ホットワイン : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ホットワイン



「美容」にも効くお酒のたしなみ方を



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです🍷
本日もよろしくお願いいたします。


毎日の最後にお酒を頂く方も多いでしょう。


女性の飲酒量は増加傾向にあり、
必ずしも「身体に優しい」とは限りません。


飲み方によっては「睡眠の質を低下」させることもあります。


本日は身体への「負担」が少なく、
「美容」にも効果が期待できる…

「温かいお酒」に関するお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(温かいお酒はゆっくりと味わえる)



女性の「飲酒量」の増加と問題点


「コロナ禍」であった頃、
家庭での飲酒量は増加傾向でした。


近年では女性の「飲酒」もほぼ一般的であり、
男性とそれほど差が無いとされます。


ienomi1

画像はイメージ フリー画像です
(家飲みでは飲酒量が増えることも…)



しかしながら問題点もあります。

・ストロング系チューハイによる中毒
・家飲みによる飲酒量増加
・ストレスによる飲酒量増加
・女性特有の病気との関係


onakawoatatameru

画像はイメージ フリー画像です
(飲酒と女性の身体は無関係ではない)



必ずしも良いことばかりとは限りません。


少し気温が下がってくると、
日本酒やワインなどの消費が増える傾向があります。

これらはビールなどと比べてアルコール度数も高めです。


ienomi

画像はイメージ フリー画像です
(白ワインや日本酒は結構危険)



「口当たりのよいお酒程気をつけて」


とよく言われます。


二日酔いを起こす原因となりやすいのは、
こういったアルコール度数が高く飲みやすいお酒です。


アルコールでよく眠れる、寝酒と言われる飲み方。

寝付きは良くなるという方が多いですが、
実は眠りが浅くなることがわかっています。

つまり「睡眠の質が低下する」のです。


nerujosei

画像はイメージ フリー画像です
(お酒を飲むと呼吸が浅くなってしまいます)



女性の肝臓はアルコールに弱い


「急性アルコール中毒」の危険性も女性のほうが高いです。


「厚生労働省 e-ヘルスネット」によれば、

・男性に比べるとアルコールの代謝能力が3/4
・男性の半分のアルコール量で肝臓にダメージが有る
・男性の2/3の飲酒量で肝硬変に至るケースがあり得る

のだそうです。


meitei

画像はイメージ フリー画像です
(ここまで飲んではいけません)



更には、

飲酒により「乳がん」のリスクも上がります。

アルコールの大量摂取により、
女性ホルモン(エストロゲン)を介してリスクを高める報告がなされています。


joseihorumon

画像はイメージ フリー画像です
(「女性ホルモン」は全てに影響する)



女性の飲酒量は、男性の2/3程度に抑えるのが安全です。



詳しく知りたい方はこちら

(「厚生労働省 e-ヘルスネット」へ)


※アルコールの分解能力は個人差があります



寒い国の知恵を借りる「温かいお酒」


それでもお酒が好きな方はどうすれば良いでしょう?


寒くなってきた時期には「寒い国の知恵」を借りましょう。


身体にも負担が少ない「温かいお酒」です。

北欧やヨーロッパなどでは定番ですが、日本ではあまり馴染みがありません。


hotwain1

画像はイメージ フリー画像です
(北欧やヨーロッパでは欠かせない)




【ホットワインがおすすめ】


身体の冷えるお酒が多い中、
「ホットワイン」はヨーロッパなどで親しまれています。

寒い国のクリスマスには欠かせない風物詩の一つです。


hotwain

画像はイメージ フリー画像です
(クリスマスマーケットには欠かせない)



ワインを温めて果実やスパイスなどを加えた飲み物です。

・冷え対策
・風邪予防
・美肌、アンチエイジング
・動脈硬化を防ぐ

と身体に優しいアルコールです。


※下記「グリューワイン」のリンクから作り方のページへ入れます。







どうせなら身体にいいものを少しだけ取り入れてみませんか?



大切な「免疫機能」をアップする


一般的なアルコールを摂取すると、
身体は温まった気がしますが…手足の末端は逆に冷えたりします。

なかなか末端までは温まらないのです。


「ホットワイン」は一気に飲むものではありません。

・ゆっくり飲める
・身体をじっくり温める

穏やかなほど身体に優しいのです。


atatakaimoo

画像はイメージ フリー画像です
(温かいものはゆっくりと味わえる)



また、ワインを温めている時にアルコールが適度に蒸発します。
アルコール度数が下がるのも利点です。


肝臓など臓器の負担が軽減されます。




josei5

画像はイメージ フリー画像です
(「冷えは万病の元」と言われます)



【身体が温まると何が良いのか?】


免疫細胞が活性化して風邪などを引きにくくなります。
内蔵を温めることで代謝を促進します。

ワインには抗酸化物質であるポリフェノールがたくさん含まれています。
アンチエイジングや動脈硬化予防にも効くすぐれものです。



効果が高まるトッピング


「ホットワイン」はトッピングを変えることで、
味覚や効能がアップします。



supaisu6

画像はイメージ フリー画像です
(スパイスを上手に用いてお好みの味に)



はちみつ ⇒ 喉のうるおいや殺菌
果実類  ⇒ ビタミン類の補充
スパイス類⇒ シナモンやクローブなどは殺菌や身体を温める効果を倍増


甘い香りに包まれリラックス効果も期待できます。



kagu


画像はイメージ フリー画像です
(アロマのような効果があります)



温かいお酒は冷たいお酒に比べて、
一気に飲んでしまうことが無いため、飲み過ぎの防止にもなります。


肌寒い時期に試してみるのも良いかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



クリスマス マーケットの定番「グリューワイン」



こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


世の中は楽しいことばかりではありません。

病気や貧困。
戦争の地域もあります。

そんな中でも希望を失わず、
家族と共に過ごす喜びを感じられる日。

それがクリスマスの本質なのかもしれません。


本日はそんなクリスマスにピッタリ。
寒いこの時期に身体が芯から温まる…そんな飲み物をご紹介します。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(温かいお酒…​寒いヨーロッパの定番です)



ドイツのクリスマス名物


通常であればドイツではクリスマスの4週間前から、
クリスマスマーケットが開かれます。

そこで思い思いの飾りなどを買い、クリスマス当日を迎えるのです🎄

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(クリスマスマーケットのイメージ)


そんなマーケットの中で賑わいを見せるのが

「グリューワイン」

の屋台です。


とても寒いヨーロッパのクリスマスには欠かせないと言ってもいいでしょう。



「グリューワイン」とは?


「グリューワイン」は日本で言うホットワインのことです。

ワインにスパイスやシロップを入れて温めたワインです。


グリューとはドイツ語で、

「燃える・熱を帯びる」

という意味。


まさに身体をポカポカにするワインということです。

hotwain

画像はイメージ フリー画像です
(マーケットにもグリューワインは付き物)


日本では一般に「ホットワイン」といいます。
(これは和製英語だそうです)

英語では「マルドワイン」
仏語では「ヴァン・ショ」

とそれぞれ言われています。



一般的なレシピをご紹介


この「グリューワイン」ですが、ワインを温めればいいというものでは無いそうです。
温めすぎるとアルコールがすべて飛んでしまい、美味しくないのだとか。


ドイツの「グリューワイン」の定番レシピです。

・赤ワイン    100ml
・水       50ml
・黒胡椒(ホール)1~2粒
・クローブ    2~3粒
・シナモン    1本
・スターアニス  1個
・グラニュー糖  大さじ1杯
・レモンやオレンジスライス ⇒ お好みで加減


hotwain2

画像はイメージ フリー画像です
(グリューワインのイメージ)


これらを鍋に入れて沸騰しないようにギリギリのところで火を止める。
この火加減が「グリューワイン」の命と言えます。

フルーツは決まりは無いそうなので、
りんごでもぶどうでもOKだそうです。

またワインは白でも大丈夫だそうで。

お酒が苦手な方には、
白ワインとアップルジュースの組み合わせが飲みやすくおすすめです。



クリスマスの本質は変わることはない


先述した通り、

新型コロナウィルスによる影響は未だ続き、
戦争状態にある国もあります。

もしかしたらクリスマスを楽しむ事も難しい方もおられるかも知れません。

tontu4

画像はイメージ フリー画像です
(北欧の妖精「トントゥ」たち)


ここ最近よく言われる事の一つですが、
家族の時間は増えていないでしょうか?

その分トラブルも増えたりすることも多いでしょう。

しかしそれも一つの機会と捉えることは出来ないでしょうか


「コロナ禍」

と言われる現在ではありますが、

「何も出来なかった」と思うよりも
「これが出来た」と思うようにしたいものです。

irutatee

画像はイメージ フリー画像です
(気のおけない仲間や家族で…)


ホットワインなどは、
日本では家族で飲む機会など考えなかった物かもしれません。


今年は家族や身近な仲間とホットワインを飲みながら、
来年はどうしたいかお話するなんていかがなものでしょうか?

・行きたかった旅行や場所
・楽しみにしていたイベントや学校
・いつもの仲間との交流

など、出来なかったことはまた始めれば良いのです。


徐々にではありますが、
日常は取り戻しつつあります。


もともと家族で厳かに過ごすことがクリスマスの本質です。

「こんな年もあったね」

と話せるように…今年のクリスマスは過ぎていきます。



聖なる夜のちょっとしたご提案でした。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ