感謝の気持ち : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:感謝の気持ち



「愛の日」から始まった「バレンタインデー」



こんにちは(ㅅ´ ˘ `)♡
四つ葉のくまさんことよつくまです🍫
本日もよろしくお願い致します。


「バレンタインデー」


とは本来どのような日なのでしょうか?


近年では「義理チョコ」もだいぶ廃れ、
自分への「ご褒美チョコ」なども増えています。



本日は「バレンタインデー」にまつわるお話です。


choco

画像はイメージ ハートのチョコレート
(様々なチョコレートが並びます)



「バレンタインデー」には何をするか


「バレンタインデー」


というと何となく「チョコレート」を連想します。


choco3

画像はイメージ いつかの「チョコレート」
(頂いてもご褒美でも嬉しい)



上述の通り最近では状況が変わってきています。

以前は、

女性から男性へ「チョコレート」を送る日とされて来ました。


tyokowoageru

画像はイメージ フリー画像です
(もらって嬉しい「チョコレート」)



そもそもなぜ「チョコレート」を渡すのでしょう?


例えば目的が「愛の告白」であるならば、
贈り物は何でも良いはず。

そもそも贈り物自体が必要無いのです。



「バレンタイデー」の始まり


「バレンタインデー」の始まりを語る上で、
まず必要な登場人物がおります。


「聖バレンタイン(バレンタイン司祭)」


という3世紀のローマの方です。


sisai


画像はイメージ フリー画像です
(「司祭」のイメージ)



諸説ありますが、

当時の皇帝「クラウディス2世」が、
「強兵策」の一つとして兵士の結婚を禁止していました。

いささか無理な話ですが、
君主の言うことは絶対の時代です。


koutei

画像はイメージ フリー画像です
(今考えれば無理のある政策です)



これに反対したのが「バレンタイン司祭」でした。

司祭は皇帝の命令に反して、
多くの兵士を結婚させたのです。

当然ながら皇帝の怒りを買い…司祭は処断されました。


その殉教の日が西暦270年2月14日でした。


「バレンタイン司祭」は「聖バレンタイン」とされ、
敬われる存在になりました。


ローマ・カトリック協会では祭日に定められているそうです。



「愛の日」の始まり


司祭の死を悼む宗教行事として、

「聖バレンタインデー」

は始まりました。


barentain

画像はイメージ フリー画像です
(始まりは司祭を悼む行事から)



時が流れ14世紀になると、

2月14日に若い人たちが愛の告白をしたり、
プロポーズの贈り物をしたりする日になっていきました。

定かではありませんが、


春が近づき小鳥たちもさえずり始める良い季節である事。

「バレンタイン司祭」が結婚を推奨した事。


などから、「愛の日」と呼ばれるようになっていきました。


ainokokuhaku

画像はイメージ フリー画像です
(プロポーズをする日とされた)



つまりは特別、女性から男性へ
という日ではなかったのでしょう。



日本に「チョコレート」が伝わったのは


まずは日本における「チョコレート」の歴史を記載します。


日本に「チョコレート」が伝わったのは、

「江戸時代」とされています。



koueki


画像はイメージ フリー画像です
(「鎖国」中の日本にやってきたオランダ船)



当時の日本は「鎖国」中でした。

交易をしていた長崎にオランダから「チョコレート」が伝わった。
とされる説が有力です。


寛政9(1797)年3月晦日 長崎の遊女が「しょくらあと」を貰い請ける


という記録が残されているのです。


choo4

画像はいつかの「チョコレート」
(おそらくは「ココア」のようなものであったでしょう)



「しょくらあと」⇒「チョコレート」

のことを指しています。


長崎出島のオランダ人たちは、
交易を終え帰国の際に私物を遊女に与えたとされています。

その中に「チョコレート」が含まれたというのは自然な気がします。



日本における「バレンタインデー」


日本で「バレンタインデー」の文化が始まったのは、
昭和30年代と言われています。


barentain1

画像はイメージ フリー画像です
(売り場に並ぶ「チョコレート」のイメージ)



今でも有名な「メリーチョコレート」が、
新宿の伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」との看板を出しました。

翌年には「ハート型」の「チョコレート」を作成。


「女性から男性へ」


というキャッチコピーを作ったのです。


昭和30年代後半には、
「バレンタインデー」は積極的に展開されるようになりました。

「森永製菓」なども新聞広告などを打ち、
「チョコレート」の販売を促進しました。


ha-totyoko

画像はイメージ フリー画像です
(ハート型の「チョコレート」は女性の心を捉えた)



他にも各社がハート型の「チョコレート」を作成。

販促活動を行いました。


昭和40年代から50年代にかけて、
女性の心を捉えて徐々に盛り上がっていったのです。


josei


画像はイメージ フリー画像です
(女性たちの社会での活躍)



これは私見ですが、

・女性の社会進出
・女性からリードする事も出来る

といった社会情勢の変化も影響していたのでは無いでしょうか?




「感謝」を伝えるにはいい機会


結果的には「商戦」という側面がある「バレンタインデー」ですが、

それはそれで良いのではないかと思います。


普段なかなか「感謝」を伝える事が出来ない方へ…

ちょっとした贈り物をする日と思えばいいのです。


ミスドピエールエルメ

画像はいつかのコラボドーナツ
(自分を甘やかすのも良いでしょう)



多様化や多様性が求められる昨今。

誰に対して「感謝」を述べるかは人それぞれです。


kansha

画像はイメージ フリー画像です
(普段伝えにくい「感謝」を)



もちろん「チョコレート」にこだわる必要は無いでしょう。

もしかしたら「言葉」が一番の「感謝」の時もあるのです。




当記事は下記ページを参考に記載しています。


http://www.chocolate-cocoa.com/dictionary/history/valentine/v02.html

(日本チョコレート・ココア協会HP)




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



四つ葉のクローバーをお裾分け


こんにちは(*ˊᵕˋ* )
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


よつくまのギャラリーでは

・初めてご縁があった方
・これからもご縁をつなぎたい
・せめてもの感謝の気持ち

との想いを込めて…

おまけをつけさせて頂いております

ハッピーブロック2021.4

よつくまハッピーブロック新色登場します📷



3色とも新色です


おまけの方も手作りをしています。
正直効率は良くないです。

しかし温もりをお届けしたいものですから…
一つ一つ手塗りで加工しています。

向かって左から

・クランベリーレッド
・ウォルナット
・メープル

の3種類です。

すべて新色になります。



ご好評を頂いております


本当に小さなおまけではありますが…
つけた方にはご好評を頂いております。

一緒に飾った写真をアップして下さったり感謝です(。ᵕᴗᵕ。)ஐ

使用例5

よつくまちゃんとともにブロックを置いていただきました
(お客様撮影写真)



販売はしておりません


こちらの「よつくまハッピーブロック」ですが。
現在はギャラリーにて販売はしておりません。

あくまで気持ちとしてお付けしているものです。

せめてもの気持ちが伝わればそれでいいのかなと思い、作らせて頂いているものです。

とても小さいのでどこにでも置けます。
木材ですので壊れる心配もありません。
お好きに飾って頂ければ幸いです。



ここに行ったら見つかる…を目指して


ハンドメイド作品の魅力の一つに…

・市販されていないものを手にできる
・このくらいのものが欲しい(大きさ・種類など)
・世界に一つしか無い

などがあると思います。


例えばフェイクグリーンを探すならここ!

というようなニーズに応えられるようにギャラリーを充実させていきたいと思います。


なにせ手作業の為スローペースですが…
また作品が仕上がったらご紹介しますので、是非ご覧になって下さい。



写真をクリック頂くとギャラリーにリンクしています📷
ご覧いただければ嬉しいです(๑´▿`)♡



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  

こんにちは(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。

今は100円均一でも面白い商品が買えますね
スマホ用のマクロレンズもその一つ。
大変不定期ではありますが…
時々UPしていこうかなと考えております

本日はその第26回 
お題は母の日には欠かせない「カーネーション」です
BlogPaint
母の日には感謝を込めて渡しましたか?


どうでしょうか?
普段目にするお花ですが、こうしてみるとまた違って見えませんか


今年は5/10が母の日でしたね

今思い出した…という方は今からでも遅くありません
遠距離にお母様がいらっしゃる場合お電話でも一本入れましょう
カーネーションを渡すことは確かに一つの方法ではあります。
でも本当に肝心なのは気持ちの方です'`ィ (゚д゚)/


カーネーションは切り花として通年流通されています
もちろん母の日には多くの切り花やアレンジメントが出回りますが…
それ以外のシーズンでもフリルのようなかわいい外見から多く見られます。

このカーネーションは花色が豊富なため、好きな色をあげられるのもポイントです👆

ただちょっとだけ花言葉に注意があるのでそこを含めて書いておきます(遅いけど💦)

・赤→母への愛、熱烈な愛
・ピンク→感謝、温かい心
・白→純潔の愛、尊敬
・紫→気品、誇り
・オレンジ→純粋な愛、清らかな慕情
・黃→美、友情
・青→永遠の幸福

ここまでは問題ないような気もします。
青は新しいカーネーションで技術の進歩で産まれたものですね

・濃い赤→欲望、心の哀しみ 

この色は注意が必要かもしれません。
あまりこの花色を選ぶことはないかも知れませんが…
赤が好きで深い色味が好みである場合に、花言葉的には適さないかも知れません

先にも申し上げたとおり問題は気持ちです。

たとえこの色を選んだとしても結果喜んでもらえたのならそれで構わないのです


比較的手に入りやすく、好きな花色を選びやすいカーネーション
花言葉を参考にして色を選んでもいいかもしれません。


可愛いフリルのお花です。母の日以外でも楽しんでほしいものです




第26回目の今回はこの辺で…
この企画は不定期連載していきます。



よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




同カテゴリの記事です⇓





  

このページのトップヘ