金運をつかさどる縁起の良い食べ物


こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本の食文化の一つ。
お正月に関する疑問を解決しましょう。


本日のトリビア…
栗きんとんの「きんとん」とは何の事?をお届けします。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(甘くて美味しい栗きんとん)



手作りはけっこう大変なおせちの一つです


栗きんとんは甘く食べやすいので、
子供にも人気のあるおせちの一つかと思います。

kurikinnton

画像はイメージ フリー画像です


栗きんとんという名前ですが…
栗以外の場所はほとんどの場合さつまいもなどを裏ごしして作ります。

もちろん全て栗で作る場合もありますが、
その場合たいそうお値段がかかります。

一般的にはさつまいもを用いることが多いようです。

手作りをしたことがある方は面倒な作業であることをご存じでしょう。
滑らかに裏ごしするのはそれなりに大変です。


◆裏ごしとは?

調理の手法の一つ
さつまいもやかぼちゃなどを加熱後
裏ごし器(目の細かいザル状の道具)を用いて
滑らかに漉す工程のこと
しっかり裏ごしすると滑らかな口当たりになる



栗きんとんを漢字で書くと「栗金団」


栗はわかりますが「きんとん」の部分は何なのでしょうか?

栗きんとんは漢字で書くと ⇒ 栗金団

となります。

つまり「金色の団子」を意味します。
または「金色の布団」と解釈する場合もあります。

黄色い色はクチナシの色素を使用します。

kutinasi7

画像はイメージ フリー画像です
(乾燥したものが市販されています)


黄金色の布団にくるまれた栗。

黄金色の見た目を金塊や小判などに見立てた縁起物です。
金運の上昇を願ったと言われています。



武家社会では栗は縁起物


武家の社会において栗は縁起物でした。

「勝栗」

といって出陣前に食べたとも言われます。

katiguri

画像はイメージ フリー画像です


これを金塊に見立てた餡にからませて誕生したのが栗きんとんです。

お正月に頂くことで金運を頂く…つまり一年の財運を願ったわけです。


話は逸れますが…

「勝栗神社」(鹿児島)

という神社も実在するようです。

リンクを貼っておきます。
興味のある方はこちらから⇩

https://www.kagojinjacho.or.jp/shrine-search/area-airaisa/%E6%B9%A7%E6%B0%B4%E7%94%BA/516/
(鹿児島県神社庁 勝栗神社サイト)



孫悟空の筋斗雲との関係


「きんとん」と「きんとうん」

ちょっと似ています。

kintoun

画像はイメージ フリー画像です
(一度は乗りたいと思ったこともあるでしょう)


こちらと栗きんとんは特に関連はなさそうです。

筋斗には「宙返り」の意味で、雲を操る仙術だとのこと。


きんとんの餡の部分は雲に見えなこともありません。

日本でも雲の文様は着物などに使われることもあるそうです。


今年も「栗きんとん」を食べて。
一年間の財運にあやかれますように…。

ありがたく頂きましょう。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です