疲労回復 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:疲労回復



理にかなった「疲労回復」効果を持つ



こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです🍍
本日もよろしくお願いいたします。


食べることは生きる事です。
「食の健康」は最も大切な事柄の一つ。


「身体が喜ぶ賢い食べ合わせ」


についてのお話です。


本日の食材は「豚肉とパイナップル」です。


subuta

画像はイメージ フリー画像です
(嫌う人も多い組み合わせですが)



抵抗がある方も…賢い組み合わせの一つ


「酢豚」になぜ「パイナップル」が入っているのか?
不思議に思う方も多い組み合わせです。

「パイナップル」を食べずに残したりする方もいるかも知れません。


painappurutyahan

画像はイメージ フリー画像です
(アジア料理店にみる器としての「パイナップル」)



「フルーツ+炒めもの」


という抵抗があるのです。


pain

画像はイメージ フリー画像です
(フルーツはそのまま食べたい方も多い)



アジア系のお店では、
「パイナップル」自体が器になることもあります。


もちろん理由があっての組み合わせでありました。



「消化酵素」が働き「疲労回復」!


【身体が喜ぶポイント】


「パイナップル」に含まれる消化酵素「プロテアーゼ」が、
豚肉のたんぱく質をより素早くアミノ酸に分解する為、

「疲労回復効果」が期待できる。


hiroukaihuku

画像はイメージ フリー画像です
(元気が一番です)



「疲労回復」といえば豚肉は有名です。


butaniku

画像はイメージ フリー画像です
(ビタミンB1が多い豚肉)



その効果をより一層高めることができるのです。


やはり鉄板の組み合わせには意味があることが多いです。



胃腸への負担も軽減する


「パイナップル」の酵素は肉を柔らかくすると言われています。
つまり豚肉をより消化吸収しやすくするわけです。


当然ながら胃腸への負担も軽減されます。
胃もたれもしにくくなります。



painappuru

画像はイメージ フリー画像です
(肉の脂と好相性です)



「パイナップル」には酸味もあります。
脂っこいお料理との相性がよく、さっぱりとさせる効果もあります。


ちょっとしつこいかなというお料理にお酢をかけるとさっぱり頂けます。
この組み合わせはそういった味覚的な効果もあります。


ハワイなどでよく見かける組み合わせ。

「ハンバーガー」に「パイナップル」の輪切りが挟まっているものがあります。


painbaga

画像はイメージ フリー画像です
(焼きパイナップルの場合も)



同様に全体をさっぱりさせる効果があります。

「ひき肉」は胃もたれを起こしやすいので、
理にかなった組み合わせと言えます。


決して雰囲気で入れているわけでは無いのです。



生の果実のみ効果あり


上述の効果が期待できるのは、
生の「パイナップル」のみとなっております。


pain

画像はイメージ フリー画像です
(缶詰には効果なし)



缶詰の「パイナップル」には酵素がありません。
使用するならば生の果実を用いて下さい。


いままで抵抗があった方も、
身体の事を考えてチャレンジしてみるのも良いかもしれません。


painduke

画像はイメージ フリー画像です
(肉の漬け込みにパイナップルを用いる例)



「どうしても無理」


という方は、
肉の下処理にのみ「パイナップル」を一緒に漬ける方法があります。

肉を柔らかくして味わいも良くなります。


subuta

画像はイメージ フリー画像です
(胃もたれを防いでくれます)



元々酸味のある「酢豚」に「パイナップル」を入れるのは、
比較的違和感の少ない、

「賢い組み合わせ」

と言えるのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.2 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



夏バテに「鰻」は間違いではないが…



こんにちは(*゚∀゚)っ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


暑い時期は「疲労」も相当なもの。
汗をかくのはそれだけ身体が頑張っている。

溜まった疲労は回復しなければなりません。


本日は「疲労回復」についてのお話です。

「鰻よりも疲労回復によい食べ物」をお届けします。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(夏バテに鰻…昔からそう言われています)



夏バテに効くという「鰻」の話


夏バテには「鰻」

やはり土用丑の日の文化が大きく影響しているようです。

この習慣は本当なのでしょうか?


unajuu

画像はイメージ フリー画像です
(鰻重のイメージ)



【土用丑の日の話】


江戸の話…売上に悩んでいた鰻屋は、
有名な「平賀源内」に相談をしました。

「丑」の日に「う」のつく鰻を食べると夏バテしない。

と銘打って「鰻」を販売(つまりキャッチコピー)

験担ぎが好きな江戸の人にこれが大当たりしたのです。

その風習が現在に至るまで続いています。


※諸説あります



hiragagennai

画像はイメージ フリー画像です
(「平賀源内」銅像)


「キャッチコピー」としては大当たりしたわけです。

では「鰻」の「疲労回復」効果はいかがなものなのでしょう?



「鰻」の主な栄養素


はじめに栄養素から見ていきましょう。


【鰻の栄養素】(主なもの)


・ビタミンA
・ビタミンB群
・DHA(血液サラサラ成分)


unagi

画像はイメージ フリー画像です
(ビタミンAが多く含まれる)


流石に健康的な成分が多く含まれます。

ビタミンA ⇒ 皮膚や粘膜、目の健康維持
ビタミンB ⇒ 糖質の代謝に関わりエネルギーを生産


確かにビタミンBは「疲労回復」効果が高いといわれています。


ところがこのビタミンBを摂取する目的なら、
豚肉など肉類のほうが効果的なのです。


ビタミンAは非常に豊富なため、
目を酷使する現代の仕事には効果的と言えます。


ziritusinnkei

画像はイメージ フリー画像です
(目が疲れると肩も凝る)



「鰻は精がつく」の実情



「鰻は精がつく」


聞いたがないでしょうか?


これは昔の日本の食生活で、
圧倒的にビタミンB1が不足していたからです。

ちょうど玄米食から白米食に変わった江戸の頃には顕著でした。

流行した奇病「江戸わずらい」の原因も、
ビタミンB1不足からくる「脚気」でした。

(下段リンク参照)


edoshokuzi

画像はイメージ フリー画像です
(一汁一菜のイメージ)



現代の食生活では肉類を多く取っていることが多いので、
慢性的なビタミンB1不足は起こりにくいそうです。

また「鰻」は脂質の多い魚でカロリーも高めです。
鰻丼などにした場合は高カロリーになります。


unadon

画像はイメージ フリー画像です
(鰻丼はカロリーも高い)


「平賀源内」が考えたとされる、

・「鰻を食べると夏バテしない」のキャッチコピー
・高カロリーで栄養価が高い

これらの事と時代背景から、

「精がつく」

という言葉が生まれたとしても不思議ではありません。


身体にとって「ごちそう」であるのは間違いないのです。



「疲労回復」目的に食べるなら


「疲労回復」という観点で見た場合何を食べたらいいのか?

医師が口をそろえていう食材があります。


それが「鶏の胸肉」です


wataridori

画像はイメージ フリー画像
(渡り鳥が飛び続けられる秘密でもある)


渡り鳥が何千キロも飛び続ける秘密がこの胸肉に含まれる、

「イミダゾールジペプチド」

という成分です。


医学的に疲労回復効果が認められています。
鶏の胸肉100gを毎日採ると2週間もすると効果が実感出来るとのこと。


maguro

画像はイメージ フリー画像です
(マグロは回遊魚であり泳ぎ続ける)



同様にマグロなどの回遊魚の尾びれの部分にも多く含まれます。

・鳥が羽ばたくための胸の筋肉
・魚が泳ぎ続けるための尾びれの筋肉

説得力があります。



「行事食」は大切にしていくべき


「疲労回復」する目的で「鰻」を食べる必要はないという話ですが、

「行事食」としての「鰻の蒲焼き」
こちらは大変大切なものと考えます。


doyouusinohi

画像はイメージ フリー画像です
(お値段が気になる所です)


栄養素がどのようなものがよりも、

「食事で心が満たされること」

これこそが大切と考えます。


今まで通り「土用丑の日」には「鰻」を食べて下さい。


暑い季節の「行事食」としての側面も持っているのです。



どうしても「疲労」が溜まる季節です。

上手に付き合っていく必要がありそうです。


本当に「疲労」を感じる場合は「休息」をとることが何よりも大切。
無理はしないようにしましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「疲労」が取れた気になっていませんか?



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


暑い時期は「疲労」も相当なもの。
汗をかくのはそれだけ身体が頑張っている。

その分「疲労」は蓄積していきます。


本日は「疲労」についてのお話です。

「栄養ドリンクでは疲労は取れない」をお届けします。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(さてもうひと頑張りしますか…)



「栄養ドリンク」で「疲労」が取れた気がしていませんか?


現代人は様々な要因で「疲労」しています。

・暑さ
・寒暖差疲労
・油断できない感染症
・人出不足

色々な形で付き合っていかないとならないのです。


sumahoaserujosei

画像はイメージ フリー画像です
(「疲労」のタイプも様々です)


例えば昼の休憩時に、

コンビニエンスのレジの前にたくさん並んだ「栄養ドリンク」

一本飲むとなんだか疲れが取れた…気がする


eiyoudorinku

画像はイメージ フリー画像です
(それで頑張れるならいいのかもしれませんが…)



「これ飲んで頑張って!」

と渡された「栄養ドリンク」


なんだか頑張れる…気がする



「気は持ちよう」と言いますが、

はたして本当に「疲労」は取れているのでしょうか?



「タウリン」の働き


数ある「栄養ドリンク」の中でもよく目にする成分である「タウリン」


「タウリン3000㎖配合」


などの表示です。



pawaa


画像はイメージ フリー画像です
(「疲労回復」効果ははっきりしていない「タウリン」)


この「タウリン」の主な働きは、

・コレステロールの減少
・心臓や肝臓の働きを良くする
・視力の回復
・インスリンの分泌促進

etc…

いろいろな大切な働きがあります。


※参考
厚生労働省 e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-017.html


母乳にも含まれる成分であることから、
身体に取って大切な働きをする事はわかっています。

しかしながら「疲労回復」という科学的根拠はいまだ研究中なのが現状です。



身体が錯覚する危険性


ではなぜ効いた気がするのでしょうか?

多くの「栄養ドリンク」(エナジードリンク含む)には、

・カフェイン
・アルコール(入っていないものもあり)

が含まれています。


「カフェインの覚醒作用や興奮作用」
「アルコールによる気分の高揚」


身体は「疲労を回復したと錯覚」してしまっている可能性が高いです。


enazi

画像はイメージ フリー画像です
(中には相当量のカフェインを含むものも)


エナジードリンク(炭酸飲料)に顕著ですが。

すごく元気が出そうなパッケージデザインをしています。
例えば炎が燃え上がるようなデザイン等です。

視覚的にも錯覚をしていると言われています。


enazi

画像はイメージ フリー画像です
(強そうなデザインが多い)


「疲労」をごまかしてしまうこういったドリンクの常用は非常に危険です。

「栄養ドリンク」は一日に数本飲むだけで、
一日のカフェイン摂取量を超える場合があります。

「カフェイン中毒」による死亡事故事例もあるのです。

また糖分もかなり高いものが多いので、
よく表示を確認して選ぶようにしましょう。



天然の「タウリン」がおすすめです


「タウリン3000ml」がどのくらいのものか、
正直わかりません。

あえてml表示にすることで配合量を多く見せている事もあります。

「タウリン」自体は身体に必要な栄養素であると、
上記厚生労働省のサイトでも謳っています。


「タウリン」は魚介類や軟体類(イカやタコ)に多い成分です。
水溶性の「タウリン」をしっかり摂るならば、

・しじみのお味噌汁

などが良いかと思います。


sizimiziru

画像はイメージ フリー画像です
(しじみ汁は肝臓の働きを助ける)


エナジードリンク = 悪

ではありません。

気分転換になるのもまた事実です。


毎日の摂取などはカフェイン中毒の恐れが高くなりおすすめできません。
普段コーヒーを飲まれる方ならばなおさらです。


筋肉の疲労を軽減する「クエン酸」なども上手に取り入れてはいかがでしょうか?


takenokawa

画像はイメージ フリー画像です
(梅干しなど酸っぱいものに多い「クエン酸」)


ランチを梅干しのおにぎりにするなど、
食欲が落ちる時期でも頂きやすいメニューです。


suibunhokyu

画像はイメージ フリー画像です
(適度な運動に正しい水分補給が一番)


「疲労」はどうしても蓄積していきます。

適度に運動をして、正しい水分補給をすることで、
かえって「ストレス」も発散でき、休息しやすくなります。


上手に付き合っていく必要がありそうです。


本当に「疲労」を感じる場合は「休息」をとることが何よりも大切。
無理はしないようにしましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.8 加筆修正)



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ