こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

もう4月になるのですね
今年は来月に新元号へ変更され10連休など大きな動きがあります。
今年の4月ははじまりの月であると同時に
平成最後の月でもあるのですΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


話がそれました…
ごくまれに更新しておりますアーティフィシャルフラワーの進化について
今日はとても地味なポイントである枝部分についてです。
BlogPaint
写真はギャラリーより

一概にすべてとは言えませんが、アーティフィシャルフラワーのランクを見る際に、
少し気にするといいものを手にすることが出来ます

地味と言えば地味ですが枝の部分を見てください

写真の枝部分は木が膨らんでいたり、木目の筋が入っていたり…
お分かりになるかと思います。

こういったアーティフィシャルフラワーは大概高級品になります

お花を見せればいいわけですから、こういった部分にリアリティを求める必要はないわけです。
それをあえて再現している

海外製のお花にはこういったものが多く見受けられます。

ここで気をつけるポイントもう一つ…

枝が再現されていないからと言って安物でもないのです
アーティフィシャルフラワーにも色々なジャンルのような区分があって。

・ピック→お花部分だけを再現している短いもの
・スプレー→小枝を意味する小型のものが多い
・ブッシュ→一束のようにまとめて再現しているもの(グリーンに多い)

etc…

その中でも「枝もの」は一番お値段が張ります。
バラにしても棘から産毛まで、枝分かれした様子まで再現されているもの。
こういったものはいいものを使っている証拠ですね

よつくまは作品の種類によってこういったものを使い分けております''`ィ(´∀`∩

作品選びの参考にして頂ければ幸いです


新生活に華を添えるアーティフィシャルフラワー💐

いつでもお待ちいたしております🍀