せっかくのドライフラワーを長く楽しむために


こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


お手入れ不要のドライフラワーも苦手なものがあります。
それは湿度です。

一度カビが発生してしまったドライフラワーは、
もう復活することは無いそうです。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(美しいまま保存したいものです)



ドライフラワーの天敵…湿度


インテリアとして有能なドライフラワーにも弱点があります。

それは湿度です。

近年の高温多湿化に置いて、なかなか厳しいものがあります。

・高温多湿の梅雨の時期
・空調の入っていないマンション
・ワンルームマンションなどのシャワーの使用

etc…

situdo

画像はイメージ フリー画像です
(湿度はドライフラワーの大敵)


簡単に高温多湿の状況が発生します。

鉄筋のマンションなどでは従来の日本家屋に比べて、
湿度がこもりやすい傾向にあります。

玄関に飾っておいたドライフラワーに、知らぬ間にカビが発生…
などということにならないように注意が必要です。



湿度が高い季節の対策


スワッグ型やリース型は玄関に飾ることも多いと思います。
しかし玄関の開け締めにより湿度が入りやすい季節は注意が必要です。

一度カビが生えた場合再生は不可能です。

どのように管理したら良いのでしょうか?

doraihurawa2

画像はイメージ フリー画像です
(できれば長く楽しみたいもの…)


まずは置き場を考えてみましょう。

・キッチンや水回りを避けて飾る
・玄関に飾るのをやめてリビングに移動する

これだけでも随分と変わってくるそうです。


玄関に飾る場合は対策が必要になります。

・送風機を用いた湿度のコントロール
・除湿機を使用する

josituki1

画像はイメージ フリー画像です
(玄関に置ける除湿機の一例)


玄関の湿気を取ることは、
革靴や傘などのカビ発生の防止にも繋がります。



湿度の高い季節を避ける方法も…


どんなに対策をしていても、カビは発生する可能性があります。

それならばいっそ湿度の落ち着く秋口まで、
ドライフラワーを保管する方法もあります。

doraihurawa6

画像はイメージ フリー画像です
(ドライフラワー用のシリカゲル)


蓋の出来るタッパーや箱などに、
シリカゲル(乾燥材)などと一緒にしまうと良いそうです。


その間はフェイクグリーンなどで代用する方法もあります。
フェイクグリーンはよっぽどの環境でない限りカビの発生はありません。
(浴室などを除きます)



ハイブリットなドライフラワーを用いる


最近ではドライフラワーを楽しみながら、
かつ乾燥状態を保つ…

そのようなインテリア雑貨も販売されています。

doraihurawa4

画像はイメージ フリー画像です
(乾燥剤入りのハイブリットタイプ)


このようなタイプのドライフラワーは、
瓶に入っており埃などの影響もありません。

写真ではドライフラワー背面の白い板状の物が除湿乾燥剤です。

これならばおしゃれ感を損なうことなく、
インテリアとして通年楽しめます。

価格は高めかもしれませんが、
長い間楽しめる事を考えれば安くなるかもしれません。



お気に入りのドライフラワーを長く楽しむために


生花に比べたらお手入れは簡単なドライフラワーですが、
冷涼な地域でなければ高温多湿の時期は難しめとなります。

それでもしっかりとした対策を取れば通年楽しめます。

doraihurawa7

画像はイメージ フリー画像です
(風合いがそれぞれ違うのも魅力です)


・飾る場所を考える
・湿度対策をする
・場合により保管する
・アーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンを代用する
・乾燥剤を上手に用いる

etc…


様々な方法があります。


生花と同じく1つとして同じものはありません。

お気に入りのドライフラワーに出会えたのなら、
是非大切に飾ってあげてください。


ドライフラワーは生花のように呼吸をしていると言われています。

花色が保たれているのはその為のようです。
その後、呼吸をしなくなると花びらが色あせ散っていくのです。
(およそ2~3ヶ月と言われます)


限りあるものであるから美しいのは生花と何ら変わりはありません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です