素朴な疑問 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:素朴な疑問



「透明」か「混濁」か?


こんにちは(・・?
四つ葉のくまさんことよつくまです🍎
本日もよろしくお願いいたします。


りんごジュースは朝食などに飲む方も多いでしょう。


同じ100%ジュースでも色や味わいが違う物があります。

・金色に近い「透明」タイプ
・やや黄みがかった「混濁」タイプ

この違いは何でしょうか?
本日はそんなお話です。

ringojusu

画像はイメージ フリー画像です
(ジュースも美味しいりんご)



「透明」と「混濁」は何が違うのか?


スーパーなどで市販されているパックのりんごジュース。

同じ100%ジュースでもメーカーにより違いがあります。

それが「透明」か「混濁」かの違いです。

ringojusu1

画像はイメージ フリー画像です
(パック入りジュースはメーカーにより違う)



両者ともにりんご100%ジュースであることは間違い無いのです。

しかしどこか風味も違うような気がします。


元々の原材料の品種が違うのでしょうか?


少しお値段の高い瓶に入ったタイプのりんごジュース。

こちらは「混濁」のタイプが多い気もします。

ringojusu2

画像はイメージ フリー画像です
(少し値段が高い瓶のタイプ)



決め手は「製法」の違い


結論から言ってしまえば2つのりんごの品種は同じです。

ではなぜ仕上がりが変わってくるのでしょう?

その秘密は「製法の違い」にあります。


りんごを絞って果汁にしてからが違うのです。

絞っただけの果汁「混濁」タイプ
絞った後濾過工程「透明」タイプ

ということになります。

ringojusu5

画像はイメージ フリー画像です
(絞られたりんご果汁のイメージ)


絞っただけの果汁には微細な固形成分が含まれます。

・果肉
・食物繊維

といった成分です。


こちらを取り除かずそのままパッケージに入れると「混濁」タイプになります。


一方で一度濾過工程を踏み、
微細な固形成分を濾過した後でパッケージに入れると「透明」タイプの完成です。



「透明」は栄養分は低い?


「濾過工程」


を経て作られたりんごジュースが「透明」タイプです。

しかし疑問が産まれます。


「透明は食物繊維が無いのか?」


というシンプルな疑問です。

ringojusu4

画像はイメージ フリー画像です
(美しい黄金色が特徴)


確かに「混濁」と比べれば食物繊維量はわずかに少ないそうです。

ただ、濾過工程で濾される栄養素は極わずか…
栄養価として見た場合それほどの大きな違いは産まれないとのこと。



【透明タイプの良さ】


・口当たりがよくスッキリしている
・色合いが美しく変色しない
・大量生産に向く(海外では主流)


海外では「透明」タイプが主流だそうです。

ringojusu6

画像はイメージ フリー画像です
(コストコではおしゃれなタイプも)


味わいもスッキリとしており、舌触りがよいのが特徴です。
濾過している為に舌に繊維質が当たることもありません。

非常に飲みやすいりんごジュースと言えます。



「混濁」は品質がよいりんごの味


「混濁」

タイプは果汁の味がストレートに出ます。


そして微細な果肉感を感じるものもあります。

色味に関してはやや不安定。
りんごの成分により少しの変動が見られます。

ringojusu3

画像はイメージ フリー画像です
(りんごそのものが生きる混濁)


つまりりんご本来の良さがそのまま味に繋がるのです。


【混濁タイプの良さ】


・とろっとした舌触り
・りんごそのもののダイレクトな味

りんごの微細な果肉が沈殿することがあるので、
飲む際はよく振ってから飲むのがおすすめです。

りんごが好きな方はよりいっそう楽しめる事でしょう。



りんご県では「混濁」が多い話


上述の製法の違いから、
りんごの品質に自信がある地方。

つまり「りんご県」である青森県などでは、

実に9割のりんごジュースが「混濁」タイプなのだそうです。

ringojusu7

画像はイメージ フリー画像です
(りんご県では様々なタイプが)


それはりんごの品質への自信の表れです。

少しお値段の高い瓶に入ったりんごジュースに「混濁」タイプが多いのは、
こういった産地のこだわりが詰まっていると言えます。


スッキリさっぱり飲みたい時は「透明」タイプ。
りんごをしっかり感じたい時は「混濁」タイプと…


飲み比べてみるのも面白いかもしれません。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



桜はお花見…紅葉は紅葉狩り?


こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「紅葉狩り」


秋の風物詩の一つです。

DSC_1159

画像はイメージ いつかの紅葉


桜を見に行くことはお花見です。
名月を見ることはお月見です。

では何故紅葉は「紅葉狩り」なのでしょう。


今日はそんな素朴な疑問のお話です。

IMG_20211127_112800

画像はイメージ いつかの紅葉
(徐々に深まっていく秋)



山に入って「何かしら」を持ち帰る事を「狩り」という


「狩り」

という言葉は「狩猟」という熟語があるように
山野にて何かの対象を捉え持ち帰ることを指します。

kinokogari

画像はイメージ フリー画像です
(きのこ狩りはくれぐれも専門知識のある方と…)


昔の日本では山に入って「何かしら」をを持ってくる行為。
あるいは採取してくるという行為を「狩り」と言いました。

・きのこ狩り
・山菜狩り
・ぶどう狩り

などがいい例でしょうか。

kurihiroi

画像はイメージ フリー画像です
(熟した栗の実のイメージ)


栗などは落ちてるものを拾うので

・栗拾い

と言います。


しかし紅葉は眺めるものです。
掘り起こして持ち帰る「何かしら」ではありません。

なぜ「狩り」の文字を当てるのでしょうか?



由来は貴族の昔の風習にあり


現代のように観賞用の草木が販売されていなかった昔。

貴族たちは季節を感じる草木を求めて山に入りました。

IMG_20211127_114415

画像はイメージ いつかの紅葉
(美しいものは手元に置きたい…)


貴族たちは山に入っては、
実際に枝ぶりのよい紅葉の枝を折り持ち帰ったのです。

そして屋敷(自宅)で鑑賞しました。

これが「紅葉狩り」の由来と言われています。

momizigari

画像はイメージ フリー画像です
(枝ぶりのよい紅葉を求めた)


鑑賞目的ではありましたが、
実際に山に入って「何かしら」を持ち帰ったわけです。
「狩り」の定義とも一致しています。


園芸店などない時代です。

こうして貴族たちはこぞって季節の演出をしていたと考えられます。



桜も昔は「桜狩り」だった?


実は桜もお花見とは言いませんでした。

もちろん桜の枝も山から持ち帰り鑑賞していたのです。
ですから昔はお花見でなく「桜狩り」でした。

1274

画像はイメージ いつかの桜
(現在は桜の枝を折ることはやめましょう)


時代は変わり現在は山にあるものを何でも持ち帰るのはいけません。
マナー違反どころか、犯罪になる恐れもあります。

かならず許可の範囲で行うようにして下さい。


山には所有者というものがおります。
国が管理していれば国有林です。

美しいものを手元に置きたい気持ちはわかりますが…


「そこにあるから美しくいられる」


そういうものもたくさんあるのです。

DSC_1156

画像はイメージ いつかの紅葉
(その場所にあるから美しいものも)


たくさんの人が集まる事が難しい昨今。

訪れる先の状況にも配慮することが肝要です。


自分の「映え」を優先するあまり、
ルールやマナーをおろそかにしないように心がけましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



秋の空はなぜ高く見える?


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


気持ちよく晴れた秋の空、

「秋の空は高い」

というのを聞いたことがないでしょうか?


また秋の空はとても青く見えてきれいです。

それはどうしてなのでしょうか?
高さそのものは変わらないはずですが…本日はそんな素朴な疑問のお話です。

788

画像はイメージ いつかの青空
(特徴的な秋の筋状の雲)



高気圧にも出身地がある


日本列島を訪れては、
また去っていく高気圧。

基本的には高気圧が近づけばお天気は晴れ。
低気圧が近づけば曇りや雨になります。

tenkizu

画像はイメージ フリー画像です
(高気圧はどこからやってくるのか)


高気圧の出身地とは?

とある高気圧が発生した場所が出身地です。


実はこの出身地よる違いが、

・空の高さ
・空の青さ

と密接に関係しているのです。



秘密は含まれる水蒸気?


【夏の高気圧】


夏の高気圧は南国出身です。
海上で発生し北上してきます。

海上を移動するためにその途中でたくさんの水分、
つまり「水蒸気」を多く蓄えています。

この「水蒸気」は夏の蒸し暑さをもたらす原因にもなっています。

nyuudougmo

画像はイメージ フリー画像です
(真夏の入道雲のイメージ)



【秋の高気圧】


秋の高気圧は西方の大陸出身です。
西から東へと移動してきます。

大陸には水が少ないため、
当然ながら含まれる「水蒸気」の量が少なめになります。

カラッとした晴天の要因ともなっています。


実はこの「水蒸気」の量が空の透明度に密接に関係しています。

「水蒸気」の少ない秋の高気圧は「透明度の高い空」をもたらします。

例えるならば、

夏の高気圧 ⇒ ミストサウナ
秋の高気圧 ⇒ ドライサウナ

視界の差は歴然です。

misutosauna

画像はイメージ フリー画像です
(ミストサウナは水蒸気を用いる)



【秋の空が高く青い理由】


夏の高気圧は海上を進むため「水蒸気」が多く湿度が高い。
秋になると大陸から乾燥した高気圧がやってくる。
これが秋の空が高くそして青い空を生み出す理由です。


夏の「水蒸気」を含む高気圧は、
同時に入道雲のような夏の雲を作り出します。

秋の高気圧は「水蒸気」が少ないため、
雲は入道雲のようにならず薄く伸びるようになります。

443

画像はいつかの秋の青空
(透明度が高く青く見える)



実は春の高気圧も大陸出身


「高気圧の出身が大陸ならば空が高くなる」


ならば同じ大陸出身の高気圧がやってくるのに、
春はどうして「かすみがち」なのでしょう?

harugasumi

画像はイメージ フリー画像です
(春特有の「春霞」のイメージ)


これには別の理由があります。

大陸の春は雪解け後で、地面がむき出しになっている状態です。
そのために土や砂を舞い上げやすくなっているのです。

春先に黄砂と呼ばれる現象が大陸からもたらされます。
それは舞い上げた土や砂が埃やチリのように飛んでくる現象です。


では秋はどうなのでしょうか?

秋に大陸で産まれた高気圧は同じように日本にやってきます。
しかし夏の間生い茂った植物によって地表が覆われているのです。

midorinodaiti

画像はイメージ フリー画像です
(夏の間に緑に覆われた大地)


そのために砂埃などを巻き上げにくい状態で高気圧がやって来ます。

自然環境が完全に破壊されてしまえば、
私たちは美しい青い空を見れなくなってしまう可能性もあるのです。

もっと自然や植物たちに感謝をしなければなりません。



気温が下がることで起こる変化


秋にはもう一つ現象が重なっています。

それは気温の低下です。

tairyu

画像はイメージ フリー画像です
(こちらは水の対流…基本同じ現象が起こる)


夏の間は温められた空気がいわゆる「対流現象」を発生させます。
つまり空気をかき混ぜるのです。

この際に低めの層にある汚れた空気を、
一緒に巻き上げてしまうと言われています。

秋の日照減少により空気が温められなくなると、
「対流現象」が起きなくなります。

汚れた空気の層をかき混ぜなくなるので、
こちらも「秋の空は高い」に一役買っています。



本当に「秋の空は高かった」


いろいろな自然現象が重なって、
結果として「秋の空は高い」のです。

・大陸出身の水蒸気の少ない高気圧
・移動中に土埃を巻き上げずに移動する
・夏に生い茂った植物が土埃をガードする
・気温が下がることにより対流現象が起きなくなる

こんな現象が重なって…

「秋の空は高い」のです。

そして「透明度が高く青い」のです。

akinosorayuuhi

画像はイメージ フリー画像です
(実は夕焼けも秋が美しい)


近年では開発などにより山などが削られて、
土埃を巻き上げやすい状態を自ら作ってしまっています。

普段何気なく見ている植物たちにも大切な役割があり、
人間も生態系の一つであることを認識する時期なのかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ