大地の恵み : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:大地の恵み



野菜の中でもトップクラスのカロテン


こんにちは(ㅅ´ ˘ `)♡
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「根菜類」

野菜のうち土壌中にあるものを食用するものの総称
→Wikipediaより引用


ありがたく大地の恵みを頂きたいものです。

本日は、
色鮮やかなオレンジ色「人参」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(最近の人参は癖がなく甘い)



生でも炒めても…変わる食感と彩りの優秀な野菜


◆基本情報

・セリ科
・ニンジン属
・アフガニスタン原産

ninzin

画像はイメージ フリー画像です
(収穫したての人参)



生で硬い食感を楽しむも良し。
炒めたり火を通すことで甘みが増します。

・漬物やピクルス
・煮物
・サラダ
・炒めもの

など使い方は様々です。

ninzinsutikku

画像はイメージ フリー画像です
(人参のスティックサラダ…お好みのディップで)


かぶ同様に「旬」にあたる時期が2回あるのも特徴です。

1回目 ⇒ 4~7月
2回目 ⇒ 11~12月



免疫力アップに大病の予防効果


◆含まれる主な栄養素(代表的なもの)

・ビタミンA(βカロテン)
・カルシウム
・カリウム
・食物繊維



【特筆すべき栄養素】


カロテン含有量


流通される野菜の中でトップクラスのカロテン含有量を誇ります。
免疫力を高めて、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。

bihadajosei

画像はイメージ フリー画像です
(カロテンは皮膚と関係がある)


がんや心臓病、動脈硬化といった大きな病気を予防する効果に優れ、
積極的に摂りたい野菜の一つです。



皮は剥かないほうがいいって本当?


◆調理のポイントや一言メモ

・できるだけ皮は剥かずに
・脂との相性が抜群


ninnzin

画像はイメージ フリー画像です
(出来れば皮ごと使用しましょう)


カロテンは皮の直下に多く含まれている。
出来るだけ剥かずに洗って使用できればベストです。

人参に含まれる酵素はビタミンCを壊す為、
熱を入れて酵素の働きを抑えることで無力化出来ます。

カロテンと脂は吸収効率がアップする最高の組み合わせです。
炒めものなど油脂を含むものと合わせるのが理にかなっています。



おすすめの調理方法


◆おすすめ調理方法

「にんじんのきんぴら(にんじんしりしり)」

ninnzin1

画像はイメージ フリー画像です
(沖縄方面では日常食です)


【作り方】

・しっかり皮を洗って皮ごと千切りに。
・ごま油などでにんじんを炒める。
・火が通ったら、しょうゆ、砂糖で味を調える。
・最後にごまを混ぜ合わせて完成です。

簡単ですが常備菜や副菜などに大活躍します。


沖縄地方でよく食されており。
ピーラーならぬ「しりしり器」なる調理道具もあります。


sirisiriki


画像はイメージ フリー画像です
(家庭に常備されているとか…)


ピーラーのように引くときんぴら状にカット出来る道具です。
たくさんの人参を簡単にカット出来るので便利です。

人参は硬めですので包丁だとそれなりにくたびれます。



野菜も時代に合わせて変化している


子供はなぜにんじんが嫌いなのでしょうか?
ただそれは昔の話。

今では甘い人参も多くなりました。

以前に比べて甘みは増加。
癖がなくなったのにカロテンは倍増しているのだそうです。

その分その他の栄養素については減少傾向というのが現在の人参です。

野菜も時代に合わせて変化しているということです。

karaninzin

画像はイメージ フリー画像です
(カラー人参の一例)


・紫人参
・黃人参

など色のバリエーションも増えました。


カロテンの王様として栄養価にもすぐれた根菜です。
彩りはもちろんのこと、
すりおろしてジュースにするなど利用方法も豊富です。

ninnzin2

画像はイメージ フリー画像です
(飲みやすい人参ジュース)


ちなみに野菜ジュースの色と味はほぼ人参です。
そこにりんごやレモンなどを加えて飲みやすくしています。



身体を温める効果のある根菜たち
上手に大地の恵みを頂くことにしましょう˚*・.。 



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



葉も食べることで栄養素がグンとアップ


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「根菜類」

野菜のうち土壌中にあるものを食用するものの総称
→Wikipediaより引用


ありがたく大地の恵みを頂きたいものです。

本日は、
柔らかい食感で食べやすい「かぶ」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(大根とはまた違った食感が楽しめる)



大根と似る胃腸を守る効果…食感の違いを楽しんで


◆基本情報

・アブラナ科
・アブラナ属
・中央アジア、ヨーロッパ西南部原産

kabu

画像はイメージ フリー画像です
(旬が2回あるのも特徴です)


お漬物にしても美味しい根菜であるかぶ。
大根と同じ白い根菜ですが、違う食感が楽しめるお野菜です。

・漬物やピクルス
・煮物
・焼き物
・炒めもの

など使い方は様々です。

kabunotukemono

画像はイメージ フリー画像です
(柔らかいかぶの漬物)


「旬」にあたる時期が2回あるのも特徴です。

1回目 ⇒ 3~5月
2回目 ⇒ 10~12月



大根同様すぐれた胃腸へのサポート効果


◆含まれる主な栄養素(代表的なもの)

・カリウム
・カルシウム
・ビタミンC
・リン


【特筆すべき栄養素】


ジアスターゼなどの消化酵素


⇒大根のページを参照
 https://happybear-clover.blog.jp/lifestyle/healthy-food/38893295.html



antieiizingujosei

画像はイメージ フリー画像です
(アンチエイジングのイメージ)


辛み成分グルコシアネート


・発がん性物質を解毒
・活性酸素の除去

※がん予防とアンチエイジングを併せ持つすぐれた効能



葉も頂くことで効率がアップ


◆調理のポイントや一言メモ

頂く際は必ず葉も食べましょう。
葉にも栄養素がたくさん入っています。

kabunoha

画像はイメージ フリー画像です
(葉の痛みが無いものを選びましょう)


白い根の部分は大根同様にジアスターゼがたっぷり。

焼くと香ばしくなって美味しいです。
焼き加減で食感と甘味が変化するのでお好みの加減で。


葉の部分は栄養の宝庫です。

・カロテン
・ビタミンB1、B2、C

などをを豊富に含むのでおすすめです。

葉を切って販売されているかぶは鮮度が低い場合も…

購入の際は、
「葉がみずみずしい状態」のものを葉付きで買いましょう。



おすすめの調理方法


◆おすすめ調理方法

「かぶの葉とちりめんじゃこの炒め」

kabunoha2

画像はイメージ フリー画像です
(ふりかけのように頂けます)


・かぶの葉はさっと塩ゆでして食べやすい大きさに切る
・フライパンにごま油を入れちりめんじゃこを焦げないように炒める
・かぶの葉を混ぜ合わせ軽く炒める
・塩コショウ、しょうゆやお砂糖で味を整える


お弁当や常備菜としても使えて便利です。
豊富なビタミンで美容効果も期待できます。

油揚げなどを混ぜたり、
剥いたかぶの皮を細く切って入れてもOK。

すべて頂けて捨てるところがありません。



買ってきたらまず葉と切り分ける


買ってきたらまず葉と根の部分を切り分けます。
大根も同じですが、葉が水分をどんどん吸い取ってしまうのです。


kabunoha1

画像はイメージ フリー画像です
(まずは葉と根を切り分ける)


今は小売店で葉などを短く切って販売しています。

・省スペースの為
・鮮度を保つため

ですが…

しっかり葉付きで販売をしているお店のほうが、
信頼のできるお店です。


大根とは違う食感を持ち、
栄養価にもすぐれた根菜です。
コンソメスープなどで煮ても美味しく頂けます。

kabunokonsomeni

画像はイメージ フリー画像です
(かぶとかぶの葉…鶏肉のコンソメ煮)


身体を温める効果のある根菜たち
上手に大地の恵みを頂くことにしましょう˚*・.。 




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



胃腸を整え発がん物質を抑える…「天然の胃腸薬」


こんにちはლ(´ڡ`ლ)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「根菜類」

野菜のうち土壌中にあるものを食用するものの総称
→Wikipediaより引用


ありがたく大地の恵みを頂きたいものです。

本日は、
万能野菜の代表選手「大根」です。

BlogPaint

画像はフリー画像 イメージです
(おろしにサラダ…煮物と通年活躍)



生でも美味しく火を通しても甘くなる


◆基本情報

・アブラナ科
・ダイコン属
・地中海、中央アジア原産

daikon

画像はイメージ フリー画像です
(春夏と秋冬では味覚も変わります)


一年を通して食卓に上がる野菜です。
しかし一番美味しいのはやはり秋冬の大根です。

反対に真夏には薬味として辛味の強い大根が出回ります。

・サラダなど生食も可能
・おろしてよし
・煮てよし
・焼いても美味しい

まさに万能野菜の一つです。



胃腸薬にも例えられる効能


◆含まれる主な栄養素(代表的なもの)

・カリウム
・カルシウム
・ビタミンC
・食物繊維


【特筆すべき栄養素】


ジアスターゼなどの消化酵素

yakizakana

画像はイメージ フリー画像です
(焼き魚には大根おろしと柑橘類を…)


・消化を助け胃腸を整える
・焼き魚に添えると焦げの発がん性物質を抑える
・お肉に添えると大腸がんの予防につながる


非常にすぐれた天然の胃腸薬としての効能があります。

「第一三共胃腸薬」
「スクラート」

といった胃腸薬の成分としても知られています。


igusuri

画像はイメージ フリー画像です
(他の胃腸薬にも使用されています)



ビタミンや消化酵素は生食で


◆調理のポイントや一言メモ

ビタミンや消化酵素を生かしたい時は生食で。

daikonorosi

画像はイメージ フリー画像です
(胃もたれを防ぐ優れた効能)


ビタミンCも豊富です。
ただ熱に弱いためビタミンや消化酵素を生かしたいなら生食がおすすめです。

火を通すと甘味が強くなるので煮物も美味しく頂けます。
冬の大根は特に甘みが強く、煮物に最適。
煮崩れも少なく使いやすい野菜です。


もし小売店で葉付きを見つけたらぜひ購入しましょう。
葉がしっかりと張った大根は新鮮の証です。

daikonha

画像はイメージ フリー画像です
(葉を捨ててしまうのは…もったいない)


葉の部分には、

・カロテン
・ビタミンC
・カルシウム

などがたっぷり入っています。


・大根の葉の油炒め
・大根の葉の味噌汁
・大根の葉の漬物

どれも美味しく頂けます。



おすすめの調理方法


◆おすすめ調理方法

「焼き大根」

1.5~2センチ位の輪切りにします。
フライパンやホットプレートなどで5~10分両面を焼きます。

yakidaikon

画像はイメージ フリー画像です
(お手軽でかつ美味しい)


・お醤油を垂らす
・塩をふる(あれば山椒少々)

どちらも美味です。
ポン酢も美味しく頂けます。

少し隠し包丁を入れておくと火の通りが早くなります。



まさに万能野菜


夏の大根は少し辛みがあり、薬味として優秀です。
わさびが出回る前の蕎麦の薬味は大根でした。

秋冬の大根はおろしても甘く、焼き魚にはぜひ添えたい野菜です。

大根と厚揚げの煮物

画像はいつかの大根の煮物(レシピは写真クリックか下段より)


・おでん
・ポトフ
・煮物
・サラダ
・お味噌汁
・漬物やピクルス

とバリエーションも豊富で、和洋共に対応できる便利な根菜です。



身体を温める効果のある根菜たち
上手に大地の恵みを頂くことにしましょう˚*・.。 



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ