大手ブランドも用いるアーティフィシャルフラワー


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

アーティフィシャルフラワーは様々なシーンで活躍しています。

そんなシーンを…
魅力とともにお届けしたいと思います。


本日はその②
「デパートのディスプレイにも活躍」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です



近年では大手ブランドも注目


最近のアーティフィシャルフラワーの進歩は目覚ましいものがあります。

・海外大手ブランドのディスプレイ
・銀座のショーディスプレイ
・ホテルのエントランス
・大手レストランなど外食産業

このような以前は生花しか扱わなかった分野でも活躍するようになってきました。



利便性を活かしたアートとしての価値


ディスプレイされるホテルのエントランス等は…

・入り口の開閉により気温が左右される
・空調などの風が当たりやすい

場所に当たります。

dhisupurei

画像はイメージ フリー画像です


またショーウィンドウの空間は夏場には暑く、冬場には寒い生花にとって良い状況とは言えません。


今までは生花で対応していた場所を…
アーティフィシャルフラワーに変更すると。

・初期投資はかかるものの最終的に経済的。
・アーティフィシャルフラワーでも同等の価値を出すことが可能。

ということが言えると思います。



空間ディスプレイにおいての活躍


空間ディスプレイにおいて生花を用いた場合、水やりの有無が大きな問題になります。
そして枯れた花の除去、差し替えなどが発生します。

植物である以上ある程度の照明は必要です。

その点でマッチしたのがアーティフィシャルフラワーと言えます。


また芯に針金を使用している為、折り曲げ加工が容易なのもディスプレイ向きです。
活花などでは枝を曲げる技術がありますが、限界はあります。



アーティフィシャルフラワーの展覧会なども


有名な華道家によるアーティフィシャルフラワーの作品展など。

いわゆる一流と呼ばれる人。
一等地と言われる場所でのアーティフィシャルフラワー使用も普通になってきました。

エントランスのアーティフィシャルフラワーを
カメラに収める光景も今ではだいぶ普通になりつつあります。


生花とアーティフィシャルフラワー
上手に使い分けて
双方ともの良さを生み出していく…


そんな時代になっているのかもしれません。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です