熱いお風呂で疲労が倍増?


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです🛀
本日もよろしくお願いいたします。


夏の疲れ…出ていませんか?
汗をかく夏はそれだけ身体が頑張っている。

その分疲労は蓄積していきます。


夏の疲れあれこれ…

「お風呂で疲労倍増」をお届けします。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です



熱いお風呂が好きな方は要注意!


今日も暑くて汗をかきました。

さて熱いお湯に使って疲労回復しましょう。

さっぱりして気分も良くなります。
疲れも取れた気がします。

ビール飲んでしまった…眠ってしまうかもしれません。

夏場では当たり前の光景ですが、
入浴により余計に疲れてしまうことがないでしょうか?

ぐったりしてしまって動けなくなったりする理由は…

入浴により疲労が倍増した可能性があるのです。



熱いお風呂に入って疲労が回復した気がする理由


お風呂に入る
特に熱いお風呂が好き

こういう方は

「熱い風呂でないと入浴した気がしない」

という方が多いです。

それはなぜか?


◆熱いお風呂の仕組み

熱いお湯に入る
  ⇩
βエンドルフィンが出る
  ⇩
βエンドルフィンによりハイになる
  ⇩
疲労が取れた(気になる)
 

※βエンドルフィン
一種の脳内麻薬
きつい状況を打破するために脳が分泌する
近いものにランナーズハイがある


熱い風呂自体が身体にとって負担となって、
その状況を打破するために脳内麻薬を分泌。
それにより気持ちが良い(疲れが取れた)と錯覚する。

熱くないと入浴した気がしない方は、病みつきになっているのかもしれません。



温泉入浴後眠くなる理由


疲労度合いを測定する検査

「疲労因子」

を測定する実験を行ったところ

熱い風呂に入浴前よりも増えていたという結果が出ています。

onnsen

画像はイメージ フリー画像です


温泉も入っているときは気持ちのいいものです。

食事前に温泉に入浴。
ふと部屋に戻って眠気に襲われ…眠ってしまうことありませんか?

・日頃の睡眠不足
・ストレスからの開放

なども要因ですが…温泉入浴によって疲労してしまったと考えられるのです。

科学が進歩した昨今…
今まで理由がわからなかったことも少しずつ解明されてきました。



効率的な入浴方法


一般には入浴をしたほうが、シャワーだけで済ませるよりも疲労回復効果があります。
ではどのように入浴すると効果的なのでしょうか?

・半身浴をする
・湯温を38~39℃(ぬるめにする)
・入浴時間を10分程度にする
・アロマテラピーを併用する

などが良いとされています。

全身浴は身体の緊張を取り、効果は高いのですが同時に負担も強めです。
例えば最初の5分を全身浴
残り5分を半身浴
などと工夫すると効果的。

温めのお湯はリラックス効果が高いです。
更に好きな香りを併用することでよりリラックスすることが出来ます。


冷房などで冷えた手足を温めて
体内の疲労物質を流れやすくすることが入浴の目的の一つです。



入浴後の熱中症に注意


前述の入浴後ビールなどを飲み…眠ってしまう。

これは実は危険な行動です。

アルコールと水分補給は別物です。
アルコールの分解に水分が必要なため、
かえってアルコールで水分が足りなくなりやすいのです。

suibun

画像はイメージ フリー画像


適切な水分補給が必要です。

アルコールで眠ってしまい熱中症になって起き上がれなかった…
という事例は実際にあるそうです。

・ミネラルウォーター
・スポーツドリンク

などが無難でしょう。


入浴でぐったりする事が多い方は

・湯温の見直し
・入浴時間の見直し
・適切な水分補給

などを見直すと良いかもしれません。



疲労が溜まりやすい昨今…
上手に付き合っていく必要がありそうです。

本当に疲労した場合は休息をとることが何よりも大切。
無理はしないように…。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です