小鉢 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:小鉢



季節感もありさっぱりと美味しい


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


メインは決まったのだけど…
もう一品が決まらない…という時があります。


そんな時に役に立ちそうな、
「ちょっとしたレシピ」のご紹介したいと思います


本日のお料理はこちら

たっぷりきのこポン酢

たっぷりきのこのポン酢和えです
(きのこの種類は何でもOK)



こんなお料理です 食物繊維が気軽に摂れる


きのこの美味しい季節はもちろんのこと。
通年作れて比較的お値段も安定しています。

メインの魚や肉にピッタリなお料理です。

・たっぷりの食物繊維
・茹でて和えるだけ
・きのこの種類は問わない
(余ったものでOK)

kinokorui

画像はイメージ フリー画像です
(季節の味覚でもあるきのこ類)


きのこ類は食物繊維が豊富です。
そして低カロリーなのも嬉しいポイントです。

野菜のお値段が不安定な昨今でも、
比較的安定したお値段で入手できるのも助かります。

安価なえのき茸やぶなしめじなど、
その日に安い食材や冷蔵庫のストックで作れるのも良い点です。



簡単な作り方


◆下ごしらえ

・きのこは固い部分を切り一口大に分ける
・青物を水洗いしてカットする
・きのこは洗わない

沸騰したお湯に塩を少々入れ、
きのこから茹でます(約30秒ほど)

kinokorui1

画像はイメージ フリー画像です
(きのこの種類が増えると風味も増す)


青物を入れて更に茹でる(15秒ほど)

ザルに開けて軽く水を当ててしっかり水切りする



◆ポン酢などで和える


・食材をボウルに移す
・お酢と醤油、少量の砂糖で和える
(市販のポン酢でOK)
・よく和えてすだちや柚子などで風味を付ける
・大根おろしを混ぜても美味しい


sudati

画像はイメージ フリー画像です
(秋刀魚の塩焼きと半分ずつなら効率良いです)


出来れば柑橘の絞り汁はあったほうが美味しいです。

すだち一つなら半分を焼き魚に添えて、
もう半分を絞るなどすると効率的です。


お酢や醤油、砂糖のバランスはお好みで変えて下さい。

・ぶなしめじ
・えのき
・舞茸
・しいたけ
・ひらたけ
・エリンギ

など手に入りやすいもので大丈夫です。


青物は、

・豆苗
・水菜

などが使いやすいのでおすすめです。



きのこはちゃんと茹でる


ポイントは以下の点です。

・きのこに火を通す
・青物は後入れに
・食べる直前に和える

masshuru-mu

画像はイメージ フリー画像です
(サラダでも食べられるのはこれだけ)


生で頂けるきのこはマッシュルームくらいと言われています。

どのきのこでも構いませんがしっかり茹でて下さい。
お腹をこわす可能性があります。

青物を後入れするのは食感を残すためです。
柑橘を絞るのも最後です。


和え物系の鉄則は代わりません。

和え物は食べる直前に和えると水分が出るのを防ぐことが出来ます。
覚えておくと便利です。



アレンジその他


きのこのポン酢和えは付け合せにもピッタリです。

・和風ハンバーグの添え物に
・茹で上がりをバター醤油で和えて
・オリーブオイル+お酢でマリネ風に

etc…

wahuuhanbagu

画像はイメージ フリー画像です
(きのこを添えて栄養バランスアップ)


オリーブオイルとお酢(◯◯ビネガー)と塩コショウで和えると、
洋風の付け合せに変身しします。


sirowainbinega

画像はイメージ フリー画像です
(白ワインビネガーのイメージ)


バターで和える際は、
湯切りをしてそのまま水を切り、温かいうちにボウルに入れます。
そちらにバターを一欠と醤油や塩などで和えます。

ブラックペッパーを少々入れると風味が引き立ちます。



旬を迎えるきのこをたっぷり頂ける、
ちょっと嬉しいサイドメニューです。



このコーナーは不定期に継続していきます。

またの機会をお楽しみに




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です








  



ちょっと気の利いた一品になります


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


多くの方が「献立」には苦労しているとのこと。
どうしても同じメニューになってしまう…

そんな時に役に立ちそうなちょっとしたレシピのご紹介したいと思います


本日のお料理はこちら

春菊のゴマ味噌和え

たっぷり春菊の胡麻酢和えです
(ちょっとのお酢がポイント)



こんなお料理です ちょっと大人な和え物


春菊は鍋料理に多用されます。
暑さや寒さ共に強いために通年出荷されています。

緑黄色野菜プラスやおつまみにピッタリなお料理です。

・春菊の高栄養価
・手順は胡麻和えと同じ
・少量のお酢が食欲を増進する

shungiku

画像はイメージ フリー画像です
(鍋物のイメージが強い春菊)


春菊は緑黄色野菜に分類され、
βカロテンを始めカルシウムやマグネシウムなどミネラル豊富な野菜です。

独特の香りには強い抗菌作用があるとされています。

胡麻和えにすることで食べやすく、
ビールや日本酒などのおつまみにも最適です。



簡単な作り方


◆下ごしらえ

・春菊をよく洗う
・沸騰したお湯でさっと茹でる
・水にさらししっかりと絞る

沸騰したお湯に塩を少々入れ、
根元から茹でます(約30秒ほど)

shungiku1

画像はイメージ フリー画像です
(根元をゴムで束ねると楽)



◆胡麻和えを作る


・適当な幅に切ります
・すり胡麻、砂糖、お醤油少々とボウルへ
・よく和えてお酢(米酢がおすすめ)を足したら完成
・適宜切り胡麻をちらして下さい


お酢を足すことで、全体の味が引き締まります。
春菊には独特のクセがありますが、
お酢の力で上手くまとまり食べやすくなります。

穀物酢でも構いませんが、酸味が強くむせることがあります。
マイルドな米酢をおすすめします。

濃厚な味わいが欲しい方は…

すり胡麻 ⇒ 練り胡麻

に変更するとコクのある仕上がりになります。



春菊は茹ですぎない


ポイントは以下の点です。

・春菊を茹ですぎない
・お酢は好みで量を加減する
・食べる直前に和える

komezu

画像はイメージ フリー画像です
(米酢は小さじ一杯から味を見て)


春菊はすぐに火が通ります。
大振りな葉のものでも30秒ほど。
小振りな葉でしたら20秒も茹でれば充分です。

ある程度食感が残るように調節します。

春菊が苦手な方でも胡麻とお酢の風味で美味しく頂けると思います。


和え物系の鉄則は代わりません。

和え物は食べる直前に和えると水分が出るのを防ぐことが出来ます。
覚えておくと便利です。



アレンジその他


胡麻酢和えは他の野菜もバッチリ合います。

・きゅうりに変えて食感を楽しむ
・ゴマ油+コチュジャンでナムル風に
・お刺身の付け合せにもピッタリ

etc…

kotyujan

画像はイメージ フリー画像です
(コチュジャンと胡麻油で本格ナムル)


今では大根のツマは別売りの場合も多いです。

お刺身に添えれば色合いも良く。
かつ食中毒を防ぐ効果も期待できます。

sasimituma

画像はイメージ フリー画像です
(シソの葉にも同じ効果がある)


シソの葉などにも含まれるペリルアルデヒドという香り成分。
春菊にも同様の成分が入っています。
ぺリルアルデヒドは強い抗菌・殺菌作用がある香り成分です。



胡麻和えを作るのと同じ方法で、
ちょっと気の利いた一品になります。


ちょっと大人な雰囲気で日本酒にも合います。
ぜひお試し下さい



このコーナーは不定期に継続していきます。

またの機会をお楽しみに




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です








  



シャキッと美味しい!青菜炒め


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


多くの方が「献立」には苦労しているとのこと。
どうしても同じメニューになってしまう…

そんな時に役に立ちそうなちょっとしたレシピのご紹介したいと思います


本日のお料理はこちら

さつま揚げ青菜炒め

小松菜とさつま揚げの炒めものです



こんなお料理です サッと炒めて完成


小松菜は栄養価も高く。
お正月が過ぎればお値段も安定しています。

メインにもおつまみにもなるお料理です。

・緑黄色野菜をプラスワン
・フライパンで炒めるだけ
・さつま揚げからダシが出て美味しい

aona

画像はイメージ フリー画像です


野菜特に緑黄色野菜をプラス出来るので、
栄養バランスを取りたいときにおすすめです。

めんつゆなどを使えば味付けも簡単。
ビールや日本酒などのおつまみにも最適です。



簡単な作り方


◆下ごしらえ

・小松菜を軽く水にさらす
・小松菜とさつま揚げを食べやすい大きさに切る
・小松菜の葉と茎を分けておく

小松菜は水洗いして5分ほど冷水に浸けます。
炒めるのでアク抜きはそれほど必要ありません。
さつま揚げは魚の練り物など各種で代用できます。
(じゃこ天、ちくわ、厚揚げなど)



◆めんつゆを使って簡単調理


・フライパンに軽く油をひきます(ごま油がおすすめ)
・さつま揚げと小松菜の茎を炒める
・小松菜の葉を炒める
・葉がしんなりしきらないうちにめんつゆを適宜
・みりんか砂糖を少々加えて混ぜる
・仕上げにごまを振る


めんつゆを白だしに変えてもOKです。
その際は塩味が強くなりすぎないように気をつけて。

お醤油と日本酒、砂糖でも美味しく作れます。
隠し味に顆粒だしをひとつまみ入れましょう。

小松菜の茎と葉を分けるのがポイントです。
全体的にシャキッと仕上げましょう。



小松菜は水にさらしすぎずに…


ポイントは以下の点です。

・小松菜は水にさらしすぎない
・小松菜の茎と葉を分ける
・完全に火を通す前に火を止める

komatuna1

画像はイメージ フリー画像です
(青菜はシャキッと)


小松菜を水にさらすと、葉が水分を吸収してシャキッとします。
たださらす時間が長いと栄養素も流出してしまいます。
(主に水溶性ビタミン類)

茎と葉を分けるのは、炒める時間が違うからです。

さつま揚げと茎は先に炒めて火を通す。
そこに葉を入れて調味料を入れて、
完全に火が通る前にお皿に移しましょう。

予熱で火が通りシャキッとした炒めものになります。



アレンジその他


炒めものですので具材を増やせばメイン料理になります。

・豚肉や卵をプラスしてメインに
・ナッツ類をプラスしてもOK
・カレー粉やキムチで味変も

etc…

komatuna2

画像はイメージ フリー画像です
(卵を入れると彩りがきれいです)


ちなみに卵を使用する場合。

・まず卵のみを半熟になるまで炒めます。
・一度お皿に取ります
・小松菜の葉を入れるタイミングで戻します

こうすることで程よく仕上がります。


溶き卵に薄っすらと味を入れておくと、
全体がぼやけない仕上がりになります。

ナッツ類はカシューナッツ、アーモンドやくるみがよく合います。


野菜を豊富に摂れる便利なメニューです。



簡単で栄養価の高いメニューですのでぜひお試し下さい


このコーナーは不定期に継続していきます。

またの機会をお楽しみに




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ