ミンネ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ミンネ



育成に不安があるならフェイクグリーンを…


こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


静かなブームとなっている、

「コーデックス(塊根植物)」

をご存知でしょうか?


インテリアとしても価値のある魅力的な存在ですが、
いささか育成のハードルが高めです。


あくまで「コーデックス」風ですがすぐに飾れるインテリアたちです。

では早速ご紹介させていただきます

BlogPaint

画像はギャラリーより
(3種類をご準備しています)



「コーデックス」の本物の育成には知識が必要


「コーデックス」(塊根植物)

は多肉植物の一種であり、
その肥大した塊根が特徴です。

一つ一つが非常に魅力に富んでおり、
インテリアとしての価値も高いアイテムです。

kodekusu9

画像はイメージ フリー画像です
(本物はどれも個性の塊です)


育成にはそれなりに知識と準備が必要です。

・日当たりの確保
・風通しの確保
・初期投資の価格
・専門店の少なさ
・知識不足 

etc…

すぐに始めるにはなかなか難しいです。


「誰にでも飾れるものを」
「愛着のわくフォルム」
「お世話不要で楽しめる」

最上段の画像、3点の作品はそのようなコンセプトにて作成したシリーズです。



フェイクグリーンならお世話は不要


「コーデックス」

など多肉植物のコレクターの方にとって、

「フェイクグリーンでは意味がない」

という意見も存じております。

4039

画像はギャラリーより
(通常あり得ない組み合わせも可能です)


ただフェイクグリーンであるからこその表現も可能です。


念のため商品説明本文中に、

・こちらはコーデーックスに見立てた
・こちらはコーデックスではございません

と明記しています。

あくまでインテリアグリーンの一つとして、

「コーデックス」が育てられない方にも、
雰囲気を楽しんでもらいたい一心で作成したものです。

予備知識なしに「コーデックス」を購入し、簡単に枯らせてしまうくらいなら…
フェイクグリーンも視野に入れておいて損は無いのかなと思うのです。


「コーデックス」

の初期費用は概ね高めとなっています。

その点でも比較的安価で入手できるよう設定しています。



「コーデックス」も「ハンドメイド」も唯一無二


「コーデックス」

はその特徴から同じものがありません。

これはハンドメイド品に通じるものがあります。


フェイクグリーンも塊根部分は「樹木粘土」で手びねりにて作成しました。
原料が樹木なので樹の雰囲気が出るためです。

4031

画像は塊根部分の接写
(陶器の鉢に植え込んであります)


フェイクグリーンにて葉を飾り付けて、
鉢に植え込み飾り石で装飾をした作品です。

そのままインテリアとして飾っていただけます。

ご自宅の環境によって本物とフェイクグリーンを使い分けて下されば幸いです。



3本の枝が特徴的です


こちらは枝のように3本伸びた形が特徴的です。

それぞれにフェイクグリーンが拡がり、
迫力もある作品です。

4022

コーデックスに見立てた かわいい フェイクグリーン 三本の枝 です


それぞれの枝から細い葉のフェイクグリーンを伸ばしています。

実物なども入り、
色合いも少しだけ入っています。

角度などは便宜上正面を決めていますが、
お好きな角度で楽しんで下さい。

4025

塊根部分の接写です


塊根部分は「樹木粘土」の特性で、
乾いた布でこすると光沢が出ます。

もちろん同じ形には成形出来ません。

手びねりなので型などはありません。


枝の拡がりが味わい深い作品かと思います。



ころんと丸い形がかわいい作品です


塊根部分を丸く仕上げたのがこちらです。

ほぼ球型に仕上げて独特の汚し加工を入れています。

4032

コーデックスに見立てた かわいい フェイクグリーン 球型 です


球型の塊根部分から、
多肉植物などのフェイクグリーンを用いたデザインです。

エアプランツやセダム系のフェイクグリーンを使用。
セダム系の垂れている部分は触ると揺れます。

4035

接写で撮影した一枚です


全体的に良い意味でこじんまりとまとまっている印象です。

植え込む陶器をあえて橙にしています。
全体の雰囲気と置いた時の明るさを考慮しました。

こちらももちろん好きな角度で楽しめます。

・飾り台などに置く
・キッチンやリビングに

様々な活躍をするアイテムです。



白く変化した塊根が特徴的です


こちらはやや縦長のデザインです。

大きな特徴は白く変色した表面の加工です。

4044

コーデックスに見立てた かわいい フェイクグリーン 卵型 です


あえて白く加工した表皮は少し硬質なイメージです。

それに合わせて棘のようなフェイクグリーンでイメージを合わせました。
白い実物は遊び心です。

垂れたフェイクグリーンは柔らかく風になびきます。


4049

塊根部分の接写です


リアル感のあるひび割れや表皮の雰囲気にこだわっています。

作品にリアル感を求める方にはおすすめです。

パイナップルのような「コーデックス」を参考に作成しています。


鉢への植え込みは固定してあります。
周囲の飾り石も固着してありますので、
万が一転倒しても溢れることはありません。

安心してご利用頂けます。



愛着の湧く形状を楽しんで…


数千円から数万円をかけて「コーデックス」育成を初めて、
すぐにだめにしてしまったらショックが大きいです。

自宅環境などにより育成が難しい方は、フェイクグリーンを上手に用いましょう。

・鉢植え済で置くだけ
・お手入れ不要
・季節を問わず使えるインテリア

本日ご紹介したアイテムそれぞれが一点ものです。


他に類を見ない珍しい作品でもあります。



一度ご覧になって頂ければ幸いです。



お時間ある時にご覧くださいませ(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


ショップはこちら⇩

https://minne.com/@yotsukuma



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



壁面が少し寂しいと感じたら…


こんにちは(,,•◡•,,)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


白系の壁紙は部屋が明るくなります。
ナチュラルやウッディな雰囲気も素敵です。

「ちょっと寂しいな」

と思うことは無いでしょうか?

そんな時に活躍するのがリースやスワッグといった壁飾りです。


では早速ご紹介させていただきます

4994

フェイクグリーン アンティーク リース エリンジウム です
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



珍しい三角形のリース


リースは円型が多いです。

しかし別に円型にこだわる必要はありません。
円型が多いのはリース本来の意味があるためと思われます。




今回はあえて形を変えて…三角形のリースをご紹介します。

4106

三角形 フェイクグリーン 壁飾り ジニア コットン です


天然木をワックスロープで束ねた三角形のリース・壁飾りです。
コットンなども使用した作品となっています。


・珍しい三角形タイプ
・天然素材を多めに使用
・大きなお花が目を引く
・枯れ色ニュアンスカラー


天然木をニスでコーティングした上で、
三角形に束ねて成形しています。

トップに大きなパープル系のジニアの花。
枯れ色系の素材で飾り付けをしています。

コットンや松ぼっくり、小枝など天然素材もふんだんに使用。
全体的にニュアンスカラーに仕上げました。

強い色がないので、色々な壁面にマッチします。

少し高い位置に飾るのもおすすめです。
しだれたチランジアのフェイクグリーンがおしゃれです。



高品質のシキミアが美しいスワッグ


全体的に品質の高い花材を使用しています。

お値打ち品の一つです。
ボリュームもたっぷりで一つでかなりの存在感があります。

3859

高品質 フェイクグリーン スワッグ シキミア ラベンダー  です


非常に高品質な赤系のシキミア。
ラベンダーやエリンジウムなどと合わせて品質の高いスワッグに仕上げています。


・高品質な花材を使用
・ラベンダーやエリンジウムも人気
・ボリュームたっぷりフェイクグリーン
・束ねた部分を合皮で加工


束ねた部分には合皮の巻加工をしています。

・アクセントにクリスタル
・深緑色合皮加工
・アンティーク感のある木製プレート

1138

束ね部分の様子
(アンティークな木製プレート付き)


下から見上げた際にかなりのボリュームがあり、
かつ豪華に見えます。

かといって派手すぎる色合いでないので飾りやすい作品です。


リビングなどに飾っても遜色ない大きさがあり、
玄関や入り口のドアなど使用用途は多彩です。



北欧ガーデンをイメージしたスワッグ


北欧ガーデンはその多彩な色彩から人気があります。

そんな北欧の世界観をスワッグにしてみました。
美しい色彩の作品です。

4711

高品質 アーティフィシャルフラワー スワッグ 北欧の庭 です


しだれたフェイクグリーンに、
色とりどりのお花たちが北欧の庭のように配置されたスワッグです。


・美しい色彩
・たくさんのお花が彩る世界観
・高品質な花材をふんだんに使用
・束ねたリボンも北欧製


北欧ガーデンをイメージして色彩を決めました。

カーネーションやラベンダーを始め複数種のアーティフィシャルフラワーを使用。
ピンク系統の色合いも明るく、
飾った際の彩りも非常に豊かです。

しだれるフェイクグリーンも複数種重ねて使用しています。

細い葉と蔦状の葉。
少し色が違う蔦状の葉を組み合わせて、

深みが出るように仕上げています。

・白系統
・グレー系統

の壁紙には大変相性が良いです。



天然素材ラタンのウォルナットリース


リースのベースはラタン製です。

人気のあるウォルナットに塗装した上に、
ほんのり色づいたチランジアをメインに通年使えるリースを作りました。

4471

高品質 フェイクグリーン パープル リース チランジア です


品質の高いフェイクグリーンをメインにしています。
非常にリアルで自然な色彩です。


・高品質のチランジア
・人気のバラとアジサイ
・細葉のユーカリもリアル
・本体はウォルナット加工


かなり品質にこだわって組んだリースです。

中でも細葉のユーカリは最高品質です。
フェイクグリーンでも人気の高いユーカリ。
かなりリアルな物をチョイスし、全体に巻き付けています。

メイン部分のチランジアとアジサイも美しいです。

4472

メイン部分の様子
(パープルとニュアンスカラーの調和)


・チランジア
・バラ
・スモークツリー
・アジサイ

どれも人気の高い花材ばかりです。

メイン部分から流れるように右側にフェイクグリーンを配置。

アンティーク感のある本体とナチュラルな色彩で、
飽きのこないデザインです。

通年使えるリースです。

リビングや玄関など楽しんで頂けると思います。



リースやスワッグは通年楽しめる


特にリースは冬場のイメージです。

しかしフェイクグリーンなどを上手に用いることで、
通年のインテリアとして楽しむことが出来ます。

・引っ掛けるだけの簡単さ
・お手入れ不要
・季節を問わず使えるインテリア

本日ご紹介したアイテムたちはその一部です。


フェイクグリーンやアーティフィシャルフラワー。
ぜひ楽しんでもらいたいと思います。


一度ご覧になって頂ければ幸いです。



お時間ある時にご覧くださいませ(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


ショップはこちら⇩

https://minne.com/@yotsukuma



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



ナチュラル感があり通年使える


こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


フェイクグリーンやアーティフィシャルフラワー。

ナチュラルな雰囲気で飾れば、
違和感なく通年使えます。

お部屋馴染みのよい作品たちです。

では早速ご紹介させていただきます

3307

ハンドメイド花瓶 フェイクグリーンアレンジ ドット です
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



樹木粘土で作った花瓶にアレンジ


手作りの花瓶にフェイクグリーンのアレンジ。

粘土の素材に「樹木粘土」を用いています。
素材の色合いを生かした仕上がりです。

3321

ハンドメイド花瓶 フェイクグリーンアレンジ 数字「28」 です


「樹木粘土」から作った花瓶。
珪藻土の入った塗料でバイカラーにしたシンプルな作りです。


・ベースは優しい樹木の色合い
・珪藻土の入った塗料を使用
・ベージュ系で目に優しい
・飽きのこない通年使えるデザイン


シンプルに仕上げるのに装飾は最低限です。

細い葉のドラセナコンシンネを背面に拡げて、
ベージュのマム系と実物のみのシンプルなアレンジです。

派手すぎないので、
飽きずに楽しんで頂くことが可能です。

ベージュ系でまとめています。

どのようなお部屋でもマッチすると思います。



天然素材をベースにしたアレンジ


本体は北欧の白樺の樹のスライスを用いています。

それらを一枚ずつ固着して、
ベースとしてアレンジを施しています。

3165

北欧の白樺  アーティフィシャルフラワー ピンクのお花 です 


5~6枚の木材を組み合わせています。

天然素材である白樺をベースにしたナチュラル系の作品です。


・天然素材白樺を使用
・天然モスも使用
・シンプルなピンク系のアレンジ
・小さく軽いので置き場を選ばない


白樺に透明なニス加工を施しています。
非常に軽いのでちょっとした壁面のラックなどにも置けます。

・ピンクのお花
・フェイクグリーン
・天然モス
・実物を少々

という非常にシンプルな構成です。


キッチンのちょっとしたスペースに置いたり、
飾り棚の上や中にも置ける大きさと軽さです。

小さい作品でナチュラル感のある物をお探しの方にはピッタリかと思います。



塊根(コーデックス)から作ったアレンジ


コーデックスは塊根植物(かいこんしょくぶつ)
とも言われています。

根の部分が膨らみ水や栄養を蓄えるのです。

その独特なフォルムが人気の植物です。

4039

コーデックスに見立てた かわいい フェイクグリーン 球型 です


丸っこい根の部分は「樹木粘土」にて作成。
多肉系のアレンジを施して鉢に植え込みました。


・他に類を見ないデザイン
・丸っこいフォルムがかわいい
・多肉好きな方にも
・樹木粘土のリアルな仕上がり


コーデックスは非常に高価で取引されています。

そして育成も知識がないと失敗することがあります。

当作品はあくまで「コーデックスに見立てた」作品ではあります。
しかし枯れることもなく、長く楽しむことが可能です。

4042

垂れ下がる多肉もかわいいデザイン


・インテリア置物
・アート
・フェイクグリーン

として気軽に楽しめるようにアレンジした作品です。

本物のコーデックスも塊根部分は唯一無二のもの。
当作品も同じものは作ることが出来ません。

そういった意味では価値ある物と言えるかもしれません。



天然木をベースにフェイクグリーンを飾る


天然の木材に着色加工を施し、
バイカラーに固着しています。

フェイクグリーンとの相性もよく、
キッチンだけでなくどこにでも飾れる作品です。

5312

小さい木材 フェイクグリーン 置物 山型 です


富士山のような山型に加工した木材。
それぞれにニス塗装を施して貼り合わせています。


・おしゃれなバイカラー
・人気の色を使用
・ヘデラ系の大きな葉
・余計なものが入らないシンプル感


ヘデラは一段回くすんだ色味となっています。

これによりリアル感が増します。


人気の色合いである、

・メープル
・ウォルナット
・チーク

などからなる木材のバイカラーを楽しんで頂けます。


山型で安定感もあり、
かつ木材なので軽量です。

土や水が不要なために衛生的に飾ることが出来ます。

葉が大きいので埃を払うのも容易に出来ます。



最終的には飽きのこないシンプルなものがいい


長く使っているとどうしても「飽き」は仕方のない所です。

そんな時にフェイクグリーンアレンジは、

・一旦しまうことが出来る
・場所替えも簡単
・なにか別のものに添える

など使い勝手が良いものです。


天然素材や天然木材、
「樹木粘土」などナチュラル感のある作品を集めました。


一度ご覧になって頂ければ幸いです。



お時間ある時にご覧くださいませ(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


ショップはこちら⇩

https://minne.com/@yotsukuma



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ