三寒四温 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:三寒四温



春先に恥ずかしい思いをしないように


こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本語の本来の意味は変わるものです。

テレビなどでも使われることで、
容易に本来の意味とは変わってきてしまいます。

今日はそんなお話です。

BlogPaint

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(いつかの梅)



大きいマスメディアの影響力


春先のテレビのお天気中継。
よく使われる言葉です。

「三寒四温」

そのままの意味で…

3日寒い日があると4日ほど暖かい日がある

という季節の言葉です。

1248

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(いつかの牡丹)



「三寒四温の今日このごろ…お天気は長く続きません」

春先のテレビのよくある光景です。


こちらを聞くと春に使うのだなと勘違いしがちです。
そのくらいメディアではよく用いられています。

私達はその影響をそのまま受けてしまいます。
テレビが全て正しいわけでは無いのです。



本来は「冬」の季語


言葉というのは時代と共に変わってきます。
この

「三寒四温」

もその一つです。

1221

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(冷たい季節にホッとする暖かい日)


春先の天気が安定しない様子を表した言葉ではありません。

寒い冬の季節に

「3日寒い日があると4日ほど穏やかである」

というさまを表現した言葉です。


手紙などが減った現在ではなおさら本来の意味ではなくなっている。
そう言えるかもしれません。

時候の挨拶としては2月くらいまで用いる言葉です。



もともとは日本の言葉ではない


諸説ありますが…

「三寒四温」

は中国の北東部などで使われる言葉であったと言われています。

その地方では冬が「三寒四温」を体現する気候であった。
それが語源です。


その言葉が日本に伝わり使われるようになりましたが、
日本では春先の気候が一番近いのです。

・テレビなどで使用された
・そのまま春の言葉として使う方が増えた

この言葉を聞いてテレビに苦情を申し立てる人もそういないでしょう。



知っておいて損はない


例えば目上の人などへの手紙。
春先になんらかの事情で書くこともあるでしょう。

1163

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(早春を告げる梅林)


この時に

「三寒四温」

を使うのはやめておきましょう。


目上の方は色々とご存知です。
恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。


もし春先に時候の挨拶を使うなら…

・早春
・春風
・ようやく春めいて…

etc…


などを用いたほうが良いでしょう。


知っておくと少しだけ役に立つお話でした。

手紙を書く機会が減った昨今…
こういう時候の挨拶はより減っていくのかもしれません。

「知らないよりは知っていたほうがいい」

そんな言葉の一つです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



桜の開花には寒さも必要


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


桜というのは日本人にとって特別な花と言えるでしょう。
桜前線と言われる開花予想がテレビで流れるお花も桜くらいですね。

桜は暖かい地方より咲き始めて、北海道まで咲いていきます。


最近では温暖化の影響なのでしょうか?
いきなり関東地方から咲き拡がるように咲いたり。
不安定になっていますね。


桜の開花には最高気温の合計が600度を越える必要がある
これを600度の法則と言うそうです。
※今回は割愛させて頂きます

BlogPaint

いつかのソメイヨシノです📷



開花の準備は秋には終わっている


実は桜は葉が落葉する10月前後には、
花を咲かせる準備がほぼ出来ているそうです。

葉は落葉する前に光合成により養分を蓄えて、その役目を終えます🍂
つまり花を咲かせる準備OKになったので散るわけです。

その後は厳しい冬がやってきます。
桜の樹本体が負けてしまないように…
厳しい冬から大切な花芽を守るために…

成長を抑制するホルモンを出して…花芽をコーティングするのです。
自然の仕組みというのはすごいものですね。



開花のスイッチはいつ入る?


暖かいから桜が咲くというのは半分正解です。
実は桜の開花には寒さも必要なのです。

sakuratubomi

画像はイメージ フリー画像です
(つぼみはいまだ固し)


桜の開花スイッチは

「2度から12度の温度にさらされること」

これでスイッチが入ると言われています


だからただ暖かく温度差がない…
朝が氷点下である…

これだとスイッチが入らないのです


桜が咲き始める頃の気温を考えて見て下さい。
三寒四温といいまして、非常に寒暖差が大きいですね。

この寒暖差が重要なファクターです。



桜の開花


寒暖差でスイッチオンになった桜。
成長抑制ホルモンで守っていた花芽のコーティングを徐々に壊し始めます。

そして平均気温も徐々に高くなっていきます。

朝が5~6度
昼が17~18度

sakuratubomi1

画像はイメージ フリー画像です
(ここまで来ればあと僅か)


このくらいの温度ですと平均気温が12度~13度くらい。
そこで一気に花開くわけです。


ソメイヨシノがすべて同じ桜のクローンと言われているのはご存知ですか?

桜並木は皆同じ桜が元になっているわけです。

寒暖差の差異があるので、多少のズレはありますが、
桜並木が綺麗に咲きそろう理由の一つです。



少し違った目線で桜を楽しんでは?


こうした桜の開花メカニズムを知った上で。
天気予報を見てみましょう。

最低気温と最高気温…平均気温などを考えた上で見てみると、
いつもの天気予報も少し変わって見えてくるかもしれません。

1022

画像はいつかの桜 やっと出会えました


残念ながら桜の樹はクローンゆえの弱点も持っています。

そう…寿命が同じになる可能性です。
そして人の手を借りなければ、確実に枯れてしまうかもしれません。

私達は自然の恩恵をもっと大切に見ていく必要があるんじゃないでしょうか…

桜の樹の下で騒ぐだけがお花見ではないのです。


お花見は自然への感謝を込めて…
敬愛の念で見ることと致しましょう。


今年も桜が楽しめてありがとうの気持ちを忘れずに(。ᵕᴗᵕ。)ஐ
(2021.3 加筆修正)




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




こちらも合わせてご覧ください






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です









  

このページのトップヘ