「大根の皮と葉」を捨てるなんて…損です



こんにちは(*ˊᵕˋ* )
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


昨今では、

「フードロス削減」

が提唱されています。


少し意味は変わりますが、
意外と捨ててしまう部分に栄養素がたっぷり含まれています。

余すことなく頂きましょう。


本日は「大根の葉と皮」についてのお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(葉は切られている場合もありますが…)



「皮と葉」全て頂くことで健康効果が増す


残念ながら「大根の葉」はスーパーで切られている場合があります。

・「葉」を切らないと日持ちが悪くなる
・流通サイズの問題(箱の大きさなど)

の理由があります。


daikonha

画像はイメージ フリー画像です
(立派な「大根の葉」)


反対に「地物野菜」のコーナーなどで、
「葉付き」で販売されているものは、採れたての証でもあります。

「葉」は鮮度が落ちやすくきれいな緑色のものは新鮮です。



また「大根の皮」については、

「剥いて捨てる」

が一番多いのではないでしょうか?


daikonkawamuki

画像はイメージ フリー画像です
(日常の光景です)


「大根の葉と皮」には多くの健康効果が含まれます。
正直捨てるのはもったいないほどです。


あえて「葉付き大根」で勝負しているお店は、
鮮度の良いものを販売しているお店です。


※もちろん地域差や収穫時期の問題もあります


それぞれどのような健康効果があるのでしょうか?



皮に近いほど栄養素が豊富


大根の栄養素は皮に近いほど多く含まれています。

しかしながら煮物などに使用する場合は、
ピーラーなどで剥くよりも包丁で厚く剥くほうが、
「味しみ」の関係上適しています。

厚く剥いた皮は別のお料理に活かしましょう。


大根と厚揚げの煮物

画像はいつかの大根と厚揚げの煮物
(常備菜としても活躍します)



【大根の皮の主な栄養素】


・食物繊維
・ビタミンC
・ルチン
・ジアスターゼ

etc…


daikonnoha

画像はイメージ フリー画像です
(葉まで含めて大根です)


【大根の葉の主な栄養素】


・カロテン
・ビタミンC
・カルシウム

etc…



注目すべきはビタミンCです。

・抗酸化作用
・コラーゲンの生成に必要

などの作用があり、
美容ビタミンとも言われる栄養素です。


bihada

画像はイメージ フリー画像です
(美容成分は見逃せません)


「大根の皮」付近には、
普段食べている部分のおよそ2倍のビタミンCが含まれています。

葉にもビタミンCやカロテンなど、
たくさんの栄養素が含まれています。

大根の根よりも葉の方が栄養効果が高いと言われるほどです。


双方合わせて摂ることで大根の栄養素を余すことなく摂取出来ます。


ビタミンCは蓄えることが出来ない為に、
常に補充する必要があります。

毎日の食卓で活かしたいものです。



「大根の皮」を何故厚く剥くのか?


日本の残留農薬の基準は大変厳しいものです。

国産のお野菜を使用するなら、しっかり洗浄で充分OKです。

先述の通り調理法によっては皮をしっかり剥いたほうが良い場合もあります。


hurohukidaikon

画像はイメージ フリー画像です
(代表的な調理例「ふろふき大根」)


「大根の皮」を厚く剥く事には意味があります。

・特有の「エグみ」を軽減する
・味が染み込みやすくなる

等の利点があります。


皮に近い部分は繊維が固く、
調味液の風味が入り込みにくいのです。

また特有の「エグみ」があります。


daikonnokawa

画像はイメージ フリー画像です
(厚めに剥いた皮を別途調理する)



「剥いた皮」は別に調理して頂くことで、
全ての栄養素を摂ることが出来るのです。

「大根の葉」については大根の鮮度の目安にもなります。
葉がしなびていたらそれは時間が経過しているものです。

葉がしゃきっとしている大根がベストです。



おすすめの調理方法


【大根の皮のきんぴら】


厚く剥いた「大根の皮」はごぼうの代わりになります。
きんぴらが美味しい頂き方です。


daikonkawakinnpra

画像はイメージ フリー画像です
(作り方はごぼうと同じです)


・「大根の皮」を細切りにする
・ごま油などで軽く炒める
・お醤油やお酒、砂糖などで味付けをする
(めんつゆで代用可)
・いりごまなどを混ぜ合わせる


フライパン一つで出来るお弁当のおかずです。




【大根の葉と皮の漬物】


「大根の葉と皮」を同時に頂くおいしいレシピです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(美味しいのでご飯が進んでしまいます)


・「大根の皮」は適宜細切りにする
・「大根の葉」はざく切りにしてよく洗う
・ジップロックなどの袋へ入れる
・調味液(酢+砂糖+塩)を入れる
(浅漬けの元でもOK)
・一緒に塩昆布を入れる
・空気を抜いて冷蔵庫でしばらく置く


「大根の皮」がしんなりしたら完成です。
塩味は塩昆布のみでもOKです。

適宜調節をして下さい。


少し鷹の爪を入れると味が締まります。
また傷みにくくなります。

・お酒のつまみに
・お茶漬けにしても美味


お味噌汁などは皮付きでも細切りにしてしまえばOK。
その場合は「葉」も入れましょう。

煮すぎないように「葉」は後から少しだけ煮ます。



効率よく頂きましょう…「大根の葉と皮」


大根は捨てる部位がなく頂ける食材です。

季節により辛味や「エグみ」の変化はあるものの、
適宜調理することで抑えられます。

大根はお味噌汁の具としても定番です。

葉も刻んで後から入れると食感が変わり美味しく頂けます。


daikonhanomiso

画像はイメージ フリー画像です
(これだけで立派な健康食です)



せっかくの食材です。
余すことなく頂きましょう。


家庭における「フードロス問題」は、
こうした小さな事から始めればいいのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.7 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です