自律神経の疲労 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:自律神経の疲労



「脳」が処理できる情報には限界がある



こんにちは(´ε`;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


最近使われだした言葉、

「脳疲労」

をご存知でしょうか?


非常に簡単に説明すると、

「脳のオーバーヒート」
「脳の許容範囲の超過」

となります。


本日は「脳疲労」についてお届けします。


joseihirou

画像はイメージ フリー画像です
(「お疲れ」のようです)


※当記事は「脳疲労」の言葉の説明です
 医療に基づいた記事ではありません




「脳疲労」とは何か?


急激に情報量が増えた現代社会において、
「脳」が働ける許容範囲を超えてしまったために疲労してしまう状態です。


tukareta

画像はイメージ フリー画像です
(「脳」が疲れてしまった状態です)



特にインターネットの普及により、
一度に入ってくる情報量が多すぎる事も一因とされています。


10年前と比べて、
「脳」が処理するデータの量は100倍とも300倍とも言われています。


jouhoushori

画像はイメージ フリー画像です
(いらない情報まで入ってきます)



「脳」は全ての動作や行動を司っており、
常に働いている臓器です。

例えばこのようなことでも「脳」は働いています。


hatarakunou


画像はイメージ フリー画像です
(私達が考える以上に考えている「脳」)



・座っている時の姿勢を保つ
・眠っている時の呼吸や血流コントロール
・運動における筋肉の動き


ほぼすべての状態で「脳」は活動しているのです。


常に活動している「脳」はストレスなどに弱く、
バランスが取れなくなると、機能が低下してしまうとされています。



「脳」の「疲れ」のサインを見逃さず


次のような症状の方は「脳疲労」の可能性があります。




「集中力の低下・ミスの多発」


awaterujosei

画像はイメージ フリー画像です
(「ケアレスミス」がいつも以上に増えます)



集中力の低下により、作業にミスが生じます。

自分では頭を使っている感覚のない、
「ルーティンワーク」などの効率も落ちます。




「感情の抑制が難しくなる」



okorujosei

画像はイメージ フリー画像です
(様々な「不和」の元になります)



ちょっとした事ですぐに怒ったり、
反対に非常に不安になったりしやすくなります。

普段よりも思考がマイナス寄りになります。




「消化器系や呼吸器系の異常」


ikigurusii

画像はイメージ フリー画像です
(「過呼吸」や「不整脈」など重篤な場合も)



なんとなく息苦しかったり、呼吸が早くなったりします。
また胃腸の障害が起こったりしやすくなります。

「脳」の疲労により「自律神経」に乱れが生じます。

頭痛や肩こりなども起こりやすくなります。




「不眠や意欲の低下」


yarukiganai

画像はイメージ フリー画像です
(他人には理解されにくいのも問題です)



「自律神経」が乱れるために不眠が起こりやすくなります。
また「モチベーションの低下」など意欲低下も起こりやすいです。

「脳」の血流が低下することが原因です。



「脳疲労」の原因


次に「脳疲労」の原因となりうる事柄を考えていきます。

全て回避するのは現代社会ではなかなか難しいです。




「PCやスマートフォンの使いすぎ」


PC

画像はイメージ フリー画像です
(なければ仕事が進みません)



現代では必須と言えるツールです。


但し情報量は桁違いで、

スマホの普及 = 脳疲労の増加

と置き換えられるのも現実です。


息抜きのつもりのスマホが、「脳」にとってはダメージになるのです。
それだけ映像から入る情報量は多いということです。





「慢性的な睡眠不足」


suima

画像はイメージ フリー画像です
(お仕事中も…ウトウト)



「睡眠不足」は万病の元です。

・深い睡眠(ノンレム睡眠)⇒ 脳が休める唯一の時間
・浅い睡眠(レム睡眠)  ⇒ 多量のいらない情報の整理

つまり深い眠りと浅い眠りが繰り返されるのが理想です。


一般的に「夢」を見るのはレム睡眠とされます。

「夢」にはいらない情報の処理や、ストレスの解消といった効果があるのだそうです。


「脳」にとって大切な時間であるのは言うまでもありません。





「精神的ストレス」


tukareta1

画像はイメージ フリー画像です
(わかっていても出てくるのが「ため息」)




全ては繋がっている事がわかります。

・ストレスを感じる
・飲酒などが増える
・睡眠が浅くなる
・朝スッキリ起床出来ない
・勤務態度に出る
・注意されてストレスがたまる…


まさに悪循環です。

どこかで断ち切って、ストレスを解消して「脳」を休ませる必要があります。





「複数作業の継続」


marutitasuku

画像はイメージ フリー画像です
(得意な人が羨ましい限りです)



様々な事に気を使いながら作業を進めることを、
「マルチタスク」と呼びます。

これは「得手不得手」が分かれる所です。


一般的には人間の「脳」は「2つのタスク」が限界とされています。

これを超える作業の継続は「脳」に大きな負担となります。


猛烈にこれを強いられる職場で知られる、

「空港の管制官」

は30分で休憩を取るように決まっています。


航空事故の危険を伴うからです。


kanseitou

画像はイメージ フリー画像です
(空港の管制塔業務は激務で知られる)



全ての項目において、あくまで個人差があるため一概には言えません。

上述した事柄はほとんどの方が当てはまるからです。


「脳」の許容範囲が広い人もいれば、
様々な事柄を処理出来る人もいるわけです。



「脳疲労」を回復させるには


基本的には「脳」を休ませる行動を取ることです。


歩きすぎて疲れた脚は、

・休む
・マッサージする
・入浴する

などの方法で回復します。


これを「脳」で考えてみましょう。




「ストレスの解消」


aromaoil

画像はイメージ フリー画像です
(「アロマ」好きな香りに包まれて)



「ストレスの解消」は悪循環を断ち切る上で必要です。

但し上述したように「飲酒」は睡眠を悪くするのでおすすめできません。

基本的には好きなことで発散するのが一番です。


「アロマ」はストレス解消に役立ちます。
特に「森の香り」などは効果が高いそうです。


IMG_20220528_104251

画像はいつかの森の散歩
(「森林浴」は効果が高い)



自然の中を散策するなど、
適度な運動も非常に効果的です。

眠りにも入りやすくなります。


「ペットと触れ合う」なども効果的です。


josei8

画像はイメージ フリー画像です
(触れ合いがもたらす安寧)




「スケジュールの調整」


sukejuru

画像はイメージ フリー画像です
(あえて紙を使う人も多い)



例えば「覚えておくこと」を減らすのは良い方法です。


具体的には、

①会議の時間10分前にアラームをかける
②午前の枠に予定は3つなど制限する
③あえて予定を開ける日を作る


sumaho1

画像はイメージ フリー画像です
(スマホは「悪」ではなくツールです)



①は「会議の時間を覚える」というタスクを減らせます。
②は「上限」を自ら設けることでタスクを均一化します。
③は「何にもない日」だという安心感を「脳」に与える事ができます。






「睡眠環境を整える」


neru

画像はイメージ フリー画像です
(「今日は寝る」という日も必要)



一般的なよく眠れる方法を試すのが良いでしょう。

人により様々な睡眠前のルーティンがあります。
それをきちんとこなしてしっかり睡眠しましょう。


「睡眠時間」ではなく「睡眠の質」です。


流石にベッドでのスマホは悪影響があります。

睡眠に必要なホルモンである「メラトニン」を抑制してしまいます。
やめたほうが良いでしょう。


bedodesumaho

画像はイメージ フリー画像です
(ついやりがちですが…「脳」も休めません)




「脳」が喜ぶ「栄養素」とは?


「脳」が喜ぶ栄養素は何か?

それは「糖質」です。
中でも「ぶどう糖」は直接「脳」のエネルギーになります。


nougenki

画像はイメージ フリー画像です
(過度の糖質ダイエットも危険です)



私達は主食として「白米」や「パン」を食べます。
主に「デンプン」を含んでいます。

これらは「唾液」などの消化酵素により、
「ぶどう糖」に代わりエネルギーとなるのです。



morinagaramune

画像は「森永製菓」様のものです 画像クリックでHPへ
(子供のお菓子と侮るなかれです)



直接「ぶどう糖」を摂取すれば効率的です。

・お菓子のラムネ
・バナナ
・はちみつ

などは「ぶどう糖」が多い食品です。


同時に「ビタミンB群」を摂取すると、
「ぶどう糖」がエネルギーへ変換されやすくなります。

つまり「疲労回復」効果です。



自分の身体を守るのは自分だけ


「脳疲労」の仕組みがわかったとしても、
ここで挙げている対策はあくまできれい事です。

実際の生活ではそうもいきません。

職場環境は人により違います。
家で働いている方(家事含む)も同様です。



kazi


画像はイメージ フリー画像です
(これも一つの「マルチタスク」です)



ただ一つ言えるのは、

「自分の身体を守る事ができるのは自分だけ」

ということです。


josei munenite

画像はイメージ フリー画像です
(自分の事…一番わかるのは自分です)



常日頃「脳疲労」の様な状況を感じている方は、
病気へと発展する可能性があります。


・睡眠の質を上げる
・食生活を整える
・陽光を浴びる
・自然に触れる
・適度な運動


いずれも当たり前でいて難しいことです。


「いらない情報」「余計な情報」を入手しすぎないように。

常日頃から意識をしてみましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



季節の変化に身体も胃腸もついていけない



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


最も暑い時期が過ぎ、
一段落している時ほど危険性が高まるのが「食中毒」です。


梅雨時だけでなく、
9月から10月頃には多くの「食中毒」が発生します。


本日は「秋バテは食中毒の元」をお届けします。


akatonbo

画像はイメージ フリー画像です
(秋を告げる「アキアカネ」)



「秋バテ」の症状とは?


次のような症状の方は「秋バテ」の可能性があります。
「夏バテ」から引き続き体調不良を訴える方が多いのです。

・食欲がない
・胃がもたれる
・だるい、疲れる
・立ちくらみやめまい
・頭が重い、頭痛
・寝られない、起きられない


karou

画像はイメージ フリー画像です
(症状は人それぞれです)


症状が2週間以上続いたり、
4~5個以上当てはまる方は「秋バテ」かもしれません。


主に暑い時期の生活から、
少し涼しくなり始める頃に現れる症状で、
他にも精神的な症状が表れる事もあります。


「食中毒」」との関係性の前に、

「秋バテ」してしまう仕組みについて考える必要があります。


musiatui1

画像はイメージ フリー画像です
(「夏バテ」から「秋バテ」と続いてしまう場合も)



冷えや自律神経の疲労


暑い時期に熱帯夜(夜間25℃以上)が続くと、
睡眠中も空調を使用します。

冷えが困るということで、空調を消してしまえば寝苦しく。
いずれも睡眠不足となる昨今の夏。


negaeri

画像はイメージ フリー画像です
(寝苦しい日本の夏)


秋口になると朝晩の気温と、昼間の気温の寒暖差が非常に大きく、
それを調整するために自律神経は働き続けます。

もちろん限界はあり「自律神経が疲労」してしまうのです。

ziritusinkei
画像はイメージ フリー画像です
(働きにも限界があります)


更に食生活や生活スタイルも暑い時期のままを続けがち。

・冷たいものを多く取る
・空調の中で半袖で過ごす
・運動習慣の減少
・台風による気圧変動
・シャワーで済ます入浴

これらが重なって起こるのが「秋バテ」です。


「身体の冷え」⇒「胃腸の冷え」


つまり身体の中心が冷えることで不調となることが多いのです。


hiejosei

画像はイメージ フリー画像です
(身体は想像以上に「冷え」ている)



「食中毒」との関係


「自律神経の乱れ」=「免疫力の低下」

が一番の原因です。


igayowatta

画像はイメージ フリー画像です
(胃腸障害を訴える人が多い)



自律神経は私たちの身体を調整する役割を持っています。
当然胃腸系の働きにも影響を及ぼします。

普段はなんでもない食事をしたのに、
おなかが痛くなるという経験はないでしょうか?

これは「冷え」などが原因で、
胃腸の働きが慢性的に弱くなり、消化不良を起こしていると考えられるのです。


tkg

画像はイメージ フリー画像です
(胃腸の弱りを感じた時は生食を控えましょう)


当然、食中毒の菌が身体に入ってしまった場合、
普段は問題ない食生活でも「食中毒」になってしまうことがあります。


・卵の生食
・お刺し身
・食物繊維の多いもの


意外なところでは身体によいとされる食物繊維。

特に不溶性食物繊維を多く含む、

・大豆
・おから
・オートミール

などは体調により下痢をしてしまう場合があります。


o-tomi-ru

画像はイメージ フリー画像です
(普段の食生活をしているのに…何故?)


自分の身体と相談して摂取しましょう。



身体を秋に向けて整える


身体は急な変化にはついていけません。

暑い時期に運動を控えていたり、
冷たいものをごくごくと飲んだり。

そういった生活スタイルを変更していく必要があります。


kenkoujosei

画像はイメージ フリー画像です
(運動も徐々に始めます)



そして夜はしっかりと入浴をします。

できれば温めの湯船で半身浴するのがベストです。


睡眠の1時間前程度に入浴するのがいいとされますが、
生活スタイルに合わせて下さい。


hannshinnyoku1

画像はイメージ フリー画像です
(お腹を温めることを意識しましょう)



お腹は身体の中心であり、
弱っていると身体全体に影響を及ぼします。

暑い時期に冷たいもので疲れている胃腸を、
ぜひいたわってあげて下さい。



睡眠の質をあげたり、消化の良いものを取るなど、
規則正しい生活をするのも大切な事です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です




  



「半身浴」は身体の負担も少ない



こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです🛀
本日もよろしくお願いいたします。


身体の不調の原因は様々です。
その中でも重要なのは「身体の冷え」です。


心とも密接に関係のある「身体の冷え」
「半身浴」で解消しましょう。

nyuuyoku

画像はフリー画像 イメージです
(入浴は明日への活力になる)



しっかり湯船に浸かっていますか?


忙しい毎日。

徐々に日常を取り戻しつつある昨今ですが、
在宅勤務を続けている方もいらっしゃいます。

家の中は思いの外「冷え」ます。

知らずのうちに結構身体が冷えていたり、
足腰が強張っていたりします。

最近では湯船に浸からずに、シャワーで済ます方も多いです。

shawa

画像はイメージ フリー画像です
(湯船の無い賃貸も多くなっている)


「入浴の時間がもったいない」


その割にはスマホを見ている時間のほうが長い事も…


現代人はそれほどに時間に追われて生活をしています。

tokei

画像はイメージ フリー画像です
(睡眠時間も最も少ない日本…)


出勤と在宅を交互に繰り返すことで、

・暑い屋外
・空調の効いた環境

が繰り返され自律神経が疲労します。

季節性の寒暖差も大きく、
晴天と曇天(雨天)ではときに10度近く差があることも。

寒暖差は心身にとって大きなストレスになります。


hiejosei

画像はイメージ フリー画像です
(手指が冷たい事ありませんか?)


知らずの「身体の冷え」は心身の不調に繋がります。

しっかりと湯船に浸かることで心の疲労を回復しましょう。



リラックス効果の高い「半身浴」


一般的に、

・全身浴は身体の肉体的疲労の回復
・半身浴は精神的なリラックス効果

と言われています。

※湯温や入浴時間などに影響を受けます




nyuyoku

画像はイメージ フリー画像です
(熱すぎると逆効果の場合も)



【半身浴のすすめ】


「半身浴」には以下のような効果があります。

・デトックス効果
・身体への負担を軽減しつつ温める
・安眠効果
・リラックス効果

「半身浴」はたくさん汗をかきますので、
身体の老廃物を外に出す効果があります。

それは美肌にもつながります。


bihada

画像はイメージ フリー画像です
(マスクによる肌荒れにも)


特に普段あまり汗をかかない方は是非活用しましょう。

・運動不足気味の方
・手足の末端が冷える方
・PC操作メインの業務が多い方

時間に追われている方こそ実は休息が必要な場合が多いです。



正しい入浴方法を知る


「半身浴」は正しい入浴方法を知らないと効果が出にくいです。

特に湯温には注意して下さい。
熱すぎるとかえって疲労をまねきます。


hannshinnyoku1

画像はイメージ フリー画像です
(ぬるめがおすすめです)



【正しい半身浴の方法】


・入浴前に水分補給する
・湯温は37~38度(ぬるめ)
・上半身、特に心臓を湯に浸さない
・入浴時間は20~30分
・入浴後適宜水分及び塩分を補給する


心臓を湯に浸さないことで、身体の負担を軽減します。
より冷えやすい下半身を無理なく温める事が出来ます。

もし湯船の関係上、半身浴が難しい時は、
半身浴に使える高さの椅子を湯船に入れて座る方法もあります。

腕を湯につけないようにしてください。
特に手のひらを湯につけると身体が温まりすぎてしまいます。
それほどに手のひらの感覚は敏感なのです。


正しく「半身浴」をすると副交感神経が優位に働きリラックスします。
つまり眠くなります。

入浴剤などで好きな香りや色を用いるのもおすすめです。


aromaoil

画像はイメージ フリー画像です
(アロマオイルなどを使う場合リラックス系を)



「半身浴」だけで痩せる効果は少ない


「半身浴」で大きく勘違いされていることの一つです。


「半身浴はダイエット効果が高い」


実は「半身浴」だけでは痩せる効果は少ないと言われています。

ただし全く効果が無いわけではありません。
多くの場合はトレーニングや食事療法と併用しているから痩せるのです。

daietto

画像はイメージ フリー画像
(適切な運動を併用して)


正確には、

・身体の老廃物をしっかりと出す
・しっかり汗をかくことで代謝をよくする
・太りにくい身体になる

そして運動や食事などを併用することで「痩せやすい」身体になる。

「半身浴」が無駄になることはありません。


身体が温まることで、基礎代謝も上がります。
基礎代謝が上がると余分なエネルギーが脂肪になりにくくなります。

免疫力も大きく上がるので良いことがたくさんあります。



たまにはスマホを離れることも…


最近では防水機能のスマートフォン。
お風呂でスマホを使えるカバーなどがあります。

できればこういったものは持ち込まないほうが良いでしょう。

hurodesumaho

画像はイメージ フリー画像です
(防水仕様のグッズも市販されているが…)


スマートフォンのブルーライトはもちろんですが…
入ってくる情報の量を少しでも減らすほうが、リラックス効果が上がります。

せっかくデトックスをするつもりで、
嫌なニュースを見てしまったら…

元も子もありません。


dezitarudetokkusu

画像はイメージ フリー画像です
(時にはスマホを手放すことも重要です)


SNSなども嫌な投稿を見たりしては無意味です。

デジタルデトックスも重要です。


どうしても普段は時間が取れないというのも現実です。

「◯曜日は半身浴の日」

などと決めて置くのも一つの方法です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ