除去
・老化や細胞の損傷を予防する


buru-beri-

画像はイメージ フリー画像です
(「アントシアニン」を含む「ブルーベリー」)



「ブルーベリー」などで有名な「抗酸化物質」の一つです。



「レッドキャベツスプラウト」の栄養素


【主な栄養素】


・タンパク質
・ミネラル類(カリウム、カルシウム、鉄など)
葉酸
ビタミンU(アミノ酸の一種)
・ビタミン類(A、B群、C、E、Kなど)


redkyabetu3

画像はイメージ フリー画像です
(「紫色」は彩りに良いアクセントになる)



ビタミンCやK、「葉酸」を多く含んでいます。


特に「葉酸」はスプラウト類の中でも最高クラスです。


「さやいんげん」などのおよそ2倍も含まれます。


inngen

画像はイメージ フリー画像です
(「いんげん」のおよそ2倍の「葉酸」を含む)



「枝豆」や「ブロッコリー」などに多い栄養素です。

スプラウトは手軽に食べられるので、
手軽に「葉酸」をプラス出来ます。


※スプラウト以外で「葉酸」を多く含む野菜もあります



豊富な「葉酸」を上手に摂取


【注目すべき栄養素】


◆ビタミンU


正式には「ビタミン」ではなく「アミノ酸」の一種です。
キャベツから発見されたとして胃腸薬の原料にもなっています。

※ビタミンUの別名 ⇒ 「キャベジン」



kyabezin

画像はイメージ フリー画像です
(お世話になっている方も多いかも)




◆葉酸


「たんぱく質」や「細胞」を作るのに必要な、
DNAの「核酸」を合成するのに必要です。

「赤血球」などの細胞の生成にも役立ちます。


「妊婦」及び「妊活中の方」などには特に重要な栄養素です。

「授乳中」も常に「赤血球」が必要となるために気を使う必要があります。


ninnpu

画像はイメージ フリー画像です
(「妊婦」は積極的に摂りたい栄養素の一つ)




◆カリウム


「むくみ」などに有効で利尿作用があります。
「ナトリウム」と共に細胞の浸透圧の維持に役に立ちます。


mukumiyobou

画像はイメージ フリー画像です
(むくみ予防も見逃せません)



「抗酸化物質」を含むので、
お肌を活性化して美肌効果も期待できます。


「葉酸」を多く含むので「妊活中」の方には特におすすめです。

・「造血ビタミン」である「葉酸」
・「ビタミンU」胃酸の分泌抑制と、胃腸粘膜の新陳代謝促進

多くの効能があります。



sekkekyu


画像はイメージ フリー画像です
(「赤血球」のイメージ)



「葉酸」は摂取量がやや足りないとされる栄養素です。
気軽に摂取できるスプラウトを用いるのは良い方法です。

「サプリメント」

も多く市販されていますが、
野菜から摂取する方が安心です。




生食が基本…女性に嬉しい効能


【効率的な摂取方法】


「レッドキャベツスプラウト」は生食が基本です。

サラダなどに混ぜてそのまま頂きましょう。


癖がないので何にでも使うことが出来ます。


redkyabetu4

画像はイメージ フリー画像です
(「レッドキャベツスプラウト」のサラダ)


・サラダの彩りに
・スープに入れて
・ハムなどで巻いて

etc…


redkyabetu5

画像はイメージ フリー画像です
(「レッドキャベツスプラウト」のクレープ風)


・胃の粘膜の新陳代謝を上げる
・婦人病の予防に
・アンチエイジングに
・むくみ対策に

etc…


と女性に嬉しい効能があります。

積極的に頂きたいものです。


kimoti


画像はイメージ フリー画像です
(やがて命を育むもの)



取り扱いが少ないデメリット


スプラウトの中では、
取り扱いがない店舗もあるかもしれません。

サラダコーナーが充実しているスーパーであれば、
普通に扱っていると思います。



redkyabetu6


画像はイメージ フリー画像です
(「紫色」を活かすためにも生食が基本)



手に入りにくいのはややデメリットと言えるでしょう。

スプラウト自体の価格はそれほど高くありません。


胃腸の粘膜の保護が薬を飲まずにできるのはありがたい効果です。
まさに「天然の胃腸薬」です。



スプラウトで健康な食生活を。
次回もお楽しみに…。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です