免疫力アップ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:免疫力アップ



全野菜中トップクラスの「カロテン」



こんにちは(ㅅ´ ˘ `)♡
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「根菜類」

野菜のうち土壌中にあるものを食用するものの総称

→Wikipediaより引用


ありがたく大地の恵みを頂きたいものです。

本日は、
色鮮やかで「免疫力UP」に欠かせない野菜「にんじん」です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(最近の「にんじん」は癖がなく甘い)



「春にんじん」と「にんじん」にも違いあり


【にんじんの基本情報】


・セリ科
・ニンジン属
・アフガニスタン原産


ninzin

画像はイメージ フリー画像です
(収穫したての「にんじん」)



生で食感を楽しむも良し。
炒めたり火を通すことで甘みが増します。


・漬物やピクルス
・煮物
・サラダ
・炒めもの


など使い方は様々です。


ninzinsutikku

画像はイメージ フリー画像です
(「にんじん」のスティックサラダ…お好みのディップで)



「旬」にあたる時期が2回あるのも特徴です。

1回目 ⇒ 4~7月
2回目 ⇒ 11~12月


haruninzin

画像はイメージ フリー画像です
(春先に出回る「春にんじん」)



初春頃に収穫される「にんじん」を、

「春にんじん」
「新にんじん」


と言います。


秋冬の「にんじん」に比べると、
非常に「甘み」が強いのが特徴です。


ninzinsuthikku

画像はイメージ フリー画像です
(「生食」が美味しい)



水分量も多めに含まれており、柔らかいために、
「生食」が美味しい食べ方です。


その分、秋冬に採れる「にんじん」に比べて、
日持ちしない特徴があります。

貯蔵には向きません。



「免疫力UP」に大病の予防効果


【主な栄養素】(代表的なもの)


・ビタミンA(βカロテン)
・カルシウム
・カリウム
・食物繊維


meneki

画像はイメージ フリー画像です
(「免疫力UP」で病気を寄せ付けない)




【特筆すべき栄養素】


「カロテン」の含有量


流通される野菜の中トップクラスの「カロテン」含有量を誇ります。
「免疫力」を高めて、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。


bihadajosei

画像はイメージ フリー画像です
(「カロテン」は皮膚と関係がある)



「カロテン」はその他にも大病を予防する力が強いです。

・がん
・心臓病
・動脈硬化

といった大きな病気を予防する効果に優れます。


kekkan

画像はイメージ フリー画像です
(「動脈硬化」などの予防にも)



「にんじん」に多く含まれる「βカロテン」は、
体内で「ビタミンA」に変わって目を保護したり、

「活性酸素」の発生を抑制する「抗酸化物質」として働きます。


kennkoujosei

画像はイメージ フリー画像です
(細胞の「老化」を予防する「カロテン」)



身体の酸化 ⇒ 老化 です


「にんじん」は非常に優れた栄養素を持つと言えます。

積極的に摂取しましょう。



皮は「剥かない」で使用すると栄養効率UP


【調理のポイントなど】


・できるだけ皮は剥かず
油脂との相性が抜群


ninnzin

画像はイメージ フリー画像です
(出来れば「皮ごと」使用しましょう)



「カロテン」は皮の直下に多く含まれています。

出来るだけ剥かずに洗って使用できればベストです。


「にんじん」に含まれる酵素(アスコルビナーゼ)は、
「ビタミンC」を壊すと言われています。


「生食」の場合は酢の入った調味料を使用することで解決です。

・ドレッシング
・ポン酢
・マヨネーズ

などでOKです。


mayone-zu

画像はイメージ フリー画像です
(「スティックにんじん」なら神経質になる必要も無いです)



また熱を加える事で酵素の働きを無力化出来ます。


「カロテン」と「脂」は吸収効率がUPする最高の組み合わせです。


炒めものなど油脂を含むものと合わせるのが理にかなっています。


ninzinitame

画像はイメージ フリー画像です
(「カロテン」は「油脂」と相性抜群です)



沖縄地方の郷土料理の一つ


【おすすめの調理方法】


「にんじんのきんぴら(にんじんしりしり)」


ninnzin1

画像はイメージ フリー画像です
(沖縄地方では日常食です)




【作り方】


・しっかり皮を洗って皮ごと千切りにする
・ごま油などで「にんじん」を炒める
・火が通ったら、しょうゆ、砂糖で味を調える
・最後にごまを混ぜ合わせて完成


簡単ですが「常備菜」や「副菜」などに大活躍します。


沖縄地方でよく食されており。

ピーラーならぬ「しりしり器」なる調理道具もあります。



sirisiriki


画像はイメージ フリー画像です
(「しりしり」を作る為の道具です)



ピーラーのように引くときんぴら状にカット出来る道具です。
たくさんの「にんじん」を簡単にカット出来るので便利です。


「にんじん」は野菜の中では固めですので、
包丁だとそれなりにくたびれます。



野菜も時代に合わせて変化している


子供はなぜ「にんじん」が嫌いなのでしょうか?
ただそれは昔の話とされています。

今では癖の無い「にんじん」も多くなりました。


yasaiju-su

画像はイメージ フリー画像です
(「野菜ジュース」も多くが「にんじん」です)



以前に比べて甘みは増加しています。
癖がなくなったのに「カロテン」は倍増しているのだそうです。


その分その他の栄養素については減少傾向というのが現在の「にんじん」です。

野菜も時代に合わせて変化しているということです。


karaninzin

画像はイメージ フリー画像です
(「カラーにんじん」の一例)



・紫にんじん
・黃にんじん


など色のバリエーションも増えました。


「カロテンの王様」として栄養価にもすぐれた根菜です。


お料理の彩りはもちろんのこと、
すりおろして「パンケーキ」にするなど利用方法も豊富です。


ninzinpanke-ki

画像は「キューピー」様のものです
(画像クリックで遷移します)



ちなみに「野菜ジュース」の色と味はほぼ「にんじん」です。

「りんご」や「レモン」などを加えて飲みやすくしています。



身体を温める効果のある根菜たち、
上手に大地の恵みを頂くことにしましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



「みかんの白い筋」を取ると損をするかも…



こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです🍊
本日もよろしくお願いいたします。


日本人なら誰もが体験する風景の一つであり、
冬の風物詩でもあります。

「こたつとみかん」

日本人でよかったなと思う瞬間でもあります。


kotatumikan

画像はイメージ フリー画像です
(冬の幸せの一つかもしれません)



「みかんの白い筋」を取る?取らない?


「みかん」の皮は剥きやすく手で簡単に剥けます。
その中には果実と「白い筋」があります。

こちらを、

・取る
・取らないで食べる

どちら派でしょうか?


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(網目のように白い筋が入っています)



実はこの「白い筋」を取るという方。
大変残念なのですが、みかんの効能を充分に摂取出来ていないのです。


最近では研究が進み、野菜や果実の皮に対する評価が変わってきました。


当ブログでも、

・根菜類の皮
・栗の渋皮

などの効能を書いてきました。


ninnzin

画像はイメージ フリー画像です
(できれば皮付きで使いたい根菜類)




野菜や果実のポリフェノールなどは皮に近い部分に多いのです。
みかんについても例外ではありません。



【参考記事】⇩






「みかんの白い筋」の名前



ところでこの「白い筋」に、
名前があるのはあまり知られておりません。

この白い筋のことを「アルベド」と言います。


mikan1

画像はイメージ フリー画像です
(内側の白い筋が「アルベド」)



【その語源】


白さを意味するラテン語から名付けられたとされます。
(諸説あります)



「アルベド」の驚くべき効能


主な効能は以下の通りです。


・風邪予防
・がん予防
・食物繊維による整腸作用および下痢予防
・血管を強くするおよび血中コレステロールの改善
・抗アレルギー作用 

etc…



daietto1

画像はイメージ フリー画像です
(嬉しい効能がたくさんあります)



これを捨ててしまうのは非常にもったいないです。

免疫系に働く大変有益なものです。


waraujosei

画像はイメージ フリー画像です
(免疫力が上がれば病気になりにくい)



また「みかん」はビタミンCが豊富です。
ビタミンCというのは熱に弱く、非常に壊れやすいビタミンです。

「アルベド」に入っているビタミンPという、
ポリフェノールの一種がビタミンCの安定と吸収効率を上げるのです。


是非一緒に頂きたいものです。


mikan

画像はイメージ フリー画像です
(一緒に頂くことで栄養素の効率がUPします)



「みかん」の栄養素は「白い筋」にあり!


以上の事柄から、


「みかんの栄養素は白い筋にあり」


そういっても過言ではありません。

mikan

画像はイメージ フリー画像です
(内側の「白い筋」は一緒に頂きましょう)



もちろん果肉だけを使用している加工品。

例えば、

・缶詰
・ゼリー

などではその効果はありません。


kanmikan

画像はイメージ フリー画像です
(残念ながら「缶みかん」は効果なし)



「みかん」を冬にこたつで頂くことは、
風邪を引きやすい時期に手軽に免疫系の予防効果があります。


mikan2

画像はイメージ フリー画像です
(手軽に頂けるのもありがたい「みかん」)



かつビタミンCの補給が出来て、
たいへん理にかなったものです。


ちなみに「みかん」の一日標準摂取量はおよそ2個です。
糖分も多いので食べ過ぎに注意しましょう。



日本らしいこの文化を大切にしていきたいものです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.1 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「美容」にも効くお酒のたしなみ方を



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです🍷
本日もよろしくお願いいたします。


毎日の最後にお酒を頂く方も多いでしょう。


女性の飲酒量は増加傾向にあり、
必ずしも「身体に優しい」とは限りません。


飲み方によっては「睡眠の質を低下」させることもあります。


本日は身体への「負担」が少なく、
「美容」にも効果が期待できる…

「温かいお酒」に関するお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(温かいお酒はゆっくりと味わえる)



女性の「飲酒量」の増加と問題点


「コロナ禍」であった頃、
家庭での飲酒量は増加傾向でした。


近年では女性の「飲酒」もほぼ一般的であり、
男性とそれほど差が無いとされます。


ienomi1

画像はイメージ フリー画像です
(家飲みでは飲酒量が増えることも…)



しかしながら問題点もあります。

・ストロング系チューハイによる中毒
・家飲みによる飲酒量増加
・ストレスによる飲酒量増加
・女性特有の病気との関係


onakawoatatameru

画像はイメージ フリー画像です
(飲酒と女性の身体は無関係ではない)



必ずしも良いことばかりとは限りません。


少し気温が下がってくると、
日本酒やワインなどの消費が増える傾向があります。

これらはビールなどと比べてアルコール度数も高めです。


ienomi

画像はイメージ フリー画像です
(白ワインや日本酒は結構危険)



「口当たりのよいお酒程気をつけて」


とよく言われます。


二日酔いを起こす原因となりやすいのは、
こういったアルコール度数が高く飲みやすいお酒です。


アルコールでよく眠れる、寝酒と言われる飲み方。

寝付きは良くなるという方が多いですが、
実は眠りが浅くなることがわかっています。

つまり「睡眠の質が低下する」のです。


nerujosei

画像はイメージ フリー画像です
(お酒を飲むと呼吸が浅くなってしまいます)



女性の肝臓はアルコールに弱い


「急性アルコール中毒」の危険性も女性のほうが高いです。


「厚生労働省 e-ヘルスネット」によれば、

・男性に比べるとアルコールの代謝能力が3/4
・男性の半分のアルコール量で肝臓にダメージが有る
・男性の2/3の飲酒量で肝硬変に至るケースがあり得る

のだそうです。


meitei

画像はイメージ フリー画像です
(ここまで飲んではいけません)



更には、

飲酒により「乳がん」のリスクも上がります。

アルコールの大量摂取により、
女性ホルモン(エストロゲン)を介してリスクを高める報告がなされています。


joseihorumon

画像はイメージ フリー画像です
(「女性ホルモン」は全てに影響する)



女性の飲酒量は、男性の2/3程度に抑えるのが安全です。



詳しく知りたい方はこちら

(「厚生労働省 e-ヘルスネット」へ)


※アルコールの分解能力は個人差があります



寒い国の知恵を借りる「温かいお酒」


それでもお酒が好きな方はどうすれば良いでしょう?


寒くなってきた時期には「寒い国の知恵」を借りましょう。


身体にも負担が少ない「温かいお酒」です。

北欧やヨーロッパなどでは定番ですが、日本ではあまり馴染みがありません。


hotwain1

画像はイメージ フリー画像です
(北欧やヨーロッパでは欠かせない)




【ホットワインがおすすめ】


身体の冷えるお酒が多い中、
「ホットワイン」はヨーロッパなどで親しまれています。

寒い国のクリスマスには欠かせない風物詩の一つです。


hotwain

画像はイメージ フリー画像です
(クリスマスマーケットには欠かせない)



ワインを温めて果実やスパイスなどを加えた飲み物です。

・冷え対策
・風邪予防
・美肌、アンチエイジング
・動脈硬化を防ぐ

と身体に優しいアルコールです。


※下記「グリューワイン」のリンクから作り方のページへ入れます。







どうせなら身体にいいものを少しだけ取り入れてみませんか?



大切な「免疫機能」をアップする


一般的なアルコールを摂取すると、
身体は温まった気がしますが…手足の末端は逆に冷えたりします。

なかなか末端までは温まらないのです。


「ホットワイン」は一気に飲むものではありません。

・ゆっくり飲める
・身体をじっくり温める

穏やかなほど身体に優しいのです。


atatakaimoo

画像はイメージ フリー画像です
(温かいものはゆっくりと味わえる)



また、ワインを温めている時にアルコールが適度に蒸発します。
アルコール度数が下がるのも利点です。


肝臓など臓器の負担が軽減されます。




josei5

画像はイメージ フリー画像です
(「冷えは万病の元」と言われます)



【身体が温まると何が良いのか?】


免疫細胞が活性化して風邪などを引きにくくなります。
内蔵を温めることで代謝を促進します。

ワインには抗酸化物質であるポリフェノールがたくさん含まれています。
アンチエイジングや動脈硬化予防にも効くすぐれものです。



効果が高まるトッピング


「ホットワイン」はトッピングを変えることで、
味覚や効能がアップします。



supaisu6

画像はイメージ フリー画像です
(スパイスを上手に用いてお好みの味に)



はちみつ ⇒ 喉のうるおいや殺菌
果実類  ⇒ ビタミン類の補充
スパイス類⇒ シナモンやクローブなどは殺菌や身体を温める効果を倍増


甘い香りに包まれリラックス効果も期待できます。



kagu


画像はイメージ フリー画像です
(アロマのような効果があります)



温かいお酒は冷たいお酒に比べて、
一気に飲んでしまうことが無いため、飲み過ぎの防止にもなります。


肌寒い時期に試してみるのも良いかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ