収穫祭 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:収穫祭



お月見の季節…「片見月」とは何か?



こんにちは(*´ -`)(´- `*)
四つ葉のくまさんことよつくまです🌕
本日もよろしくお願いいたします。


秋が近づくと風物誌として、
「お月見」を楽しむ方も多いと思います。


主に十五夜の名月を楽しむものですが、

「片見月は縁起が悪い」

という言葉を聞いたことがないでしょうか?


本日はそんな「お月見」についてのお話です。


otukimi

画像はイメージ フリー画像です
(「お月見」のイメージ)



「お月見」とは何か?


「お月見」は、

いわゆる「収穫祭」の一種とされています。


お供えする「すすき」は稲穂に見立てており、
収穫を迎えるお米に対する感謝を捧げているものという説が一般的です。


otukimi1

画像はイメージ フリー画像です
(「すすき」は稲穂に見立てたとされる)



同時に「すすき」には魔除けの意味合いもあります。

「災いから守り翌年も収穫がありますように」

との願いを込めています。


「すすき」は茎の中が空洞であり、
そこに神様が宿る「依代」と思われていたのです。


kagamimoti


画像はイメージ フリー画像です
(「年神様」の「依代」である鏡餅)


お正月の鏡餅も神様が宿る「依代」の一つです。


また「すすき」の切断面は非常に鋭利なため、

「魔を寄せ付けない」

と考えられていました。


丁度稲穂が実る旧暦の頃の十五夜(旧暦の8月15日)に、

「すすき」や「団子」を供えてお月様を見る。

これがいわゆる「中秋の名月のお月見」の慣習です。



※2023年では9月29日が十五夜になります



「片見月」は縁起が悪い?


十五夜にお月見をしたのなら、
十三夜にもお月見をしないと「片見月」で縁起が悪い…

この言葉を聞いたことがないでしょうか?
(「かたみづき」と読みます)


juusanya

画像はイメージ フリー画像です
(十五夜よりも十三夜は美しく見られる事が多い)



昔から伝わっているこの言葉。

「お月見」の時期としては、
実は十三夜の方が美しい月が見られる事が多いです。

「中秋の名月」とも言われる十五夜は、
日本では台風シーズンでもあり、雨も多いのです。


しかし何故両方の「お月見」をしないと、
「縁起が悪い」とされてきたのでしょうか?


※2023年では10月27日が十三夜になります



江戸の「キャッチコピー」が元ネタか?


諸説ある中で可能性が高いものを選んでお話します。


「中秋の名月」である十五夜に月を眺めるという文化は、
江戸よりもかなり古くからあったようです。


otukimiedo

画像はイメージ フリー画像です
(江戸のお月見の様子と見られるイメージ)



江戸の頃には十五夜はいわゆる「かきいれ時」でありました。

主に夜の商売、飲食やお酒など、
景気よくお金を使うことで厄を払うといった意味合いでした。


当然ながら商売ですので、
こういった「かきいれ時」は多いほうが良いわけです。

そこで目をつけたのが十三夜でした。


yomise

画像はイメージ フリー画像です
(夜店のイメージ)



「十五夜にたくさんお金を使ったら十三夜にも遊ばないと縁起が悪いよ」


このキャッチコピーが大当たりして現在に至る。


といったものです。



江戸の人々はとにかく「験担ぎ」には弱かったのです。

あながち間違いではないのでしょう。



「十三夜に曇り無し」


上述もしておりますが、他にも理由があります。

「十三夜に曇り無し」

と言われるほど、十三夜は晴天率が高く、
空気も澄んでくる季節のため美しい月が見られたのです。


juusanya1

画像はイメージ フリー画像です
(十三夜の美しい月)



その両方を「お月見」としておけば、
どちらかではお月様をしっかり見ることが出来ます。


そういった天候上の理由もあるのでしょう。



「芋名月」に「栗名月」


十五夜と十三夜では、
お供えするものが少し違います。


元々は「五穀豊穣」「子孫繁栄」を願った収穫祭です。


komedawara

画像はイメージ フリー画像です
(「五穀豊穣」のイメージ)



十五夜 ⇒ 芋名月
十三夜 ⇒ 栗名月


とされています。


「芋名月」 ⇒ 里芋、さつまいもなど
「栗名月」 ⇒ 栗

をお供えするのです。

これらの収穫期と合わせて収穫祭を行ったとする説もあります。


gokokuhoujou

画像はイメージ フリー画像です
(七福神の一人「恵比寿様」)



収穫祭としての意味合いは薄まったが…


現在では「収穫祭」としての意味合いは薄まった「お月見」

しかし「月を愛でる日」として文化は残っています。


食文化としても大切な日です。


十五夜には「芋」の入ったおかずを。
十三夜には「栗ごはん」などを準備して、
空を見上げるのも良いでしょう。


お月見団子

画像はいつかのお月見団子
(かわいいうさぎの形をしています)


今年の作物に感謝をして頂く気持ちを忘れないようにしましょう。

それだけでも「お月見」の存在意義が保たれる。

そう思うのです。


後世まで残り続けてほしい大切な「秋の風物誌」です。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



今日は「祝日」? それとも「祭日」?


こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです🌾
本日もよろしくお願いいたします。


・今月は「祝日」があって連休だ
・今日は「祭日」なのに出勤…
・来月の「祝日」はいつだっけ?


何気の無いこの会話ですが、

「祝日」と「祭日」が混ざっています。

両者に違いはあるのでしょうか?

shukuzitu1

画像はイメージ フリー画像です
(晴れたらなお嬉しいものです)



実は日本には「祝日」しかない!


〇〇の日
〇〇記念日
〇〇の節句

etc…

日本には色々な「祝日」があります。

shukuzitu

画像はイメージ フリー画像です
(最近では月曜日に移動することも…)


この中で「祭日」と呼ぶ日は…実はありません。


どの日は「祝日」
どの日は「祭日」

という話ではなく、

「日本には祝日しか存在しない」

が正解です。

odorokuneko

画像はイメージ フリー画像です
(動物も驚きます)


お祭りをする日だから「祭日」
祝い事をする日だから「祝日」

という事ではありません。



「祭日」の本来の意味


先に「祭日」という日について説明をしなければなりません。


本来は「祭日」というのは宮中行事を行う日でした。

特にその中でも大事なのが、
11月23日の「新嘗祭」…つまり今の「勤労感謝の日」です。

shukuzitu2

画像はイメージ フリー画像です
(農耕民族である日本にとって何よりも大事)


いわゆる収穫祭の一つです。

この年の恵みに感謝をささげる行事が行われ、
宮中行事の中でも大切な祈りをささげる日です。

つまり祭事」が行われる日だったわけです。

saizi

画像はイメージ フリー画像です
(日本には様々な祭事が存在します)


「新嘗祭」は戦前から「祭日」と定められた日でした。

戦後の法改正が行われ「祝日」の「勤労感謝の日」として残ったのです。


同じように「祭日」を起源とする「祝日」が存在します。

・元旦
・春分の日
・秋分の日

などがそれに当たります。


現在は「国民の祝日に関する法律」にて、
後から加えられた

・山の日
・体育の日

などの「祝日」があります。



「祭日」は名残りで使われている


もともと農耕民族であった日本人にとって、
稲など実りの収穫は特別なものであったと推察出来ます。

それほど「新嘗祭」は大事な祭事です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(新嘗祭では野菜で船を作ります)


今でも今年収穫した野菜で船のように飾りつけをして、
今年の実りに感謝をあらわします。

そういった日本人の文化の名残りから「祭日」という言葉は残っています。


勤 労 ⇒ 農耕

であった時代の名残。

noukouminzoku

画像はイメージ フリー画像です
(農耕民族のイメージ)



新嘗祭 ⇒ 勤労感謝の日



として今日に至った経緯は大変意味のあることであるのです。


日頃何気なく使っている言葉の中にも、
深掘りすれば意味があることを考えさせられる…そんなエピソードです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



本日はハロウィン


こんにちは(≡ω≡.)
四つ葉のくまさんことよつくまです🎃
本日もよろしくお願いいたします。


本日はハロウィンです。
ただ例年とは違うハロウィンになりますね。
やはり「夜の街」に繰り出すにはリスクが伴います👻


今日は今年のハロウィン、そしてこれからのハロウィンについて雑談です。

BlogPaint

画像はイメージ 本文とは関係ありません📷



変わる楽しみ方


新型コロナウィルスの発生により生活様式は一変しました。
ハロウィンといえば毎年「夜の街」が常に話題になっていましたね。

仮装した若者や外国人がどんちゃん騒ぎをするイメージが定着したのもここ数年でしょうか?

今年は事前に調べたところやはり一番多かったのが…

「ホームパーティハロウィン」

のようです


不特定多数が繰り出す街に行くよりは、リスクの低い家で小規模で楽しむスタイルが主流とか…


近年はやや盛り上がりすぎていた感はありますので、これはこれでよかったのではないでしょうか?



本来のハロウィンは?


もともとは秋の収穫を祝い
先祖の霊をお迎えするとともに
悪霊を追い払う

という日本のお盆と収穫祭を合わせたようなお祭りです。

決して仮装して無礼講
という日ではありません。

仮装には、先祖の霊とともにやってきた悪霊たちを…
恐ろしい怪物の格好をして驚かせて追い払うというきちんとした意味があります。



トリックオアトリート!


小さな子どもたちが仮装をして
「トリックオアトリート」と言いながら家々をめぐるハロウィンの夜🌌

「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」

という意味ですが。

これには「ハッピーハロウィン!」と回答してお菓子を渡すのが正解🍬🍫

お菓子にも悪霊を払う力があるそうな…
若干無理がありますけどね💦

まぁ飲んだくれて暴れるよりは微笑ましいものがあります

今年は世界中で生活様式が変わっているため、家々をめぐること自体が難しいです。
また違った形のハロウィンが産まれるかもしれません。



それぞれのハロウィンを楽しんで


今年はオンライン飲み会などが流行り。
ハロウィンのイベント自体が自粛される所もあるでしょう。

オンラインでハロウィンパーティーを開くもよし🍸
小規模のホームハロウィンを楽しむもよし

一人(または二人?)でハロウィンスイーツだけを楽しむのも贅沢でしょう。

毎年この時期にはかぼちゃ系のスイーツの新作が発売されます。
チェーン店のドーナツショップなどでは、ホームパーティ用のテイクアウトに力を入れるでしょう。

仮装に抵抗があり、人前に出るのは…
という方には小規模パーティやオンラインパーティはチャンスとも言えます


前にも書きましたが、いささか過熱気味であったハロウィン。
大勢から小規模、個別へと。
楽しむ姿勢も変わってきている気がします。

若者たちはそうした楽しみを見つけるのも早いですから。

第二、第三のハロウィンが登場するのも近いのかもしれませんね


そういえば「VR渋谷散策」ってどうなったんだろう?
あれ使えばどんな格好にもなれるし、ハロウィンもできそうだけど




よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




こちらもお勧め(いつかのハロウィン)






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です










  

このページのトップヘ