料理のさしすせそ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:料理のさしすせそ



「自炊」に必要な最低限の調味料たち


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


生活が一変していろいろなことが変わりました。
そんな中で非常に重要な要素の一つが「食生活」です。


いざ「自炊」を始めようにも、調味料は必要です。
ただし最初から全てを揃える必要はありません。


本日は「まず揃えたい調味料」について、
お届けしたいと思います。

jisui3

画像はイメージ フリー画像です
(基本となる調味料たち)



調味料はベーシックなものを最低限から


「自炊」をしたほうが健康にも経済的にも良い。
頭ではわかっていても、経験がなければ調味料を集めるのも大変。

まず何を揃えたら良いのかわかりません。

・複数の砂糖を揃える
・◯◯専用醤油を揃える
・塩にこだわる

最初はこういった事は不要かと思います。

tyoumiryou2

画像はイメージ フリー画像です
(基本的なものから少しずつ)


とりあえずこのような物を揃えてはいかがでしょうか?
(当記事はお料理初心者向けです)


①さしすせそ
②サラダ油などの油
③最低限のスパイス
④必要に応じて揃えるもの


それぞれについて説明していきます。



いちばん大事な「さしすせそ」


こちらは調理にとって欠かせない…つまり必須です。

「さ」⇒砂糖(上白糖でOK)
「し」⇒塩 (通常の塩でOK)
「す」⇒お酢(米酢がお勧め)
「せ」⇒醤油(濃口醤油でOK)
「そ」⇒味噌(だし入り合わせ味噌でOK)

まずこれがないと「自炊」は出来ません。

sasisuseso

画像はイメージ フリー画像です
(お料理の「さしすせそ」)


最初はオーソドックスなものがおすすめ。
本当に近隣のスーパーで揃うものを買いましょう。


「さしすせそ」についてはこちらに載っています。





砂糖は上白糖があれば他の砂糖はしばらく不要です。
塩は通常の塩か精製塩でOK。

お酢については穀物酢よりも米酢が良いでしょう。

komezu1

画像はイメージ フリー画像です
(酢の物やドレッシングにも使えます)


醤油は濃口と薄口がありますが、濃口一本で良いかと思います。

味噌は味噌汁を作るのに必要です。
だし入りを買えば顆粒だしなども不要です。

味噌には、

・白味噌
・赤味噌
・麦味噌

様々な種類があります。
これらは最初は不要かと思います。

awasemiso

画像はイメージ フリー画像です
(合わせ味噌は使いやすく便利)


まずは形から揃えたくなる気持ちはわかります。

「自炊」をこれから始める方は、
色々な調味料を開封して駄目にしてしまう可能性があります。

最低限から始めて増やしていくのが良いでしょう。



サラダ油などの油


流石にこれは必要です。

フッ素加工のフライパンは焦げ付きにくいです。
少しだけでも油を引くと掃除が楽になります。

また野菜などは油脂と結合することで栄養素を保てる物(ベータカロテンなど)があります。
卵も油脂で炒めるとふわっと仕上がります。

ninzinitame

画像はイメージ フリー画像です
(βカロテンは油脂と好相性)


普通のサラダ油、キャノーラ油など、
癖のないものが良いかと思います。

場合によっては、

・オリーブ油
・ごま油

位はあっても困ることはありません。

oribuyu1

画像はイメージ フリー画像です
(イタリアンやドレッシングに便利)



最低限のスパイス類


スパイスというのはお料理の癖をとり美味しく仕上げる調味料です。

とりあえずはこれだけを揃えます。

・ブラックペッパー(粗挽き)
・胡椒(白)

kurosirokoshou

画像はイメージ フリー画像です
(最初は挽いたものでも充分です)


スパイスとは違いますが、

・チューブの生姜
・チューブのにんにく

このくらいは揃えておいて損はありません。
炒めものなどに少量入れるだけで美味しくなります。

肉料理⇒ブラックペッパー
魚料理⇒白胡椒

程度の使い分けでも、
充分仕上がりが変わってきます。



好みに応じて揃えましょう


その他調味料については好みがあるので必要に応じて揃えていけばOKです。

・マヨネーズ
・ソース(中濃・ウスター)
・ケチャップ
・料理酒
・みりん 

etc…


tyoumiryou

画像はイメージ フリー画像です
(必要に応じて揃えたい)


特に和食やお魚のお料理が好きならば、
みりんや料理酒は必要でしょう。

ソースやケチャップは嗜好に合わせて、
スーパーの惣菜を買ったときなどに便利です。

マヨネーズについては様々な用途があります。
サラダをよく食べる方はドレッシングなども必要です。

実は、

お酢+油+砂糖+醤油

で和風ドレッシングが出来ます。


お刺身用にわさびなども有ると便利です。


tedukuridoresing

画像はイメージ フリー画像です
(手作りできるならなお良いドレッシング)



調味料は無限にある…まずは基本から


これだけ揃えれば充分「自炊」を楽しむことが可能です。

他にもスパイスは無数にありますし、
ハーブ類などを揃えたら大変な数があります。

habu2

画像はイメージ フリー画像です
(凝りだすとキリがない…)


ドレッシングのレシピを少し記載しましたが、
基本の調味料の合わせで、いろいろな味を作ることも可能です。

慣れてきたら必要に応じて買い足すのがおすすめです。

冷蔵庫や保管スペースも少ない為、いきなりたくさん揃えるのは得策ではありません。
いたずらに開封し賞味期限が過ぎてしまいます。


・かつおだし
・コンソメ
・味の素

といった旨味調味料は必須ではありませんが、
あると時短に繋がります。

mutenkakonsome

画像はイメージ フリー画像です
(添加物フリーも存在します)


添加物が気になる方は無添加タイプを選ぶと良いでしょう。


ご自身の「自炊」スタイルに合わせて揃えていきましょう。



次回は「自炊にあると便利なもの」について記載していきます。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です







  



お料理初心者ほど味見がおろそかに… 初心者必見!


こんにちは(๑´ڡ`๑)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

お料理が苦手という方結構おられます。
なんかしょっぱいし甘いし(ノд-。)あぅ。。
きちんと事前に味見をしていますか?

そんな基本中の基本を少しだけ書いていこうと思います

本日はその第25回「味見の重要性」です

BlogPaint

画像イメージ フリー画像です


お料理が苦手な人ほど味見をしていない…
これはとある料理人も言っておりました'`ィ (゚д゚)/


本日の超基本 味見の重要性


テーマは「味見の重要性」です

そもそも味見ってなんでしょう?



味見とは?


飲食物の調理中にその味を確かめること

(´-`).。oO
確かに…

ではなんで重要なのでしょうか?




味見をする理由


例えば何か野菜の煮物でも作るとしましょう

レシピに従って
砂糖
出汁
醤油
酒などを入れて煮ます。

よし完成…食卓へ

頂きます∥(*゚~゚*)モグ モグ
…味がない or しょっぱい

よくあることではないでしょうか?


レシピ通りにやったというのはよく聞くのですが…
レシピには塩の銘柄や
醤油の銘柄
砂糖の種類
ダシの濃さなどが明確に書いていない場合もありますね

醤油や塩などはメーカーに寄って味が違いますし、砂糖では種類によって甘みも違います。
ダシも「ほんだし」なのか自分でとったダシなのかで随分変わってきますね。

だから完成前に味を見るのです



取り返しのつかない要素


「塩を効かせすぎた煮物」

これをもとに戻すのは実はプロでも至難の技です

お料理のさしすせそ…ご存知ですね?

さ → 砂糖
し → 塩
す → 酢
せ → 醤油
そ → 味噌

この順番は食材に味つけする順番でもあります。
つまり塩を効かせすぎたお料理に砂糖を入れても元には戻らないわけです

もちろんある程度緩和はできます。
しかし完全には無理だと言えます(ノ_ _)ノ=3バタ




複合調味料に注意


この場合の複合調味料とは「ほんだし」など塩味や旨味、甘味などが同時についているものを指します。

醤油にも「だし醤油」など複合調味料がありますね。

それらを用いた場合レシピ通りの量では味が変わってきます。

当然ですね、ダシの時点で塩味や甘味がついているわけですから




とりあえず薄めに作る


大切なのは後から味は足せるということを覚えておくことです

薄いぶんにはいくらでもリカバリーできます。

極端な話薄かったら食卓調理(テーブルで塩や醤油を足すこと)すればいいのですから。

濃すぎるものを薄くすることは基本できません。
そう覚えておきましょう


例)レシピに塩10gと書いてあった場合

→まず半分の5gを入れて味見
→足りなければ2.5g入れて味見
→少し薄いかな?ならここでストップ

煮物の場合は煮汁に浸けておくと味がしみてちょうどよくなるので、これでOK!



本日のお料理上手ポイント 薄めに仕上げて料理上手


味見は大切!
ポイントごとに味を見て薄めに仕上げる。
濃すぎるよりは薄いほうがずっといいと覚えておきましょう。

お料理は冷めると一段回味が濃くなるケースが多いです。
薄いかなで止めておくと、後でちょうどよくなる場合がほとんどです



これで味見は大丈夫です( ´ー`)フゥー...
恐れることはありません


何度も失敗して段々とその家の味になっていきます
めげずに頑張りましょうね٩(ˊᗜˋ)و



第25回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)
また一緒に勉強していきましょう




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



同カテゴリーの記事です







ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です












  

このページのトップヘ