病院などでも使われるアーティフィシャルフラワー


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


アーティフィシャルフラワーは様々なシーンで活躍しています。

そんなシーンを…
魅力とともにお届けしたいと思います。


本日はその①
「待合室に癒しのお花」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です



その特性を活かして待合室を飾る


こちらの画像はとある歯科医院の待合室。

すごく上手に飾っていますね。

歯医者といえば好きな人はあまりいません。
どちらかといえば行きたくない場所だと思うのです。

気持ちを落ち着かせるブルー系の奇麗なディスプレイを飾ることで、
随分と雰囲気も変わってくると思います。



生花が使用できない状況で活躍する


もちろん生花を使用することも可能です。

病院などではそうもいきません。

・維持費や手入れ
・花粉などのアレルギー
・小虫などの発生
・そもそも生花NG

etc…


こんな状況で活躍するのがアーティフィシャルフラワーです。

一度買ってしまえば日々のお掃除くらいで、長い間保つことが出来ます。
最終的には経済的にもなるのが魅力です。

4711

写真はイメージ ギャラリーより


病院やクリニックなどはもちろん。
老人ホーム等の施設。
子供が集まる施設(アレルギーや触ってしまう為)

そういった環境で活躍すると思います(*ˊᵕˋ* )



気軽に季節感を演出できる


アーティフィシャルフラワーは季節感の演出にも長けています。

お花は一度買ってしまえば保存することが可能です。
時期に合わせて取り替えることで、比較的簡単に季節感を演出出来ます。

・春には桜や菜の花
・夏にはひまわり
・秋にはコスモスや紅葉
・冬にはクリスマス系の花々

他に通年使える

・バラ系
・小花(カスミソウなど)
・切り花系(ガーベラ、マムなど)

これらを組み合わせて一年中演出することが可能です。


観葉植物やフェイクグリーンなどを同時に揃えておけば、一年の飾り付けを長い間楽しむことが可能です。



アロマなどと併用することで効果的に…


上記の歯科医院では中央にアロマスティックも併用しています。

おそらくリラックス系のアロマを使っているものと思われます。

とかく緊張感がある場所にはこういった嗅覚を使用するのも効果的です。
視覚で見せるアーティフィシャルフラワーにプラスアルファするわけです。


椅子だけが並んだ待合室。
季節のお花にアロマの待合室…
その差は歴然です。

ディスプレイとして非常に優れていると言えると思います。


アーティフィシャルフラワーはこういった可能性がまだありそうです。
次回をお楽しみに(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


下の写真はギャラリーへリンクしています。
見ていただければ嬉しく思います



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です