先人の知恵 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:先人の知恵



基本を守る安全なお弁当づくり



こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


傷みにくいお弁当づくりには、
抑えておきたいポイントがあります。

また職場の環境や保存場所などで、
大きく影響を受けます。


状況に合わせた準備をすることが肝心です。


本日は、
「傷みにくいお弁当づくりのコツ」を説明していきます。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(梅とシソの抗菌作用を生かした組み合わせ)



傷みにくいお弁当にはある程度のコツがある


傷みにくいお弁当づくりは暑い時期に限ったことではありません。

・比較的空調の効いたオフィス
・工場などの現場
・屋外での作業者
・学校などの施設

それぞれの環境次第では通年気をつける必要があります。


atuikoujou

画像はイメージ フリー画像です
(職場環境は人それぞれ…)


ある程度のコツを覚え、実践することで、
傷みにくいお弁当を作ることが可能です。

①しっかり火を通す
②冷ます
③殺菌作用を利用する
④仕切りを活用する
⑤味付けを工夫する


obento1

画像はイメージ フリー画像です
(美味しいお弁当は活力に繋がる)


この5つのコツをマスターしておけば、
お弁当作りは問題なく続けられます。

大切な家族やご自身の健康・安心や活力に繋がるのです。



①しっかり火を通す


【食材は必ず芯まで火を通す】


食中毒発生の中心となるのは、

・肉
・魚
・加工食品
・卵

と言われています。


yakizake

画像はイメージ フリー画像です
(しっかり火を通すことが重要です)


どの食材も必ず「火を中心まで通すこと」を徹底してください。

いかに唐揚げが優秀だと言え、中心が生焼けでは意味がありません。


その場で頂く場合とお弁当では加熱具合が異なるのです。


kyaraben

画像はイメージ フリー画像です
(子供に人気のキャラ弁はかわいいのですが…)


反対に火を通さないものは使わないのが一番です。

・かまぼこ
・ちくわ(揚げは除く)
・生野菜
・チーズ
・ハム

etc…


子供に人気の「キャラ弁当」は暑い時期は避けたほうが無難です。


どうしてももたせる場合は、
保冷機能が付いたお弁当箱や保冷バックを活用してリスクを減らしましょう。



②きちんと冷ます


【温かいものは冷ましてから詰める】


何でも炊きたてや揚げたてが美味しいのは、
普段頂く場合です。


お弁当の場合は、

火を入れる ⇒ 冷ます

の後でお弁当箱に詰めるのが鉄則です。


gohansamasu

画像はイメージ フリー画像です
(まずご飯を平たくして冷ます)


ご飯が冷めにくいときは平らなバットに広げましょう。
おかずを作っている間に冷めます。


揚げ物などは冷たくする必要はありません。
揚げたての粗熱が取れた状態でOKです。

茹でたブロッコリーなども水で冷まし、
キッチンタオルで水分を取ります。


burokkori

画像はイメージ フリー画像です
(茹でた後水分をしっかり取ります)


熱々を直接お弁当箱に入れるのではなく、
一旦冷ますクセを付けると良いでしょう。



③殺菌作用を利用する


【殺菌作用の強い食材を活用する】


食材にはもともと殺菌作用を持つものが存在します。
古い言い方をすれば「毒消し」です。


具体的にはこのようなものが該当します。

・梅干し(はちみつ梅などを除く)
・生姜
・わさび
・からし
・各種ハーブ類

etc…


hinomarubenntou

画像はイメージ フリー画像です
(梅干しの効果は弁当全体に及ぶ)


古くから親しまれている、

「日の丸弁当」

これは白米の中心に梅干しを一つ置いたものです。


梅干しの殺菌効果は非常に強く、
一粒あるだけでもお弁当全体に効果が及ぶといいます。

もし苦手な方で梅干しが食べられなくとも、
殺菌作用を有効にするために入れておくと良いでしょう。



「お酢の有効活用」


お酢には強い殺菌効果があります。
もちろん和え物などにも活躍します。


お弁当箱を酢で拭くだけでもかなり違うそうです。


osu

画像はイメージ フリー画像です
(米酢がおすすめです)


ご飯自体を傷みにくくする方法もあります。

「お米3合につきお酢を小さじ1杯」

こちらで普通に炊飯します。


これだけで傷みにくいご飯になるのです。

この量であれば酸味はそれほど感じないと思います。


sumesi

画像はイメージ フリー画像です
(寿司も生魚と酢の組み合わせ)



④きちんと仕切る


【水分はお弁当の天敵と知る】


細菌が繁殖するのに必要な物は何でしょうか?

・栄養素
・温度
水分

です。


sikiri

画像はイメージ フリー画像です
(仕切りも数種類揃えると便利)


巷で人気の「のっけ弁当」ですが、
暑い時期のお弁当としてはふさわしくありません。


nokkebento

画像はイメージ フリー画像です
(暑い時期は避けたほうがよい)


お弁当づくりの基本の一つでもあります。
きちんと仕切りを入れて、おかず同士が混ざらないようにする事。

煮汁や揚げ油などが他のおかずや白米に混ざらないように、

・バラン
・仕切り用CUP

など100円均一のアイテムを活用しましょう。


benntounoretasu

画像はイメージ フリー画像です
(サニーレタスはバランに変更しましょう)


野菜などを揚げ物の下に引くのは、
野菜が熱で傷んで腐敗する可能性があるので危険です。



⑤味付けを工夫する


【濃い目の味付けは日持ちする】


味を濃い目にすると食品自体が傷みにくくなります。

これは食品内の水分と砂糖や塩が結びつくことで、
食品内の水分が出にくくなるからです。


umebosi1

画像はイメージ フリー画像です
(保存が効く食品は塩辛い物が多い)


長期保存が可能な食品はこの技術を応用しています。

・佃煮
・梅干し
・ジャム
・塩漬けや砂糖漬け

etc…


tukudani

画像はイメージ フリー画像です
(佃煮は味もかなり濃い)


但し健康状態を考え、
塩分や糖分を調整して下さい。

共に摂り過ぎはよくありません。


※摂取制限のある方はそちらに従って下さい



保存状態をよくする(保冷する)


5つのコツを踏まえて、
どんなに気をつけて作ったお弁当でも、
高温の場所に放置してしまえば傷んでしまいます。

・屋外
・ロッカーの中
・車内
・冷房の無い室内

などが該当します。


涼しい場所や冷蔵庫に入れることが出来ない状況ならば、
お弁当自体を保冷することを心がけましょう。


horeiback

画像はイメージ フリー画像です
(保冷バックの一例 保冷剤と共に使用する)


保冷バックや保冷エコバックは種類も豊富で、好きな柄が選べます。

またお弁当の蓋が保冷剤になっている、
便利なものも発売されていますので適宜利用しましょう。


horeibenntou

画像はイメージ フリー画像です
(保冷剤を蓋裏に挟むタイプ)


避けるべきですが、
どうしても生野菜やフルーツなどを持っていきたい場合には、


hudokontena

画像はイメージ フリー画像です
(フードコンテナの一例)


別容器に単独で入れてしっかり保冷します。

ドレッシングは別添えで、
できればお弁当用の使い切りを準備します。



doressing


画像はイメージ フリー画像です
(使い切りのドレッシングが便利)


またはフードコンテナ複数持ちがおすすめです。

・ご飯コンテナ
・おかずコンテナ
・野菜コンテナ

小さいサイズも市販されています。



先人の知恵を甘く見ることなかれ


便利な保冷剤などがない時代。

先達たちは天然の材料を用いて殺菌をしてきました。
その代表的な例が、

「竹の皮で包んだおにぎり」

です。


takenokawa

画像はイメージ フリー画像です
(もちろん具材は梅干しです)


天然素材である竹の皮は殺菌作用を持ちます。
こういったものは今でも同様に使うことが出来ます。


わっぱのお弁当箱は海外で非常に高い評価を受けています。

・日本的な美しさ
・機能性

を兼ね備えているからにほかなりません。


wappa

画像はイメージ フリー画像です
(海外でも人気のわっぱ)



基本を守って安全なお弁当づくりを…


お弁当作りといっても実にたくさんの配慮が必要です。
とても大変です。

しかしこれらの対策は実は、

「お弁当作りの基本」

とも言えることばかり。


obento2

画像はイメージ フリー画像です
(お弁当も3食のうちの1食です)


これを守っていれば、一年中問題なくお弁当が作れるのです。


また日常のお惣菜づくりなどにも応用が効きます。

・中心まで加熱する
・冷ましてから保存する
・お酢を上手に利用する
・塩や砂糖は保存をよくする

etc…


間違いなくお料理上手になることが出来ます。


ですが時には無理をせずに、
自然解凍OKの冷凍食品なども活用しましょう。

そして出来るだけ涼しいところに保管するように、
お弁当を渡す相手に説明することも必要です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.6 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



昭和レトロではお馴染みの風景


こんにちは(*ᴗ͈ˬᴗ͈)ꕤ*.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


江戸時代には様々な方法で、

「涼」

を求めました。


風と蚊取り線香の香りに季節の移ろいを想う。
そんな「江戸の涼」についてのお話です。

本日は「縁側」について記載します。

engawa1

画像はイメージ フリー画像です
(日本の良き懐かしい風景)



家族や仲間が集う…良き昔の風景


日本家屋には多くの場合「縁側」と呼ばれる場所がありました。

部屋から庭へ直接繋がる場所であり、
今でも農家の古き良き風景には欠かせないものでもあります。

kominka

画像はイメージ フリー画像です
(古民家の縁側)


昔の夏のイメージを映像化すると、
「縁側」に座ってスイカを食べるシーンなどが多く出てきます。

家族の憩いの場所であり、
ご近所付き合いの場でもあり…

まさに「縁」をつなぐ場所でありました。

蚊取り線香の煙がセットでもある情景です。

katorisenkou

画像はイメージ フリー画像です
(縁側と蚊取り線香の香りはセットで)


残念ながら、

・日本家屋の減少
・安全上の問題
・集合住宅の増加
・プライバシーの問題

様々な理由から減少傾向にある「縁側」ですが、

いつの頃から存在するのでしょうか?



「枕草子」にも登場する「縁側」


【縁側の起源】


最古の「縁側」は奈良時代といわれている。

平安貴族の家では床を板で作るのが一般的になり、
「縁側」の原型はここで確立された。

heian

画像はイメージ フリー画像です
(平安貴族のイメージ)


そもそも「縁側」をつくるには、
ある程度の庭などが必要になります。

土地も必要になる為、当然庶民よりも貴族が先ということになります。

有名な「枕草子」などにも「縁側」の記載があるそうです。



「縁側」ではなく「縁台」


「江戸時代において」


当時の江戸長屋には「縁側」などは存在しなかった。
その代わりに「縁台」と呼ばれる木製の長椅子が存在した。

endai

画像はイメージ フリー画像です
(縁台で涼む女性)


江戸長屋では当然庭などはありませんので、
庶民たちは涼しい夕刻になると、
「縁台」と呼ばれるいわゆる「長椅子」を家の前に出しそこで「涼」をとっていたようです。

近隣の方との会話も頻繁に行いました。
飲食をする機会も多かったことでしょう。

浮世絵にも「縁台」は多く登場し、その様が現在のイメージに繋がっています。

endai1

画像はイメージ フリー画像です
(縁台の浮世絵イメージ)


庶民の自宅に「縁側」が作られるようになったのは、
大正時代に入った頃…ようやくという感じでした。

・春はお花を楽しみ
・夏にはスイカや花火を
・秋になれば干し柿をつるしたり
・お茶を飲み世間話に花を咲かす

コミュニケーションの場として、
広く浸透していきました。

「縁側」には外(庭)から部屋へ入る踏み台としての意味もありました。

玄関を通さずとも、
庭へスムーズに移動できるため洗濯物を干すのに便利であったのです。

農作業の出入り口としても重宝しました。



西洋建築に見る「縁側」


「縁側」というのは日本独自の文化といわれています。

しかし西洋建築でも類似するものが存在します。
それが「テラス」や「ウッドデッキ」と呼ばれるものです。

uddodekki

画像はイメージ フリー画像です
(現代建築に見るウッドデッキ)


人が集まり一時を共に過ごす。
確かに同じです。

海外のそれは規模が大きく、
バーベキューなどを楽しむようです。

しかし、都市型の生活をする者は、
マンションに住み、できるだけ他人と関わらずに生きる生活を好みます。

それは日本でも同じです。



農耕民族であった日本人


現在は田舎の家でさえ「縁側」がない家も多いです。

上述の通り簡単に出入り出来る事は良いことだけではありません。
時代も昔のようにおおらかではありません。

kominka

画像はイメージ フリー画像です
(縁側で涼む家族のイメージ)


日本人は本来は農耕民族です。
「縁側」で農作業の合間のお茶を飲み、
手拭いで顔を拭いて、また作業に戻っていきました。

そういった生活スタイルにマッチしていたのです。


様々な工夫を凝らして夏を乗り切っていたのでしょう。

・強い日差しをすだれで避ける
・庭の砂埃を打ち水で防ぎ涼しくする
・夕涼みに「縁側」でスイカを食べる
・夜には家族で花火を楽しむ
・風鈴の音色を楽しむ

etc…

engawa

画像はイメージ フリー画像です
(スイカと蚊取り豚)


クーラーがなくとも、
家自体が風を通す仕組みになっていたので過ごしてこれたのでしょう。
(昨今の異常気象はもはや別物です)



アウトドアブームは原点回帰なのかも…


令和の世になり、

・昭和レトロ
・アウトドアブーム

などが話題になっています。

shouwa

画像はイメージ フリー画像です
(昭和レトロ風の部屋)


しかしよくよく考えてみると、

江戸時代の「縁台」は折りたたみアウトドア用の椅子とも言えます。

人との「縁」が遠くなりつつある現代。
「縁」をつなぐ「縁側」のような場所を求めているのかもしれません。

そう考えたら「原点回帰」の一つと見ることも出来ます。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(縁側は四季を感じる場所でもある)


様々な工夫を凝らしていた「江戸時代」
一つ一つを見ていくと、何か「大切なもの」が見えてくるかもしれません。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



滴る水の余韻を楽しむ…古来の音響装置


こんにちは(・◇・)ゞ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


江戸時代には様々な方法で、

「涼」

を求めました。


音色は「涼感」と直結します。
そんな「江戸の涼」についてのお話です。

本日は「水琴窟」について記載します。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(日本庭園と水の組み合わせ)



澄んだ水の余韻…波紋のごとく伝わる


澄んだ水の音色を奏でる「水琴窟」

「風鈴」同様に、
涼しげな音色はそれだけで温度を下げてくれるような、
清々しさがあります。

suikinkutu

画像はイメージ フリー画像です
(水琴窟の一例)



【水琴窟とは?】

水瓶に水が滴る余韻音を楽しむ音響装置。

地中に埋めた水瓶に、
柄杓で水をたらすとそのしずくが瓶内で反響。
心地よい音響をもたらす。

現在では庭園の他、自宅用の水琴窟も施工されている。

kateiyousuikinkutu

画像はイメージ フリー画像です
(自宅に置ける水琴窟も…)



庭先の排水装置から産まれた?


【水琴窟の起源】


江戸時代中期。
茶人であり著名な作庭家で知られる「小堀遠州」が考案した、
蹲踞(つくばい)からの排水を処理する「洞水門」が起源という説がある。

但し詳細は不明とされている。

tukubai

画像はイメージ フリー画像です
(蹲居の一例 溢れた水は底の瓶へ落ちる)


茶室などに入る前に手を清める蹲居(つくばい)
そちらから溢れる水を地下に設置した水瓶に落とし、
音色までを楽しんだ「水琴窟」

非常に風流な仕掛けと言えます。

suikinkutusikumi

画像はイメージ フリー画像です
(蹲居水琴窟の構成図)


「水琴窟」

という名称はその水の音色が、
「琴の音」に似ていることから来ていると言われています。



作庭の趣を高める傑作


「江戸時代において」


江戸中期頃の庭に「水琴窟」が存在したという記述がある。
作庭の傑作として日本庭園の趣を高める傑作と言われた。

suikinkutu1

画像はイメージ フリー画像です
(現存する水琴窟の一例)


江戸の中期にはそれなりの数が作られたそうです。

国の名勝に指定されるようなお庭に設置されていたという「水琴窟」
庶民が自宅で楽しむよなものではなかったようです。

明治の世に入り、

「水琴窟」は拡がりを見せましたが、

その後は衰退をたどりました。


当時の「水琴窟」で現存しているものは数少ないようです。

昭和60年頃のテレビにて「水琴窟」が紹介され、
静かなブームに…。

その後変遷を経て現在に至っているようです。


これは完全に私見ですが、
各地の名所めぐりといえば神社や仏閣…そして庭園です。

そんな旅の中で「水琴窟」を楽しんでいたのかもしれません。

edoryokou

画像はイメージ フリー画像です
(江戸時代の旅のイメージ)



一つとして同じものがない「水琴窟」の音色


「水琴窟」

は独特の製法でつくられます。

特徴としては、

「一つとして同じ音がない」

事があげられます。


どんな音なのか一つの例を聞いてみましょう。



動画はYou Tubeより
(東京都港区泉岳寺の水琴窟)


いかがでしょうか?
大変涼やかで…癒される音色です。


手水鉢の真下に洞窟を作り。
その中に水滴が落ちて底面に溜まった水に波紋が生まれます。
洞窟の壁面に反響した音は唯一無二のもの。

大変涼やかで趣のある音色として響くのです。




その音響設備は一流


一説によると一滴の水滴でおよそ1秒間の余韻が響く「水琴窟」

これは一流のコンサートホール並であると言われています。

konsatoho-ru

画像はイメージ フリー画像です
(音の反響は同等レベルとされている)


江戸時代に考案したとされる作庭師はとんでもない発想力です。

人間にとって心地よい音源の一つとされ、
一つ一つ音が違うのも特徴です。


「小堀遠州」という人物は、
江戸時代の大名であり茶人であった人物です。

徳川将軍家の茶道指南役としても活躍した人物なのだそうです。



日本庭園の静寂に響く竹の音色


日本庭園にはもう一つ水を使った庭の仕掛けがあります。

竹が「カコン!」
という音でおなじみの「ししおどし」です。

sisiodosi

画像はイメージ フリー画像です
(水の力で竹を打ち音を出します)


こちらは音響を楽しむというより、
実は農作物の被害を防ぐ鳥獣避けなのです。

ししは「獅子」ではなく「鹿」の事。
漢字で書くと「鹿威し」が正解です。


日本庭園では静寂も一つの音色と考えます。

沈黙から響き渡る「鹿威し」の音。
「水琴窟」同様に風流で日本を感じる事が出来るものです。


様々な騒音が多い現代では産まれ得ぬ発想ではないでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ