花散歩 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:花散歩



気持ちの良い空が広がった日は



こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


「五月晴れ」(さつきばれ)


という言葉はテレビなどでもよく使われています。

しかし「誤用」が多い言葉でもあります。


sanpo

画像はイメージ フリー画像です
(晴れた日は人もペットも嬉しいもの)



本来の意味は、

「梅雨の時期の貴重な晴れ間」

なのだそうです。


「初夏」を思わせる晴れた日には「花散歩」もよいかもしれません。


804

画像はいつかの青空のイメージ
(新緑と青空の風景)



よくある天候にまつわる「誤用」


「五月晴れ」


5月と入っているのでどうしても間違いがちですが、


6月頃または「梅雨」の季節に、

「梅雨の合間のよく晴れた日」

を「五月晴れ」と言うそうです。


DSC_0948

画像はイメージ いつかのツツジと青空
(こちらは5月に撮影したものです)



しばしば5月の晴れ間として「誤用」されているようです。

テレビでも多く使用される言葉です。
辞書ですら間違った事を書いてあるものもあるとのこと。



kouzien

画像はイメージ フリー画像です
(時には「辞書」ですら「容認」している)




「小春日和」


春のうららかな晴れた日の事を指していると思いがちですが、
そちらも「誤用」となります。


こちらも本来は、

「初冬(11月から12月上旬)の頃の穏やかで暖かな天気の日」

を指します。


現在では春のうららかなイメージで用いることが多い言葉です。


1276

画像はいつかの河津桜
(桜が咲くのは「小春日和」ではない)



これらの言葉は「誤用」であっても、
世間で容認されているために意味は通じる言葉の一つです。



「青空」と「パッチワーク」に「ツバメ」が舞う


初夏の日。

夏鳥である「ツバメ」も飛び回り、
良い風景でありました。

満開の「ツツジ」と「青空」のコントラストがとても美しく、


自然が作り出した「パッチワーク」のようだと感じます。


DSC_0949

画像は「青空」と「ツツジ」の共演
(コントラストが美しく「パッチワーク」のようです)



しばらく見とれてしまう風景です。

「ツバメ」も元気に飛び回ってさえずっておりました。


tubame

画像はイメージ フリー画像です
(代表的な「夏鳥」である「ツバメ」)



「五月晴れ」

という言葉を使いたくなる気持ちはよくわかります。



「色変わり」の「ツツジ」に出会う


「ツツジ」は赤が基本です。
所々白い「ツツジ」が咲き…「色変わり」の「ツツジ」が彩を添えていました。

自然が作り出す芸術のような風景です。


DSC_0950

画像はイメージ 美しい「色変わり」の「ツツジ」
(色の入り方にも個性がある)



「接ぎ木」などの手法で、
色が混ざる「色変わり」を作ることが出来るそうです。

これは「サザンカ」や「梅」、「桃」など他の植物でも見ることが出来ます。


「青空」とよく似合います。


しばし時を忘れてしまいそうです。


DSC_0974

画像は白と赤の「ツツジ」
(はっきりとしたコントラストも美しい)



「青空」を思わせる「ネモフィラ」


他にも色々な花が咲く季節でもあります。

中でも「青空」を思わせる美しいブルーの「ネモフィラ」は人気です。


DSC_0940

画像はいつかの「ネモフィラ」
(群生は非常に見応えがあります)



まさに「青空」の色合いです。

群生で有名な観光地に多くの人が訪れるのも頷けます。


nemofira

画像はイメージ フリー画像です
(有名な群生地には多くの観光客が訪れる)



日差しはやや暑さを感じさせるような日でも、

「ネモフィラブルー」

と呼ばれる美しい色合いは涼しさを与えてくれます。



「新緑」で一休み


「花散歩」に出たら、
この季節のもう一つの美しい風景を忘れずに。

「初夏」は「新緑」の季節でもあります。


DSC_0926

画像はいつかの「新緑」の風景
(いくらかライムがかった色合い)



この季節は木々はもちろんのこと、
庭やガーデニングの景色にも美しい「新緑」を見る事ができます。

「緑色」は人を落ち着かせます。

散歩の途中には「新緑」で一休みしましょう。


IMG_20221026_115033

画像は「ローズマリー」の新芽
(ガーデンにも美しい風景があります)



更には神社仏閣でも「新緑」を楽しめる時期です。

境内のイチョウの樹も青々と葉を伸ばし、
生命力を感じる季節です。


DSC_0292

画像は「石灯籠とモミジの新緑」の風景
(落ち着く空間です)



人も野鳥も…植物も


飛び回る「ツバメ」たちも、

気持ちよさそうに飛び、
嬉しそうにさえずっておりました。


DSC_0951

画像はいつかの「ツツジ」の絨毯
(赤をベースに白、ピンク、青空に緑)



晴れた日は野鳥たちも嬉しいのかもしれません。


人も野鳥も植物たちも…結局は同じお日様の恩恵を受けて、
暮らしているのだと感じる瞬間でした。


morinonakama

画像はイメージ フリー画像です
(人だけのものではない自然)



心地よい「初夏」の日。

よく晴れた日には「花散歩」にでかけてみてはいかがでしょうか?


運が良ければ「青空」の下、

「パッチワークのような風景」

に出会えるかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



春の花…寒い中でも元気に咲く



こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


寒いこの時期でも、
雪の下や花壇ではお花が「春」の準備をしています。

身近な「春」の風景を「花散歩」してみましょう。


BlogPaint

画像はイメージ いつかの「菜の花」
(身近に感じられる「春」)



そもそも「ビタミンカラー」とは?


ファッションの世界などでも、
よく「ビタミンカラー」と言う表現を用います。

具体的にはどのような色を指すのでしょうか?


bitamin

画像はイメージ フリー画像です
(フレッシュなイメージの柑橘類たち)



基本的には「柑橘類」の色合いを指します。

・黄色
・オレンジ
・グリーン

などが代表例です。


「ビタミンカラーの元気コーディネイト」


などと普通に使用されています。


bitaminkode

画像はイメージ フリー画像です
(ビタミンカラーコーデの一例)



代表格はやはりイエロー系でしょうか?


520

画像はイメージ いつかの温室にて
(「レモン」がなっていました)



「柑橘類」のビタミンCを連想させる色とも言われております。

明るい色彩で、元気なイメージを持つ色です。



雪の下に咲く福寿草


まだ寒い時期。
雪も積もっている事があります。

そのような環境でもお花たちは鮮やかな姿を見せてくれます。


495

画像はイメージ いつかの「福寿草」
(残雪の中でもたくましく咲く)



周りにはまだ雪が積もっているような所でも、
芽を伸ばして鮮やかな黄色いお花を咲かせます。


497

画像は公園に咲く「福寿草」
(まだまだ寒い季節です)



古くから初春を祝う縁起物であり、

「元日草」

と呼ばれることもあります。


IMG_20230211_130538

画像はいつかの「福寿草」
(足元にも目を向けて見ましょう)



早春に黄金色の花を咲かせることから、
一番に春を告げるという意味で「福告ぐ草(フクツグソウ)」
と江戸時代に呼ばれました。

呼び方の語呂が悪いため現在の「フクジュソウ」が一般化しました。


「福寿草」


名前もとても縁起が良さそうです。



花壇や鉢植えにもたくさんの「春」の便り


身近な花壇や鉢植えにも「春」を告げるお花が咲いております。

それはとても鮮やかで、
通りかかる人々に元気をくれるのです。


161

画像はイメージ いつかの「チューリップ」
(鮮やかな「チューリップ」が並んでおりました)



こちらは通りにある花壇(鉢植え)の一つです。

通り沿いにあるいくつかの鉢植えに、
たくさんの「チューリップ」が植えられておりました。


鉢植え複数が「ビタミンカラー」で統一されており、

通りそのものが明るくなるような印象を受けました。


yasasisa

画像はイメージ フリー画像です
(人を「思いやる」気持ち)



「チューリップ」全体の花言葉は、

「思いやり」

です。


162

画像は同通りの「チューリップ」
(目を引くイエローです)



その名の通り行き交う人々を見守るような、
そんな光景でした。



路地にもたくましく咲く


駐車場であろうが、
コンクリートの隙間であろうが、

たくましく根を張り咲くお花があります。


677

画像はイメージ いつかの「たんぽぽ」
(固い地面もなんのそのです)



こちらは駐車場の一角。
決して恵まれた環境ではありません。

そんな中でもこうして元気にお花を咲かせてくれます。


「菜の花」と共に特に「春」を感じる瞬間でもあります。


1686

画像はいつかのハルシオン
(公園や道端にも「春」の息吹)



見逃さないで身近な「小さな春」


この写真たちは、

・通勤通学の途中
・買い物の外出途中
・通り抜けた公園の片隅

などで撮影しています。
(フリー画像を除く)


特に遠出をしなくても身近な所にあるものです。


1260

画像はショッピングモールのガーデン
(美しい「ビタミンカラー」の流れ)



「ビタミンカラー」のお花たちは、
本来昆虫などに受粉してもらうため、
虫の視認性が高い色をしているのですが…。


IMG_20230211_123433

画像はいつかの庭園にて
(「蝋梅」の花も咲いていました)



私達にとっても、

・元気をくれる
・季節を感じる
・楽しみとなる

そんな存在です。


少し普段の生活の中で元気が欲しい時。

「花散歩」をしてみるのも一つの方法です。



IMG_20230327_130256

画像はいつかの庭園にて
(こんな景色もすぐに見られます)



散歩の際はマナーを守って、
くれぐれも進入禁止の場所に入ってはいけません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.2加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



色々厳しい昨今でも…変わらず咲く花たち



こんにちは୧( •̀ㅁ•́๑)૭✧
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


人間は社会情勢や天候、
様々な状況に翻弄されております。


そんな中でも植物やお花たちはしっかりと準備をして、
季節になればその姿を見せてくれます。


特別な場所でなくとも「花散歩」は出来るものです。


453

画像はいつかのビオラ 色合いが素敵です
(冬のガーデンを彩ります)



置かれた場所で咲く難しさ…


人は置かれた環境で大成するとは限りません。

もちろん成功を目指して努力をする人も大勢おります。
しかし花を咲かせるかどうかは…わかりません。


hanagasaku

画像はイメージ フリー画像です
(その場で咲けるかは努力次第)



植物たちは環境が厳しいものであっても、
その場で適応していきます。

私達が思うよりもずっとしたたかで、
たくましいのです。


16

画像はいつかのハナニラ
(ちょっとした隙間にも咲いています)



ちょっとした道端の土がある場所。
街路樹の隅。


その場の環境を最大限に活かして花をつける植物たち。

私達の及ぶ所ではないのかもしれません。


569

画像はイメージ いつかのタンポポの花
(ほとんど土のない隙間でも)



昆虫などがいない季節でも


「寒椿」は色合いが少ない冬に、
きれいな赤いお花を咲かせます。


444

画像はいつかの椿の花
(生け垣にも活躍するお花です)



赤は実は昆虫は見えにくい色です。
虫たちは白や黄色などがよく見えます。

椿が花を咲かせる時期にはまだ虫たちはいないのです。


そのため「メジロ」などの野鳥が蜜を求めてやってきます。
口の周りを花粉だらけにした「メジロ」を見たことがありませんか?

もちろん受粉に一役買っています。


meziro

画像はイメージ フリー画像です
(くちばしは花粉だらけ)



赤系の実や花をつける植物は虫よりも野鳥を対象にしているのです。

こう考えると結構したたかです。
生きる術を考えた結果なのでしょう。



「氏神様」への参拝の途中で


自分が住まう近隣の神様のことを

「氏神様(うじがみさま)」

と呼びます。


「氏神様」はその土地を守って下さる神社におられます。


540

画像はいつかの梅の花
(桜よりも一足先に見頃を迎えます)



決して大きい神社でなくとも、
梅などを植えている神社は多いです。


新年のご挨拶の折に出会えることもあるでしょう。


IMG_20230201_140143

画像はいつかの参拝にて
(「狛犬」のいる風景)



その年の初参拝が、

「初詣」

という考えもあります。


混雑を避けられて賢い選択かもしれません。


IMG_20220923_113348

画像はいつかの参拝にて
(その土地を守る「氏神様」を大切に)



ようやく「初詣」の混雑も解消してきた頃に、
近隣の神社仏閣を訪れるのも良いでしょう。



確かに感じる春の兆し


ちょっとした公園には桜の樹などが植えてあります。

何も「ソメイヨシノ」だけが桜ではありません。
残雪や他の植物がまだ咲かぬ中、ひときわ目立つお花がありました。


BlogPaint

画像はいつかの「大寒桜」
(まだ寒い中でも見事に咲いています)



「ソメイヨシノ」よりもずっと早くに花が咲く寒桜。
ピンク色が濃い目できれいです。


こちらでも「メジロ」や「ヒヨドリ」といった野鳥たちは大忙しです。
せっせと蜜を吸っておりました。

食べ物が少ない冬季には「花の蜜」は貴重な栄養素なのです。


hiyodori4

画像はイメージ フリー画像です
(梅とヒヨドリのイメージ)



寒い時期に咲く花と野鳥たちは、

「共存」

することでこの厳しい環境を乗り切っているわけです。



冬の「花散歩」には植物たちの知恵がたくさん


本当に近所に行くだけでも、
お花たちとの出会いがあります。

・街路樹
・花壇
・神社仏閣
・公園や庭園

etc…


463

画像はいつかの冬の花壇
(寒さに強い花たちが彩るガーデン)



そして厳しい状況であっても、
適応することで冬を乗り切って咲く花たち。

私達よりもずっとたくましく、したたかでそして美しいです。


1113

画像はいつかの「寒桜」
(庭園などに赴くのもよいでしょう)



もし散歩される際には、

・防寒対策
・感謝の気持ち
・動植物への配慮

を忘れずに。


まだ寒い冬の時期。

こんな場所にも花が咲いているんだと発見することが出来ます。


人も少なめで良いものです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.2加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ