先人の知恵 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:先人の知恵



顔を隠す道具から家を守る道具に


こんにちは(*ˊᵕˋ* )
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。
願いいたします。


江戸時代には様々な方法で、

「涼」

を求めました。


直射日光を避けるのは今も同じ…
そんな「江戸の涼」についてのお話です。

本日は「簾(すだれ)と(葦簀)よしず」について記載します。
(以後ひらがなで記載)

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(左すだれ 右よしず)



日本家屋の本質は風を通すこと


現代でも使っておられる方は多いのではないでしょうか?

日本家屋の本質は、

「風を通すこと」

とされています。

風を通すだけでなく、
直射日光から家を守る意味もあります。

sudarenihonkaoku

画像はイメージ フリー画像です
(すだれを用いた日本家屋の例)



【すだれとよしずの違い】


簾(すだれ) ⇒ 細く割った竹、葦を編んで作る
         屋内にぶら下げて使用する
         横縞

葦簀(よしず)⇒ 葦(よし)を材料とする
         屋外に立てかけて使用する
         縦縞


現代も残る生活の知恵です。

いつ頃から使われているものなのでしょうか?



「万葉集」にも登場する「すだれ」


【その起源】


元々は平安貴族が使用していた、
「御簾(みす)」が起源といわれる。

それを大型にして屋外でも使用出来るように改造した物が「よしず」

misu

画像はイメージ フリー画像です
(顔を直接見るのは失礼とされた)


「すだれ」は「万葉集」に登場しています。

テレビなどで、
高貴な方が「御簾」越しに顔を見せないで家臣と話すシーンがあります。
その「御簾」がすだれの原型だと言われています。

一方の「よしず」の起源ははっきりしていません。

日本で馴染みのある素材であった葦(よし)を、
日除けとして立てかけて使用したのが始まりとされてます。



海の家にみる江戸時代の暮らし


「江戸時代において」


「よしず」を家のついたてとして使用していたと記述がある。

当時の葦(よし)は天井などにも使用されるポピュラーな素材であった。

yosi

画像はイメージ フリー画像です
(水辺に群生する葦)


江戸の世においても使い方は現代と同じです。

「よしず」で屋外を囲み、
「すだれ」を軒下にぶら下げる。

日本家屋が減少して、
マンションなどに置き換わった現代。

そんな中でも海の家などで見ることが出来ます。

周囲を大きく囲っている背の高い「よしず」
店内で日除けにぶら下がっているのが「すだれ」です。

yosizu

画像はイメージ フリー画像です
(家を大きく囲むよしず)



家自体を冷やす大胆な発想


「よしず」は非常に丈夫でありました。

屋外で使えることも魅力ですが、耐久性も兼ね備えていました。
注目すべきは「よしず」の使い方です。

yosino

画像はイメージ フリー画像です
(葦を集める女性の浮世絵イメージ)


水を掛けることにより、
家自体を冷やす効果があったのです。

この効果は「打ち水」と同様。

つまり「気化熱」を用いています。

「よしず」が乾く際に熱を奪うことで、
家の中を2~3℃程冷やすことが出来たとされています。

大胆ながらも効果的な発想です。

家を冷やす天然のクーラーとも言える使い方です。


形は違えど現代における、

「壁面緑化」
「屋上緑化」

による温度上昇抑制効果に似ています。

okujouryokka

画像はイメージ フリー画像です
(現代の屋上緑化のイメージ)


当時の方がこれを自然に行っていたとなると、
すごいものがあります。



現代に置ける変遷


現代は「すだれ」をかけずとも遮光カーテンがあります。
こちらは完全に日光をシャットアウトします。

ところが同時に部屋を暗くしてしまいます。

resukaten

画像はイメージ フリー画像です
(一般的なレースカーテンの一例)


レースのカーテンは部屋の明るさを保ちつつ遮光が出来ます。

網戸とレースカーテンの組み合わせ。
こちらは実はほとんど風を通しません。

「すだれ」を用いるとレースカーテンの何倍も風を通すのです。

クーラーや扇風機がない時代…
ある意味風通しは生命線です。

つまり家そのものが風通しが良くなるように設計されていたのでしょう。

※防音や防火および耐震などは考えない場合



天然素材の良さを見直す…呼吸する家


江戸時代の朝は、

・玄関や道路に打ち水
・「よしず」に打ち水

を同時に行っていました。

utimizu2

画像はイメージ フリー画像です
(打ち水から始まる朝のひととき)


家の周りや道路の温度上昇を抑え、
同時に「よしず」にも打ち水をすることで、
家そのものの気温上昇を抑える。

風を通す「すだれ」をかけて、家を通り抜ける風に涼をとる。

現代も使える知恵が詰まっています。


天然素材の良さは、昨今見直されています。

・漆喰
・珪藻土の壁
・耐新型木造住宅

呼吸する家について見直す時代になっているようです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



一番最初は突然変異であった金魚


こんにちは(〃'▽'〃)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


江戸時代には様々な方法で、

「涼」

を求めました。


目で見て味わう「涼」を求めて…
そんな「江戸の涼」についてのお話です。

本日は「金魚」について記載します。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です 
(現代ではガラス製の金魚もあります)



今でも夏祭りで人気の「金魚すくい」


日本の夏祭り。
必ず見かけるのが「金魚すくい」です。
(感染状況により中止の場合もありえますが)

kinngyosukui

画像はイメージ フリー画像です
(子供も大人も楽しみな金魚すくい)


赤や白に黒…
色とりどりの金魚が水の中を泳ぎ回るのは、
目で感じる「涼」とでも言えましょうか。

最近では種類も増え、かなりの種類が販売されています。
専門店もあるくらいです。

ヒレの美しさを競う品評会なども開催されます。
大変人気のある観賞魚です。

pinponparu

画像はイメージ フリー画像です
(最近の人気品種 ピンポンパール)


ただ「金魚」はどこから来たのでしょう?

日本の原産なのでしょうか?

姿形は鮒(ふな)によく似ています。
(和金の場合)



実は鮒の突然変異から始まった


【金魚の起源】


西暦500年頃、
通常の黒い鮒から突然変異した赤い個体(緋鮒)が中国で発見される。
それ以降緋鮒のかけ合わせから、
様々な種類の金魚が誕生していった。

hibuna

画像はイメージ フリー画像です
(緋鮒のイメージ 始祖とは異なります)


日本の文化であると思っている方も多いでしょう。
原産は中国でありました。

西暦500年はまだ古墳時代。
かの有名な「聖徳太子」が摂政になったのが593年と言われています。

日本に「金魚」が伝わったのはまだまだ先の話です。


現在では様々な品種が開発されている「金魚」

全てのルーツは最初に発見された緋鮒につながるそうです。
ただその一匹の血筋へと…
すべての「金魚」がつながっているのです。

※「緋」とは黄みを帯びた鮮やかな赤を意味します



非常に高額であった「金魚」とガラス文化


「江戸時代において」


戦国時代の頃日本に伝わった「金魚」

江戸時代もだいぶ落ち着いた1700年頃にようやく上流階級に拡がりを見せた。
それ以降「金魚の養殖」が盛んになり、
明治、大正、昭和と拡がっていった。

kinngyoyoushoku

画像はイメージ フリー画像です
(昭和の時代には大きな金魚養殖池が存在した)


時代劇の影響か…江戸の金魚というイメージを持たれています。

しかし非常に高額で庶民が楽しめるものではありませんでした。

「風鈴」と同様にガラス文化が拡がるにつれて、
「金魚と金魚鉢」というイメージが定着していきました。



柄としても楽しまれた「金魚」


上述の通り「金魚」は庶民の当たり前ではありませんでした。

「金魚」を飼っていた家は一握り。
大変珍しいものとして珍重されたことでしょう。

手ぬぐいなどの柄に「金魚」は登場します。

kingyogara

画像はイメージ フリー画像です
(見た目も涼しい金魚柄)


これは根拠のない私見ですが…

手が届かなかった「金魚」の柄の手ぬぐいなどを、
軒下に下げて楽しんでいたのでは無いでしょうか?

浴衣の柄としても涼しげで人気があったことでしょう。



できれば避けたい金魚鉢…?


私たちは「金魚と金魚鉢」をセットで考えます。

少し視点を変えて「金魚鉢」について記載しておきます。

kingyobati

画像はイメージ フリー画像です
(上で口をパクパクしているのは酸欠です…)


実は「金魚鉢」での飼育は「金魚」にとって…最悪の環境なのをご存知でしょうか?
円形の「金魚鉢」では長生き出来ないのです。

・曲面に包まれて非常にストレスになる
(視界が常にゆがむ)
・水の循環が無い
・空気の供給量が少ない

etc…

kingyosuisou

画像はイメージ フリー画像です
(金魚の飼育には準備が必要)


水槽飼育をされたことがある方はご存知でしょう。

金魚の飼育には、

・ろ過器による循環
・エアレーションによる空気供給
・底砂による濾過
・水温によりヒーター

などが必要なのです。

もし飼う方はきちんと水槽で。
そして責任をもって最後まで飼いましょう。

川に流した金魚が野生化した場合、
飼育種と野生種のハイブリットが誕生。

生物環境の破壊につながってしまいます。



職を失った武士たちのサイドビジネス


一見すると江戸時代と関わりが無いかに見える「金魚」

江戸の後期になるとちょっとした関わりを見せます。
それは「武士たちのサイドビジネス」としての側面です。

kingyouri

画像はイメージ フリー画像です
(金魚売りをイメージした役者の浮世絵)


江戸後期には戦を生業としてきた武士たちは、
職を失います。

それらの仕事として金魚の養殖や販売は一役買っていたとされます。

「唐傘の傘張り」

などと同じように行き場の無い武士達の職となったのです。



「金魚」は密かにブーム再燃中


「金魚」は現代でも密かにブームが継続中です。

「アートアクアリウム」

という展覧会が毎年のように行われています。
(賛否については割愛します)

atoakuariumu

画像はイメージ フリー画像です
(現代の金魚は様変わりしています)


水槽を泳ぐ「金魚」達の姿は、
時代こそ違えど、私達に「涼感」をもたらしてくれます。

また「夏」であるということを意識させてくれます。



小さな「金魚」たちですが、
どの時代でも小さい何かを残してくれる…

そんな気がしてなりません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



科学的な方法をさり気なく取り入れた文化


こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


江戸時代には様々な方法で、

「涼」

を求めました。


行き交う人々にも「涼」を…
そんな「江戸の涼」についてのお話です。

本日は「打ち水」について記載します。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(浴衣で打ち水…風流です)



実は科学的な「打ち水」の有効性


「打ち水」は現代にも通じる「涼」をとる方法です。

ただ水をまくだけでなく、
きちんと地面の温度を下げる効果が実証されているのです。

utimizusikumi

画像はイメージ フリー画像です
(気化熱の仕組みイメージ)


ご存知の方も多いと思いますが、

「気化熱」

という科学の仕組みを用いています。

簡単に説明すると…

水は蒸発する際に周囲の熱を奪っていくのです。
これは私達が普段行っている蒸散作用と同じ。
つまり汗をかくことで体温調整しているのと同じ理屈です。

ranninngu

画像はイメージ フリー画像です
(体温調整は汗の蒸発で行われている)


ではこの「打ち水」はいつ頃から行われていたのでしょうか?



実は「茶道」との関わりがあった「打ち水」


【打ち水の起源】


諸説あるものの安土桃山時代から戦国時代、

「茶の湯」

の一つとして確立した。

sadou

画像はイメージ フリー画像です
(戦国武将は茶道も嗜んでいた)


・茶室の準備が整ったという合図
・みずみずしい雰囲気でもてなす

などの理由があったそうです。


この頃の「打ち水」は地表の温度を下げる事よりも、

「おもてなし」

の準備ができましたという意味合いが強いようです。


当時から日本人は、

「おもてなし」

を重んじていたことが伝わります。




土埃を抑える目的もあった


「江戸時代において」


庶民の間にも「打ち水」が拡がった。

当時の道路は舗装されているわけもなく土でした。
当然土埃がたつので、それらを抑える意味で始めたとされています。

こと朝の「打ち水」はたくさんの浮世絵にも描かれて残っています。

utimizu1

画像はイメージ フリー画像です
(江戸時代風のイラストイメージ)


夏の暑い頃…
日が照ることで乾燥した地面は当然土埃が立ちます。

江戸の庶民たちは、

・せめて自宅の前くらいは埃を立てないように
・見た目にも涼しく通れるように

そういう想いから「打ち水」を行っていたのでしょう。

utimizu3

画像はイメージ フリー画像です


もちろん当時の方々が科学的根拠から行っていたとは考えにくいです。
しかし、そういった気持ちが現代は欠けている気がしてなりません。



江戸時代のエコライフとして現代も生きる


現代になり地面はアスファルトで舗装され、
車が行き交うようになりました。

そのような時代になっても「打ち水」は注目されています。

utimizudaisakusen

画像はイメージ フリー画像です
(日本橋で行われた打ち水のイメージ)


「打ち水大作戦」

ヒートアイランド現象の対策として、
国や自治体が打ち出した対策の一つです。

再生水などを用いてエコロジーの観点からも優れ、
かつ地表温度を下げる効果のある「打ち水」

いくつかのルールがあるようです。

・水道水を直接使わない
・お金をかけない
・浴衣など涼し気な服装で参加する
・効果を測定する(何度下がったか確認する)

江戸時代のエコライフ・伝統文化の見直しという事を大事にしているようです。


詳しく知りたい方はこちらを御覧下さい。
(国土交通省 水資源のページです)



「打ち水」に適した時間と「おもてなし」の心


基本的に地面が乾いたら行う「打ち水」ですが、
適した時間があります。

「早朝」と「夕方」です。

utimizu2

画像はイメージ フリー画像です
(朝が効果的とされる打ち水)


早朝の「打ち水」は気温の上昇を抑える効果が高いとされます。

真昼では水の蒸発が早すぎて効果が薄いとされています。

また「打ち水」する方が熱中症などになっては本末転倒です。


朝は出かける人に「いってらっしゃい」
夕方は「おかえりなさい」

そんな気持ちを込めて…「打ち水」を行う。



素敵な日本文化だと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ