お味噌汁の大定番にもそんな組み合わせが…


こんにちは(・◇・)ゞ
四葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


お味噌汁で毎日頂く組み合わせです。
気にするほどではないものの…少し損な場合も。

「意外に知らない損な食べ合わせ」

本日は、
「わかめとネギ」についてお話します。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像
(比較的一緒に摂ることが多い組み合わせですが…)



今日のお味噌汁の具だった方も多い…かも


お味噌汁の具といったら、

・わかめ
・豆腐
・ネギ

は上位に入ってくるのではないでしょうか?

wakametotouhu

画像はイメージ フリー画像です
(余りにも定番すぎて…)


この組み合わせはお味噌汁以外でも結構見る事が多いです。

・ラーメンのトッピング
・チョレギサラダ
・和え物

etc…

そのくらい普通の組み合わせです。


気になる点を説明していきます。



損な食べ合わせ「わかめのカルシウム吸収阻害」


こちらの食べ合わせの損なポイントは…

「ネギの硫化アリルわかめのカルシウム吸収を阻害する」

事です。

negiwokizamu

画像はイメージ フリー画像です
(ネギを刻むと多く発生する硫化アリル)



【硫化アリルとは?】


ネギや玉ねぎなどにに含まれる成分で、
揮発性で目を刺激する(涙が出る)
「血液をサラサラにする」など健康成分としても有名。


「わかめ」をカルシウム摂取の目的で摂る事は少ないです。

そこまで神経質にならなくても良いと思われます。

少しでもカルシウムを多く摂取したい、
成長期の子供や高齢者などがおられる家庭であれば、
気をつけるべきかもしれません。

karusiumu

画像はイメージ フリー画像です
(カルシウムは他のものでも摂れます)


せっかく摂れるものなら逃すこともありません。
カルシウムは日本人にとって常に不足気味のミネラルです。



ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する


【簡単な解決策】


一緒にビタミンDを摂取することで解決です。

ビタミンDを摂取することでカルシウムの吸収を助けてくれるのです。

sirasutowakame

画像はイメージ フリー画像です
(しらすとわかめの組み合わせ一例)



「ビタミンDを摂りやすい食材の一例」

・しらす(おすすめ)
・きくらげ
・舞茸
・しいたけ

etc…

しらすのビタミンD含有量が最も多いです。
またしらす自体にもカルシウムを多く含みます。
おすすめの食材です。

カルシウム不足を感じている方等は積極的に摂りましょう。

wakametosiitake

画像はイメージ フリー画像です
(しいたけが入るとダシが出ます)


お味噌汁であればきのこ類が最も使いやすいので、

「わかめとしいたけのお味噌汁」

なども美味しくカルシウム摂取できます。



慢性的に不足している栄養素の一つ


カルシウムはとても大切なミネラルです。
と同時に最も不足しているミネラルでもあります。

この組合わせに限らずに、積極的に摂るように心がけましょう。

骨粗しょう症という病気はカルシウム不足が原因で骨がもろくなる病気です。
圧倒的に女性の発症率が高い病気でもあります。

kotusoshoushou

画像はイメージ フリー画像です
(防ぐにはカルシウムの他に運動も必要です)


毎日の小さな積み重ねにより、
防ぐことも出来るのです。

将来に備えて、
積極的に取り入れて行きたいものです。


上述もしておりますが、
わかめに含まれるカルシウム量を考えた際に、
別途バランスよく摂取することで充分補えます。

そういう意味では気にしすぎる必要はない…と言えます。



また次回お伝えしていければと思います。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です