日本人が分からない漢字 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:日本人が分からない漢字



「単語」に直して考えてみる



こんにちは( ´∀`)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「合う」と「会う」についてお話したいと思います。


hitotoau

画像はイメージ フリー画像です
(ばったり会うのか…気が合うのか)



漢字の使い分けは難しい


メールやSNSによるコミュニケーションが普通の時代。

なんでも簡単に出来てしまいます。


場合により自分の知らない漢字さえ使えてしまいます。


ofisu

画像はイメージ フリー画像です
(仕事ではPCが無いと始まらない)



しかしながら変換候補が複数ある場合に、

「あれ?どちらだっけ」ということも。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。



dotti

画像はイメージ フリー画像です
(変換候補が多い場合もあります)



本日は、

「合う」と「会う」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。



「合致」を表す 「合う」を使うケース


【「合う」を使うケース】


「一緒になる」又は
「一致する」

ものごとが何かと「合致」する場合に使用します。


gatti

画像はイメージ フリー画像です
(「意見」が「一致」したようです)



・趣味が合う
・意見が合う
・洋服が合う(似合う)


niauhuku

画像はイメージ フリー画像です
(季節ごとの似合う服)



もう一つの意味として「混ざり合う」といったケースにも使用します。


kohitomiruku

画像はイメージ フリー画像です
(「混ざり合い」一つになります)



この「合う」には、

ものごとが「調和」するという意味もあります。


コーヒーに入れるミルクを考えた場合、

・コーヒー
・ミルク

混ざり合い程よい風味になるわけです。




「面会」を表す 「会う」を使うケース


【「会う」を使うケース】


互いに顔を向かい合わせるような場合に使用します。

場所を決めて対面するような場合(面会)
時間は決めずにばったりと…といった場合も使用します。



menkai

画像はイメージ フリー画像です
(面と向かっている状態)



・友達と会う
・社長と面会する
・高校時代の同級生と街でばったり会う



battari

画像はイメージ フリー画像です
(買い物中にばったりと会った二人)



なにか目的があり、
実際に会って話をすることを「会談」と言います。



kaidan


画像はイメージ フリー画像です
(政治などでも多用されます)



・作家同士の会談
・首脳会談


この場合には相性が合うかどうかは関係ありません。

物理的に面と向かっっている状況です。




もう一つの候補「遭う」の意味


変換候補に「遭う」という言葉が出てくる場合もあります。

但し通常ではあまり用いないので、
間違う可能性は低い言葉です。


ziko


画像はイメージ フリー画像です
(出来れば「遭いたくない」交通事故)



こちらには主に、
好ましくない事態に見舞われるというような意味があります。


・交通事故に遭う
・ゲリラ豪雨に遭う
・野生動物と遭う(遭遇する)



近年では野生動物との遭遇が増えているので、
使用する事もあるかも知れません。

「遭難」

という単語があるように、あまり使いたいものではありません。


sounan

画像はイメージ フリー画像です
(低山での「遭難」も増加傾向だそうです)



英訳してスッキリしましょう


難しい日本語を英訳することで、
意外とわかりやすくなることもあります。

今回の「あう」に当てはめてみましょう。


eiyaku

画像はイメージ フリー画像です
(「英訳」して考えると見えることも)



「合う」 ⇒ fit(形や大きさなど)
       match(つりあう、マッチする)
「会う」 ⇒ meet


niau


画像はイメージ フリー画像です
(洋服のフィッティング中です)



洋服を合わせる ⇒ fitting
面会して話す  ⇒ meeting

などと訳することが出来ます。


ちなみに「遭う」(主に遭遇)は、

encounter となります。


思ったりよりもわかりやすくないでしょうか?



使い分けは「単語」で意味を考える


日本人でも漢字の使い分けに迷っている始末。

多様化する世界では、
様々な言語が使用されます。


tayouka

画像はイメージ フリー画像です
(「日本語」の難しさの原因かもしれません)



その言葉の意味を考えて、
単語にしてみるとわかりやすい場合もあります。


・合致する
・面会する
・遭遇する


いくらかわかりやすくなりました。


rikaisita

画像はイメージ フリー画像です
(「なるほど」…です)




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「時間」と「動作」を使い分ける事が重要



こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「早い」と「速い」についてお話したいと思います。


hayai

画像はイメージ フリー画像です
(何かと「はやい」今日この頃です)



時に迷ってしまう漢字の使い分け


メールなどで散見される漢字の変換ミス。

間違いなくスマートフォンの普及などが原因の一つです。

出来れば漢字の意味を知った上で、
使いたいものですが…やってしまいがちです。


sumaho1

画像はイメージ フリー画像です
(スマホがなければどうでしょう?)



しかしながら変換候補が複数ある場合に、

「あれ?どちらだっけ」ということも。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。



hikaku


画像はイメージ フリー画像です
(変換候補に迷うときも)



本日は、

「早い」と「速い」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。



「時間」を表す 「早い」を使うケース


【「早い」を使うケース】


「時間」が対象よりも前の場合
    又は短い場合

「時点」や「時刻」が対象よりも前の場合に使用します。


※時点とは
 時の流れの中のある一点、または時期を指す


zikan

画像はイメージ フリー画像です
(「時点」の一つに「季節」なども含まれる)



主に「時間」を表す言葉です。

とある時間や時期を「地点A」とした時に、
それよりも早い場合に用います。


mezamasinasi

画像はイメージ フリー画像です
(目覚ましよりも早い起床)



・荷物の到着が一日早い
・桜の開花が例年より早い
・一時間早く起きる
・結婚するにはまだ早い

etc…


nimotu

画像はイメージ フリー画像です
(思ったよりも早い荷物の到着)



例えば荷物の到着が12時とした場合、
「地点A」は12時になります。

荷物が11時に到着すれば「地点A」よりも早い到着となります。



「動作」を表す 「早い」を使うケース


【「速い」を使うケース】


とある物や事柄の「動作」速やかで、急である場合に使用します。

ここで表したいのは「動作」であり、
「時間」ではありません。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(最も速いとされる「チーター」)




・走る速度が速い
・回線速度が速い
・思ったり回転が速い乗り物

etc…


merigo-raundo

画像はイメージ フリー画像です
(子供の遊具と侮っていると…)



回線速度の速さなどは、現代らしい話です。

速度の速さは利便性や一つの「売り」に直結するほどです。


kaisensokudo

画像はイメージ フリー画像です
(「回線速度が速い」は一つの選択肢にもなる)



双方を意味により使い分ける事も


少し混乱を招きやすいのはこのようなケースです。

①電車が早い
②電車が速い


sinkansen

画像はイメージ フリー画像です
(新幹線は最も「速い」鉄道です)



①のケースでは思った時間よりも早く電車が来た(又は到着した)
②のケースでは電車そのものの速度が速い

というような意味になります。



「仕事」についても同様です。

①仕事が早い
②仕事が速い


ofisu

画像はイメージ フリー画像です
(意味により使い分ける必要がある)



①のケースでは、
納期よりも早く仕事を終わらせた場合や、
いつも時間よりも早く終わらせている状態を表します。

②のケースでは、
物理的に速度が早い様を表しています。

・タイピングが速い
・数えるのが速い
・袋詰が速い

など、こなすスピードが速いのです。

huunyuu

画像はイメージ フリー画像です
(職場に◯◯の達人…いないでしょうか?)



伝えたい意味を考えて使い分けましょう。



意外とスッキリする英訳


難しい日本語を英訳することで、
意外とわかりやすくなることもあります。

今回の「はやい」に当てはめてみましょう。


waseieigo

画像はイメージ フリー画像です
(あえて英訳して考えてみる)



「早い」 ⇒ early
「速い」 ⇒ fast


sinrinyoku

画像はイメージ フリー画像です
(朝の早い時間は気持ちがいいもの)



早朝を意味する ⇒ early morning
走るのが速い事 ⇒ fast to run 

などと訳することが出来ます。


思ったりよりもわかりやすくないでしょうか?



意味を考えないと使い分けは難しい


日本人でも漢字の使い分けに迷っている始末。

多様化する世界では、
様々な言語が使用されます。


tayouka

画像はイメージ フリー画像です
(「日本語」の難しさの原因かもしれません)



その言葉の意味を考えて、
又は熟語にしてみるとわかりやすい場合もあります。

今回ならば「早朝」や「速度」などが該当します。




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



何となくのイメージはありますが…



こんにちは( ・Д・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「足」と「脚」についてお話したいと思います。


BlogPaint


画像はイメージ フリー画像です
(スラリと伸びた「あし」ですが…)



なかなか難しい漢字の使い分け


現代人は漢字を覚えなくなっています。

間違いなくスマートフォンの普及などが原因の一つです。

しかしながら双方が変換候補になる場合に、
迷ってしまうケースもあります。


iine


画像はイメージ フリー画像です
(ある意味スマホに頼りっぱなしです)


あれ?どっちだっけと思うこともあります。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。


qanntoa

画像はイメージ フリー画像です
(時に難しい日本語)


本日は、

「足」と「脚」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。




「足」はくるぶしから先 「慣用句」に用いる


【「足」を使うケース】


人体で考えた場合、
くるぶしから先の部位に用いる。

また「慣用句」としてはこちらしか使用しない。


・足の裏
・足先が冷たい


etc…


asisaki

画像はイメージ フリー画像です
(くるぶしから先なので「足」です)



例えば足の裏側が痛い場合は、

「足裏の痛み」

と表記すると思います。


足裏はくるぶしから先の部位だからです。


asiuramassazi

画像はイメージ フリー画像です
(「足裏」のマッサージのイメージ)


「慣用句」においては全て「足」を使用します。



「脚」は足全体 物を支える部位 に使用する


【「脚」を使うケース】


人体で考えた場合、
足全体を表現する時に使用する。

また物などにおいて、何かを支える部位について「脚」を用いる。


ここで言う足全体とは、

「主に骨盤から足首までの範囲」

を指します。


「脚を組む」などを表現したい場合はこちらが正しいです。


asiwokumu

画像はイメージ フリー画像です
(「足全体」なので「脚」となる)



何かを支える部位とは次のようなものを表現する場合です。

・椅子の脚
・テーブルの脚
・脚付きの家具

etc…


isunoasi

画像はイメージ フリー画像です
(椅子を支える「脚」)



くるぶしより先という概念がない(又は少ない)
動物や昆虫などに用いる場合は、

「脚」を使用することが多いようです。
(「足」が間違いではない)

・馬の脚
・ダチョウのたくましい脚
・昆虫の脚は6本

etc…


umanoasi

画像はイメージ フリー画像です
(素早く大地を蹴る「馬の脚」)


辞書でも曖昧な場合もある


仮に「馬の足」といっても伝わります。
「カニの脚」でも伝わります。

この辺りは辞書でも明確に区別されていない場合があります。


hon

画像はイメージ フリー画像です
(辞書によりどちらも可とする場合も)


人体で考えた場合は比較的明確です。

明確に言えることは「慣用句」に用いる場合は、
必ず「足」を使用するとなっています。


・足が遠のく
・足を運ぶ
・足が棒になる


などが一例です。



「脚」には「きゃく」という読みもある


「脚」という漢字には「きゃく」

という読み方もあります。

こちらの方がわかりやすい例なのかもしれません。


sankyaku

画像はイメージ フリー画像です
(カメラなどの「三脚」)


・三脚
・脚力
・健脚


などの単語があります。



人体で考えるなら英語にしてみる


人体で考える場合は、
英語に変換してみると意外とわかりやすくなります。


rikaisita

画像はイメージ フリー画像です
(ああ!なるほど)


足 ⇒ foot
脚 ⇒ leg


例えば足裏をケアする「フットケア」
脚全体を温める「レッグウォーマー」

などが良い例です。


regwuoma

画像はイメージ フリー画像です
(寒い時期には「レッグウォーマー」)



ちなみに、
鳥類の場合も「脚」を使います。

鶏の脚を焼いたお料理を「チキンレッグ」と言います。


tikinreg

画像はイメージ フリー画像です
(鶏の脚を焼いた「チキンレッグ」)



なかなか難しい漢字の使い分け


日本人でも十分混乱する漢字の使い分け。

多様化する世界では、
様々な言語が使用されます。


waseieigo

画像はイメージ フリー画像です
(「英語」も十分難しい…です)


「慣用句」として使用する場合は「足」

これは覚えておいて損はないでしょう。




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ