ビタミンCの働き : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ビタミンCの働き



一時話題となったちょっと危険な組み合わせ


こんにちは( ゚д゚)!
四葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本人が昔から食べてきたものですが、
ちょっと気をつけたい組み合わせもあります。

「意外に知らない損な食べ合わせ」

本日は、
「焼き魚と漬物」についてお話します。

yakizakana1

画像はイメージ フリー画像です
(普通に頂く和定食ですが…)



日本の和定食…本当に危ないのでしょうか?


本来の日本人の食生活は、

・魚
・漬物
・味噌汁

いわゆる魚定食です。

yakizakana

画像はイメージ フリー画像です
(普段の食事よりも健康的に見えます)


聞いたことが無いでしょうか?


「焼き魚と漬物を一緒に食べるとがんになる」


本当に危険であるならば、
定食屋でメニューに上がりません。

確かにがんは死亡原因の上位でありますが…。

にわかには信じられない事でもあります。


気になる点を説明していきます。



損な食べ合わせ「魚の成分が発がん性物質に変化しやすくなる恐れ」


こちらの食べ合わせの損なポイントは、

「魚に含まれるジメチルアミンが漬物の亜硝酸塩と結合すると発がん性物質に変化しやすくなる」

事です。

tukemono

画像はイメージ フリー画像です
(よく添えられる漬物)


魚にはもともと「ジメチルアミン」という物質が含まれています。
漬物には発酵段階で出来る「亜硝酸塩」という物質があります。

「ジメチルアミン」+「亜硝酸塩」⇒「ニトロソアミン(発がん性物質)」


これだけ聞いてしまうと魚も漬物も食べたくないという話になります。


「亜硝酸塩」は漬物に限ったことでは無いのです。

ハムやソーセージには「発色剤」として添加されています。

hamsosezi

画像はイメージ フリー画像です
(ハム・ソーセージを否定する記事ではありません)


もちろん無添加を謳っている商品もあります。


これらは見た目だけでなく、

「ボツリヌス菌」等の重篤な食中毒を防ぐ側面もあるのです。


野菜類の多くには「硝酸塩」という「亜硝酸塩」に変化する物質が含まれています。

つまり、

「焼き魚と漬物」

という組み合わせに限ったものではなく、
これが危険と言う話がナンセンスなわけです。



食品添加物の問題は簡単には解決出来ません。

現在の食生活を完全に変えることは難しいです。


しかしそのリスクを減少させる方法もまた存在します。



焼き魚に添えられた柑橘の大きな意味


【簡単な解決策】


一緒にビタミンCを摂取することで解決です。

・焼き魚にレモンを絞る
・さんまにすだちを絞る

添え物には大きな意味があるわけです。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(脂っこさも解消してくれます)


ビタミンCが「ニトロソアミン」の生成を阻害します。


野菜にはビタミンCを含むものも多く、
自然と身体を守ってくれています。

tukemono1

画像はイメージ フリー画像です
(賞味期限が長いので重宝しますが…)


「漬物」と言っても、

・手作りの漬物
・加工食品の漬物

ではまたリスクも変わってきます。

加工食品は添加物が多いので、
長期間食べ続ければリスクが高まる可能性はあります。



食生活はバランスで補うように出来ている


古くから一緒に食べられる(添えられる)物。

これには理由があるのだと言うことも再認識しましょう。


焼き魚で言えば、

・柑橘類   ⇒ 発がん性物質を抑える
・大根おろし ⇒ 消化を助けもたれを防ぐ

ということです。

yakizakana2

画像はイメージ フリー画像です
(意味のある付け合せ)


どちらかと言えば偏った食生活の方が、

よっぽど危ないと言えます。

・毎食ラーメン
・肉だけしか食べない
・付け合せは全部残す

などです。


和定食に不安を感じる必要はありません。

バランスの良い食生活をしていれば、
問題なく栄養素を摂取していることになるのです。



食生活の考え方


食べ合わせや食品添加物など、
確かに気をつけるべきポイントはあります。

焼き魚   ⇒ 発がん性物質
炭水化物  ⇒ 太る
食品添加物 ⇒ 危険・悪
高たんぱく ⇒ 健康・安全

etc…

このように考えてしまうと食生活が成り立ちません。

kennkoujosei1

画像はイメージ フリー画像です
(楽しく食べることも大切かもしれません)


余り気にしすぎずに。

普段の食生活をバランス良く。
一度に食べすぎないように。

運動も心がければなお良しです。


和食の健康指針である。

「まごはやさしい」

などを心がけるのが一番です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



強すぎる光もまた疲労につながる?


こんにちは(つд⊂)ゴシゴシ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


地球は確実に温暖化が進んでいます。
気温が上がり暑さは疲労の要因です。

そして降り注ぐ太陽からは紫外線が…


紫外線と疲労の関係は近年では明らかになっております。
お肌の大敵というだけではないのです。

BlogPaint

画像はイメージ いつかの空



降り注ぐ紫外線


大体5月くらいから、天気予報で紫外線の情報などを流すようになります。

「紫外線にご注意下さい」

というアナウンスも普通になりました。

sigaisen

画像はイメージ フリー画像です
(恩恵をもたらす太陽光ですが…)


紫外線のピークは6月の夏至のあたりです。
真夏でなくとも紫外線はどんどん増えていきます。

紫外線の量と気温は関係ありません。
なんとなく暑いと紫外線が多いというイメージありませんか?

大事なのは紫外線の角度と雲の量。

夏の日差しは刺さるようにと例えますが…
角度が鋭いので危険なのです。

太陽の傾きが大きくなる秋口までこの傾向は続きます。



紫外線を浴びると身体はどうなるのか?


人の身体は紫外線を浴びるとどうなるのか?

紫外線を浴びると身体の中で「活性酸素」が増えます。


◆活性酸素について(厚生省ページより引用)

活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となります。


つまり「活性酸素」重要な物質ではあるのですが、
増えすぎると身体の正常な細胞を傷つけてしまうのです。

sigaisen1

画像はイメージ フリー画像です
(近年では危険度が増す紫外線)


ここで登場するのが「抗酸化物質」です。
つまりビタミンC、Eなどが働きこれを中和する作用が「抗酸化」です。

これによって身体を健やかに保っています。


詳しく知りたい方は下記リンクよりご覧下さい。


◆活性酸素について

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

(厚生労働省e-ヘルスネットHP)

※一部スマホにてページ遷移しない場合があります



疲労と紫外線の関係


紫外線を浴びることにより身体が酸化する…
恐ろしいことです。

上述の中和作用によって身体を健やかに保ちますが、限界はあります。

常時、疲労回復や新陳代謝などに働きかけ、
大事な機能をコントロールしてくれる大切なビタミン。

身体が疲労しないように調整してくれているのです。

natubate

画像はイメージ フリー画像です


紫外線を多く浴びると、このビタミンCが大量に消費されてしまいます。

つまり疲労回復に使われる分を活性酸素中和のために使ってしまうのです。

これが紫外線疲労につながる可能性があるわけです。

お肌にとっての大敵であるのですが、
疲労にも深く関わっていることがわかってきました。


一日のうちで一番紫外線量が多いのは

「10時~14時」

と言われています。

これは上述の紫外線の角度が鋭角だからと同じ理由です。



こまめな補給が肝心


浴びた紫外線が増加すると、消費されるビタミンCも増えます。
またビタミンCは水溶性ビタミンです。

身体に貯めておく事ができず、体外に流出してしまいます。

紫外線が厳しい時期は、
普通の食事から摂取するビタミンCだけでは足りない可能性があります。

kiwi

画像はイメージ フリー画像


フルーツなどビタミンC豊富なものが多いので、摂取を心がけましょう。

食欲の落ちる時期でも、食事抜きなどはいけません。
ビタミンたっぷりのスムージーなど、
摂りやすいもので工夫するといいでしょう。

sumuzi

画像はイメージ フリー画像です


初夏から夏場の疲労感が抜けないという方は、

「摂取したビタミンC」と「紫外線で消費されたビタミンC」の、

バランスが崩れているかもしれません。


食生活を見直すのも一つの方法です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





登録頂ければ嬉しいです







ツイッターのんびりやっております







  

このページのトップヘ