慣用句 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:慣用句



「鯖を読む」鯖が悪いわけではない



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


鯖の缶詰は人気です。
色々とアレンジができるのも良いところです。

最近ではバリエーションも豊富。
レシピもたくさんあるほど人気があります。

しかし本日は鯖缶を使ったお料理の話ではありません。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(カラフルでおしゃれな鯖缶)



「鯖を読む」に隠された鯖の特性


なんとなく使っている言葉の一つです。

「鯖を読む」
「あの人は鯖読んでそう…」


howai

画像はイメージ フリー画像です
(面と向かって使う言葉ではありません)


日常でまま使われる言葉です。

あまりいい印象の言葉ではありません。


食卓によく上がる魚である「鯖」

なぜ数ある魚の中から「鯖」が選ばれたのでしょうか?


これは「鯖」が持つとある特徴から産まれた言葉だったのです。


sabanosioyaki

画像はイメージ フリー画像です
(ランチでお世話になる方も多い鯖)



「鯖を読む」の意味


意味としては、


「数字などをいいようにごまかす」

※web辞書より


という意味になります。


gomakasu

画像はイメージ フリー画像です
(大体そのくらい…かな?と「鯖を読む」)



【使用例】


・芸能人が実年齢を「鯖読み」する
・身長の「鯖読み」で恥をかいた


いずれにしてもごまかしているわけです。

「鯖」としては不名誉な結果です。



なぜ「鯖」なのか?


ではどうして「鯖」なんでしょうか?

同じ魚であるなら、
鯵(アジ)でも鯛(タイ)でも良い気もします。


saba

画像はイメージ フリー画像です
(背の模様が特徴的な「鯖」)



この言葉には「鯖」という魚の特性が大事なのです。


「鯖」は他の魚に比べて足が早い魚です。
つまり大変傷みが早い魚です。


水揚げした時点からどんどん傷みが始まります。
その為、漁師たちは迅速に市場に流さなければなりませんでした。


simesaba

画像はイメージ フリー画像
(〆鯖もそのような特性から生まれたお料理です)



江戸の漁師たちは時間短縮の為、

「今日は鯖何匹だい?」

「あいよ50匹!」

というようにざっくり取引をしていたのです。



shoubai


画像はイメージ フリー画像です
(取引はざっくりと行われていた)



実際に数えると、

45匹だったり
52匹だったり

結構いい加減なものでありました。


魚の特性があり、
そのような背景が関係していたのです。



「鯖を読む」の誕生


日本では古来より「読む」という言葉に「数える」という意味がありました。

「鯖を数える」
「鯖をざっくりと数える」

から転じて、

「鯖を読む」
「鯖読み」

は誕生されたとされています。


sabanomizuage

画像はイメージ フリー画像です
(現在でも鮮度に気を使う「鯖」の水揚げ)



中には悪い漁師もいたかもしれません。

45匹であるのを知りながら、

「50匹だよ」と…

いいように数をごまかすことを「鯖を読む」というようになりました。


文字通り「鯖読み」で取引をしていたのです。

※諸説あります



「鯖」には罪はない


鯖に罪は全くありません。

今でも痛みの早い魚として、お刺身などはそうそう出回りません。

・〆鯖
・塩焼き
・鯖の味噌煮

どれも定番のメニューです。


sabakai

画像はイメージ フリー画像です
(煮汁も上手に頂きたい鯖缶)



栄養も豊富な青魚。

感謝して頂くとしましょう。


「鯖の読みすぎ」にはくれぐれもご注意を。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



何となくのイメージはありますが…



こんにちは( ・Д・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「足」と「脚」についてお話したいと思います。


BlogPaint


画像はイメージ フリー画像です
(スラリと伸びた「あし」ですが…)



なかなか難しい漢字の使い分け


現代人は漢字を覚えなくなっています。

間違いなくスマートフォンの普及などが原因の一つです。

しかしながら双方が変換候補になる場合に、
迷ってしまうケースもあります。


iine


画像はイメージ フリー画像です
(ある意味スマホに頼りっぱなしです)


あれ?どっちだっけと思うこともあります。

そんな日常の疑問に応える、
正しい日本語の使い方についてのお話です。


qanntoa

画像はイメージ フリー画像です
(時に難しい日本語)


本日は、

「足」と「脚」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。




「足」はくるぶしから先 「慣用句」に用いる


【「足」を使うケース】


人体で考えた場合、
くるぶしから先の部位に用いる。

また「慣用句」としてはこちらしか使用しない。


・足の裏
・足先が冷たい


etc…


asisaki

画像はイメージ フリー画像です
(くるぶしから先なので「足」です)



例えば足の裏側が痛い場合は、

「足裏の痛み」

と表記すると思います。


足裏はくるぶしから先の部位だからです。


asiuramassazi

画像はイメージ フリー画像です
(「足裏」のマッサージのイメージ)


「慣用句」においては全て「足」を使用します。



「脚」は足全体 物を支える部位 に使用する


【「脚」を使うケース】


人体で考えた場合、
足全体を表現する時に使用する。

また物などにおいて、何かを支える部位について「脚」を用いる。


ここで言う足全体とは、

「主に骨盤から足首までの範囲」

を指します。


「脚を組む」などを表現したい場合はこちらが正しいです。


asiwokumu

画像はイメージ フリー画像です
(「足全体」なので「脚」となる)



何かを支える部位とは次のようなものを表現する場合です。

・椅子の脚
・テーブルの脚
・脚付きの家具

etc…


isunoasi

画像はイメージ フリー画像です
(椅子を支える「脚」)



くるぶしより先という概念がない(又は少ない)
動物や昆虫などに用いる場合は、

「脚」を使用することが多いようです。
(「足」が間違いではない)

・馬の脚
・ダチョウのたくましい脚
・昆虫の脚は6本

etc…


umanoasi

画像はイメージ フリー画像です
(素早く大地を蹴る「馬の脚」)


辞書でも曖昧な場合もある


仮に「馬の足」といっても伝わります。
「カニの脚」でも伝わります。

この辺りは辞書でも明確に区別されていない場合があります。


hon

画像はイメージ フリー画像です
(辞書によりどちらも可とする場合も)


人体で考えた場合は比較的明確です。

明確に言えることは「慣用句」に用いる場合は、
必ず「足」を使用するとなっています。


・足が遠のく
・足を運ぶ
・足が棒になる


などが一例です。



「脚」には「きゃく」という読みもある


「脚」という漢字には「きゃく」

という読み方もあります。

こちらの方がわかりやすい例なのかもしれません。


sankyaku

画像はイメージ フリー画像です
(カメラなどの「三脚」)


・三脚
・脚力
・健脚


などの単語があります。



人体で考えるなら英語にしてみる


人体で考える場合は、
英語に変換してみると意外とわかりやすくなります。


rikaisita

画像はイメージ フリー画像です
(ああ!なるほど)


足 ⇒ foot
脚 ⇒ leg


例えば足裏をケアする「フットケア」
脚全体を温める「レッグウォーマー」

などが良い例です。


regwuoma

画像はイメージ フリー画像です
(寒い時期には「レッグウォーマー」)



ちなみに、
鳥類の場合も「脚」を使います。

鶏の脚を焼いたお料理を「チキンレッグ」と言います。


tikinreg

画像はイメージ フリー画像です
(鶏の脚を焼いた「チキンレッグ」)



なかなか難しい漢字の使い分け


日本人でも十分混乱する漢字の使い分け。

多様化する世界では、
様々な言語が使用されます。


waseieigo

画像はイメージ フリー画像です
(「英語」も十分難しい…です)


「慣用句」として使用する場合は「足」

これは覚えておいて損はないでしょう。




また機会があれば一緒に勉強していきましょう。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ