素敵なドライフラワーで部屋を飾る


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


アーティフィシャルフラワーは造花の一種です。
それに対してドライフラワーは生花を乾燥させたものです。

両者には大きく違いがあります。

doraihurawa1

画像はイメージ フリー画像です
(ドライフラワーも魅力的です)



ドライフラワーにしかできない世界がある


【ドライフラワーとは?】

生花を乾燥させて風合いを楽しむインテリア雑貨の一種。
色は落ち着き、香りも独特の物がある。
花は乾燥し固くなる。

数ヶ月から半年は楽しむことが出来る。

doraihurawa3

画像はイメージ フリー画像です
(枯れた風合いを楽しみます)


アーティフィシャルフラワーなどと違い、生花をベースにしています。

その枯れた風合いは、
ドライフラワーにしか無い魅力でもあります。

近年では、

「ニュアンスカラー」

という表現をすることもあります。



プリザーブドフラワーとの違い


同じ生花を元とするものに、

「プリザーブドフラワー」

があります。

purizabudohurawa

画像はイメージ フリー画像です
(美しさを保ちます)


【プリザーブドフラワーとは?】

生花から水分を抜き、グリセリンが含まれている特殊な液体に浸して作る。
作成に手間が掛かり特殊な材料も必要。

ドライフラワーと比べて生花に近い手触りや色を保つ。
数年ほどその美しい姿を楽しめる。


ドライフラワーは特別な材料は必要ありません。
麻紐などで花を括り、風通しの良い場所に掛けておくことで家庭でも作成できます。

プリザーブドフラワー(保存された花の意)は特殊な処理が必要です。
その分大変高価です。



ドライフラワーの魅力


西洋では庭木の剪定したものを束ねて、
玄関に飾る「スワッグ」という楽しみ方があります。

生花からドライ状態になる過程までを楽しむ文化です。

suwaggu

画像はイメージ フリー画像です
(最近はおなじみのスワッグ)


ではドライフラワーの魅力とは何でしょうか?


・簡単に作ることが出来る
・長く楽しめる
・お手入れの必要がない
・アンティークな雰囲気になる
・いろいろな飾り方ができる


生花を束ねて乾燥させるだけです。
比較的簡単に作成ができる上、3ヶ月程度は保ちます。

また水換えの手間が不要なために、放置でOKです。

生花ではできないような飾り方も可能です。

・額縁などに飾る
・束ねても一輪でも
・ボトルの中に入れて
・天井や壁面にも飾れる

etc…


自分なりの空間作りに役立ちます。


アーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンにも同じことが言えますが…
こちらは元が生花です。

造花に抵抗がある方は便利に飾れると思います。


独特の風合いをもつドライフラワーならではの飾り方で、
アンティーク感を出すことも可能です。

doraihurawa5

画像はイメージ フリー画像です
(工夫次第で素敵なインテリアに…)


ニュアンスカラーはどのような部屋でも馴染みがよく、
特にナチュラル系やウッド系との相性は抜群です。

以外にも近代建築物との相性もよく、
不思議なアンマッチが楽しめます。



ドライフラワーに向く花たち


そんなドライフラワーですが、
もちろん向き不向きがあります。

ここではドライフラワー向きのお花をご紹介します。
初心者の方でも楽しめると思います。


①バラ

doraihurawabara

画像はイメージ フリー画像です


バラはドライフラワーにしやすく、
カラーバリエーションが豊富です。

通年流通しておりお好きな花色を選べるのが嬉しい所。

一段回深い色味のドライフラワーになります。



②ラベンダー

doraihurawarabennda

画像はイメージ フリー画像です


時期は限られるものの、
ドライフラワーにしても色味がきれいな事。
更にはよい芳香が残る事からおすすめです。

花の形がスワッグにピッタリで束ねるだけで様になります。



③ユーカリ

doraihurawayukari

画像はイメージ フリー画像です


ユーカリはもっとも優秀な脇役とでもいいましょうか。
スワッグなどにボリュームを与えたり、
お花を引き立てる役割をはたします。

色味が綺麗なままでドライになるために、
全体の印象が明るく仕上がります。

もちろんフェイクグリーンのかわりに単体でも使用でき便利です。


他にも、

・かすみ草
・スターチス

などは優秀です。

上記を組み合わせるだけで十分に美しいドライブーケができます。



生花の良さとフェイクの利便性の中間


ドライフラワーには

・生花の本来の美しさ
・フェイクの利便性

プラス独特の風合いと芳香などの魅力がたっぷりです。


アーティフィシャルフラワーなどに比べれば保存方法などに難しさはあります。

ですが、枯れ色と言われる風合いは独特のものです。


インテリアの一つとして取り入れてみるのはいかがでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です