ヒュッゲ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ヒュッゲ



短い夏を自然の中で過ごすこと


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ヒュッゲに置ける自然との関係」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(自然を感じるキャンピング)



庭でランチを食べればそれも「ヒュッゲ」


デンマークにおける「ヒュッゲ」では自然との触れ合いをとても大切にします。


冬が長い北欧のデンマーク。
その分、短い夏を思い切り堪能します。

もちろん日本でもおなじみのピクニックに、
キャンピングやバーベキューといったものを楽しみます。

hokuounoniwa1

画像はイメージ フリー画像です
(庭の植物たちと一緒にランチ)


ちょっとしたランチでも庭で食べれば「ヒュッゲ」な時間です。


これも構えてすることではなく、当たり前の事。
今日は晴れて気持ちが良いから外で食べよう。
家のパンとチーズで充分…。

「無理をしない・見栄をはらない」

これが「ヒュッゲ」の鉄則なのです。


・一人でも
・家族と一緒に
・近所の方と
・友人と

ごく自然に集まるといった雰囲気なのかもしれません。



自転車通勤も多いデンマーク


デンマークでは自動車の登録料金が高いです。

もちろん日本などに比べてエコ推進が進んでいます。
電気自動車ですらかなり厳しいものがあるそうです。

ハイブリット車(ガソリン+電気)
は諸外国では廃止が進んでいます。

近年では電気自動車のカーシェアリングなど。

「必要な時だけ使う」

方向性が見えてきます。


その分、自転車で通勤する方が多いのも特徴です。

zitennsha

画像はイメージ フリー画像です
(自転車通勤はコロナ禍でなくても当たり前)


自転車通勤は日本ではまだまだです。

・季節を感じる事が出来る
・運動にもなる
・排気ガスがなくエコロジー
・自分の行動を阻害されにくい(遅延など)

利点も結構あります。


風を感じるのは気持ちの良いものです。


もちろんそのための環境を整えている事は言うまでもありません。

zitennsha1

画像はイメージ フリー画像です
(自転車の電車内持ち込みの様子)


・専用自転車道の整備
・電車への自転車持ち込みスペース

etc…


日本では専用道路がうまく機能していません。

車から見れば邪魔な自転車としか見えないのでしょう。

また歩行者道路を自転車が走ってしまう問題もあります。


国による整備が待たれる所です。



週末はお花を買って帰る日


家の中の様々な場所に植物を多く用いているのもデンマーク流です。

家の中だけに限らず…

・サービスエリア
・ガソリンスタンド

etc…

といったお花に無縁そうな場所でも花を飾っています。

hanawokaudansei

画像はイメージ フリー画像です
(週末はお花を買う日)


国民性として週末にお花を買って帰る文化が根付いている。

これは日本との大きな違いかもしれません。


植物に触れるということは生命に触れる事です。


もちろんお世話が必要です。
どんな所でも自然を身近に感じること…

これこそが「ヒュッゲ」なのかもしれません。



縁側に生け花は実は「ヒュッゲ」だった?


日本にも実はとてもいい文化があります。
最近では廃れてしまっていますが…

日本家屋には必ず縁側がありました。

・昼寝をする
・家族でスイカを食べる
・近所の方とお茶を飲む

etc…


自然と「ヒュッゲ」を取り入れていたのです。


ikebana

画像はイメージ フリー画像です
(玄関や床の間に季節のおもてなし)


生け花も大切な文化です。

季節のお花を飾るというのは本当に大切なことです。
自然と優しい気持ちになるものです。


近年に置けるソロキャンプの増加。
これも自然回帰の方向性の一つなのかもしれません。
※もちろんアウトドアブームの一環でもあります

tyearing1

画像はイメージ フリー画像です
(この時間も立派な「ヒュッゲ」です)


次の週末にはお花を買ってみませんか?


様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.5現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



一日の中で数時間でも「ほっこり」していますか?


こんにちは( ´ー`)フゥー...
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ヒュッゲに置けるほっこりする時間」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(ろうそくの灯をながめて…)



キャンドルの消費量に比例するほっこり感


他者と対等に接するのが北欧スタイルです。
デンマークにおける「ヒュッゲ」では一人の時間の過ごし方も重要です。

心地よい空間というのは人それぞれ違うかもしれません。


ただ一日の中で、

「必ずホッとする時間を持つ」

これは何よりも大切です。

kyandoru2

画像はイメージ フリー画像です
(キャンドルの灯りに照らされて)


デンマークではキャンドルの消費量が世界トップクラスなのだそうです。
キャンドルの灯りはリラックス効果があるのです。

昼夜問わずキャンドルを用いて温かみのある空間を作るのが目的です。

もちろん食卓だけでなく玄関やリビングなどでも使用します。


蛍光灯や強いLEDの光。
もちろんパソコンなどのブルーライトなどは眼を刺激して、
興奮させる作用があります。

「スマホを寝室で使わない」

のはその為です。


ただここで大事なのはキャンドルではありません。

自分が快適と思う空間を持つことが大切です。



「ほっこり」とは何か?


【ほっこりする】


・あたたかなさま
・ふくよかなさま 

というような意味です。

kokoa

画像はイメージ フリー画像です
(ホットココアで一息)


もちろん物理的にも使います。


「ほっこりしたココア」

と言ったらココア自体が温かい様を表しています。


ココア自体も温かいものです。
そして甘く心も満たされます。


精神的に満たされた状況こそが、

「ほっこり」

と言えるのです。



心を豊かに(穏やかに)する時間を持つこと


「ほっこり」にルールはありません。
人により状況が違うのは当たり前…

一日の中で心が豊かになる時間(空間)を、
持つ(作る)というのが「ヒュッゲ」の考え方です。

kannsetushoumei

画像はイメージ フリー画像です
(間接照明のイメージ)



◆あくまで一例です


・どんなに忙しくても帰宅後のティータイムを持つ
・お風呂をお気に入りの香りで満たす
・照明を間接照明または温かい光に変える
・一日一回はお気に入りの椅子(場所)に座る

etc…


その中でも照明は重要な役割を担います。
北欧ではそれがキャンドル消費量という形で体現されているのです。



和室の持つ「ほっこり」感


日本では暮らしが欧米化しており。
今では洋室が主流になっています。

ところが反対に和室も見直されています。

やはり田舎に帰省した際に、
和室で寝ころぶというのは何か原点に返ったような気分になります。

hokkori

画像はイメージ フリー画像です
(日本流のほっこりを見つけて…)


日本人は本来もっている、

「ジャパニーズヒュッゲ」

のような文化を手放してしまったのかもしれませんね。



無理しては意味がない…日常が大切


よく考えてみれば日常の行動の中で自然と「ほっこり」していることもあります。


例えば…

・美しいものを見る(花や芸術)
・ペットと戯れる
・ソファに寝転がる(お気に入りの場所)
・好きな曲をかける
・お茶を飲む

etc…

意外と自然に取り入れていることもあるでしょう。

pet

画像はイメージ フリー画像です
(大切なのはそれが当たり前でないと思うことかも)


ご自身にとって無理のない形で「ほっこり」して下さい。
それも一種の「ヒュッゲ」なのです。


様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.5現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です






  



緊張や気遣いのない自然体が大切


こんにちは(人❛ᴗ❛)♪♡♪(❛ᴗ❛*人)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ヒュッゲに置ける家族や友人そして自分の時間」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(こんな日が一日も早く戻りますように…)



どんな生活でも生じる他者との接点


どんな生活をしていても他者との接点は生じます。
その大小は人によりけりですが。

デンマークにおける「ヒュッゲ」ではこのつながりや絆をとても大切にします。

hyugge9

画像はイメージ フリー画像です
(家族の間にも接点は存在する)


この接点において大切なこと…

・緊張しない
・できる限り気遣いしない
・自然体で接する

とは言え自分の思う通りに行動すれば、
どうしてもぶつかってしまう事があるでしょう。


日本人がどうしても苦手な、

「フランクに接する」

という関係性です。



【フランク】

意味は「率直である様子」です。



例えば…

身の丈に合わないハイブランドの服を着ている時。
「この服?レンタルさ」
と先に言ってしまえる。

味の合わないお菓子を食べた時。
「私には合わないけどあなたはどう?」
と軽く言える。

お互いがそういう関係性だから、言いよどみがなくなると言った感じです。


仕事を離れた上司が「フランク」であるのも、当たり前なのです。


北欧では親子関係も日本のそれとは大きく異るようです。
「子供を子供扱いしない」
あくまで対等なのです。



一人で過ごしても「ヒュッゲ」? 心地よさが大事


実は一人でくつろぐ時間も「ヒュッゲ」になります。

特に誰かと過ごすことを意味する言葉では無いのです。

hyugge10

画像はイメージ フリー画像です
(最も贅沢なヒュッゲの時間)


特別な準備をするわけでもなく。
のんびりと過ごす贅沢な時間…です。

・自分の時間
・家族との時間
・友人との交流
・近所のお付き合い

etc…


これらは全て大切な時間です。

ここでのポイントはくつろげるかなのです。

・緊張をしたり
・気を使い合ったり

その時点で「ヒュッゲ」とは違うものになります。



日本では減少傾向の近隣との付き合い


日本では都心部を中心に、減少傾向と言われています。


砕けた言葉で言えば、

「ご近所付き合い」

でしょうか。

kinnjo

画像はイメージ フリー画像です
(お隣さんは誰でしょう?)


都会のマンション暮らしをしている場合、
お隣さんが誰かも知らないなどと言うことも普通にある時代です。



日本なりの文化で良いのではないか?


「ヒュッゲ」の考え方。

実に日本人が苦手な分野であると思います。


日本人なりのやり方で無理をしないでいいのだと思うのです。

例えば「おすそ分け」という文化。

これは素直に行いやすい近所付き合いではないでしょうか?

ringo

画像はイメージ フリー画像です
(食べきれない量のりんご)


・田舎からりんごをたくさん送ってきてくれてとても食べきれない。
・想像以上にたくさんの量のお菓子が出来てしまった。

こんな時にご近所さんに持っていくのが「おすそ分け」です。

hyugge11

画像はイメージ フリー画像です
(作り過ぎたら友人に持っていきましょう)


日本人は理由を付けたがります。


しかし理由はどうあれ、

「一緒に分かち合いましょう」

というのが「ヒュッゲ」的な考えだと思います。



対等に接するからこそお互いが楽になる


上下関係や利害関係に縛られがちな日本人。

・社宅の当番制の食事会
・タワーマンションで行われるママ会

考えただけで疲れてしまいます。

hyugge12

画像はイメージ フリー画像です
(出来れば対等にお付き合いしたいもの)


日本の食文化は素晴らしいものも多いのです。

・みんなで同じ鍋を頂く鍋料理
・食卓を囲って作る手巻き寿司

せっかくよい文化があるのですから大事にしていきたいものです。


例えば

「日曜日の夕食は家族揃って食べる」
「夜はバラバラでも朝食を一緒に摂る」
「無理な飲み会は行わない」
「土曜の夜は誰とも合わず自分の時間にする」

このようなことからでも始められると思います。



様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



2022現在、コロナウィルスによる世界的な危機により、
状況は逐一変化していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な内容も存在します。




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ