話題の「ブロッコリー」で作るあと一品



こんにちは(ㅅ´ ˘ `)♡
四つ葉のくまさんことよつくまです🥦
本日もよろしくお願いいたします。


毎日の献立を決めるのは大変です。


メインのお料理はなんとか決まりました。
でも、後一品が足りない…そんな時があります。

そんな時に役に立ちそうな、
ちょっとしたレシピのご紹介をしたいと思います。


本日の「小鉢」は、

「ブロッコリーと海苔の和え物」です。


ブロッコリーと韓国のりの和え物

画像はいつかの「ブロッコリーと海苔の和え物」です
(茹でて和えるだけの簡単レシピ)



「緑黄色野菜」に「小魚」と「海藻」をプラス


「ブロッコリー」と「海藻」を使います。

更に「小魚」で栄養素をプラスします。


今回は、

・ブロッコリー
・韓国のり
・ちりめんじゃこ

を使いました。


アレンジも簡単な便利レシピです。


burokkori-

画像はイメージ フリー画像です
(今後ますます期待される「ブロッコリー」)



「緑黄色野菜」である「ブロッコリー」の栄養素は言わずもがなです。

不足しがちな、

・海藻類
・小魚

を用いてミネラルを追加します。


mineraru

画像はイメージ フリー画像です
(不足しがちな栄養素を補います)




【こんな時に】


・和洋問わずもう一品に便利
・ブロッコリーを茹でるだけ
・サッと和える簡単調理


yuderu

画像はイメージ フリー画像です
(特別な調理は一切ありません)



「茹で」て「和える」だけ


【作り方】


・「ブロッコリー」を小房に分ける
・お湯を沸かし塩茹でをする


oyu

画像はイメージ フリー画像です
(芯の部分も使いましょう)


・ブロッコリーを水切りする(しっかりと)

・「韓国のり」「ちりめんじゃこ」と和える


kannkokunori

画像はイメージ フリー画像です
(「韓国のり」の味をそのまま使う)



韓国のりは手で揉み込むようにちぎるといいでしょう。
事前にビニール袋で揉んでおくと手も汚れません。


jako

画像はイメージ フリー画像です
(「ちりめんじゃこ」は「しらす干し」でも)



・味見をして味が足りなければ醤油などで調整する



たったこれだけで完成です。


「韓国のり」には塩味やごま油の風味が付いています。
「ちりめんじゃこ」にも塩味が付いています。

十分味が付きますが、
場合により醤油などで調整して完成させます。


「韓国のり」は最初からフレーク状のタイプでもOKです。


kankokunori


画像はイメージ フリー画像です
(フレーク状の「韓国のり」イメージ)



味がぼやけないようにするには


【調理のコツ】


和え物全般にある失敗なのですが、

「味がぼやける」

のは水切りが不十分なことが原因の一つです。


burokkori

画像はイメージ フリー画像です
(急ぐ時はキッチンペーパーなどを使います)



・「ブロッコリー」は茹ですぎないように
・しっかり水を切ってから和える



「ブロッコリー」は「芯」を先に茹で、
「花蕾」(普段食べている所)は30秒も茹でれば充分です。

サッと水にさらして熱をとります。
そのまましっかり水切りをして、食事の直前に和えます。


水切りが甘いと味がぼやけて風味が損なわれます。


sirodasi

画像はイメージ フリー画像です
(「白だし」だと上品な味わいに)



味が少し足りない場合は、

・お醤油
・めんつゆ
・白だし
・塩コショウ

などで調整をして下さい。



アレンジ次第で主食にも


【アレンジレシピの例】


・「サラダチキン」を加えて栄養満点
・「海苔の佃煮」も美味しい
・しゃぶしゃぶ肉を加えてメインディッシュに


saradatikin

画像はイメージ フリー画像です
(「サラダチキン」を加えたらお腹もいっぱいに)



「サラダチキン」
「しゃぶしゃぶ肉」


などを加えるとメインディッシュになります。

または主食の代わりに食べられます。


「韓国のり」のかわりに、
「味付け海苔」や「海苔の佃煮」なども美味しいです。


kaisou

画像はイメージ フリー画像です
(「海藻」たっぷりにしても美味しい)



海藻を増やすなら、

・わかめ
・海藻サラダ

などが良いでしょう。


「ごま油」や「オリーブオイル」を入れても美味しく頂けます。


ori-buoiru

画像はイメージ フリー画像です
(出来れば「よい油」をプラスします)



いつもの「ブロッコリー」に飽きたら


「ブロッコリー」はマヨネーズ一択でしょうか?


「茹で野菜」⇒「和え物」に変化します。


和食がベースですが、洋食でも合うのでおすすめの一品です。


burokkori-1


画像はイメージ フリー画像です
(定番の食べ方です)



調理も簡単で、
味付けの失敗も少ないお料理です。

ただし和え物全般に言えますが、和えて置くのはやめましょう。
野菜から水分が出て味がぼやけます。


「海苔」 ⇒ まごわやさしいの…「わ」
「じゃこ」⇒ まごわやさしいの…「さ」


ブロッコリーと韓国のりの和え物

画像は「韓国のりとじゃこ」を使用
(サラダの代わりにもなります)



栄養バランスの不足分を補い、
健康的な食生活に近づけてくれるのです。


簡単に作れる「小鉢」で、
毎日のメニュー作りのお手伝いです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です