残った「鍋つゆ」を使えばより美味しく



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


毎日の献立を決めるのは大変です。


メインのお料理はなんとか決まりました。
でも、後一品が足りない…そんな時があります。

そんな時に役に立ちそうな、
ちょっとしたレシピのご紹介をしたいと思います。


本日の「小鉢」は、

「厚揚げと大根の煮物」です。


BlogPaint

画像は本日の「小鉢」です
(和食のプラス一品にピッタリ)



組み合わせは鉄板…美味しい煮物


「大根」と「厚揚げ」を使います。

・大根
・厚揚げ
・めんつゆ

があれば作れる時短レシピです。


daikon

画像はイメージ フリー画像です
(寒い季節の「大根」は大きく甘みも強い)



鍋料理のあとの「鍋つゆ」などを有効活用出来ます。

普通に市販の「めんつゆ」を用いても十分美味しく作れます。


yosenabe

画像はイメージ フリー画像です
(「鍋つゆ」は取っておいて活用しましょう)




【こんな時に】


・和食のもう一品に便利
・弱火で放置で完成
・日本酒などの「おつまみ」に


atuage

画像はイメージ フリー画像です
(「厚揚げ」や「練り物」があればOK)



基本は味を整えた「つゆ」に材料を入れて、
弱火で放置するだけで完成します。

他の作業をしている間に完成するメニューです。





基本は「煮る」だけ


【作り方】


・大根を食べやすい大きさにカットする
(場合によりアク抜きする)


アク抜きの方法は様々です。
「電子レンジ」を使った方法などが一番簡単です。

色々な方法はこちら

(管理栄養士監修のページです)



daikonyuderu

画像はイメージ フリー画像です
(「アク抜き」しておくとより美味しくなります)



・「厚揚げ」を油抜きしたあとカットする
(下記リンク参照)


atuage1

画像はイメージ フリー画像です
(「油抜き」をするとカロリーもオフに)



・「めんつゆ」などを用いて煮汁を作る
(市販品およそ10:1程度)
・煮汁が沸騰してきたら20分程度煮る
・火を止めて冷めるまで放置する


たったこれだけで完成です。


冷める間に煮汁の旨味が染み込みます。


tyearing1

画像はイメージ フリー画像です
(その間は休んでも他の事をしても)



・おでんの残りのつゆ
・「鍋つゆ」の残り
・そばやうどんのつゆ

色々な「つゆ」を使って作れます。


すき焼きのつゆなども、
濃さを調整すれば美味しいおかず小鉢になります。



面倒なら「アク抜き」も不要


【調理のコツ】


「落し蓋」をする
・味の濃さは好みで増減


otosibuta

画像はイメージ フリー画像です
(「クッキングシート」を用いた「落し蓋」)



【落し蓋の効果】


・味を染み込みやすくする
・食材の火の通りを良くする
・味付けの均一化


「落し蓋」をすると煮汁が対流することで、
しっかりと火が通る効果があります。

「大根」などは「芯」が残りやすい食材ですが、
「落し蓋」をすることで解消出来ます。

「木製」の蓋をお持ちならそちらで。
ない場合は「クッキングシート」の中央に穴を開けて代用します。


kukkingsi-to

画像はイメージ フリー画像です
(持っておくと便利です)



「大根のアク抜き」
「厚揚げの油抜き」

しておいたほうが美味しく仕上がるのは間違いありません。


しかしあくまで「小鉢」です。

しなくとも十分美味しく作成可能です。


「大根」の面取りも必要無いでしょう。
煮崩れるほど煮込むお料理ではありません。


daikonmentori

画像はイメージ フリー画像です
(角を落とす「面取り」の作業)



「大根」プラス「味の出るもの」を意識


【アレンジレシピの例】


・厚揚げをさつま揚げ(練り物)に
・彩りに人参を加える
・意外と合う洋風だし(コンソメなど)

etc…


satumaage


画像はイメージ フリー画像です
(油で揚げてあるものからは「旨味」が出る)



「大根」は「旨味」を吸収して美味しくなります。


つまり煮汁が「旨味」が強ければ、
単純に美味しい煮物になります。

「人参」も彩りが良くなり、
かつ煮崩れない食材です。


放置した時に煮崩れないものを選ぶといいでしょう。



「鶏肉」などを入れたら充分メインに


こちらのレシピに「鶏肉」を加えて一品料理に変更もできます。

・「鶏肉(骨付き)」に塩コショウをしてさっと炒める
・上記レシピに日本酒を加えて煮込む
・お好みでお酢を垂らしても美味


tebamoto

画像はイメージ フリー画像です
(骨付き「手羽元」のイメージ)



「鶏肉」は骨付きだと味わいが増します。

下処理として、骨の周りに隠し包丁をするといいでしょう。
味が染み込みやすくなります。


少し洋風になりますが「ソーセージ」もよく合います。
非常に「旨味」が強い食材です。


potohu

画像はイメージ フリー画像です
(「ポトフ」などに用いる「ソーセージ」の例)



これなら十分メインのおかずとして成立します。



「小鉢」があると献立が楽になる


野菜の煮物などは冷蔵庫で数日保存出来ます。

そして必要な時に「電子レンジ」でチンするだけでOK。

献立に余裕が生まれる常備菜になります。


renzi1

画像はイメージ フリー画像です
(心強い味方になります)



例えばお惣菜のコロッケやメンチに、
小鉢として野菜の煮物をプラスするだけで定食になります。

後はお味噌汁をプラスすれば十分です。



簡単に作れる「小鉢」で、
毎日のメニュー作りのお手伝いです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です