サングラスはただのファッションアイテムにあらず


こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです🕶
本日もよろしくお願いいたします。


夏の疲れ…出ていませんか?
汗をかく夏はそれだけ身体が頑張っている。

その分疲労は蓄積していきます。


夏の疲れあれこれ…

「サングラスで全身の疲労を軽減」をお届けします。

sanngurasu

画像はイメージ フリー画像です



お肌の大敵紫外線…ちょっと怖い話


ギラギラの太陽が砂浜に反射して…
都市部でもミラービルディングやアスファルトの照り返しが厳しい。

紫外線がお肌の大敵であることはもはや常識です。

夏になるとサングラスをかける方も多いと思います。
このサングラス…実はとても重要です。


目に紫外線が入ると太陽光に当たっていない部分も日焼けすることをご存じですか?

日光を感じると身体は防衛反応としてメラニン色素を生成します。
ご存知の通りシミやそばかすの原因になります。

まさにお肌の大敵。

日傘をしていても照り返しや反射の紫外線は防げません。
サングラスはその点大変有益です。



UVケアの重要性


この紫外線…実は人体にとってDNAを傷つける大敵です。

サングラスをかけていない目から紫外線を感じると…

「大敵の紫外線が来ているから気をつけろ!」

と防衛本能が働きます。

hiyakedome

画像はイメージ フリー画像です



その紫外線防衛の指令は全身に及び、自律神経系に大きな負担となります。

・長時間緊張状態が続く
・交互に繰り返されて切り替えが続く

この状態は身体にとって良くありません。


もちろん目からの紫外線侵入を防ぐサングラスは有効です。

お肌のケアはもちろんのこと
目もいたわってあげる必要があります。

こと現代人は目を酷使しています。

・スマホの普及
・リモートワーク

その上外出の自粛によって目が近い所ばかりを見ています。

「スマホ近視」
「リモートワーク近視」

と呼ばれる視力の低下が問題視されているくらいです。


いたわってあげる必要があります。



サングラス選びのポイント


サングラスと言っても選び方にはポイントがあります。

・一番大切なのは紫外線カットの割合
・紫外線カットにレンズの濃淡は関係がない
(濃い色のレンズについては後述します)


サングラスにはUVカット率(紫外線カットの割合)
というものがあります。

「紫外線透過率」
「紫外線カット率」

などと表記されています。

「紫外線透過率1.0%」=「紫外線カット率99.0%」

メーカーにより表記が違います。
上記の場合のカット性能は同じになります。

わからなければお店の方に相談しましょう。

カット率を一番の優先事項にすることは間違いありません。



今は薄めの色がおすすめ


もう一つのポイントレンズの色です。


色の濃い(黒い)レンズは紫外線を防ぐ効果が強そうですが…
実はあまり関係はありません。

最近の研究では色の濃いレンズほど目の瞳孔が開きやすく
紫外線を取り込みやすい事がわかっってきました。

sanngurasu1

画像はイメージ フリー画像です


暗い場所では瞳孔が開き、たくさんの光を取り込もうとします。
それが暗いレンズでは起こってしまうのです。

眼には優しくないということになります。


またコロナ禍の中で、黒いサングラスにマスクに帽子。
若干不信感がありませんか?

このような状況の中でも目で笑顔を伝えたりすることは出来るはず。

目の見える薄いレンズがおすすめです。


ファッションの一つでもあるサングラス…
上手に使うことで夏の疲労軽減に役立てたいものです。



時には疲労を貯めないように自衛することも大事です。

本当に疲労した場合は休息をとることが何よりも大切。
無理はしないように…。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です