七草粥 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:七草粥



「純白」の「スズシロ」…まるで天然の胃腸薬



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「春の七草」と呼ばれる植物があります。


季節を感じさせる響きとともに、
様々な効能を持っている「薬草」でもあります。


本日は「スズシロ」についてのお話です。
どのような「言われ」や「効能」があるのでしょうか?


suzusiro

画像はイメージ フリー画像です
(「春の七草用」に育てられた「スズシロ」)




「スズシロ」の基本情報


分類 アブラナ科ダイコン族
名称 スズシロ(蘿蔔、晴白、涼白)
別名 大根(一般名称)


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(私達が普段頂いている「大根」と同じもの)



「春の七草」の一つ。
野草というよりは食すために栽培される事が普通です。


私達が普段頂いている「大根」と同じものです。
その小さいものを「スズシロ」と呼んでいます。

春の七草では、
葉を含め根まで全体を「スズシロ」と呼称します。


suzusironohana

画像はイメージ フリー画像です
(白にやや紫がはいった涼やかな花)



「根菜類」ですので根を頂きますが、

葉を含めて全体を食用とします。


daikon

画像はイメージ フリー画像です
(一般的な大根のイメージ)



※野草は知識のある方と…誤食に注意しましょう!



「春の七草」における「言われ」


【「スズシロ」が選ばれた理由】


「汚れのない純白さ」


肥大した根の色が、
汚れのない「白」であることから「縁起物」とされています。


「スズシロ」はその肥大した根を頂きますが、
根の色が白いのが特徴的です。

白は汚れのない様子を表し、
それを新年に頂く事で一年間の無病息災を願うものです。


moti

画像はイメージ フリー画像です
(お正月に頂く餅も白)



一説によれば、

「スズシロ」は、
「スズナ」の代わりになる野菜だから、
「すず代(しろ)」と呼ばれるようになったという説もあります。


kabutodaikon

画像はイメージ フリー画像です
(もしかしたら「春の六草」だったかも…?)



涼やかに白いから「涼白」の文字を当てたなどの説があります。



「スズナ」同様に葉から根までを全て頂ける野菜であり、
冬の貴重な「栄養源」であったことは変わりません。


hosidaikon

画像はイメージ フリー画像です
(「大根」を干している様子)



その色合いはもちろんのこと、
保存食としての有用性から「縁起物」として重宝された「春の七草」の一つです。

※諸説あります




「健胃作用」に優れる天然の胃腸薬


【主な効用】


・健胃作用
・消化不良や二日酔い
・冷え


onakawoatatameru

画像はイメージ フリー画像です
(お腹を温めることで全身が温まる)



胃もたれを防ぎ、胃炎を予防する作用があります。

根の部分には「ジアスターゼ」と言われる消化酵素が多く含まれます。
これは市販の胃腸薬にも用いられている成分です。


igusuri

画像はイメージ フリー画像です
(天然の胃腸薬と言われる所以です)



「スズナ」同様に「七草粥」に「スズシロ」を入れることは非常に理にかなっています。


寒い時期に食すことで、身体を温めてくれる効果もあります。
暖房などが乏しい時代にはさぞありがたかった事でしょう。



hieru

画像はイメージ フリー画像です
(「冷え」は万病の元です)




【主な栄養素】


・ビタミンA、C
・ジアスターゼ
・アミラーゼ
・カルシウム


suzusiroirasuto

画像はイメージ フリー画像です
(しっかり葉まで頂きましょう)



「スズシロ」は葉と皮を含めて全て頂きましょう。

特に葉の部分には多くのビタミンやミネラルを含みます。

また皮も柔らかいのできざんで一緒に食べることで、
栄養効率がアップします。



調理方法は「大根」と同様


【主な調理方法】


・漬物やピクルス
・煮物
・焼き物
・炒めもの

etc…


「スズシロ」は万能野菜の一つです。

何にでも便利にご利用頂けます。


daikonorosi

画像はイメージ フリー画像です
(お餅と一緒に食べてもOK)



消化酵素を生かしたい場合は、
「大根おろし」が最も効率的です。

お餅と一緒に食べる「辛味餅」はもたれを防ぎつつ美味しく頂けます。



karamimoti

画像はイメージ フリー画像です
(非常に効率的な「辛味餅」)



また「スズシロ」の葉にはカロテンを始め、
ビタミン類やミネラルなどがたくさん含まれています。

一緒に頂く事をおすすめします。


suzusirotukemono

画像はイメージ フリー画像です
(お漬物は是非…葉も一緒に)



先達が「春の七草」に込めた想い


「春の七草」には先達の想いが込められています。

その効能を考えるほどに、実に理にかなっているのです。

・消化を助ける
・風邪の予防をする
・身体の酸化を防ぐ
・二日酔いを防ぐ
・身体を温める


nanakusagayu2

画像はイメージ フリー画像です
(迎えた新年を無事に過ごせるように)



まだ科学が発達していない時代です。

その効能を自然に取り入れていた先達の知恵には頭が下がります。


「今年一年を健康に過ごせますように」


という最もささやかな、かつ大切な願いが見えてくるのです。


omikuzi

画像はイメージ フリー画像です
(ささやかなる願いを込めて)



先達が残してくれた風習や伝統は意味があるものです。

出来れば、伝え残していく文化であると…そう思うのです。



「七草粥」にはそんな思いが込められています。


飽食の時代である現代こそ、
必要な食文化の一つであるのかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.1 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



神を呼ぶ「縁起物」…葉もしっかり頂いて



こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「春の七草」と呼ばれる植物があります。


季節を感じさせる響きとともに、
様々な効能を持っている「薬草」でもあります。


本日は「スズナ」についてのお話です。
どのような「言われ」や「効能」があるのでしょうか?


suzuna

画像はイメージ フリー画像です
(「春の七草用」に育てられた「スズナ」)



「スズナ」の基本情報


分類 アブラナ科アブラナ族
名称 スズナ(菘、鈴菜)
別名 蕪(一般名称)


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(私達が普段頂いている「蕪」)



「春の七草」の一つ。
野草というよりは食すために栽培される事が普通。



私達が普段頂いている「蕪」と同じものです。

その小さいものを「スズナ」と呼んでいます。

「春の七草」では、
葉を含め根まで全体を「スズナ」と呼称します。


suzunanohana

画像はイメージ フリー画像です
(アブラナ科の特徴的な花)



根菜類ですので根を頂きますが、

葉を含めて全体を食用とします。


kabu

画像はイメージ フリー画像です
(通常サイズの「蕪」のイメージ)



※野草は知識のある方と…誤食に注意しましょう!



「春の七草」における「言われ」


【「スズナ」が選ばれた理由】


「神を呼び込む鈴」


肥大した根の形が、
「鈴」に似ている事から「縁起物」とされました。


suzu

画像はイメージ フリー画像です
(一般的な「鈴」のイメージ)



神社仏閣に見る大きな「鈴」
一説には神様を呼び込む為にあるとされています。

また「鈴の音」は古来より魔除けの意味もあります。


その「鈴」に形が似ていることから「スズナ」として「縁起物」になりました。


suzu1

画像はイメージ フリー画像です
(神社仏閣に見る「大鈴」)



非常に歴史が古い「根菜類」の一つであり、
弥生時代にもたらされたとする説もあるようです。




yayoizidai


画像はイメージ フリー画像です
(中国または朝鮮半島から入ったとされる)



葉だけでなく根も頂ける貴重な「栄養源」であった事は、
想像に難しくありません。


姿形からも「縁起物」である事が伝わってくる「春の七草」の一つです。

※諸説あります



葉はビタミンの宝庫…根は「健胃作用」に優れる


【主な効用】


・健胃作用
・風邪予防
・骨粗しょう症予防


daietto1

画像はイメージ フリー画像です
(「健胃作用」で健やかに)



胃もたれを防ぎ、胃炎を予防する作用があります。

根の部分には「ジアスターゼ」と言われる「消化酵素」が多く含まれます。
炭水化物であるでんぷんに作用して消化吸収を助けます。


igusuri

画像はイメージ フリー画像です
(胃腸薬の成分にも用いられる「ジアスターゼ」)



「七草粥」に「スズナ」を入れることは非常に理にかなっています。




【主な栄養素】


・ビタミンA、B、C
・カルシウム
・食物繊維
・鉄 



suzuna



画像はイメージ フリー画像です
(葉まで頂いて栄養素を余すことなく取得できる)



「スズナ」は葉と皮を含めて全て頂きましょう。

特に葉の部分には多くの栄養素を含みます。


また皮も柔らかいので、きざんで一緒に食べることで、
栄養効率がアップします。



調理方法は「蕪」と同様


【主な調理方法】


・漬物やピクルス
・煮物
・焼き物
・炒めもの

etc…


「スズナ」は柔らかいので非常に使いやすい食材です。

何にでも便利にご利用頂けます。


kabunotukemono

画像はイメージ フリー画像です
(漬物やピクルスに)


葉の部分は炒めて食べても美味しく頂けます。

kabunoha2

画像はイメージ フリー画像です
(葉を食べないのはもったいないです)



辛み成分である「グルコシアネート」は、

・発がん性物質を解毒
・活性酸素の除去

がん予防とアンチエイジングを併せ持つすぐれた効能を持ちます。



「縁起物」を全部頂きましょう


「七草粥」を調理する際に、
皮や根の部分を除去してしまう方もおられるそうです。

効能を全て生かすには水洗いだけで充分です。


kabuarau

画像はイメージ フリー画像です
(土をはんでいる場合は竹串などを用いる)



「縁起物」に見立てられた「スズナ」

余すことなく全てを頂き、
健康な年明けを祈願するのもまた一興です。


kabuokayu

画像はイメージ フリー画像です
(「スズナ」だけでも美味しく頂けます)



お正月で胃腸が弱っている時は、
「スズナ」(蕪)のおかゆなどを頂くことで調子を整える事ができます。



なんとなく「七草粥」として頂いていましたが、
きちんと意味や効能がありました。



意外に知らない事が多い「春の七草」
またお届け致します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.1 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です






  



シソ科の「ホトケノザ」は食べられない



こんにちは(゚∇゚ ;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「春の七草」と呼ばれる植物があります。


季節を感じさせる響きとともに、
様々な効能を持っている「薬草」でもあります。


本日は「ホトケノザ」についてのお話です。
どのような「言われ」や「効能」があるのでしょうか?


koonitabirako

画像はイメージ フリー画像です
(食用に適しているのはキク科の「コオニタビラコ」)



「ホトケノザ」の基本情報


分類 キク科ヤブタビラコ族
名称 ホトケノザ(仏の座)
別名 コオニタビラコ(小鬼田平子)


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「コオニタビラコ」小さな黄色い花が咲きます)


「春の七草」の一つ
湿地を好み田のあぜ道などに多い。


実は「春の七草」に数えられる「ホトケノザ」は、
キク科の「コオニタビラコ」のことを指しています。


koonitabirako

画像はイメージ フリー画像です
(食用に適すのはキク科の野草)



「ホトケノザ」という名前の野草は、
シソ科に存在します。

こちらは食用に適さないのだそうです。


hotokenoza1

画像はイメージ フリー画像です
(こちらはシソ科…紫の花が咲きます)



とても紛らわしいため、ここでは、


「ホトケノザ」⇒「コオニタビラコ」として記述を続けます。


花が咲く前のその茎や葉を食用とします。



※野草は知識のある方と…誤食に注意しましょう!



「春の七草」における「言われ」


【「ホトケノザ」が選ばれた理由】


「仏の座に似ている葉」


葉の姿形が、

仏様が座っている「座」によく似ているということから、

「縁起物」とされました。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「仏体」そのものを表す「ゴギョウ」)



「ゴギョウ」 ⇒ 仏様そのものを表す。
「ホトケノザ」⇒ 仏様のお座りになる椅子を表す。

ということで共に「縁起物」として「春の七草」に入ったわけです。



hotokesama


画像はイメージ フリー画像です
(仏様が座る「円座」をイメージした)



「ホトケノザ」は地面を拡がるように葉を伸ばします。

その姿から御仏の姿形を想像したのかも知れません。


koonitabirako1

画像はイメージ フリー画像です
(「コオニタビラコ」拡がるロゼット状の新芽)



「仏様の椅子」

その名称から「縁起物」である事が伝わってくる「春の七草」の一つです。

※諸説あります



「健胃作用」や「整腸作用」に優れる


【主な効用】


・健胃作用
・整腸作用
・咽頭痛の改善


kenisayou

画像はイメージ フリー画像です
(ほろ苦さがあり胃腸を整える)


胃を強く保ち、整腸作用を持ちます。

お正月で酷使した胃腸を休めるには最適の効能を持ちます。


一部の民間療法では咽頭痛の改善に用いたり、
皮膚の疾患に用いたという記述もあるようですが、
定かではありません。




【主な栄養素】


・抗酸化物質



koonitabirako2


画像はイメージ フリー画像です
(「生薬」又は冬季の「栄養源」に用いられたとされる)



「ホトケノザ」の栄養素としては、
実の所よくわかっていません。


ほろ苦さ持ち、特有のアクがあります。

「良薬は口に苦し」

の言葉のように胃腸によいものとされてきたようです。



nigaikusuri


画像はイメージ フリー画像です
(「良薬は口に苦し」のイメージ)



一部「抗酸化物質」を検出したなどのデータもあるようですが、
専門的な話になるため、ここでは割愛致します。



強いアクを抜くには「天ぷら」がおすすめ


【主な調理方法】


・天ぷら
・お浸し
・炒めもの

etc…


アクが強めなのでしっかり茹でた後、流水にさらして使用します。

天ぷらなどの調理方法はアクも飛ぶので向いているそうです。

お醤油や山椒などで炒めものを作ると美味なのだとか。


kakiage

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「豆苗」のかき揚げ)



しっかりとアクを抜けば、お浸しとして頂く事もできます。


ohitasi

画像はイメージ フリー画像です
(アクをしっかり抜けば美味しく頂ける)



しっかりした下ごしらえが必要な為、
どちらかというと「山菜」に近いポジションと言えなくもありません。


sannsai1

画像はイメージ フリー画像です
(下ごしらえに時間がかかる山菜たち)



七草セットに入っているのは「コオニタビラコ」


シソ科の「ホトケノザ」が七草パックに入っている事はありません。

強い毒性は持っていないものの、
とても食べられたものではないのだそうです。


koonitabirako3

画像はイメージ フリー画像です
(「コオニタビラコ」拡がる葉)



両者は姿形も若干違います。


hotokenoza

画像はイメージ フリー画像です
(シソ科の「ホトケノザ」こちらは「円座」に近い形」



「なぜ混同されたのか?」


については、

「見た目の違いはあれど同じものを連想させた」

という事でしょうか?


推測の域を出ません。



厳しい冬を乗り切るために


何れにせよ食べ物が足りなく、
厳しかったであろう冬季。


これを乗り切るために「仏様」にすがった。

「仏様が座っているような形」

だと昔の方は想像をしたのでしょう。


nanakusagayu1

画像はイメージ フリー画像です
(七草粥のイメージ)



そんな事を考えて見るのもまた一興です。


なんとなく「七草粥」として頂いていましたが、
きちんと意味や効能がありました。



意外に知らない事が多い「春の七草」
またお届け致します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.1 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ