和モダン : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:和モダン



少し大きめ…和モダン黒炭の色鮮やかなアレンジ


こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


岩手県産楢の黒炭とアーティフィシャルフラワー。
フェイクグリーンを組み合わせたオリジナルの置物です。


どこかおめでたい印象のアレンジです。
天然素材を用いた和モダンの置物を作りました。


では早速ご紹介させていただきます

5362

炭の置物 アート 【大きめ】 マムと赤い実 です
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



少し大きいサイズでしっかり楽しめる和モダンな置物


黒炭の置物は初期より取り扱いがある作品です。

バーベキューなどでもおなじみの楢の黒炭。
こちらにアーティフィシャルフラワーや、
フェイクグリーンの飾りを施した置物です。

天然素材なども用いています。

5363

画像は斜め上方からの撮影です
(彩りも豊かな全体像)


こちらの作品は…

・和モダンな雰囲気
・黒炭由来の消臭機能
・おめでたい雰囲気の赤い実物
・天然モスによる装飾


基本は通年使えるタイプの作品になります。
黄色のマム系のお花をメインにした明る作品です。

お花もグリーンも楽しまます。


黄色のメインフラワーに。
赤いお花や実物。
フェイクグリーンの緑や天然モスの緑と、
色彩も豊かです。


ベースとなる黒炭の雰囲気が、
和モダンな作品として生きています。

もちろん一年を通して使用頂いても問題ありません。



お花は癖のないマム系…黄色が明るい


お花はどんなお部屋でもマッチするマム系です。

黄色を選択したので、
とても明るい雰囲気に仕上がりました。

5364

画像はお花の接写です
(玄関や床の間の明るく彩ります)


フェイクグリーンの緑や、
黒炭の黒にもよく映える色合いです。


元気な印象のある黄色系です。

「パッと明るい印象」

を与えるには最適の色合いです。


マム系は和でも洋でもどちらのアレンジにも対応できます。

もちろん和モダンにも好相性です。
元気な色合いのお花を楽しんで下さい。



面白みのある黒炭本体


黒炭はもちろん一つ一つが形が違います。

それも面白みの一つです。

全く同じ形は一つとしてありません。
その形状を生かしたデザインもポイントです。

5365

画像は黒炭本体の接写です
(彩りも豊か…天然モスも使用)


彩りは豊かです。

・パープル系
・赤いお花
・赤い実物
・天然モス


赤いお花や赤い実物が入っているため、
どこか「おめでたい」印象があります。

これからの季節には丁度良いかもしれません。


飾る角度は自由に変えることが出来ます。
黒炭を回して頂き、飾る角度を決めて下さい。


この形の黒炭はこれ一つだけ。
そんな所も当作品の面白みの一つです。

「やや大きめ」

サイズの黒炭を使用しています。



小皿やコースターがおすすめです。


玄関や床の間などに飾るのも良いでしょう。

横13センチ×縦22センチ程あります。
(せり出し部分含む)

程よい大きさです。

5370

画像はテーブルに飾ったイメージです
(専用コースターを使用)


黒炭は天然素材の為、
どうしても炭の粉が出ることがあります。

その為に、

・専用コースター
・小皿など

を推奨しています。


もし専用コースターをご所望の場合は「オプション」から、

「よつくまコースターセット」

をご選択下さい。

安価でセットにすることが可能です。

3725

画像は専用コースターのイメージ
(形状や仕様は変更されることがあります)



日本茶などが増える季節に卓上に置くのも良いでしょう。

気軽に持ち運べるので、
ちょっとした卓上のアクセントにも便利です。

nihontya

画像はイメージ フリー画像です
(和の空間にも馴染む)


重量も300g前後と非常に軽量です。
持ち運びも簡単で、お世話も不要です。

お茶の時間に彩りを添えます。



こんな方におすすめです


一年中使用できる和モダンな置物です。

・「和モダン」な作品がお好きな方
・彩りの良い明るい印象に
・オリジナリティがほしい方

etc…


そんな方におすすめの一品です。



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。



どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



岩から手作り…和モダンの盆栽風作品


こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


和モダンで和室や床の間にも飾れる。
ちょっといい雰囲気「ミニ盆栽風」を楽しむ作品です。


盆栽は難しそうで…という方にも。
では早速ご紹介させていただきます

5221

和モダン盆栽風 岩から生えたフェイクグリーン ブラウン です
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



和の雰囲気をもつ稀有な盆栽型のフェイクグリーン


粘土で形成した岩。
リアルに特殊加工を施して…

多肉を含むフェイクグリーンを飾り付けた盆栽風作品アート作品です。

5222

斜め上から撮影しました
(全体がご覧いただけます)


こちらの作品は…

・手作りのリアルな岩
・生命力あふれるデザイン
・人気のエアプランツなど多肉も使用
・黒い陶器に植え込んで盆栽風に


他には余り類を見ないデザインで、
おかげさまで再販となりました。

岩部分を作成して、
フェイクグリーンを新芽が萌えるように配置。

陶器の器を黒で加工した上に植え込み、
飾り石で固着しています。

アート作品としてもご利用頂けます。
高品質でリアリティもある作品です。


ブラウンベースの岩は粘土から手作り。
かなり細かい加工工程を踏んで作り上げた手間のかかる一品です。



まるで岩…フェイクストーン


リアル感のある岩は粘土から作成しています。

塗装や削りの加工でリアルに近づけていきました。
こちらのベースはブラウン系になります。

5224

正面側根元を撮影しました
(岩のような質感が伝わりますでしょうか?)


出来るだけ岩の質感が出せるように、
多くの塗料や削り、
重ね工程を踏んでいます。

ベースとしてブラウン系の塗料を使っているので、

「ブラウン」としております。

ギャラリーにはもう一つ、

「グレー」ベースの作品もございます。

5047

和モダン盆栽風 岩から生えた フェイクグリーン グレー です
(こちらも岩から手作りです)


コツコツと手間のかかる作業です。

同じものは二度と出来ませんので、
本当に一点ものです。



背面側で変わる岩や全体の印象


植え込んだ黒い陶器はシンプルに。

多少の塗ムラが入った黒い陶器です。
ちょうど富士山を逆さにしたような形をしています。

5227

前面側の根元を撮影しました
(人気のエアプランツ)


背面側は岩の筋の入り方がまた違っています。
こちらはエアプランツを中心にしたアレンジになっており、
印象が変わります。

正面は便宜上つけたものです。

こちらが気に入れば正面にしていただいても構いません。


飾り石を固着して作成しています。
万が一転倒しても石がこぼれることはありません。

落下にご注意の上お楽しみ下さい。



床の間もOK!和室でも便利に飾れる


和の雰囲気や和モダンの作品は…
数が少なめです。

お探しの方も結構いらっしゃると思います。

5231

真上から撮影した一枚です
(あえて偏るように配置しています)


こちらの作品は和室や床の間に飾るのにも適しています。

洋室でもOKで便利な作品です。

・持ち運びが簡単
・お手入れ不要
・耐久性が高い
・オリジナリティがある

岩から新芽が伸びる生命力を表現した作品です。


お気に入りの空間作りに役立ちます。

ご自身での利用の他に、
男性の方に贈ったりするのにも向いています。

このデザインであれば抵抗なく飾ることが出来るかと思います。



こんな方におすすめです


リアルを追求した和モダングリーンアレンジです。

・和モダン作品をお探しの方
・男性に贈るギフトをお探しの方
・和室や床の間にアクセントを…

etc…


そんな方におすすめの一品です。


こちらの作品は非常に作成時間がかかります。
簡単に再販出来ませんので、チェックはお早めに…


詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。



どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



黒炭に赤い葉のコントラスト


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


炭は一つ一つが表情が違います。
そちらをアート作品として置物にした作品です。


玄関などに便利に飾ることが出来ます。
では早速ご紹介させていただきます

5139

炭の置物 アート フェイクグリーン 紫の実と赤い葉  です
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



不定形の炭が生み出す赤と黒のコントラスト


岩手県産ならの黒炭。
バーベキューなどで有名な炭です。

フェイクグリーンにも様々な種類があります。

こちらの作品は…

・黒炭由来の除湿消臭効果
・和モダンな雰囲気
・黒い炭と赤い葉のコントラスト
・彩りを添える紫の実

黒炭の形は真っ直ぐではありません。
ただそれがかえって面白みがあると思うのです。


小さいサイズですが置物として楽しんで下さい。

・玄関に彩りを
・水回りにも便利

赤い葉のフェイクグリーンをたっぷりめに使用しました。
黒い炭とのコントラストをお楽しみ下さい。



面白みのある組み合わせ


赤いものは縁起が良いと言われます。
また力がある色とも言われます。

フェイクグリーンで赤い葉というのも珍しいのですが、
そちらを黒炭に合わせるのも面白みです。

5141

紫の実物を接写にて撮影
(葉にもうっすら紫色が入っています)


たっぷり目の赤い葉の茂みから、
紫の実物がついたフェイクグリーンを。

パープル系がお好きな方が結構いらっしゃるので、
組み合わせてみました。
相性も良いようです。

黄色い花のようなフェイクグリーンを使用していたり。
色々な面白みが詰まった作品です。


 
炭の置物は多面体?


炭の置物は作者が便宜上正面を決めて作成しています。
ですので飾る方向は自由なのです。

一番ベストと思う角度で楽しんで下さい。

5143

背面側から撮影しました
(まるで違う印象になります)


黒炭の形が平行四辺形になっているのが面白いなと思い、
正面と背面を決めました。

別の角度がベストの場合もありえるわけです。

一応多方向から見た時におかしくないようにデザインはしています。
ベストな角度を探すのも一つの楽しみです。



倒れるのが心配な時は…


飾り台や小皿。
オプションで付属する専用コースターなどを用いて好きな場所に置いて下さい。

ただ炭の特性上本体が軽く、
アンバランスなデザインの場合転倒する可能性があります。

5146

湯呑は大きさの参考に…専用コースター使用
(オプションでお得になります)


その場合は両面テープ。
(なければセロハンテープを輪っかにして)
炭の裏側に貼り付けて、コースターや小皿に固定すると安心です。

特に玄関や窓際などは風が入ることで転倒や落下する恐れがあります。
黒炭は天然素材ゆえ落下には弱いです。

最悪破損してしまう可能性もあります。

上述の方法をお試し下さい。
安定します。


専用コースターはコルク製です。
炭の置物は転倒しやすいために滑り止めの効果もあります。

セロハンテープなどを陶器に貼るのに抵抗がある方も、
コースターならOKです。

もし手持ちで使えるコースターがあれば、そちらで代用して下さい。



コースターの詳細はこちらから⇩
https://minne.com/items/12779515




こんな方におすすめです


黒炭由来の除湿消臭効果を持ち、
個性のあるインテリアになる作品です。

・個性派の作品が好きな方
・炭を玄関などに置きたい方
・天然素材に魅力を感じる方

etc…


そんな方におすすめの一品です。


黒炭の置物は一期一会。
同じ形の炭は存在しないのです。


詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。



どうかご縁がございますように…



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ