正しい日本語の使い方 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:正しい日本語の使い方



「光」ある所に「カゲ」あり



こんにちは( -д-)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「影」と「陰」についてお話したいと思います。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「木陰」という単語もありますが)




ちょっとしたニュアンスの違いですが


日本人の「漢字力」は間違いなく落ちています。

自分で文字を書かない為に、
いざという時に漢字が出てこないのです。


kannzi

画像はイメージ フリー画像です
(事務仕事ですらペンを使わなくなっている)



いつも変換機能に頼りっぱなしでいると、

「あれ?どちらだっけ」ということも。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。



hikaku


画像はイメージ フリー画像です
(変換候補を絞れません)



本日は、

「影」と「陰」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。



元々は「太陽」や「月」の…「影」を使うケース


【「影」を使うケース】


元々は、

「太陽」
「月」
「灯火」

などの光があることが前提の言葉です。


yuugure

画像はイメージ フリー画像です
(「太陽」が作り出す「影」)



つまり何らかの「光源」があり、
その光が遮られて出来る黒い部分を指します。


kage

画像はイメージ フリー画像です
(「太陽」が作り出す人の「影」)



非常に「物理的」なものと言えます。

子供の頃の遊びで「影踏み」というものがあります。
まさにその「影」であるわけです。


kagehumi


画像はイメージ フリー画像です
(「影踏み」のイメージ)



・「太陽」が「影」を作る
・「夕日」に照らされた長い「影」
・「焚き火」が作る「影」を見つめる



rantan

画像はイメージ フリー画像です
(「ランタン」が「影」を作る)



対象は「光」とは限らない…「陰」を使うケース


【「陰」を使うケース】


「陰」の場合は、必ずしも「光」とは限らない言葉です。

対象が「光」でなくとも用いる事があります。


物体に「何か」が当たっている際に、
それが当たらない場所が「陰」です。


kokage

画像はイメージ フリー画像です
(対象が「光」ならそれが当たらないのが「木陰」)



対象が「日光」である場合は、
樹によって「光が当たらない」反対側が「木陰」です。


少しややこしいのでもう一つ例をあげます。

対象が「風雨」とします。
このままだと濡れてしまいますので、避難をします。

「風雨」の当たらない反対側「岩陰」に避難をします。


iwakage
画像はイメージ フリー画像です
(ここなら「風雨」を凌げそうです)



対象が「光」とは限らないとはそういう意味です。

対象となる「何か」が当たらない反対側が「陰」になります。



「陰」を用いる比喩表現


「陰」は何かの対象が当たらない所です。

つまり「反対側」で見えない所と置き換える事が出来ます。

それが転じて比喩表現をすることがあります。


warukugti


画像はイメージ フリー画像です
(「陰」で悪口を言うのはやめましょう)



代表的なものが、


・「陰」で悪口を言う(陰口)
・「陰」で何かを企む

といった表現です。


余り良いものではありません。


kage1

画像はイメージ フリー画像です
(「陰」がある人はいませんか?)



また、「表面に出てこない見えない部分がある」人物を、

「陰がある人物」

などと言います。


こちらには、


・本当にどんな人かわからない
・裏で考えている事がわからない
・どこかミステリアスな雰囲気

といった意味合いが含まれます。



英訳してみましょう


難しい日本語を英訳することで、
意外とわかりやすくなることもあります。

今回の「カゲ」に当てはめてみましょう。


eiyaku

画像はイメージ フリー画像です
(「英訳」して考えると見えることも)



「影」 ⇒ shadow
「陰」 ⇒ shade


と訳することが出来ます。


sanshe-do

画像はイメージ フリー画像です
(車の日除け「サンシェード」)



shadow ⇒ 光を遮ってできる影
shade      ⇒ あるものによって光などを遮られている場所


という意味です。


「日除け」のことを「サンシェード」といいます。
ある物体、つまり布などで光を遮られた空間と言う意味になります。



思ったりよりもわかりやすくないでしょうか?



使い分けは「元々の意味」で考える


日本人でも漢字の使い分けに迷っている始末。

多様化する世界では、
様々な言語が使用されます。


tayouka

画像はイメージ フリー画像です
(「日本語」の難しさの原因かもしれません)



漢字の持つ「元々」の意味を覚えることで、
使い分け出来るようになります。


「光」が前提条件である ⇒ 「影」
「光」とは限らない   ⇒ 「陰」
比喩表現にも使用する  ⇒ 「陰」


「陰」を使った一番単純な単語は「物陰」です。


「物陰」は「視線」が通りません。
つまり「視線」の反対側になるのです。


monokage

画像はイメージ フリー画像です
(「物陰」から様子を見ている猫)




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



普段は余り気にすることも無いかもしれません



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです🐓
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。


本日のテーマは「たまご」

余り気にしないで使っているかもしれません。


本日は「卵」と「玉子」についてお話したいと思います。


BlogPaint


画像はイメージ フリー画像です
(むしろ「値上がり」に苦しんだかも)



何気ない言葉ほど漢字が難しい


「たまご高いですね」


などと日常会話で用いていますが、
いざ漢字となると…どちらを用いるか困る事があります。


tamago

画像はイメージ フリー画像です
(毎日お世話になる「たまご」ですが)



このように単純な言葉を漢字にすると、

「あれ?どちらだっけ」ということも。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。



hikaku

画像はイメージ フリー画像です
(時に考えてしまう事もあります)



本日は、

「卵」と「玉子」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。



「生物学」的なもの 「卵」を使うケース


【「卵」を使うケース】


「鶏」だけでなく子孫を残すために孵化前提のもと残されるもの。
「生物学」的な「卵」のこと。


ikura

画像はイメージ フリー画像です
(「いくら」も鮭などマス類の「卵」)



元々私達哺乳類は「卵」ではなく「赤ちゃん」として誕生します。
これは「卵」よりも確実性が高いからです。

非常に「生物学」的な考えであれば、
「卵」の目的は「子孫を残すため」です。

そのために産み落とされるのが「卵」であるわけです。


umigame

画像はイメージ フリー画像です
(「爬虫類」も卵を産む)



・爬虫類の卵
・昆虫の卵
・金魚が卵を産んだ


などは「卵」を使います。



「食材」を前提とする 「玉子」を使うケース


【「玉子」を使うケース】


「食材」として調理を前提にした「鳥類の卵」に対して使用する。


tamago1

画像はイメージ フリー画像です
(基本は鶏の卵を指すことが多い)



あくまで調理が前提であるために、
同じ鳥類でもペットのインコなどが産んだ「卵」に対しては使用しません。


・うずらの玉子
・鴨の玉子

などかなり限定的です。


uzuranotamago

画像はイメージ フリー画像です
(「うずら」の玉子のイメージ)



もちろんペットとして飼育している鳥類が産んだ「卵」は、
「食材」ではありません。

鳥類であっても「玉子」を使うことはありません。



「卵」には例外的な使用方法も


「卵」は子孫繁栄の為のものです。

しかしながら比喩表現として「卵」を用いる事もあります。


igakusei




画像はイメージ フリー画像です
(「医者の卵」である医学生)



例えば、

「医者の卵」
「役者の卵」

などが当てはまります。


これは、
いつか医者になる事を前提に勉強している「医学生」が、
医者になる(孵化する)を例えた比喩です。


huka

画像はイメージ フリー画像です
(「孵化」のイメージ)



似たような言葉に、

「殻を破る」

があります。


こちらも「孵化」の際に自らが殻に穴を開けて誕生する事から来ています。



実は曖昧な境界線


「生物学」と「食材」

として区別するのは確実な方法です。


ところがこのようなケースも実際あります。

resipi

画像はイメージ フリー画像です
(記載はバラバラです…)



レシピや本などに、

「卵2個」
「卵かけご飯」

と記載があったとしても間違いと思うこともありません。


「卵」といえば基本「鶏卵」であり、
「玉子」と書いていなくても意味が通じるからです。


多く見かけるのは、

・生の状態のもの ⇒ 卵
・加熱加工したもの⇒ 玉子 

という曖昧な線引きです。


tamagoyaki

画像はイメージ フリー画像です
(「玉子焼き」のイメージ)



寿司店の場合は、必ず「玉子」と書いて「ぎょく」と読んだりします。


tamagosusi

画像はイメージ フリー画像です
(寿司店の玉子寿司)



どちらも通じる言葉なので、
普段それほど深く考えない言葉なのかもしれません。




英訳してみましょう


難しい日本語を英訳することで、
意外とわかりやすくなることもあります。

今回の「たまご」に当てはめてみましょう。


eiyaku

画像はイメージ フリー画像です
(「英訳」して考えると見えることも)



「卵」 ⇒ eggs
「玉子」⇒ egg

となるのです。


翻訳によっては同様の「egg」の場合もあります。

これは「卵」に子孫繁栄のために、
複数個産むため…と考えるのは飛躍し過ぎでしょうか。



さらには蛙や魚等の卵について

「蛙や魚の卵」 ⇒ spawn

という表現があります。


sake

画像はイメージ フリー画像です
(産卵の為にお腹に「卵」を抱えて川を登る)



これは「たくさんの卵をお腹に抱えている様」を表現する単語です。

「産卵のために鮭が川を上る」

というような時に使用するようです。


魚卵の場合単純に「fish eggs」でも通じます。



「玉子」を使うのは調理後のお料理名


日本人でも漢字の使い分けに迷っている始末。


これを外国人に説明するとなると、

「骨が折れます」

説明するほうが言葉選びに迷ってしまいそうです。


setumei


画像はイメージ フリー画像です
(「日本語」は漢字が難しい)



生物学及び調理前のたまご  ⇒ 「卵」
調理後のたまご       ⇒ 「玉子」



例えば「たまご丼」で考えた場合。

「玉子丼」 ⇒ 調理後の煮た玉子が乗っている
「卵丼」  ⇒ 調理前の生卵が乗っている

そんなイメージで良いのだと思います。


実際は「玉子丼」と表記される事がほとんどです。


tamagodon

画像はイメージ フリー画像です
(調理後の「玉子丼」のイメージ)




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「単語」に直して考えてみる



こんにちは( ´∀`)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「合う」と「会う」についてお話したいと思います。


hitotoau

画像はイメージ フリー画像です
(ばったり会うのか…気が合うのか)



漢字の使い分けは難しい


メールやSNSによるコミュニケーションが普通の時代。

なんでも簡単に出来てしまいます。


場合により自分の知らない漢字さえ使えてしまいます。


ofisu

画像はイメージ フリー画像です
(仕事ではPCが無いと始まらない)



しかしながら変換候補が複数ある場合に、

「あれ?どちらだっけ」ということも。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。



dotti

画像はイメージ フリー画像です
(変換候補が多い場合もあります)



本日は、

「合う」と「会う」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。



「合致」を表す 「合う」を使うケース


【「合う」を使うケース】


「一緒になる」又は
「一致する」

ものごとが何かと「合致」する場合に使用します。


gatti

画像はイメージ フリー画像です
(「意見」が「一致」したようです)



・趣味が合う
・意見が合う
・洋服が合う(似合う)


niauhuku

画像はイメージ フリー画像です
(季節ごとの似合う服)



もう一つの意味として「混ざり合う」といったケースにも使用します。


kohitomiruku

画像はイメージ フリー画像です
(「混ざり合い」一つになります)



この「合う」には、

ものごとが「調和」するという意味もあります。


コーヒーに入れるミルクを考えた場合、

・コーヒー
・ミルク

混ざり合い程よい風味になるわけです。




「面会」を表す 「会う」を使うケース


【「会う」を使うケース】


互いに顔を向かい合わせるような場合に使用します。

場所を決めて対面するような場合(面会)
時間は決めずにばったりと…といった場合も使用します。



menkai

画像はイメージ フリー画像です
(面と向かっている状態)



・友達と会う
・社長と面会する
・高校時代の同級生と街でばったり会う



battari

画像はイメージ フリー画像です
(買い物中にばったりと会った二人)



なにか目的があり、
実際に会って話をすることを「会談」と言います。



kaidan


画像はイメージ フリー画像です
(政治などでも多用されます)



・作家同士の会談
・首脳会談


この場合には相性が合うかどうかは関係ありません。

物理的に面と向かっっている状況です。




もう一つの候補「遭う」の意味


変換候補に「遭う」という言葉が出てくる場合もあります。

但し通常ではあまり用いないので、
間違う可能性は低い言葉です。


ziko


画像はイメージ フリー画像です
(出来れば「遭いたくない」交通事故)



こちらには主に、
好ましくない事態に見舞われるというような意味があります。


・交通事故に遭う
・ゲリラ豪雨に遭う
・野生動物と遭う(遭遇する)



近年では野生動物との遭遇が増えているので、
使用する事もあるかも知れません。

「遭難」

という単語があるように、あまり使いたいものではありません。


sounan

画像はイメージ フリー画像です
(低山での「遭難」も増加傾向だそうです)



英訳してスッキリしましょう


難しい日本語を英訳することで、
意外とわかりやすくなることもあります。

今回の「あう」に当てはめてみましょう。


eiyaku

画像はイメージ フリー画像です
(「英訳」して考えると見えることも)



「合う」 ⇒ fit(形や大きさなど)
       match(つりあう、マッチする)
「会う」 ⇒ meet


niau


画像はイメージ フリー画像です
(洋服のフィッティング中です)



洋服を合わせる ⇒ fitting
面会して話す  ⇒ meeting

などと訳することが出来ます。


ちなみに「遭う」(主に遭遇)は、

encounter となります。


思ったりよりもわかりやすくないでしょうか?



使い分けは「単語」で意味を考える


日本人でも漢字の使い分けに迷っている始末。

多様化する世界では、
様々な言語が使用されます。


tayouka

画像はイメージ フリー画像です
(「日本語」の難しさの原因かもしれません)



その言葉の意味を考えて、
単語にしてみるとわかりやすい場合もあります。


・合致する
・面会する
・遭遇する


いくらかわかりやすくなりました。


rikaisita

画像はイメージ フリー画像です
(「なるほど」…です)




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ