普段かき氷で頭が「キーン」となるのに…


こんにちはΣ(=゚ω゚=;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


かき氷を食べた時に、
普段「キーン」となることが多いのに大丈夫な場合があります。


実はかき氷にも種類があり、
それが「キーン」に影響しているのです。

本日はそんなかき氷のお話。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(家庭で作る懐かしいレトロなかき氷)



かき氷にも種類がある


かき氷など冷たいものを食べた時に起こる、

「アイスクリーム頭痛」

は脳の錯覚で「冷たさ」⇒「痛み」と捉えて発生します。

atamakin

画像はイメージ フリー画像です
(不快な頭キーンの状態)


「アイスクリーム頭痛」は、

ゆっくりと味わうことである程度予防することも可能です。


しかしながら、
どうしても「頭キーン」が起こりやすいかき氷。

同じように味わっているのに「頭キーン」になりにくい物があるのです。


この理由を知るには、
まず氷の種類について知らなければなりません。



冷凍庫の氷と天然氷の違い


氷には大きく分けて2つの種類があります。

・家庭や業務用で水道水から作られる氷
・天然氷

両者には大きな違いがあります。

seihyou

画像はイメージ フリー画像です
(一般家庭や飲食店でも)



【冷凍庫や製氷機で作った氷】

・手軽に出来る
・短時間で氷になる
・急に氷になるため水の中にある不純物(無害)も一緒に凍る
・コストが安い


【天然氷】

・すぐには作れない
・長時間かけてゆっくり氷になる
・時間をかけて氷になる過程で不純物が押し出され純粋な氷になる
・コストが高い

tennnenngoori1

画像はイメージ フリー画像です
(天然氷はその透明性も特徴です)


日本の水道水は安全性が高く評価されています。
しかし無害とはいえ塩素などの残留物は含まれます。
急速に凍らせるので気泡などを含み中央が白くなります。

その為、天然氷にくらべると溶けやすい性質を持っています。


また氷の硬度そのものも大きく変わります。
天然氷はその硬度もかなりのものです。

この溶けにくさと硬度が「頭キーン」に大きく影響してきます。


その他機械的に作った天然氷に近い氷もありますが、
今回は割愛させていただきます。



頭が「キーン」となりにくいかき氷はどっち?


では「頭キーン」となりにくいかき氷はどちらなのでしょう?

これは想像通り天然氷に軍配が上がります。

tennnengoorinokakigoori

画像はイメージ フリー画像です
(人気店は数時間待ちの行列も…)


ではなぜ天然氷の方が、

「アイスクリーム頭痛」を起こしにくいのでしょう?


秘密は氷の温度にあります。

天然氷のかき氷は削る際に少し温めておき、
マイナス5℃くらいの温度で削ります。

家庭の氷はマイナス10℃前後で溶けてしまうので不可能です。
冷凍庫の氷を削って食べるとマイナス15℃前後となります。

この差は喉への刺激として大きな差になります。

tikakukabin

画像はイメージ フリー画像です
(冷たさは刺激にもなる)


天然氷はマイナス5℃前後で削る上に、
舌でふわっと溶けます。


つまり喉や口内に刺激が少ないわけです。

 刺激が少ない
  ⇩
 脳へ伝わりにくい
  ⇩
 頭が「キーン」としない


という事になります。


冷凍庫の氷は氷でいられる温度が低いので、
天然氷のようにはいきません。

大きな差は「温度の違い」なわけです。



流行のデザートかき氷…氷が硬いからふわふわになる


天然氷で作ったかき氷はとてもふわふわしています。

そのふわふわ感を生み出しているのは薄さです。

kakigooriki

画像はイメージ フリー画像です
(昔ながらのかき氷機が人気)


各店舗ともに天然氷の仕入先。
氷を削る器械の改良などに力を入れています。

薄く氷を削るために必要なものはなんでしょうか?


実は氷の硬さが大きく関係しています。

天然氷は溶けにくく、
マイナス5℃でもしっかりと氷の状態です。

硬さもしっかりしているので刃物でスライスが可能です。
硬さが無いと薄くする前に崩れてしまいます。


一番わかり易い例は鰹節です。

katuobusi

画像はイメージ フリー画像です
(向こうが見えるほど薄い削り節)


食品中最高硬度を誇るこの食材は、
非常に薄く削ることが可能です。


薄く削れるということは…
口に入れるとふわっと溶けるのです。

ふわっと溶ける ⇒ 刺激が少ない

つまりこの薄さ氷の硬さも理由の一つということです。



本物の「氷」は自然が育んでいる


天然氷はゆっくり時間をかけて…
不純物を追い出しながら凍る自然の贈り物です。

そして不純物がないので溶けにくく、少し温めても削ることが出来るのです。

tennnenngoori

画像はイメージ フリー画像です
(天然氷は自然からの贈り物)



「家庭でその天然氷を作れればいいのでは?」


今の技術力を持ってしても、家庭で実現するのは容易ではないとの事です。

昔の日本では「氷問屋」といって、
氷を商いにする店舗がありました。

今は家庭用の冷凍庫の普及で姿を消しています。

kooriya

画像はイメージ フリー画像です
(氷問屋の一例)


頭が「キーン」とならないかき氷。

美味しく頂けるのは自然の恵みであるということをお忘れなく。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です