「毛の生えたもの」中身は美味


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


海外旅行は難しくとも、
トロピカルフルーツなど珍しいものは入手することが出来ます。

日本語では「熱帯果樹」

しかし意外に知らない種類も多いです。


本日は「ランブータン」についてお届けします。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(はじめにこの果実を食べようと思った人…すごい)



ライチの仲間…果実は美味!


◆ランブータンって?


原産地 マレー半島
分 類 ムクロジ科 ランブータン属
別 名 トゲレイシ

レイシというのはライチの仲間のようです。

ranbutan1

画像はイメージ フリー画像です
(実のなるランブータンの様子)


語源のなっているのはマレー語で「rambut」=「毛」

「~のものを」意味する
「~an」がついて

ランブータンです

つまり「毛の生えた物」という意味です。



白くジューシーな果肉


◆美味しいの?


東南アジアでは人気の果実で通常食べられているそうです。
赤いいがぐり状の皮の中に白くジューシーな果肉。

ranbutan2

画像はイメージ フリー画像です
(中身は白くきれいです)


ジューシーで甘酸っぱく爽やかな香気とされています。

ビタミンCがとっても豊富でカルシウムがたくさん含まれています。
紫外線から肌を守ると言われています。

暑い国の知恵とでも言うべきでしょうか?
やはりその土地に生きるべく…なのでしょう。



石鹸の原料にもなっている


◆特筆すべき事


特筆すべきは油脂に富んだ種です。
オレイン酸が大量に含まれています。

普段私達が利用している化粧品や石鹸の原料になっているそうです。

sekken

画像はイメージ フリー画像です
(天然せっけんのイメージ)


更にはランブータンの根や樹皮は医薬品や染料として利用され、
まさに捨てるところがない果実と言えます。


タイなどではランブータンのお花の蜜をミツバチが集めるそうです。
間接的にはちみつの原材料にもなっています。



残念ながらフレッシュの入手は難しい


日持ちしない果実です。
そのため日本で生を入手できるチャンスは少ないです。

ただ缶詰も発売されているそうですので、
まずはそちらで頂いてみるのはいかがでしょうか?

ranbutan3

画像はイメージ フリー画像です
(ランブータンの缶詰)


ちなみに冷凍でしたら普通にネットなどで購入出来ます。
一度試してみてもいいかもしれません。


見た目とは裏腹にとっても役に立つトロピカルフルーツです。

ほぼ全てが有益に使われているのです。




意外に知らないトロピカルフルーツ特集①
お届けいたしました。


また次回お会いしましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2022.8 加筆修正)



合わせて読みたい記事です





登録頂ければ嬉しいです






ツイッターのんびりやっております