ピーマン : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ピーマン



ピーマンは海の恵み?


こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです🌊
本日もよろしくお願いいたします。


花言葉は知っているとちょっと豊かになる。
使い分ける事ができる人になりたいものです。


中には少し変わった花言葉を持つものも…


今回は
「ピーマン」をお届けします。

piman1

画像はイメージ フリー画像です
(炒めものの彩りに)



実はお花もかわいい唐辛子の仲間


◆ピーマンとは

原産地 中南アメリカ
分類  ナス科 トウガラシ属
別名  西洋唐辛子

piman2

画像はイメージ フリー画像です
(白く可憐なお花を咲かせます)


ピーマンは6月から9月くらいにお花が咲きます。

花色は白、お花もかわいいので自家栽培などした際は、
是非見てみましょう。

別名が示すとおり唐辛子の仲間です。



畑で取れるピーマンが「海の恵み」?


◆ちょっと変わった花言葉

「海の恵み」

uminomegumi

画像はイメージ フリー画像です
(母なる海のイメージ)


畑で採れるピーマンですが、
海の要素は一体どこから…

どうしてこういう花言葉がついたのでしょうか?



赤いピーマンは「楽園の珊瑚」


◆その由来(諸説あり)


私達の頂いているピーマンですが、これは完熟する前の状態です。
完熟すると真っ赤になり甘みが増します。

たまに「赤ピーマン」などという名前で店頭に並ぶこともあります。

akapiman

画像はイメージ フリー画像です
(パプリカとは別物です)


完熟したピーマンは日持ちがしないため、
あまり店頭に並ばない事が多いです。


フランスではこの赤いピーマン(唐辛子全般)の事を…

「楽園の珊瑚」

と呼ぶのだそうです。

真っ赤に色づいたピーマンを珊瑚と呼んでいることから、
花言葉「海の恵み」へとつながったという説が有力です。


またもう一つの説があります。

ピーマンはコロンブスが持ち帰り、
ヨーロッパにもたらした作物であるからという説です。

koronbusu

画像はイメージ フリー画像です
(様々な物をもたらした大航海)


今までヨーロッパになかった作物が海からもたらされたということから、

「海の恵み」

となったというものです。


そのどちらも合わせての花言葉と言えなくも無いです。



パプリカにも花言葉がある


◆ちなみにパプリカは?


パプリカも唐辛子の仲間であり、ピーマンとは本来差はありませんが。
面白いことに花言葉は別のものがついていますのでご紹介します。

「同情」
「君を忘れない」

海外ではピーマンもパプリカも区別が無いはずなのですが…
不思議なことに花言葉は別に存在します。

papurika

画像はイメージ フリー画像です
(パプリカは苦味がなく肉厚)


一節では苦味の強いピーマンは子供が大嫌いな野菜の一つ。
それと姿形がそっくりのパプリカは、苦味もなく甘いです。

しかし子供にとっては姿形は大嫌いなピーマンそのものです。
苦いピーマンを食べさせられる子供の姿。

そういった事情が「同情」という花言葉を産んだのではという説があります。
(※諸説ある不確かな情報です)


「君を忘れない」

は2020年にヒットした米津玄師の楽曲「パプリカ」の中で、
PVに意味ありげに描かれています。

papurikafforin

画像はイメージ フリー画像です
(大活躍したFoorin 明日に種をまこう)


詳しくは割愛しますが、
「仲良しであったあなたに会いたい」という意味を込めて「パプリカ」だと言われているのです。

その花言葉の起源については曖昧です。



花言葉はその姿形特性だけでなく、
意外な所から付けられることもあるのです。

そして時代の流れとともに変化する場合もあります。


例えば青いバラの花言葉、

「不可能」 ⇒ 「夢叶う」

となったのがいい例でしょう。



「花言葉」

いささか古めかしいですが、
知っていると豊かになる素敵なたしなみです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です






  

こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


◆夏野菜
夏に収穫される野菜の事
色とりどりで夏の身体に良い成分が多い


身体を冷やしたり、カリウムを補給したり…
役に立つお野菜たちですね

今回はそんな栄養素の話ではなくそのお花を愛でよう
というゆる~い企画です'`ィ (゚д゚)/

本日はその第3回「ピーマン」の花を見てみましょう

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です


これはまた可憐な…
白くてきれいなお花を咲かせますね


ピーマンは子供が嫌いな野菜でいつも上位に入ります。
それは特有の苦味があるからですね。
子供のうちは味覚がある意味鋭敏なので、苦味→危険という判断をするそうです

おとなになると味覚が死んで(失礼)くるので癖のあるものを平気で頂けるのだとか


さて気を取り直して…


ピーマンに花がついたヽ(=´▽`=)ノ
あとは実がなるのを待つだけ…
ではないのです

ピーマンの苗がまだ成長仕切らないうちに着いたお花に小さな実が成り始めたら…
これを摘むのだそうです
これを「摘果」というのだそう。

苗が弱いうちに実を大きくしてしまうと苗自体が弱ってしまい結果早くダメになってしまうのだとか…
花のうちに摘んでしまうことを「摘花」といいます。

結構可憐な花だけに勇気がいりますね


ピーマンは水やりの方法などをしっかり学べば、プランター栽培もできる夏野菜です。
自分で育てたピーマンが収穫出来たのならば、普段ピーマンを嫌いな子供でも食べるかもしれません。
栄養価も豊富な夏野菜です


余談ですが…
ピーマンの語源はフランス語のPiment(ピマン)
唐辛子を意味するそうですよ

辛味成分のカプサイシンがないのがピーマンというわけですね



野菜は最初から野菜ではありません。
こうして作って下さる農家さんがいらっしゃって、初めて店頭に並ぶのです

炒めものにバーベキューに活躍する夏野菜です



よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




体が喜ぶ「旬」食材のお話⇓





ご登録頂ければ嬉しいです(๑´▿`)♡⇓






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です












  

このページのトップヘ