おしゃれ感のある「手土産」としても人気



こんにちは(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


スイーツにも歴史があります。

現在では定番になっているスイーツも、
平成のヒットがきっかけになっています。


青山に出来たブティックがきっかけで、
女性人気に火が付いたスイーツです。


本日ご紹介する「マカロン」は、
フランスを代表する焼き菓子の一つです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(彩り鮮やかな「マカロン」)



「マカロン」が流行した頃


「マカロン」が日本でヒットしたのは、

平成17年(2005)頃でした。


makaron

画像はイメージ フリー画像です
(見た目がかわいい「マカロン」)


その頃の日本では、

・愛知県で「愛・地球博」が開幕
日本プロ野球 「セ・パ交流戦」が開幕
・「ちょい不良オヤジ」流行
 

そのような時代でした。



sepakouryuu

画像はイメージ フリー画像です
(2005年が初であった「セ・パ交流戦」)



日本のプロ野球には、

・セントラルリーグ
・パシフィックリーグ

という二つに別れて運営されています。

「日本シリーズ」

つまりセ・リーグとパ・リーグのトップの決勝戦を除けば、
初めて交流する試合が誕生した年でした。



tyoiwaruoyazi

画像はイメージ フリー画像です
(時の人となった「ジローラモ氏」)



この年の流行語に入ったのが、

「ちょい不良オヤジ」

でした。


月刊ファッション雑誌「LEON」が生み出した用語で、

・年齢は上だけどちょっと格好いい
・おじさんが着ないようなファッション


今では普通に用いる「ちょい不良」という言葉も、
この年に誕生しました。

ファッションの世界でも「多様性」が始まっていたのです。


そんな時代にヒットしたのが「マカロン」です。




「マカロン」とは?


フランス発祥の焼き菓子と言われています。

固く泡立てたメレンゲに、
砂糖やアーモンドパウダーなどを加えて焼き上げた生地に、
クリームやジャムなどを挟んだスイーツです。


※発祥には諸説あります
 イタリア説もありますがここでは割愛します


parinomati

画像はイメージ フリー画像です
(パリの街並みのイメージ)



焼き菓子の一種とされていますが、
基本は冷蔵保存が必要で生菓子に近いです。

賞味期限も5日ほどと長くはありません。


makaron1

画像はイメージ フリー画像です
(「マカロン」は賞味期限が短い)



私達にもおなじみの2枚の生地で挟んだこの形は、

「パリ風マカロン」(パリジャンマカロン)

と言います。


正式名称では「マカロン・ムー」(柔らかいマカロン)と言います。


makaron2

画像はイメージ フリー画像です
(「マカロン・ムー」とエッフェル塔)



パリの洋菓子店「ラデュレ」の経営者である、
「ピエール・デフォンテーヌ」が、
1930年に2枚の「マカロン」にジャムやクリームを挟んで販売したのが始まりとされています。


radhure

画像はイメージ フリー画像です
(「ラデュレ」と見られる外観)



きっかけは「ピエール・エルメ」


日本での流行のきっかけとなったのが、

東京青山に出来た「ピエール・エルメ」のブティックとされています。


pie-ruerume1

画像はイメージ フリー画像です
(クロワッサンやマドレーヌも有名)



・見た目のかわいさ
・今までにないカラーバリエーション
・小さなサイズ感
・手土産としてのおしゃれ感


これらが女性に大変人気となり、
ヒット商品として他店も追随する形で拡がっていきました。


pie-ruerume


画像はイメージ フリー画像です
(ピエール・エルメ「マカロン」のイメージ)



またフレーバーも豊富で、選ぶのが楽しかったのもヒットの要因です。

ベーシックなものでも、

・バニラ
・チョコレート
・ピスタチオ
・ローズ

更に季節限定のフレーバーなどもあり、
流行に敏感な女性たちに受け入れられました。




最近でも進化が続く「マカロン」


現在でも「和食」は世界中で認められています。

そして和のフレーバーは「マカロン」でも人気です。


mattya

画像はイメージ フリー画像です
(海外でも人気の「抹茶」フレーバー)



代表的なものでも、


・抹茶
・ほうじ茶
・きなこ
・黒ごま
・山椒
・小豆


など多くのフレーバーが登場しています。


mattyamakaron

画像はイメージ フリー画像です
(「和」+「和」や「和」+「洋」もある)



まさにバリエーションは無限大です。

今後も新しいフレーバーが登場して行くことでしょう。


近年では「グルテンフリー」や「米粉」を使用したもの、
糖質を抑えるなど、時代に合った「マカロン」も登場しています。



「絶妙」だったサイズ感


もしも「マカロン」が、
一つで満足できる大きさだったら…

当時の大ヒットには繋がらなかったと思います。


現在は大きめサイズの「マカロン」も人気を博しています。


太っちょマカロン

画像はいつかの「トゥンカロン」
(通常の「マカロン」よりもボリュームがあります)



こちらは韓国でヒットして、
日本でも店舗があるお店です。

「トゥンカロン」

とは日本語では「太っちょマカロン」を意味します。



平成に「手土産」としてヒットしたのは、

小さいのを少しずつ食べられて、
どの味が美味しいといった会話も進む。

そんな事も関連しているのでしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です