甘さは旨さ…旬の食材を栄養価で見ると?


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「◯◯は今が旬だから…」
「旬の◯◯を頂きました」

特に和食は「旬」を大切にする食文化です。


本日は「旬のメリット」についてお届けします。

BlogPaint

フリー画像 イメージです



何故昔から「旬」を大切にしてきたのか?


食材には「旬」と言われる時期があります。

非常に簡単に言ってしまえば

「その食材が最も美味しい時期」ですが。


昔から「旬」を大切にしたことには理由もあるはずです。

とくに「さかりもの」
最盛期を迎えた食材たち…
必ず何か理由があるはずです。


大きく分けて3つのメリットを説明していきます。



栄養価に置けるメリット


◆栄養価が高い

旬を迎えた食材はその栄養価が高いのが一般的です。

例えば冬が旬のほうれん草の場合。

冬は低温
日差しも弱い

その中で生育していくため、糖度やビタミンをたくさん蓄えていきます。
夏に採れる物に比較すると、
およそ3倍ものビタミンCを含んでいることがわかっています。

tomato

画像はイメージ フリー画像です


トマトの「旬」はもちろん夏です。
夏の日差しは植物にとっても実は結構厳しいものです。
そのために、植物が生き抜くためにカロテンなどの物質が増えるのです。


(参考)トマトのカロテンで比べた場合の例

11月  ⇒  100gあたり240μg
7月    ⇒  100gあたり530μg 

と…やはり倍以上違うことがわかります。



味覚に置けるメリット


◆味が良く(濃く)鮮度がいい

これは栄養素とももちろん関係があります。
当然ながら栄養素が高いので味も濃くなります。

魚などでよく用いられる

「脂がのっている」

という言葉はまさに「旬」を体現しています。

sabamiso

画像はイメージ フリー画像です


例えばサバを例に考えます。

・夏 ⇒ 産卵の為に力を使い痩せている
・秋 ⇒ その分たくさんの餌を食べて栄養を蓄積している

体力も回復して丸々と太った旬を迎えるという訳です。


古くから美食家たちも

「 旨味 = 甘み 」

と考えてきました。

魚の脂や果実の糖度など…
「旬」には顕著に表れます。



コストパフォーマンスに優れる


◆価格が安い

「旬」置ける大きなメリットは価格かもしれません。

 流通量が増える = 価格が下る 

です。

kudamono

画像はイメージ フリー画像です


最近では時期に関係なく食材が小売店に並びます。
これは栽培方法の進歩が生んだ事です。

ハウス栽培や室内におけるLEDライトによる栽培など。
通常の路地栽培に比べると、光熱費などコストがかかっています。

あまり知られていませんが…
原油価格が高騰すると野菜などのお値段も上がります。

暖房価格が上昇するからです。


「旬」に比べて流通量が減るのでどうしても価格は上がります。


店頭に山積みになっている野菜などは「旬」であるため流通量が多いのです。
価格も安く味も良い。

コストパフォーマンスのメリットは大きいと言えます。



お得な「旬」を上手に利用して…


このように「旬」にはメリットが多くあります。

・安く購入できる
・美味しくいただける
・栄養価も高い

「旬」を大切にしてきた意味がわかります。


「食材の旬がわからない」

そういう方も多いと思います。
栽培技術および冷凍技術の進歩により、
小売店ではいつも同じものが並び「旬」を感じにくいのも事実です。


価格と陳列方法など
またチラシやポップ、貼ってあるシールなどで判断しても良いでしょう。

お店の方に聞くのもいい方法です。



「旬」がわかるカレンダー


「旬」について詳しく知りたい場合。

「旬カレンダー」などで検索すると一年中の食材の「旬」を知ることが出来ます。


参考までに一つリンクを貼っておきます⇩

https://k52.org/syokuzai/

(株式会社クリエ14様のサイトです)


野菜・果実・魚と一覧になっていて非常にわかりやすいです。



昔から現代に受け継がれ、
形を変えながら続く「旬」はメリットがたくさんあります。
四季のある日本ならではの食文化と言えるでしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です