ちょっと気になる「卵白」の話



こんにちは(*・ω・)ノ
四葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「食べ合わせ」は栄養素を増したりするものと、
反対に「損」をするものがあります。


「意外に知らない損な食べ合わせ


本日は、
「納豆と生卵」についてお話します。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像
(朝食に頂く方も多いでしょう)



日本人の朝食でよく見かける組み合わせ


健康の為に、
毎朝食べている方もいらっしゃるであろう組み合わせです。

・ごはん派
・納豆好き

の方にとっては普通の組み合わせかと思います。


nattougohan

画像はイメージ フリー画像です
(バランスの良い朝定食)



近年では日本人の朝食のご飯離れが進み、
パン食が一般化しつつあります。

そんな中でも健闘しているのが「納豆」です。


「卵」との組み合わせは栄養満点な気がします。


eggsepare-ta

画像はイメージ フリー画像です
(「卵黄」と「卵白」を分けるセパレーター)



「食べ合わせが悪い」


という話は聞いたことがありません。


「全卵派」か「卵黄派」


で意見が分かれるところではあります。



なぜ「損な食べ合わせ」となるのでしょう。
その理由を見ていきましょう。



損な食べ合わせ「納豆のビオチンの吸収阻害」


こちらの食べ合わせの「損」は、


「納豆のビオチンを卵白のアビジンが阻害する」


と言われている事です。


zennrani

画像はイメージ フリー画像です
(「卵白」に含まれる「アビジン」)



卵白に含まれるたんぱく質の一つである「アビジン」が、
「納豆」に含まれる「ビオチン」(ビタミンB群)の吸収を阻害してしまうのです。




【ビオチンとは?】


ビタミンB群の一つ。
エネルギー代謝を助け、皮膚や髪の健康維持に役立つ。

アトピー性皮膚炎や抜け毛、白髪といった症状と深い関連があるとされる。


kami

画像はイメージ フリー画像です
(「ビオチン」は美しい髪に役立つ)



「食べ合わせ」

という観点から見た場合は、


「食べ合わせがよくない」


という事になります。


ranou

画像はイメージ フリー画像です
(新鮮な「卵黄」のイメージ)



しかしながら影響はそれほど大きいものではありません。


何故なら、
「納豆」だけでなく「卵黄」にも元々「ビオチン」が含まれる為です。


また「卵白」による阻害を防止する方法もあります。



「卵黄」だけを使用するか「温泉卵」にする


【簡単な解決策】


「全卵」をやめて「卵黄」だけにすることで解決です。

又は「アビジン」は熱で変質するため「温泉卵」にすることで吸収阻害しなくなります。


onsentamago

画像はイメージ フリー画像です
(「温泉卵」の「卵白」ならば阻害は起こらない)



「卵黄」に含まれる「ビオチン」の含有量は「納豆」よりも多いのです。

・納豆 ⇒ 100gあたり18.2μg
・卵黄 ⇒ 100gあたり65.0μg

(μg ⇒ マイクログラム)


「神経質」になる必要はないと思われます。


上述の方法により阻害がなければ「ビオチン」が全て吸収されます。


つまり「全卵」を加熱せずに生食する場合、
この阻害が常に起こっているという事になります。

もちろん加熱後の「卵白」にはこの阻害はありません。


tamagokakegohan

画像はイメージ フリー画像です
(「全卵」を用いた卵かけご飯)



卵かけご飯で「全卵」を用いた場合、
普通に「ビオチン」の吸収阻害が起こっているのです。


味覚や食感の問題で「卵白」を敬遠される方もおります。



「卵白」は捨てないで使用する


吸収の阻害を防ぐ目的や、
食感の問題などで取り分けた「卵白」はお菓子作りなどに使いましょう。


余り知られていませんが、
この「卵白」は冷凍庫でも保存できます。

取っておいて解凍しメレンゲなどに使いましょう。


finanshe

画像はイメージ フリー画像です
(「フィナンシェ」は「卵白」から作られる焼き菓子)



・メレンゲを焼いてクッキーに
・「フィナンシェ」などの焼き菓子に
・中華料理の「卵白とじ」などに
・ホットケーキに「卵白」を混ぜてふわふわに

etc…


rannpaku

画像はイメージ フリー画像です
(「卵白」を泡立たせたのが「メレンゲ」です)




お料理の使い道はたくさんあります。


「卵白 レシピ」
「余った卵白 レシピ」

などで検索するとたくさんのレシピが出てきます。


一例として「クラシル」様のサイトです。

こちらから入れます。



「納豆」に加えると栄養効率UPするもの


少し記事の視点を変えて、
反対に「納豆」に加えると良いものを記載しておきます。



【ネギやニラ】


「納豆」はエネルギー代謝を助けるビタミンB1が豊富です。

ネギやニラに含まれる匂い成分である「硫化アリル」は、
ビタミンB1の吸収を促す為、効率的に摂取できます。


neginattou

画像はイメージ フリー画像です
(定番の組み合わせですが非常に有効です)



【キムチ】


「キムチ」には「乳酸菌」が多く含まれています。

「納豆」に含まれる「納豆菌」には、
「乳酸菌」などの善玉菌の増殖を促す作用があります。

ダブルパワーで「腸内環境」を整える事が出来ます。


こちらは「モデル」がおすすめする「腸活」でよく登場します。


tyoukatu1

画像はイメージ フリー画像です
(「モデル」にも「キムチと納豆」愛用者は多い)



誰しも、

「食べ合わせが悪い」

と言われればちょっと気になるものです。



kigakari


画像はイメージ フリー画像です
(「神経質」になりすぎずに)



しかし「神経質」になりすぎずに、
バランスよく摂取することが大事です。

「納豆」や「卵」が栄養豊富であることは疑いありません。



また次回お伝えしていければと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.5 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です