聖夜 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:聖夜



厳かな雰囲気で祈りを捧げる本場の「クリスマス」



こんにちは(*´ -`)(´- `*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「サンタクロース」の本場フィンランド。
北欧諸国やヨーロッパでは大切な季節行事でもあります。


本場ではどのような「クリスマス」を過ごしているのでしょうか?
マーケットで準備を済ませて「クリスマス」当日のお話です。


kurisumasu1

画像はイメージ フリー画像です
(無事に迎えられますように)



「聖なる夜」に祈りを捧げる日


日本でも「クリスマス」の文化は定着しました。
しかし年末商戦という側面も増長しています。

本来の意味とはだいぶ違います。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(厳かな雰囲気で祈りを捧げます)



北欧の「クリスマス」に教会は欠かせません。

24日又は25日のいずれかの深夜に、
家族そろって教会を訪れます。


kurisumasumisa

画像はイメージ フリー画像です
(祈りを捧げて平穏を感謝します)



「聖夜」とは「イエス・キリスト」が誕生した日です。

またちょうど「冬至」の頃でもあります。

「冬至」は昼が最も短い日から、
徐々に昼間が長くなる日です。


hikariganobiru

画像はイメージ フリー画像です
(降り注ぐ光のイメージ)



つまり太陽が蘇り、
再び力を取り戻す日。

徐々に昼間が長くなっていくのです。


「クリスマス」のミサは、
信仰心云々ではなく、子供からお年寄りまで真剣に行われます。

とても神聖なものでもあります。


「聖夜」と呼ばれる所以でもあります。



「ヨウルラウル」の調べにのせて


例えばフィンランドの場合。
教会では祈りを捧げると共に、

クリスマスソングである、

「ヨウルラウル」

を歌います。


kyoukai

画像はイメージ フリー画像です
(厳かなる聖夜)



ヨウル ⇒ 冬至の祭事
ラウル ⇒ 相談する

直訳ではそうなります。


sanbika

画像はイメージ フリー画像です
(「賛美歌」に込められた願い)



フィンランドではクリスマスソングのことを「ヨウルラウル」と呼ぶのです。


・今年もこの日を迎えられました
・家族が皆揃って過ごせました
・健康でいられました

etc…


様々な気持ちを込めて「賛美歌」を歌います。


普段の教会は若い方はあまりおりません。
それは日本と同じです。

ただ「クリスマス」の期間だけは老若男女が集う…そんな光景が見られるそうです。



今夜は「夜ふかし」をしてもいい日


もう一つ子どもたちにとって嬉しいことがあります。

それはクリスマスの日は「夜ふかしOK」な事です。


日本では、

「早く寝ないとサンタさん来ないよ?」

と寝かされてしまいます。


kyoukai2

画像はイメージ フリー画像です
(「サンタクロース」は知らぬ間に来ているのです)



・イブの夜に靴下を置いて眠る
・朝にサンタのプレゼントが置いてある


いささか夢がないですが、日本の事情です。


kurisumasunoyoru

画像はイメージ フリー画像です
(まだかなぁ…という声が聞こえそうです)



北欧では少し事情が違っていて、
「サンタクロース」の到着を待つために「夜ふかし」して待っていてもOKの日です。


少し日本の「大晦日」に近いイメージでしょうか。


北欧らしく「一晩中サウナに入る」という地域もあるようです。



実在する「サンタクロース」


北欧の子供たちにとって「サンタクロース」は実在するものです。

実際に「サンタクロース」が家を訪れてプレゼントをくれたりする。
そんな日に早寝している場合ではありません。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(さすが本場の「クリスマス」です)



大きく違う事は「サンタクロース」の存在は、

日本 ⇒ 見えないもの
北欧 ⇒ 存在するもの

それほど身近なものなのです。


街に出れば、
たくさんの「サンタクロース」がプレゼントを持って歩いている風景を見られるでしょう。


中には、

・車に乗ってプレゼントを配る
・バイクにのった「ちょい悪サンタ」

などというの見かけるのだとか。


kyoukai1

画像はイメージ フリー画像です
(「トナカイ」だけではないようです)



このような時代だからこそ…大切に


本場北欧の「クリスマス」は、
だいぶ勝手が違うようです。


しかしそこにある精神は同じでは無いでしょうか?

・大切な家族に
・愛する人に
・親愛なる友人たちに

元気でいて欲しいという気持ちは同じはず。


kurisumasuheiwa

画像はイメージ フリー画像です
(「平和」を祈る気持ちに差はありません)



最近の状況は思わしくありません。

世界的な「感染症」から立ち直りつつある中で、
影を落とす「戦争」や「災害」に「異常気象」


世界の「平和」を祈りつつ…

皆様にも素敵な「クリスマス」が訪れますように…Merry Christmas!




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



クリスマス マーケットの定番「グリューワイン」



こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


世の中は楽しいことばかりではありません。

病気や貧困。
戦争の地域もあります。

そんな中でも希望を失わず、
家族と共に過ごす喜びを感じられる日。

それがクリスマスの本質なのかもしれません。


本日はそんなクリスマスにピッタリ。
寒いこの時期に身体が芯から温まる…そんな飲み物をご紹介します。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(温かいお酒…​寒いヨーロッパの定番です)



ドイツのクリスマス名物


通常であればドイツではクリスマスの4週間前から、
クリスマスマーケットが開かれます。

そこで思い思いの飾りなどを買い、クリスマス当日を迎えるのです🎄

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(クリスマスマーケットのイメージ)


そんなマーケットの中で賑わいを見せるのが

「グリューワイン」

の屋台です。


とても寒いヨーロッパのクリスマスには欠かせないと言ってもいいでしょう。



「グリューワイン」とは?


「グリューワイン」は日本で言うホットワインのことです。

ワインにスパイスやシロップを入れて温めたワインです。


グリューとはドイツ語で、

「燃える・熱を帯びる」

という意味。


まさに身体をポカポカにするワインということです。

hotwain

画像はイメージ フリー画像です
(マーケットにもグリューワインは付き物)


日本では一般に「ホットワイン」といいます。
(これは和製英語だそうです)

英語では「マルドワイン」
仏語では「ヴァン・ショ」

とそれぞれ言われています。



一般的なレシピをご紹介


この「グリューワイン」ですが、ワインを温めればいいというものでは無いそうです。
温めすぎるとアルコールがすべて飛んでしまい、美味しくないのだとか。


ドイツの「グリューワイン」の定番レシピです。

・赤ワイン    100ml
・水       50ml
・黒胡椒(ホール)1~2粒
・クローブ    2~3粒
・シナモン    1本
・スターアニス  1個
・グラニュー糖  大さじ1杯
・レモンやオレンジスライス ⇒ お好みで加減


hotwain2

画像はイメージ フリー画像です
(グリューワインのイメージ)


これらを鍋に入れて沸騰しないようにギリギリのところで火を止める。
この火加減が「グリューワイン」の命と言えます。

フルーツは決まりは無いそうなので、
りんごでもぶどうでもOKだそうです。

またワインは白でも大丈夫だそうで。

お酒が苦手な方には、
白ワインとアップルジュースの組み合わせが飲みやすくおすすめです。



クリスマスの本質は変わることはない


先述した通り、

新型コロナウィルスによる影響は未だ続き、
戦争状態にある国もあります。

もしかしたらクリスマスを楽しむ事も難しい方もおられるかも知れません。

tontu4

画像はイメージ フリー画像です
(北欧の妖精「トントゥ」たち)


ここ最近よく言われる事の一つですが、
家族の時間は増えていないでしょうか?

その分トラブルも増えたりすることも多いでしょう。

しかしそれも一つの機会と捉えることは出来ないでしょうか


「コロナ禍」

と言われる現在ではありますが、

「何も出来なかった」と思うよりも
「これが出来た」と思うようにしたいものです。

irutatee

画像はイメージ フリー画像です
(気のおけない仲間や家族で…)


ホットワインなどは、
日本では家族で飲む機会など考えなかった物かもしれません。


今年は家族や身近な仲間とホットワインを飲みながら、
来年はどうしたいかお話するなんていかがなものでしょうか?

・行きたかった旅行や場所
・楽しみにしていたイベントや学校
・いつもの仲間との交流

など、出来なかったことはまた始めれば良いのです。


徐々にではありますが、
日常は取り戻しつつあります。


もともと家族で厳かに過ごすことがクリスマスの本質です。

「こんな年もあったね」

と話せるように…今年のクリスマスは過ぎていきます。



聖なる夜のちょっとしたご提案でした。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ