地面を歩いて尾を「フリフリ」 愛らしい野鳥



こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


身近にいるのだけれど、
余り生態を知らない野鳥もおります。


yatyou4


画像はイメージ フリー画像です
(身近な割に知らないことも多い)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「ハクセキレイ」です。


bird hakusekirei

画像はイメージ フリー画像です
(地面を素早く移動…ストップ…移動)



「公園」や「駐車場」など「開けた場所」が大好き


黒い背中に白いお腹。
顔は白くて尾が長めです。

一番の特徴は「ウォーキング」です。


hakusekirei

画像はイメージ フリー画像です
(地上では「ウォーキング」する野鳥です)



少し歩いて、
ピタッと止まって…「尾を上下に振ります」


擬音で表現するならば、

「とととと…ピタ…フリフリ…とととと…ピタ…フリフリ」

といった感じです。


hakusekirei

画像はイメージ フリー画像です
(時々ピタッと止まります)



この動きを見かけたたら「ハクセキレイ」の可能性が高いです。


性質上「開けた場所」が好きなので、


・公園の芝生
・駐車場などの片隅
・駅前の広場
・河原の土手


kouensibahu

画像はイメージ フリー画像です
(公園の他、駐車場などでもよく見かけます)



そのような場所で「尾を上下に振る」野鳥がいたら、

「ハクセキレイ」の可能性が高いです。



地上での野鳥の行動は、

「スズメ」などに見られる「ホッピング」
「ハクセキレイ」などに見られる「ウォーキング」

に分かれます。


「カラス」などはその両方を使い分けます。



地上では鳴かず飛行中に鳴く


「ハクセキレイ」は地面にいるときはあまり鳴きません。

飛行中に鳴くことが多いです。


波型に飛びながら、

「チチッツ~チチッツ~チチッツ」

と動きに合わせて鳴きます。


hakusekirei2

画像はイメージ フリー画像です
(「ハクセキレイ」の「波状飛行」)



比較的よく通る濁らない声で鳴くので、
空を見上げれば気がつくでしょう。



【波状飛行とは?】


鳥の飛び方の一種で上下に波を描くように飛ぶ飛行方法です。

上写真のように波の下りでは羽をたたんでおり、
滑空による飛行を行います。

一説にはエネルギーを節約していると言わています。

「ヒヨドリ」なども「波状飛行」です。

namigata


画像はイメージ フリー画像です
(「波型」のイメージ 上下に揺れながら飛行する)



反対に上下に揺れずにまっすぐに飛ぶのは「直線飛行」と呼びます。

「カワラバト」や「ムクドリ」などは、
上下に揺れない「直線飛行」です。


飛んでいる野鳥を見分ける際の指標になります。


mukudori

画像はイメージ フリー画像です
(「ムクドリ」の「直線飛行」)



歩きながら食事をする「食べ歩き」スタイル


【ハクセキレイの生態】


一番の特徴は「ウォーキング」です。


とはいっても歩く速度はかなり速いです。


sekirei

画像はイメージ フリー画像です
(相当のスピードで歩行します)



一説によると野鳥も飛行にはエネルギーを多く使うので、

「飛ばないで済むのならあえて飛ばない」

種も多いのだそうです。


歩きながら地面の虫などを捕食しています。


hakusekirei1

画像はイメージ フリー画像です
(「ハクセキレイ」自慢の脚です)



比較的警戒心が弱い野鳥と言われています。


一部人の餌やりでなついた(ように見える)個体もいるようです。


公園など通常の個体は人に近づき過ぎず、
一定の距離をとって歩いているように見えます。


また特徴的なのは比較的単体で行動しています。

大きな群れでなく単体または少数で歩く姿が見かけられます。



「ハクセキレイ」は「都心部」の成功者?


「ハクセキレイ」はセキレイ属の成功者と例えられます。

「都心部」への進出に成功した為です。
個体数もそれなりにいると思われます。

極稀に「都心部」でも他のセキレイを見ることがあります。


◆顔の黒い「セグロセキレイ」


segurosekirei

画像はイメージ フリー画像です
(「セグロセキレイ」は水辺に多い)



通常は山林の河川など水辺に多いセキレイです。



◆黄色の強い「キセキレイ」


kisekirei

画像はイメージ フリー画像です
(夏の山林などに多い「キセキレイ」)



夏の山林などで見かけるケースが多いです。


どちらも「都心部」で見かける事は稀です。


「都心部」で見かけた際はかなり幸運だと思ってよいでしょう。


但し、今後その分布地図は何らかの影響により常に変化します。

現状では「ハクセキレイ」が「都心部」への進出に、
最も成功した「セキレイの仲間」ということになります。



人と野鳥の「ソーシャルディスタンス」


上述の通り餌をあげて人になついた個体もいるようです。


餌やりが当たり前となってしまった個体の子供は人の餌を頼りにします。
これはいわゆる「第二世代」という状況です。

つまり本来の餌場での狩りを忘れて、
そこに行けば餌がもらえるという思考になっています。


tobi

画像はイメージ フリー画像です
(「鳶」の鳥害を促す注意喚起)



近年問題視されている
「鳶(トビ)」などの観光地に置ける被害。

これは最たるものと言えるでしょう。


人の食事は野鳥にとって必ずしも良いものではありません。
また警戒を忘れた野鳥は交通事故によって命を落とすこともあるのです。


野鳥への餌やりは基本行わないの原則です。


mikantomeziro

画像はイメージ フリー画像です
(庭に置かれた「みかん」を食べる「メジロ」)



但し冬季など餌が不足する時期に、
然るべき方法で庭木に餌を吊るす又は置く方法があります。


人と野鳥はお互いを尊重しつつも、別に暮らすことが肝要です。



※野鳥の餌やりについて

様々な文献が発表されており正解が出ていない問題です。
ここでは一定の距離を保つ事を前提に記載しています。




出会ったらそっと見守って


公園の芝生などで休んでいる時に、
ふと出会えると嬉しい野鳥です。

追いかけたりせずそっと見守りましょう。


hakusekirei1

画像はイメージ フリー画像です
(相手は「お食事」の最中かもしれません)



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)




『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です