免疫力アップ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:免疫力アップ



「美容」にも効くお酒のたしなみ方を



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです🍷
本日もよろしくお願いいたします。


毎日の最後にお酒を頂く方も多いでしょう。


女性の飲酒量は増加傾向にあり、
必ずしも「身体に優しい」とは限りません。


飲み方によっては「睡眠の質を低下」させることもあります。


本日は身体への「負担」が少なく、
「美容」にも効果が期待できる…

「温かいお酒」に関するお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(温かいお酒はゆっくりと味わえる)



女性の「飲酒量」の増加と問題点


「コロナ禍」であった頃、
家庭での飲酒量は増加傾向でした。


近年では女性の「飲酒」もほぼ一般的であり、
男性とそれほど差が無いとされます。


ienomi1

画像はイメージ フリー画像です
(家飲みでは飲酒量が増えることも…)



しかしながら問題点もあります。

・ストロング系チューハイによる中毒
・家飲みによる飲酒量増加
・ストレスによる飲酒量増加
・女性特有の病気との関係


onakawoatatameru

画像はイメージ フリー画像です
(飲酒と女性の身体は無関係ではない)



必ずしも良いことばかりとは限りません。


少し気温が下がってくると、
日本酒やワインなどの消費が増える傾向があります。

これらはビールなどと比べてアルコール度数も高めです。


ienomi

画像はイメージ フリー画像です
(白ワインや日本酒は結構危険)



「口当たりのよいお酒程気をつけて」


とよく言われます。


二日酔いを起こす原因となりやすいのは、
こういったアルコール度数が高く飲みやすいお酒です。


アルコールでよく眠れる、寝酒と言われる飲み方。

寝付きは良くなるという方が多いですが、
実は眠りが浅くなることがわかっています。

つまり「睡眠の質が低下する」のです。


nerujosei

画像はイメージ フリー画像です
(お酒を飲むと呼吸が浅くなってしまいます)



女性の肝臓はアルコールに弱い


「急性アルコール中毒」の危険性も女性のほうが高いです。


「厚生労働省 e-ヘルスネット」によれば、

・男性に比べるとアルコールの代謝能力が3/4
・男性の半分のアルコール量で肝臓にダメージが有る
・男性の2/3の飲酒量で肝硬変に至るケースがあり得る

のだそうです。


meitei

画像はイメージ フリー画像です
(ここまで飲んではいけません)



更には、

飲酒により「乳がん」のリスクも上がります。

アルコールの大量摂取により、
女性ホルモン(エストロゲン)を介してリスクを高める報告がなされています。


joseihorumon

画像はイメージ フリー画像です
(「女性ホルモン」は全てに影響する)



女性の飲酒量は、男性の2/3程度に抑えるのが安全です。



詳しく知りたい方はこちら

(「厚生労働省 e-ヘルスネット」へ)


※アルコールの分解能力は個人差があります



寒い国の知恵を借りる「温かいお酒」


それでもお酒が好きな方はどうすれば良いでしょう?


寒くなってきた時期には「寒い国の知恵」を借りましょう。


身体にも負担が少ない「温かいお酒」です。

北欧やヨーロッパなどでは定番ですが、日本ではあまり馴染みがありません。


hotwain1

画像はイメージ フリー画像です
(北欧やヨーロッパでは欠かせない)




【ホットワインがおすすめ】


身体の冷えるお酒が多い中、
「ホットワイン」はヨーロッパなどで親しまれています。

寒い国のクリスマスには欠かせない風物詩の一つです。


hotwain

画像はイメージ フリー画像です
(クリスマスマーケットには欠かせない)



ワインを温めて果実やスパイスなどを加えた飲み物です。

・冷え対策
・風邪予防
・美肌、アンチエイジング
・動脈硬化を防ぐ

と身体に優しいアルコールです。


※下記「グリューワイン」のリンクから作り方のページへ入れます。







どうせなら身体にいいものを少しだけ取り入れてみませんか?



大切な「免疫機能」をアップする


一般的なアルコールを摂取すると、
身体は温まった気がしますが…手足の末端は逆に冷えたりします。

なかなか末端までは温まらないのです。


「ホットワイン」は一気に飲むものではありません。

・ゆっくり飲める
・身体をじっくり温める

穏やかなほど身体に優しいのです。


atatakaimoo

画像はイメージ フリー画像です
(温かいものはゆっくりと味わえる)



また、ワインを温めている時にアルコールが適度に蒸発します。
アルコール度数が下がるのも利点です。


肝臓など臓器の負担が軽減されます。




josei5

画像はイメージ フリー画像です
(「冷えは万病の元」と言われます)



【身体が温まると何が良いのか?】


免疫細胞が活性化して風邪などを引きにくくなります。
内蔵を温めることで代謝を促進します。

ワインには抗酸化物質であるポリフェノールがたくさん含まれています。
アンチエイジングや動脈硬化予防にも効くすぐれものです。



効果が高まるトッピング


「ホットワイン」はトッピングを変えることで、
味覚や効能がアップします。



supaisu6

画像はイメージ フリー画像です
(スパイスを上手に用いてお好みの味に)



はちみつ ⇒ 喉のうるおいや殺菌
果実類  ⇒ ビタミン類の補充
スパイス類⇒ シナモンやクローブなどは殺菌や身体を温める効果を倍増


甘い香りに包まれリラックス効果も期待できます。



kagu


画像はイメージ フリー画像です
(アロマのような効果があります)



温かいお酒は冷たいお酒に比べて、
一気に飲んでしまうことが無いため、飲み過ぎの防止にもなります。


肌寒い時期に試してみるのも良いかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「かさ」と同程度の栄養素を含み香り高い「軸」



こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


昨今では、

「フードロス削減」

が提唱されています。


少し意味は変わりますが、
意外と捨ててしまう部分に栄養素がたっぷり含まれています。

余すことなく頂きましょう。


本日は「しいたけの軸」についてのお話です。



siitake3

画像はイメージ フリー画像です
(しいたけは「かさ」と「軸」で構成される)



「軸」は「かさ」と比べても遜色ない栄養素


通常しいたけは「かさ」を食べます。

いわゆるきのこの本体が「かさ」です。

市販の「生しいたけ」は「軸」付きで販売されています。


siitakepac

画像はイメージ フリー画像です
(スーパーにおけるしいたけのイメージ)



【軸のイメージ】


・固い
・土が付いているようだから捨てる
・そもそも食べられないもの?


という方もいらっしゃると思います。

しかし「軸」の部分にも「かさ」と遜色のない栄養素が詰まっています。


siitake5

画像はイメージ フリー画像です
(原木から栽培されるしいたけ)



しいたけの「軸」は栄養素もさることながら、
味わい深く香りも高い。

捨てるのはもったいない食材です。


「石づき」と呼ばれる一番先端だけを落とせば後は食べられます。

「軸」の独特の風味が好きという方もおり、
「軸」だけが袋詰されて販売されています。

冷凍保存も出来て食材として価値があります。


siitakeziku

画像はイメージ フリー画像です
(しいたけの「軸」のみを乾燥させたもの)



「かさ」と同等の栄養素…プラスアルファの香り成分


しいたけの「軸」には「かさ」と同等の栄養素が含まれています。

正しく調理することにより、
問題なく頂けます。

是非しいたけをを余すことなく頂きましょう。


siitake8

画像はイメージ フリー画像です
(「軸」まで含めてしいたけです)



【しいたけの軸の主な栄養素】


・ビタミンD
・カリウム
・食物繊維
・レンチナン(香り成分)

etc…


「かさ」と比べても見劣りしない栄養素です。

ビタミンDはカルシウムの吸収に役立ちます。
骨の形成促進など期待できます。


menekiup

画像はイメージ フリー画像です
(大切な身体を守る免疫力)



食物繊維も豊富に含まれます。
血糖値の急激な上昇などを抑えます。

香り成分のレンチナン。
これはしいたけの芳しい香りの成分です。

この香り成分に免疫力UPの効能があるとされています。



しいたけの下ごしらえ


しいたけは主に3つの部位に分けられます。
正しく切り分けて用いましょう。


siitake4

画像はイメージ フリー画像です
(3つの部位からなるしいたけ)


左から、

・かさ
・軸
・石づき

です。


この内食べられないのは「石づき」の部分だけ。
「軸」の先端の本当に固い部分だけです。

基本的にきのこは洗ってはいけません


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(水洗いをすると傷むもとになります)



「かさ」の部分の汚れはキッチンペーパーや刷毛などで払います。

「軸」の部分は縦に繊維が入っています。
手で割くと簡単に細く割くことが出来ます。


その状態で色々なお料理に活用できます。



おすすめの調理方法


【スープやお味噌汁】


最もオーソドックスなのが、
「かさ」と一緒に「軸」も入れて頂きましょう。

火を通すことで普通に頂くことが出来ます。
汁物にすると「かさ」よりも濃厚なダシが出て美味しく頂けます。


siitakemarukome

画像は「マルコメ」様のものです
(しいたけだしのお味噌汁)



「マルコメ」様の詳しいレシピはこちら




【バター炒めやきんぴら】


・しいたけの軸を割く
・フライパンに油やバターを引き炒める
・お醤油や砂糖などで適宜味付けをする


siitake6

画像はイメージ フリー画像です
(軸を割いて炒めます)



もちろん、他の具材を合わせてもOK。
例えば大根の皮などと節約レシピにしてもよいでしょう。



【餃子やハンバーグの具に混ぜる】


・通常のひき肉だねに混ぜます
・繊維が気になる場合は細く刻みます
・通常通り餃子なら包みハンバーグは成形して焼きます


gyouza

画像はイメージ フリー画像です
(「軸」から濃厚な旨味がでます)



しいたけの「軸」は旨味成分が凝縮されています。
そのために肉だねなどに混ぜるととても美味しくなります。


・「かさ」⇒ みじん切り
・「軸」 ⇒ 細く割く


ダシがでて美味しいお料理になります。



冷凍保存も可能です


しいたけの「軸」をまとまった量にするには、
それなりに「かさ」も食べないとなりません。

日頃のお味噌汁などは一緒に煮てしまえば問題ないです。

・きんぴら
・佃煮

といった調理方法を試したいならば、
ある程度の量になるまで冷凍保存することが可能です。


siitakereitou

画像はイメージ フリー画像です
(「かさ」も「軸」も冷凍できる)



前述の用に「軸」だけを販売している物を使用してもよいでしょう。

ある程度の量になるまで、
割いた状態で冷凍しておく方法もあります。

まとまった頃に一度に使えばロスなく頂けます。



せっかくの食材です。
余すことなく頂きましょう。


家庭における「フードロス問題」は、
こうした小さな事から始めればいいのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.10 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



「インフルエンザ」予防にも効果がある特別なハーブ



こんにちは(*゚▽゚*)//
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


ハーブとは保存、香り、防腐等に役に立つ有用植物の事。

ドイツなどでは薬効が専門委員会に認められるなど、
特別なハーブとして注目されているものもあります。


本日ご紹介するハーブは「エキナセア」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(エキナセアの花)



「観賞用」もあるが薬効を持つのは「別物」


◆本日のハーブ「エキナセア」


分類  キク科ムラサキバレンギク属
原産地 北アメリカ
別名  ムラサキバレンギク


ekinasea3

画像はイメージ フリー画像です
(園芸品種も多く色も様々)


園芸品種も数多く存在しています。
そのお花の美しさを楽しむ種としても人気です。

少し下に垂れ下がった花弁が特徴的です。


ekinasea4

画像はイメージ フリー画像です
(エキナセア アンガスティフォリア「ハーブ種」)


ハーブとしての薬効を持つ種は、
園芸品種とは別物となります。
(薬効を持つのは3種類とされています)


北アフリカの先住民族に伝わる薬草として。

欧米では医薬品として、
風邪やインフルエンザの際に用いられているハーブでもあります。


yakusou


画像はイメージ フリー画像です
(薬草のイメージ 日本にも薬草は存在する)



主な効能


◆主な効能


・免疫力アップ
・抗ウィルス、抗菌作用
・消炎作用
・皮膚疾患の回復


menekiup

画像はイメージ フリー画像です
(「エキナセア」の最も知られた効能の一つ)



北アメリカの先住民族に幅広く用いられていたとされます。

あざ、やけど、虫刺され、鎮痛、喉の炎症、蛇に噛まれた際など、
薬草として幅広く用いられていたようです。

amerikasenjuminzoku

画像はイメージ フリー画像です
(先住民族たちの住居イメージ)


薬草として効能の高いハーブ。
つまり「メディカルハーブ」として利用されている特別なハーブの一つです。



幅広い薬効を持つ「メディカルハーブ」


【薬効について】


◆免疫力アップ

免疫を活性化する数々の物質を含んでいます。

「マクロファージ」の働きを活性化して、
リンパ球の動きを促進する事で免疫力をアップするのです。

炎症時に働く物質であるサイトカイン(免疫細胞系から生成されるタンパク質)
の生成を促すので免疫力のアップが期待できます。


tuyoikarada

画像はイメージ フリー画像です
(免疫力アップには食生活や運動も欠かせない)



◆優れた抗ウィルス作用

風邪やインフルエンザウィルスの沈静化作用が認められています。

実際に泌尿器系感染症やヘルペスなどの感染症、
カンジダなどの「真菌性感染症」の治療に用いられています。


onakawoatatameru

画像はイメージ フリー画像です
(「メディカルハーブ」たる所以でもあります)



◆皮膚疾患の回復

優れた抗菌、消炎作用から皮膚のトラブルにも用いられます。

先住民たちが、

・やけど
・虫刺され
・蛇などに噛まれたた場合

などに使用していたそうです。


shohouyakkyoku

画像はイメージ フリー画像です
(処方薬局のイメージ)


欧米などでは風邪やインフルエンザの予防に、
「エキナセア」を処方されることもあると言う事です。

もちろん完全に引いてしまったら医療機関へ。
初期段階は「エキナセア」をというように使い分けている場合もあるそうです。


このような薬効からほぼ「薬のようなハーブ」と言えそうです。



その広い薬効について詳しく知りたい方はこちら

(日本メディカルハーブ協会のページです)



ブレンドハーブティーがポピュラー


「エキナセア」は単体では聞き慣れないかもしれませんが、
「ブレンドティー」の一つとして入っていることは結構あります。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(様々なハーブがブレンドされたハーブティー)


このような形で知らないうちに頂いている可能性はありますが。

「エキナセア」を取り入れるならまずはハーブティーが一番です。


ekinaseathi

画像はイメージ フリー画像です
(「エキナセアティー」のイメージ)


前述のドイツの専門委員会では、

「乾燥エキナセア1gに熱湯150~240mlで10分から15分」

とハーブティーの入れ方まで決まっているのです。


「はちみつ」などで甘みを足したり。
「生姜」を加えるなどレシピも複数あるようです。


ekinaseakurimu


画像はイメージ フリー画像です
(「エキナセア」配合のハンドクリームの例)


皮膚に使用しやすいように、
ワセリンに「エキナセア」を混ぜたハンドクリームなども販売されています。

欧米ではそれほどポピュラーな存在なのです。



高い薬効ゆえの注意点


エキナセアは高い薬効を持ちます。

進行形の全身疾患の方は使用出来ません。
(結核 白血病 膠原病 その他免疫系の疾患)

またキク科のアレルギーの方は注意が必要です。



まずは「エキナセア」について調べましょう。

そして事前に医師に確認の上、ご利用することをおすすめします。

ekinaseairasuto

画像はイメージ フリー画像です
(ハーブとしての「エキナセア」は3種類とされる)


薬として用いられる少し特別なハーブ「エキナセア」をご紹介しました。

お料理に軽く使うというものではない為、
特別なハーブとしてご紹介をしています。

※持病がある方は必ず医師に相談をして下さい




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ